fc2ブログ

喪中の初詣、行ってもかまわない?





いつも ご訪問くださりありがとうございます。



晩酌の流儀2・たまらず作って食べてみた『おつまみ』←クリック




先日 人生ではじめて自分のためにお守りを買いました。



買ったのは」身代わり守り」と

疫病退散・無病息災の張り子の虎。



CIMG9624_convert_20231204082323.jpg



大学病院への受診が近づき

緊張してきました。





+++



8月に義父が亡くなりました。



義父の人生、幸せだったのかなぁ。

もっと たくさんお義父さんと話がしたかったと

今も思っています。



+++



年賀欠礼状・・喪中はがきは先日発送しましたが

今年はお節などは作らず

静かに新年を迎えたいと思っています。



そこで・・


喪中の初詣は行ってもいいのか?って疑問が。


ちょっと調べてみました。



dear-qTPCqxCR-LA-unsplash_convert_20231204075249.jpg




悲しみを昇華するための喪中はけがれとは関係なく

新年の初詣に行ってもよいそうです。

初詣の参拝も、おみくじを引いたりお守りを買ったりすることも問題がないそう。

ただ 忌中の方は死のけがれが残っている状態と考えられているので

神社には立ち入らないほうがいい
ようです。



宗派や個人の考え方として

喪中期間中は やっぱり初詣はしないと決めている方でも

お寺へのお参りは大丈夫みたいです。

喪中じゃなくても 毎年、近くのお寺へお参りし

除夜の鐘を聞くという方も多いと思います。



*忌中とは四十九日までの期間のコトです。






+++



わたしも 義父が亡くなって

四十九日までは 自宅の神棚に手を合わせることも控えていました。


初詣に関わらず

喪中の間は結婚式などのお祝い事

家の新築や改築などしない方がいいと聞きます。


私の知っている方(60代の自営業の方)は

忌中中に以前から予定していた家の改装をして

周りの方々が ご本人には言いませんでしたが

ザワザワしていたことを思い出します。


まぁ、知らなかったり気にしない方もいますから

人それぞれなのかもしれませんね。




我が家は

最初にも書きましたが

お節は作らず 注連飾りなどのお正月飾りも控え

静かにお正月を過ごす予定です。




rajat-verma-lYHp4RcJNcY-unsplash_convert_20231204075229.jpg




夫と相談し

神社ではなく お寺にお参りに行くかもしれません。




今年も残りわずか

気持ちよく新年を迎えたいですよね。





ブログ村ハッシュタグ

#お正月過ごし方

#パワースポット 神社

#最強のお守り

#50代ライフスタイル

#おせち料理レシピ

#良いこと探し

#生活の工夫

#私の暮らし

#日々の暮らし

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ














我が家の『お墓問題』。






母が急逝し数年が経った。



しかし 元々の菩提寺も遠方だったし

本家を継いでいた叔父(父の弟)も 数年前に他界し

跡取りのいなかった叔父の家でも 嫁いだ従姉妹が

嫁ぎ先のお墓を建てるときに 同じ敷地の隣同士に

実家のお墓も建て 以前の菩提寺とは縁がなくなった。









にほんブログ村テーマ アラフィフの暮らし。へ
アラフィフの暮らし。




+++




わが家も跡継ぎのいない家だからお墓を建てることや

納骨堂を準備することは考えていない。



数年前に 父がどこでか誰かに言われたのか

聞いたこともない永代供養お寺に母の遺骨を納め

自分も死んだら そこに入る手続きをしてきたと報告があった。



突然のことで驚いたのは言うまでもないし

よく聞けば お寺との「契約書」がないという。

・・まさか、そんなことってあるの?と疑問と不安になり

お寺に問い合わせたところ 「口で永代供養の説明と料金システムのお話をし

ご本人が納得したので 契約書はない。」との住職の話。



父は脳梗塞を患った後だったので

話に矛盾点があるのかと思いきや 確かに一番肝心な「契約書」が存在しないとは・・

住職の安易な契約方法にも驚いた。





+++





幸いにも 契約手付金等も払い込む前だったので

この永代供養の話は一旦白紙にしてもらったが

お寺の奥さんからは 随分と嫌味を言われた。

でも それは私たちを責める前に「契約書」を作成していない

自分たちの落ち度を改めるのが本筋だろうと思う。


父にも お寺の奥さんから 切れまくった怒りの電話が入ったらしい。

契約書があっても こんなお寺とは縁は結びたくないものだと

しみじみ思った。出来事だった。





永代供養と云っても お寺によって様々だ。


・お寺が存続される限り住職が代わっても契約が自動更新される契約。

住職が代わった時点で再度 永代供養の契約金を納めなければならない契約。

など、その契約はお寺によっても細かく変わるものらしい。


それで 一度は実家の父を何とか説得し

母の葬儀でお世話になったお寺さんに聞き

納骨は すぐにしなくてもいいし自分の納得がいくまで家に

安置してもいいとのことだったので 家に母のお骨はある。



しかし 人によっては「成仏できない。」という人もいれば

お墓を建てた方がいい。」という人もいて 家族でもない何の責任も

取ってくれない人がガヤガヤうるさすぎる。



人それぞれ家庭には事情がある。


大概 お墓を建てた方がいいと 訳知り顔で正しさを強調する人には

跡継ぎがいて 近くに住まいを建て墓守の心配のない人が殆どだ。

例え 跡継ぎがいたとしても遠方に住んでいれば このご時世「墓終い」だって

することになるだろう。

ましてや わが家には跡継ぎの男子もなく

姉妹揃っての転勤族。


終の棲家がどこになるかは 分からない。



今は お寺などに納骨せず

仏壇の裏側や下などに 納骨堂の様にお骨を納めて

ずっと大切な家族と一緒にいたいと願うひともいると聞く。



いくら立派なお墓納骨堂を用意したとしても

お参りにもいかない方が よっぽど死者は成仏できないんじゃないだろうか?


形ばかりのお墓や納骨堂なら そんなものはいらないと思ってしまう

わたしです。








にほんブログ村テーマ 私らしい 暮らしと生き方へ
私らしい 暮らしと生き方

にほんブログ村テーマ 日々の暮らしをシンプル&豊かにへ
日々の暮らしをシンプル&豊かに














*いつも応援凸ありがとうございます♪