fc2ブログ

喪中の我が家が父に年賀状を出した理由。





本年もご訪問くださり感謝いたします。



お金だけが家族な独り暮らしと夫婦ふたり暮らしと・・←クリック






今年 いいことがあった方は

さらに来年も

今年 あまりいいことがなかった方は

龍の背に乗って上昇を目指し・・



くる年が実り多き1年になりますこと

お祈り申し上げます。





お礼参り・日本最古・龍池社 - ブログ村ハッシュタグ
#お礼参り・日本最古・龍池社



+++




クリスマスのころ

1枚の年賀状を買い

施設で暮らす私のへ出しました。



ほんとうなら

喪中の我が家・・年賀状は出せません。

お義父さんが亡くなったから。



ただ

に面会に行くと

必ずと云っていいほど

さんは元気か?大丈夫か?』と

自分より年下にもかかわらず

体に麻痺があるお義父さんを それでも頑張っているお義父さんのコトを

気にかけていた父。


夫もそのことは よくわかっていて・・




annie-spratt-QKo-op_gR9I-unsplash_convert_20231231084118.jpg





実際 私の父とお義父さん

2度しか面識がありません。



最初に会ったのは

入籍直前の私の引っ越しの時。


夫の住まいに私の荷物を搬入し

夫の両親と私と私の父の5人で温泉宿に泊まった時でした。




ただ その時

あの人が

「あんこちゃんのお父さんと写真を撮りたい」と云って

初対面の父の腕に自分の両腕を回し

体をピッタリつけ二人で(あの人の希望でビックリした)写真を撮った際

顔は笑っていましたが

父は男性に馴れ馴れしい女性が大っ嫌いので

そんなことがあった時から お義父さんに対し

(こんな伴侶では いろいろ苦労があっただろう・・)と察したようでした。



もちろん 父はあの人のことが大っ嫌いになりました。



用もないのに父に度々 電話してきたり

手紙をよこす あの人のことが疎ましかったようです。
(でも 娘可愛さに 愛想よくしていたようです)




annie-spratt-QKo-op_gR9I-unsplash_convert_20231231084118.jpg





そんな お義父さん

年上の自分よりも先に旅立ったと知ったら・・



もちろん 父にはお義父さんのコトははなしていません。

ショックを受けるし落ち込むだろうから。




なので 夫と相談し

施設で暮らす父に年賀状を出しました。




markus-spiske-ZodkrMnKYLk-unsplash_convert_20231226081101.jpg






勘のいい父の事ですから

もしかしたら お義父さんに何かあったかも・・と感じているかもしれません。



人は悪意より

優しさで作られている方が心地いい。


年の瀬に

やっぱり そう思うのです。





慌ただしい大晦日

普段 車の運転をしない方が

ハンドルと握っていることも多いはず


ココロに余裕をもって

災難に巻き込まれないように

いい年を迎えたいですね。





ブログ村ハッシュタグ

#遠くの親戚より近くの他人

#人間関係の断捨離

#心地いい人間関係

#自分を大切にする

#人生の岐路

#自分を大切にする生き方

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ





















家族。







いつもご訪問くださりありがとうございます。





週末は家で過した我が家。


お天気もぱっとせず

夫が左手の薬指を負傷したため

無理は出来ず・・





わたしの暮らし。 ライフスタイルブログ・テーマ
わたしの暮らし。

シンプル思考&暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
シンプル思考&暮らし

女性のための情報満載 ファッションブログ・テーマ
女性のための情報満載

シンプルで機能的な生活 インテリアブログ・テーマ
シンプルで機能的な生活

50代からのミニマルライフ。 ライフスタイルブログ・テーマ
50代からのミニマルライフ。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



『日々、日めくり。』 - にほんブログ村





+++






土曜の夜


夫が内心喜ぶことがありました。




それは

私が 思い付きで提案した

夫の弟への連絡。





の執拗な嫁いびりなどから逃れ

K県から家族で雲隠れした義弟一家。



2年くらい どこに住んでいるのか分からず

には「役所に行って相談したら分かるはずだよ」と

私が教えたにもかかわらず


私が嘘をついていると思ったのか(自分が嘘つきだか)

市役所へ行かず 昨年 交番へ「息子がいなくなった」と相談したら

「それは 警察ではなく市役所へ行って調べてもらえる」と云われたと

すぐに 市役所へ・・




内心

私 その前に教えたのに・・って思ったけど

もう どうでもいいわ、って感じで。





結局

K県からO県へ引っ越していたことが判ったと

から戸籍謄本?の写しが我が家にも送られてきたので



これは、よりも義弟と早く連絡を取らねば!!



実は 携帯も家族全員変えてしまい

連絡が取れない状態になっていて・・




それくらい 義弟夫婦もの異常ぶりに

悩まされていた。







そこで 私が取った行動は電報!!



その電報で 義弟夫婦と連絡が取れ

「お義母さんには絶対に連絡先教えないから」と約束したのが

確か昨年の8月末くらいでした。





今回は 私の思い付きで

「弟に電話してみよう!!」となったのですが


以外で うれしいことが・・




それは義弟から

「本当はGWに家族で我が家に遊びに行こう」と

話をしていた
らしいってことでした。




いろいろあって

実現しなかったけど

そんな計画もしていたと明かしてくれて・・





CIMG7777_convert_20220613051749.jpg





実は

私が義弟に連絡をしたかったのには理由があって・・





それは 来週の父の日

まだ 一度もお義父さんが会ったことのない

3人の内の下2人の写真
を送って欲しいと

お願いするためでした。






は 「来なくていい」と何度も息子に言われているにも関わらず

が生まれるたびに お産預かりのため

自分だけの顔を見に行っていました。





当時 お義父さんは ふつうの車いすでなら移動可能でしたが

お義父さんと一緒に行くと 自分の自由がきかなくなる姑は

父をショートステイにお願いし 自分だけ

いそいそと 頼まれてもない、何なら迷惑だと嫌われている

義弟のところへ行ったいました。






優しいお義父さん・・

きっと ずっとに会いたかったに違いない。



義弟は早速

わが家のPCに子供たちの写真や画像を送ってくれました。



本当に可愛く成長した姪や甥の姿に

実は私以上に内心喜んでいたのが

夫でした。





義弟の下二人の子供たちを見たのは

私たち夫婦も初めてでした。







以前にも何度か書いていますが

義弟家族には 私は一度も会ったことがありません。




結婚式にも欠席でした。




本当は 結婚式にはじめは来るからと云っていた義弟。


でも。。想像ですが 来ないことに・・きっと、絶対姑の仕業です。




だから 私も親戚づきあいをしたい。




っていうか

お義父さんのために 兄弟家族で仲良くしていたい。



それが お義父さんが一番喜ぶことだと思っているから。





送られてきた写真はすぐに大きくプリントして

父が見やすいように ラミネート加工して

早速 今日発送します。




お義父さん

喜んでくれるといいなぁ。





このことは

もちろん 姑には内緒です。



何か言われたら

私が この分厚い胸板で跳ね返してやります。





中年の今想う事語れる事 シニア日記ブログ・テーマ
中年の今想う事語れる事

明日のためにできるシンプルなこと ライフスタイルブログ・テーマ
明日のためにできるシンプルなこと

+++ 心地よい暮らし +++ インテリアブログ・テーマ
+++ 心地よい暮らし +++

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ ライフスタイルブログ・テーマ
50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ

シンプル思考&暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
シンプル思考&暮らし

夜更かし倶楽部 主婦日記ブログ・テーマ
夜更かし倶楽部

大切な時間 家族ブログ・テーマ
大切な時間

義両親との付き合い方。 ライフスタイルブログ・テーマ
義両親との付き合い方。

親の介護と向き合えば。 ライフスタイルブログ・テーマ
親の介護と向き合えば。



にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



『日々、日めくり。』 - にほんブログ村



にほんブログ村 にほんブログ村へ





















「結婚したら・・」







本日2回目の更新です。

1回目は 「家計の圧迫」です。


コチラの記事と合わせてお読みいただけると更新の励みになります。




+++




最近 何度となく夫に「お義父さんの所に行きたいな」とお願いをしている私。


車で何時間もかかるし 冬の時季は路面状態も良くないから

おいそれとは行けないのは分かっている・・だけど・・。




アラフィフの暮らし。 ライフスタイルブログ・テーマ
アラフィフの暮らし。

**夫婦のコト** 子育てブログ・テーマ
**夫婦のコト**




+++



夫との結婚が決まり父の姉・・私から見ると伯母になりますが

報告のため電話をすると とても喜んでくれました。



適齢期をとうに過ぎ 誰も「結婚しないのかい?」と聞かなくなった頃に

瓢箪から駒のような結婚報告に 「あんこらしいわ」と皆が驚き

声高らかに大いに笑ったのは言うまでもありません。



伯母も最初は驚いたけど

「良かった、良かった」と何度もしみじみ言いながら


「あんこちゃん、今まで○○家のコトを一生懸命にやってくれたんだから

今度 結婚して○○家のお嫁さんになったら 自分の実家のコトより

○○さんの家のコトを先に考えるんだよ。」と。


「うん、わかった。」



伯母の言葉に何の抵抗も疑問もなかった。



伯母は母が数年前に他界していることもあり

私に母が言うであろう言葉を代わりに言ってくれたのだと思う。




私は 結婚後それを実践してきた。




結婚後 何度も意地悪なことをする義母

「こいつは本当に頭悪いな!!」と心の中で思った時に 


嫌味で義母に この伯母の話をして聞かせたら

何でか分からないけど 目を丸くして驚いていた。





なので 追い打ちを掛けるように

「お義母さん 息子二人で良かったですね。

娘がいたら大変な思いをしましたよ」と当てこすりも言ってやった。




云うのは 大概、義母がお酒を飲んで気が緩んだ時と決めている。



理由を話すと長くなるが・・。





夫の父が喜ぶと私も嬉しい。だから優しくしてあげたい。

夫も私の父が「はんかくさい」人でも 優しくしてくれる。






アラフィフの暮らし。 ライフスタイルブログ・テーマ
アラフィフの暮らし。

暮らしの選択。 インテリアブログ・テーマ
暮らしの選択。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
* コチラに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


*いつも あたたかい応援凸ポチっ、ありがとうございます。
更新の励みになっています。











・・義実家には帰りません。






先日 不意に自宅の電話が鳴った。


我が家は 防犯や訳の分からない勧誘電話を防止するため

必ず 相手が誰か確認してから電話に出るようにしています。

今は そういう機能も電話についていて ナンバーディスプレー機能を

付けなくても便利です。






にほんブログ村テーマ 40歳以上女性日記へ
40歳以上女性日記



*本日2回目の記事になっています。

 1回目の記事は コチラをクリックしてくださいませ。

 ★←今週のお弁当記事になっています♪








+++




そんなある夜 電話が鳴りました。


我が家の電話番号を知っている人は極わずかです。

防犯機能を使い相手を確認すると義母でした。


夫に「出る?」と確認すると

「出なくていい」と云われたので

電話には出ませんでしたが どうも電話の背後で誰かが

囁いているのが聞こえます。



夫曰く 多分、(背後の声は)義母だというのです。


義母は 周りを使って嫌がらせを今までしてきました。

得意な手口です。

利用されている人は 「可哀想に・・」と同情して

動くみたいなんですが・・そこが義母の演技力だと夫。


確かに わたしにも、そう見えますし

そうされたことも何度も・・・


義母自身が電話を掛けてきても

電話に出ないので を利用したと思われます。




にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス




+++




義母は今まで様々なことをして私たち夫婦に嫌な思いをさせてきました。

それは 再婚である夫を何度も何度も苦しめてきた言動です。


いくら親思いの夫でも いい加減堪忍袋の緒が切れたのでしょう。


それまで 行くたびに嫌な思いを義母からさせられても

夫には「お義母さんたちの所にいつ行くの?」と 

わたしからキッカケを作ってきましたが

夫自身、もう我慢の限界を超えてしまったようです。



夫は 自分の実家には帰ると云わなくなりました。




+++




結婚して 1年ほどの頃でしょうか・・

夫と私に向かって義母が

「あんこちゃんは 自分の実家に帰ってもいいけど

○○(←夫の名)は あまり行くんじゃない。

財産目当てだと思われたら困るから」と 耳を疑うようなことを

義母から云われたことがありました。



義母は真顔でした。 決して冗談でない様子だし

例え冗談でも言っていいことと悪いことがあります。


ドラマの世界さながらのセリフや嫁いびりの連続。


夫が転勤族で良かった~~~と、つくづく思います。




+++



しかし 先日、義母から義父が老人施設に入居した。と手紙が・・

「わたし、お父さんの顔を毎日見に出掛けています。皆勤賞です。」などと

わたし善い人でしょアピール。



でも 施設に入居を強く勧め動いてくれたのはケアマネさんや保健福祉士の方たちらしく

たぶん 義母がいないところで義父に普段の生活ぶりを他愛もない話の中で聞き取り

生活環境が良くないと判断したんだと思います。


ケアマネをしている知人に聞くと 「家族が表面的に繕っても見る人が見れば

どんな生活環境で暮らしているか・家族がどのように関わっているか

分かるモノなのよ。」と。


だから 「今度まとまったお休みが取れたら

お父さんの顔を見に(施設に)いってみよう。」と云うと

夫は「うん。」と 少し嬉しそうにしていました。


「その時、お母さんの所には行く?」と確認すると

「行かなくてもいい」と 憮然とした固い表情になりました。




昔 亡くなった祖母が幼い私に何度も言い聞かせた言葉。

「人に意地悪をする人は 心が卑しい人だよ。」と。




今は 夫の考えを優先して義母とは距離を置き

暮らしていこうと思っています。




















いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます♪









*お盆休み直前・お出かけ前のお掃除ポイントは?




*いつもご訪問ありがとうございます。

 本日2回目の更新です。

 1回目は 『休日ゴハンと多肉ちゃん♪』の記事になっています。

 コチラの記事と合わせてお読みいただけると

 更新の励みになります。 よろしくお願いいたします





+++





我が家は 今年のお盆も夫の実家には帰らない。


それとなく夫に 「お義母さんたちの顔を見に帰るの?」と

聞いてみた。

・・が、予想通りの答え。


「帰らない。」だった。




わたしは 本当にホッとしている。

お義父さんのことは心配ですが

いつも帰省するたび 義母の容赦ない「嫁いびり」で

体調がガタガタになって しんどかったから。






にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス







+++





そんな我が家ですが

数年前までは そんな義母の嫌がらせにも耐え

帰省していました。


その時 1~3日ほど家を空けることになるんですが

その前にいつものお掃除に少しプラスのお掃除で

帰宅後も「わが家が一番!!」と実感していました。





にほんブログ村テーマ 明日のためにできるシンプルなことへ
明日のためにできるシンプルなこと

にほんブログ村テーマ 私のお掃除・片付けへ
私のお掃除・片付け





+++



まず・・


■カーテン・寝具カバー・ソファカバー・マットなど布の類のお洗濯。

■水回りの除菌・殺菌(キッチン・トイレ・お風呂・洗面台)。

■冷蔵庫の中身チェック&お掃除(特に野菜室・チルドルーム)。







お時間に余裕のある方は 他の部分もやるといいと思いますが

最低限ココだけは やってから出掛けると

帰宅し玄関ドアを開けたときの 何とも澱んだ臭いにムッとしたり

しませんよ。 経験済みです(;^ω^)。






あとは 押入れ・シンクした・洗面台下・下駄箱のふすまや扉は

明けてから家を出ると カビの繁殖を押さえることが出来ます。

澱んだ空気が溜まりやすいですからね。




そして 新聞を購読されている方は

新聞の停止も連絡しておくこともお勧めします。

新聞店によっても違うと思いますが

留守中の購読を停止すれば その分の新聞代がお安くなりますし

防犯にもなりますから。





最低限 これさえしてお出掛けすればあとは

多少のことは笑い飛ばせます。

・・っていうか 笑い飛ばしてました。





さぁーすき間時間をを見つけて

お出かけ前のお掃除開始、開始!!





妻・嫁・母・女のストレス - ブログ村ハッシュタグ
#妻・嫁・母・女のストレス

#義実家帰省

#日帰り温泉

#穴場温泉


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ












いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます♪