fc2ブログ

最近読んでいる本。







先日 お話を聞いていただいたカウンセラーさん。

たぶん50代後半か60代の女性。

結婚されているのか?何んてことは分からないけど

悩んでいる私に目からウロコのアドバイスの数々。







にほんブログ村テーマ 私の暮らしへ
私の暮らし

にほんブログ村テーマ 家族へ
家族







+++





夫の特性やら普段の支援やらで 本当に疲れた私は

時々 公的機関のカウンセリングを利用する。

そんな時 以下のアドバイスを受けたのだ。





・何日も口を利かないことは悪いことではない。

家出もよし。

・時には暴れるのも効果的。

だいたい以上の3つのアドバイスだった。



以前なら ケンカをしても口を何日も利かないなんて・・

何だか考えられえなかったし 幼少期から

母親から「お前のいいところは ケンカしてもすぐに口を利ける

ところだよ。」と言われ続けて育ったので それはいいことだと

思っていました。


しかし そのカウンセラーさんが

「それは 母親にとって都合いい子 扱いやすい子に

過ぎなかったのよ。母親の都合よ。」
と云われ

確かに・・と思ってしまった。


確かに喧嘩をすると何日でも口を利かない妹には母は

とても気を遣いながら接していた。我が子なのに・・



そんな時 買ったのが

ブログでも何度もご紹介している岡田尊司先生の著書

『夫婦という病』。



CIMG0460_convert_20170704073246.jpg



色々な夫婦のエピソードが書かれている。





+++





「最近って 何とかの病ってつく本がやたら多いな」とは夫の弁。

確かにそうだね・・下重さんの「家族という病」や

岡田先生も「母という病」「父という病」って本出してるし・・たぶん他にも

病ってつくタイトルの本は多いと思う。




+++




最近 ある女性タレントさんが夫婦間のことで

動画をネットにUPしたりして話題になっているよね。

あそこまではしないけど・・

ブログにはいろいろ書いてますが・・匿名なので・・


きっと 夫に対し自分なりに一生懸命だったんだろうね。

ただ どこかで私みたいに「もう疲れたわ」ってなれなかったんだろうな。

全力投球は悪いことじゃないけど

相手がいる場合 それは時々重荷となることもあるからね。


坊主憎けりゃ袈裟まで憎い・・って感じの所まで行きついちゃう。




前回の結婚では 夫は結婚3年目で夫婦の間がギクシャクし

寒々しい家に帰りたくなくなり浮気を繰り返したと結婚前に

馬鹿正直に私に話した。


・・わたし 夫が浮気したら、やっぱり腹が立つのかな?


まぁ、一応「浮気したら あなたの人生は木っ端みじんになりますよ。」と

伝えてはいますが・・。
















にほんブログ村に参加しています♪





子の前で父を罵倒する母という存在。






カウンセリングの手法と云ってもいろいろあると

先日読んだ本に専門家のお話が書かれていた。



その中でも 家族が家族に対して行うカウンセリングは

ほぼ無理に近いと・・







にほんブログ村テーマ 家族へ
家族

にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス





+++





確かに カウンセラーの勉強をした叔母に聞いてみたが

それは とても難しいことだという。

不可能ではないが やはり第三者という立場を持って

客観的に行うのは難しいと・・





+++





わたしが 夫の特性に気づき

幼少期からの話を時々聞いてみるのだけれど

本当に 目に浮かぶような子の光景ばかりだ。



夫の両は二人とも中学卒だ。

家の経済状況や時代もあってのことだと思う。

特に義父は とても苦労をしたと夫から聞いている。


そんな父だが 周りからの人望も厚く

中卒では異例の大手企業所長にまで

昇りつめた人だ。



そんな義父義母は「能力が低い」など色々な言葉で

常にけなしていたそう・・それも子供たちの前で・・


義母も中卒だが 確かに頭の回転はいいのは

直ぐに解った。


負けず嫌いで見栄っ張りっていう性格もあり

義父と同じ職場に勤めていたそうだが

とにかく夫の出世のため 上司に対し色々な手を尽くしていたのは

言うまでもない。


そんなこともあってなのか 義父とは対象的に

義母はよく職場内でも人といざこざを起こすことがあったと聞いた。


確かに 今でこそ義母と距離を置き

(夫の実家に帰ると私のアトピーが毎回悪化するのだ)

夫の実家に帰ることはないが 義母自身も気に食わないことがあると

「ハッキリ言ってやらないと気が済まないんだよね。」と

自分でも認めている・・ 我慢するっていうことが無いのかと

呆れながら聞いていたことを思い出す。



夫も 「うちの母は昔からケンカっ早かったから。」と言っていた。

「いつも誰か(他人)と喧嘩していた。」と・・




夫の特性は 多分「愛着障害」が基盤になっていると思う。



幼少期思春期に母に対し反抗期があったなら

もう少し違った自信や人付き合いが出来たのではないかと

思うこともある・・



やっぱり反抗期って大切だよね・・は確かに大変だと思うけど。



そして・・

夫は今が「反抗期」真っ最中だ・・ 私に対し・・(T_T)

これには参るけど。












*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村に参加しています。












『息子は離婚しても またすぐ相手は見つかるから』。



*本日2回目の更新です。





+++





夫は再婚です。



前妻さんは一見おとなしそうにしていたそうですが

度重なるお義母さんと その姉妹からの陰湿ないじめに遭い

爆発することが多くなったんでしょうね。







にほんブログ村テーマ 私の暮らしへ
私の暮らし

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。






+++




夫に内緒の浪費やお義母さんとの言い合いが増え

義両親の前でも夫と喧嘩をするようになってしまったんだとか。


結婚3年目 前妻さんはお義母さんに向い

「一緒のお墓には入りたくない!!」と言い放たそうです。


それは結婚5年目にも・・



言わない方がいいけど 気持ちはよくわかります。





夫は それらのことを見聞きしても

何も策を講じるどころか 知らん顔だったようです。




+++



そんな話を結婚前夫から聞いていた私は

「同じ轍を踏まないようにしようね。」と話しました。

「何かあって夫婦喧嘩しても お義母さんにはいちいち報告しない。」など

約束事を交わしました。


夫は 義母から誘導されるがまま

夫婦のあれこれや 前妻さんのご両親のあれこれをベラベラ話すことが

多かったようなので そのネタを使い嫁いびりしていた義母




+++




夫の特性を前妻さんが知っていたかどうかは

解りませんが 特性が無かったとしても そんな夫では上手くいく結婚も

上手くいかなくなるでしょう。



離婚から約3年後 私と知り合い結婚と相成ったわけですが

それから まもなく義母が私にこう言いました。

「○○(←夫の名前)は また離婚しても すぐにいい人が見つかるから。」

もちろん いい人というのは私のことではありません。

私の次の人という意味です。 再々婚ってことです。





わたしも かなりいい年になり結婚したので

20代や30代の若さなら その場でどんな態度になったか解りません。


でも 年の功っていうのか右から左に聞き流すことが出来たので

口を返すようなことはありませんでしたが・・。

でも 普通は云ってはならない言葉です。


ものには程があります。



以前の奥様は 当時20~30代にかけて・・


私なら 心の中で「順番で行けば ババアの方が先に逝くからいいわ」と

悪態をついていたかも・・。



私の亡くなった母もアクの強い人だったし

そこまでひどくなくても それなりに色々な人を見てきたから

ちょっとくらいのことでは 姑とはバトルにはならないけれど

でも 今は距離を置いています。

精神衛生上・・ね。









*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村に参加しています♪















別々。



*ずっと お弁当日記をUPしてきましたが

今のような状態になったので しばらく「お弁当日記」はお休みを

したいと思います。 ごめんなさい。




+++




日曜の夜から夫とは別々の部屋で寝ています。

食事もお弁当も一切作っていません。


こんなことを書くと「大人げない」と思われるかもしれませんが

こんなことをしたことは初めてのことです。



親にも 「お前のいいところはケンカしても

直ぐに仲直りのできるところだよ。」と言われるくらい

人と喧嘩しても何日も口を利かないことは殆どありません。


自分が悪かったときには

直ぐに謝ることもできますし、関係悪化を防ぐために

自分が悪くなくても「さっきはゴメンね。言い過ぎたね。」と

相手が心を開いてくれるキッカケづくりをして

仲直りし人間関係を築いてきたつもりです。



特に男性は 自分が悪くなくてもなかなか素直に謝れない人も

いますから・・(私の父もそうだったし・・昔気質で。)





はじめは 罪悪感がありました。

何度もいいますが こんなことをするのは初めてだから。

でも、だんだん薄れていくものみたいです。







にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。





+++





顔も合わせません。


夫が仕事に行くまでは居間には行かず

寝室にいます。

食事の支度以外は 今のところはしています。

お洗濯・掃除。



夫が帰る時間は ほぼ18時なので

それまでに 自分だけの夕食などを済ませ

寝支度を整え 夫が帰るときには

お布団の中です。



+++



きのうは 帰ってきた夫が

寝ている私の布団を少しだけはぐり

様子を見ていましたが 私は眠ったふりをしていました。


今までなら夫の帰るコールに「車に気を付けてね。お疲れ様」と

声を掛けていましたが 電話にも出ないので帰るコール

してこなくなりました。



家に帰っても 私は顔を合わすことも話もすることもないので

夫は娘(猫)にむかって独り言を言っています。




これって もう家庭内別居なのかなぁ。

夫と話が出来ないことは 確かに寂しいことだけど

話をするたびに 特性のため癇癪が起き

私のことを自分のに はめ込もうと否定が始まります。


久しぶりに胃の痛みを感じました。







*今現在 私自身メンタルクリニックに通っています。

時々 誹謗中傷などを書き込む方がいて

そんなコメントを目にするのは辛いことです。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが

そのことをご理解していただけると幸いです。















にほんブログ村に参加しています♪

*さんまとオクラのクルクル甘辛焼き弁当♪






きのうは 積雪14cmの発表。


・・いや、わが家の玄関前はもっと降ったに違いない。

シャーベット状態の雪はもはや凶器。

腰を痛めてしまわないかドキドキでした。


いまも チラチラ雪が舞っています。








にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。







+++







そんな 今日のお弁当がコチラ。



CIMG0053_convert_20170323073802.jpg


さんまとオクラのクルクル甘辛焼き弁当。』



・ごはん(昆布の佃煮)。

・ブロッコリーと塩昆布の和え物。

・玉子焼き。

・しば漬け。

・焼きウインナー。

・きんぴらごぼう。

さんまのクルクル焼き(オクラ・大葉入り)。




+++




きょうは いつも以上におかずが盛りだくさん。


別にいいことがあったからじゃないけど・・


CIMG0055_convert_20170323073910.jpg



それどころか オットには本当に愛想が尽きる。



生まれ持った特性のせいか いろいろ考えなくてはならないことがあると

頭がパンパンになり思考が停止するらしい・・

そうなると もう何も考えられなくなり

私に丸投げ・・依存・・のび太状態になる。

きょうは ストレスで声が出なくなった。


交換日記に 「(自分からも)逃げるな!! もっと強くなれ!!」と書いて

朝から喝を入れてやった。


私がしんどくて ストレスが溜まっているのに

どこまで理解しているんだろう・・泣けるわ。



でも オットのためじゃなく自分が後悔しないように・

そう ケンカしたままだったら何かあったときに後悔するから

お弁当」と日課の「見送り」はした。





特性のせいだから・・って分かっているけど

何か問題があるたびに わたし一人で抱えなくちゃならないのは

しんどい。






愚痴になったけど ごめんなさい。




























『毎年買うの?』






オットは わたしなんかより ずっと賢い。




暇さえあれば本を読み

好きな作家もいろいろでジャンルも幅広い。




・・なのに。 ヘンだよ・・その思考。










にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。













+++






わが家は 今年のお正月も自宅でマッタリ・・のんびり・・。



ただ 何度か買い物には出かけたんですが

その道すがら このご時世に珍しく門松を飾っている個人商店があり

「あら~ 珍しい。 不景気なこのご時世に ちゃんと門松を飾っている

お店って珍しよね。 コレって結構な値段するんだよね。」と私が言うと

オットは・・


門松って 毎年買うの?」


ズコッ。



「毎年買うよ~。 当たり前じゃん~~」とわたし。


するとオットは・・


「そうなんだぁ~物置とかに入れて置いて毎年使うのかと思った。」って。




いやはや・・ これ常識でしょ~~とかの問題じゃない。




多分 今までの人生で

門松は毎年買うものだと聞いたことはあったはずなオット。


でも オットの特性で 一度聞いたことでも

記憶に留めて置くことが難しかったり

誤解して解釈してしまうことはよくあることらしい。



若くてカッコいい青年なら

「あなたって天然な人ね。 クスッ。。」とかなるけど

オットはオヤジで青年ではない。




思いっきり 「おいおい、、」と突っ込んでやったのは言うまでもない。




以前は こんなことがあると

「ちょっと~~~バカなんじゃないの?」と ため息をついていた。


オットからすると そのため息に凄くストレスを感じていたらしい。


オットの特性を知らなかったとは言え 

申し訳ないことをしたと思っています。ごめんよ・・オット・・。




今は オットにも 「あなたは たぶん○○よ。 だからね・・」と

症状や特性について説明し オットも「そうなんだ~」と

自然な形で受け入れ笑い飛ばすようになり ケンカは減った。









・・でも




私の同級生のお宅。


すんご~~~~~くお金持ちで 色々な業種の商売を手広くしてたけど

注連飾り、勿体ないからとビニール袋を掛け

毎年大事にしまい使いまわしていたのを私は知っている。




たまに 例外なお宅もあったりするのだ。





*オットの特性については未診断のため

症状名を伏せて記事を書いています。

ご了承ください。









にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。










■曖昧は苦手です。





*本日2回目の更新です。

 1回目の更新は休日ゴハンの記事になっています。

 こちらの記事と合わせて読んでいただけると

 更新の励みになります。 よろしくお願いします。







+++






オットの特性を少しでも知ろうと

いろいろな本を読み漁ったわたし。



それは もちろんオットのためでもあるんですが

わたし自身もオットと言い合いをすることなく

快適に生活する方がメンタル的にいいから・・。










+++





ふだん私は どれだけ曖昧な言い方で暮らしてきたか

オットの特性を知ってから思い知らされることが多い。


「もう、ちょっと」  「あと、少し」  「だいたい」  「いつもみたいに」・・


オットのハンディだと これらの言葉を理解するのは

すごくストレスを感じるコトなのだと知りました。

オットからすると

「もうちょっとって、どれくらいの時間? 何分?」って感じで。



なので うっかりしない時以外は

具体的に 「あと10分で終わるよ。」とか

「このTVを見終わったらね。」とか

分かりやすい言い方で伝えます。



そうすることで

オットのイライラが目に見えて減りました。

わたしのストレスも・・。



これは 時間だけではありません。

ふだんのお弁当のごはんの量でも・・


面倒ですが オットに「ゴハンの量はこのくらい?」と

よそった分量を確認してもらい 私がオットの適量を覚えました。




わたしの快適とオットの快適

全く違うのだと知ることが基本でした。






*オットの特性は未診断のため

 症状名を伏せて記事を書いています。

 ご了承ください。




















*仕事はじめ 『2種類のおむすびと鶏カラ』のお弁当♪






今日から オットも仕事はじめ




いつもの冬休みは オットに凄く気を遣い

仕事はじめと同時に 体調不良で

栄養ドリンクのお世話になりっぱなしなんですが

今年は 疲れたのは疲れたんですが

今のところグッタリせずに済んでいます。



今までは オットの特異な特性に気が付かず

休みになると ケンカになることも多かったんですが

今回は わたしも特性を踏まえた生活が出来たので

それが功をそうし ケンカが殆どなかったのがよかったのかも。










にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。














+++





そんな お疲れ度50%ほどの わたしが作ったのがコチラ。



CIMG9756_convert_20170104084943.jpg



『2種類のおむすびと鶏カラ揚げ』のお弁当です。



・ゆかりおむすび

・高菜のゴマ漬けおむすび

・三五八漬け鶏肉のから揚げ。

・カブとセロリの浅漬け。





+++





オットに

仕事はじめの日って いつもより忙しいよね?

おむすびにしとく?」と聞くと 

「うん。」と 返事が。



仕事はじめの日は どこの会社もバタバタしてるもんねー。。


もしかすると おむすび1個だけ食べて お昼休み終了ってことも

考えられる・・・



それに おむすびはオットの好物

楽しいお正月休みが終わってテンションDOWNのオットには

いいお弁当かも。













にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。











ストレスは溜まるけど・・






本日2回目の更新です。

1度目の更新は お弁当の記事になっています。

コチラの記事と合わせてお読みいただけると

更新の励みになります。








+++






最近 オットとの間でケンカは少なくなっています。



オットの特性を私なりに理解しようと

本を読んだり カウンセラーの勉強をしている叔母のアドバイスを聞き

実行したりしているから。



もちろん ストレスは溜まるし

つい、言葉を強くいってしまいそうになることもあるけど

先日から通院し出したクリニックのお薬も効いてくれているので

以前のような不安感や孤独感に押しつぶされそうなことは

日々減ってきています。




+++




オットのイライラする言動に(本人は悪気はない)嫌気がさすときは

適当に返事をして 違う話に持っていく・・


よく 「相手を変えようと思ってもダメ。自分が変わらなきゃ。」っていうけど

まさしくオットの特性は生まれ持ったものだから

変えることも 薬などで治療することも無理。


だから オットと一緒にこれからも暮らすと決めた以上

私がオットに合わせなければ 暮らしは成り立たない。



『あんこ、ハンディのある人と暮らすのは大変なことだよ。』

叔母自身もハンディを抱える家族と暮らし

その大変さを身に染みて感じている。



『人は 大変ですね。って簡単に言うけど

これは 当事者じゃなきゃ わからない苦労だよ。』とも言われた。



わたしは 弱虫で泣き虫だけど

自分で選んだオットとの暮らし。



オットも生まれ持った根気と努力で頑張っています。



外で気を張っている分

家では私がオットに合わせて ケンカのない場所を作らなきゃ。







*オットの特性については 未診断のため

 具体的な症状名は伏せて記事を書いています。

 ご了承くださいませ。











にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。