fc2ブログ

*メッセージ付き愛憎弁当V( ̄▽ ̄;)V♪







雨が降りそうな・・でも、天気予報は晴れだったので

寝具のお洗濯を・・。



もちろん 使うのはお風呂の残り湯。

風水を気にする方などは 「お風呂の残り湯を使うと運気が下がる。」と

気にする方もいるようですが お給料が下がり続けている今、

「運気が下がるから~」などと 言っている場合ではない。


まずは 家計の安定化が大切です。 うん、うん。。 切実なんです、本当に。









にほんブログ村テーマ 主婦の友。へ
主婦の友。

にほんブログ村テーマ ふたり暮らしのライフスタイルへ
ふたり暮らしのライフスタイル

にほんブログ村テーマ 私らしい 暮らしと生き方へ
私らしい 暮らしと生き方
















+++







さて 今日のお弁当は愛憎たっぷりのコメント付き。




CIMG1567_convert_20180508073006.jpg


『フライ弁当(仮)。』




・ごはん(ほぐし鮭)。

・ポテトコロッケ&エビフライ。

・ゆで玉子。

・レンコンの煮物(人参・なると・しめじ)。

・ニンジンと紫玉ねぎの穂先メンマの和え物(枝豆)。

・アスパラサラダ(マヨが下に入ってます)。

・ミニトマト。






+++






CIMG1570_convert_20180508073321.jpg
*わたしのお弁当。




そして 夫のお弁当がコチラ。




CIMG1568_convert_20180508073200.jpg
*夫のお弁当。



別に何の仕掛けもありませんが 先程も言いましたように

コメントと云うかメッセージと云いますか 悪口ともいうものを

書きました。




CIMG1571_convert_20180508074645.jpg



書かずにはいられない程のイライラ・ムシャクシャ感を

お弁当のフタに書きなぐって こっそり包み渡しました。

お昼の時間 包みを開いてオドオドする夫の顔を想像するのが

たまらなく楽しみです




フタの字はスポンジで擦れば取れるから大丈夫。

それよりも 行動と云っていることが矛盾している夫にイラつく。


朝から夫婦で(って云うより 私がメイン)キックの応戦。

格闘技好きな嫁をめとると 体中青あざだらけになることを覚悟していると

思います。


わたしが格闘技好きで 結婚前から雑誌の「ゴング」など

格闘技全般の雑誌を愛読していたり レスラーの選手名鑑なども

持っていたことも 夫は結婚後知ることに・・。


きっと 「あんこちゃんは 大人しい女性」と思って結婚したはずなので

今は 自分の見る目の無さに後悔していると思います。


だから私言ったんですよ、結婚前に・・親切に、、私と結婚して大丈夫?って





そんな夫は 毎週金曜日ドラマ「あなたには帰る家がある」に ドはまり真っ最中です。











にほんブログ村テーマ テレビドラマへ
テレビドラマ

にほんブログ村テーマ Let's OBENTO♪へ
Let's OBENTO♪

にほんブログ村テーマ 台所しごとへ
台所しごと

にほんブログ村テーマ 夫婦弁当へ
夫婦弁当
















にほんブログ村に参加しています。
いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます♪










【悩む】自分に合うカテゴリーが見つからない。







ブログを始めて約5年。


そのころから見ると 今、わたしが在籍する「ライフ」カテゴリーや

他のカテゴリーの細分化が随分進んだ気がする。



初めの頃からあったカテゴリーは 在籍数が多いのは分かるのですが

10ケタにも及ばない在籍数のカテゴリーも随分増えています。

中には カテゴリーがある(要望があったから出来たと思われる)のにも関わらず

在籍数が驚きの「0人」っていうものがあったり・・




*本日2回目の更新です。
 1回目の更新はお弁当の記事になっています。
 よろしければ こちらの記事同様ご覧になっていただけると
 更新の励みになります。 よろしくお願いいたします










にほんブログ村テーマ 日常のつぶやきへ
日常のつぶやき

にほんブログ村テーマ 丁寧な暮らしへ
丁寧な暮らし







ぼく、真剣なんです。39ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
ぼく、真剣なんです。39ブログトーナメント







+++





わたしは 毎日のお弁当やお掃除、つぶやきなどを綴っていますから

「ライフ」のカテゴリーにのみ ザックリと在籍していますが

確かに お弁当やお掃除・つぶやきと細分化する方法もあるんですが

何せ面倒ってこともあり ザックリと2つのカテゴリーに登録。



多くのみなさんは どんな基準でカテゴリーを決めているんでしょうか?





+++





カテゴリーの変更をするとき わたしが勝手に思うのは

「カテゴリー荒らしと 思われてはいないだろうか?」ということ。


決してそんなつもりはないんですが 

自分にピッタリなカテゴリーを見つけるのが難しい。


こんな風に私と同じ思いの方っているのかな?




また いつも私のブログに訪問してくれている方が多いカテゴリーには 

正直、在籍するのをためらってしまいます。

中には それまで交流があったにもかかわらず

ランキングの絡みで こちらから訪問しても コメントを残しても

完全無視をされてしまうことも ない訳ではないから・・

そうなると やっぱり凹むことが訳ではないしね。



同じ様な体験をされている方は 意外と多いと思うんですよ。



「じゃ、カテゴリーに参加しなきゃいいじゃん。」って簡単なことでもないんですよ。




いや~ ブログ村の全体のカテゴリーのスリム化を期待したいな・・











にほんブログ村テーマ ブログの記事、ブログの話題へ
ブログの記事、ブログの話題

にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス


















にほんブログ村に参加しています♪







*焼き魚と豚肉&根菜の煮物弁当♪






・・寝坊をした。


そして を見ていたため 話しかけてきた(起こしに来た)夫に

「・・ん、あのね、ガラスのコップも作れるんだって~」と云って

ふぁ~ん????と 目が覚めた。



本当に ふぁ~んって感覚だ。





「寝ぼけながらも何時?」と聞く私に夫は

「6時半」と・・ 驚いて飛び起きたのは言うまでもない。



お弁当つくらなくちゃ======3!!!!!








にほんブログ村テーマ 小さな暮らしへ
小さな暮らし

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。





+++




準備しておいて助かった。



でも・・目が完全に覚めていない私はとっても不機嫌状態。

ムッとしながら お弁当を作ってしまった。

それがコチラ。



CIMG1071_convert_20171201073439.jpg


『焼き魚と豚肉&根菜の煮物弁当。』




・ごはん(ゴマ塩)。

・海老のキムチ和え。

・オクラのマヨサラダ。

・鱈のバジル焼き。

・豚肉と根菜の煮物(ごぼう・人参・レンコン・タケノコ・蒟蒻・味玉)






+++






CIMG1072_convert_20171201073528.jpg



ここ数日 夫の早朝覚醒のため

寝不足と疲れが溜まりに溜まって とうとう週末になり寝坊になった。


前日に お弁当と今夜のおかずに・・と作っておいた おかずがあったので

少しは助かったけど 調子の悪い時には手間取り段取りができなくて

自分に腹が立つくらい 何も出来ないメンタルの時もある。


自分の問題だけど

まだまだ この状態をコントロールできないので辛いのが

正直なところ。



5分もあれば出来るものが その倍・・もしくは もっとかかってしまう。




これ以上落ち込まないように 久しぶりにコメント&ご訪問してくださった

ブロガーさんにお返事を書いてから ゆっくりしよう・・










にほんブログ村テーマ 今日のごはんへ
今日のごはん

にほんブログ村テーマ 私の暮らしへ
私の暮らし











ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村に参加しています♪








・・苦手。わたしが経験談から学んだこと。




*本日2回目の更新です。


1回目の更新も読んでいただけると

毎日の更新の励みになります。

よろしくお願いいたします。





★←「まぜまぜおむすび&今読んでいる本」の記事はコチラ♪






にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活





+++




先月でブログを初めて4年になりました。




ブログをはじめたキッカケは 知っている人がいない街で

専業主婦を夫に望まれ家に一人でいると

一日誰とも話さない日が ほぼ毎日で気が滅入ってしまうコトが

つづいたことと、毎日訪問して読んでいた素敵なブロガーさんの影響。



そのブロガーさんも いろいろとブログを続けていく上で

シンドイことと ご家族のフォローをしなくてはいけない状況が

重なったようで残念ながらブログは今現在やられていません。






+++





わたしも ブログをこの4年間やってきた中で

コメントを頂いたり コメントを書き込んだりするコトの

「難しさ」を 身をもって学びました。


やっぱり 文字行間からだけでは

相手の方から送られてくるコメントのすべてを推し量るのは

難しいというコト。



それは 受け取る側も送る側も・・



普段から コミュニケーションがよくある方なら

少しは違うんですが 初めての方や忘れたころにコメントを頂く程度の方からの

コメントの中には ココロがペッチャンコになるくらいの感情むき出しの

言葉が書かれていたりします。


大抵そういう方には 決まって書く「決まり文句」が添えられています。



わたしも そんなつもりじゃなかったのにな・・って思うコメントに対し

「抗議」を受けたことも2回あります。



なので そこから学んだことは

「コメントを残すのは苦手で難しい」っていうコト。


だから よほどコミュニケーションが頻繁にある方以外に

コメントを残すことには慎重になりますし ご訪問してコメント書きたいなぁーって

気持ちになっても書かずに読んで読み逃げ状態で失礼することが殆ど。





+++





また ブログは 個人攻撃や誹謗・中傷はマナー違反だけど

基本的には 個人の思いや考えを書いてもいい場所だというのが

わたしの認識。



自分の気持ちを吐露出来る場でもあると思っています。

十人いれば十通りの思いや考え方があり

それをイチイチ「それって、どうなの?」と 管理者にぶつけるのは

慎重にならないといけない気がします。





+++




以前 よくコメントを頂くブロガーさんが

余程 辛かったんだと思いますが

「個人攻撃のコメントばかり書き込むのに そういう人に限って

毎日のように訪問してくるの・・精神的に辛くてブログ閉鎖したい。」って

書いてきた方がいました。  その方は今現在お休み中。


他にも ブログは閉鎖してないけど 

「個人攻撃されるコメントがあるけど 一応コメントには返事を書いてます。」って

優し方も・・でも やっぱり辛いって言っていました。




なので そう云った理由で わたしも自分の経験を踏まえ

コメントは残さないことが多いですが

どうぞ ご理解していただけると有難いです。












にほんブログ村テーマ 暮らしの選択。へ
暮らしの選択。

にほんブログ村テーマ ちっちゃな報告♪へ
ちっちゃな報告♪












ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村に参加しています♪





苦しいのは本人だけじゃなく 間違いなく共に暮らす家族の方が数倍辛い。






きょうは 朝から色々ありお弁当を作れる状態じゃなかった。

正確には きのうから・・。


昨日も夕食を作れる状態じゃなく

も降っていたので 夫に連絡し迎えに行った帰り道に外食にしたい。と

伝えた。





にほんブログ村テーマ 苦しいからこそ見えるものへ
苦しいからこそ見えるもの




生き方2ブログトーナメント - その他ブログ村
生き方2ブログトーナメント




+++





今は削除しましたが 「夫の世界」というカテゴリーで

夫の持って生まれた特異な特性や幼少期からの両親・・

特に母親からの言葉による心の傷で生じたであろう「愛着障害」に

ついて私なりにブログに綴っていました。



+++



夫のずっと 不思議だなぁーって感じる言動や何か相談しようとしても

私の話している意味が呑み込めなかったり理解できなかったり

理解に時間(日数)がかかったりということもあり

実際に「お前に言っている言葉の意味が分からない。」と云われ

何度も「私の言い方が分かりづらいんじゃないか?」

「私の方がおかしいんじゃないか?」と 何度泣き何度も自問自答しました。


でも 泣いてばかりもしていられないので

自分なりにネットや本を買いあさり 夫の特性理解しようと

努力しました。



「きっと、夫も辛いはず・・」と思って。



でも それは少し違っていました。





特性のある人は 「自分の考えが一番正しくて周りの人が言っていることが

おかしい」というものの見方や考え方が基本なので 確かにそう思って暮らしている

特性を持っている夫は辛いといえるでしょう。


でも 実際には理解に苦しむような言動や癇癪

辛いのは共に暮らす家族です。

それは 間違いじゃないと思います。



もちろん それを乗り越えたり 「ケセラセラ」と思える配偶者や

家族が割り切って暮らし 上手く折り合いをつけているご家族も確かに

中にはいます。


全ての方ではありませんが・・



だからと云って

それが どの家族にも当てはまるとは限らないのです。



+++



同じ特性を持っていても 人それぞれ十人十色。

一概には 同じ特性を持っている家族がいるからとアドバイスできないんだなぁって

ことも ここ数カ月の間に私自身勉強になったエピソードもありますし

悪気はないと思うんですが 実際良かれと思って書かれたコメント

傷ついたことも経験しました。



+++



たぶん 特性を持った家族がいる身内の方の考える共通な思いは

同情されたいんじゃない。 辛い気持ちを誰でもいいから

分かって!!って なきで叫びたいんだということ。







+++




昨日 カウンセラーの勉強をしている叔母と電話で話したとき

「あなたから愛着障害の話を聞いた後 たまたまその勉強会があるって分かって

今度参加しようと思っているのよ。」と云われました。



たぶんこれからは 「発達障がい」でなく「愛着障害」に

スポットがあたるときが来るはずです。


人は 愛情でしか心を癒し愛情でしか救われることはない気がします。

人は 誰かの愛情を感じながら生きていくものだから。



一番理解して欲しい愛しい人から理解をされないのは

互いに虚しく哀しい暮らしです。






*夫は 私が罹るメンタルクリニックの医師から勧められた

 特性の診断テストを断りました。

 ですが 先生曰く「軽度ではあると思いますが特性はあると思います。」と

 話は私にありました。


 また この記事は特性(発達障がい全般)を持つ方を誹謗・中傷する目的の

 ものでないことを ご理解の上お読みいただければ幸いです。








にほんブログ村テーマ 日々のできごとへ
日々のできごと









いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます♪







■松山油脂・洗顔フォーム。





*本日2回目の更新です。

 1回目の更新は 『皮バッグのお手入れ』の記事になっています。

 コチラの記事と合わせてお読みいただけると

 更新の励みになります。 よろしくお願いいたします





+++





年甲斐もなく・・周りの迷惑も考えず

ふだんの私はノーメイクです。


お買い物に行くときに

ほんのり口紅くらいは付けますが

それも 薄付きのあまり派手でないモノを少しだけ。


あとは 気分で眼鏡を替えたりして

何とか誤魔化して生活しています。








にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ

にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフの美容と健康へ
シンプル・ミニマルライフの美容と健康






+++




もともと お化粧は好きではありません。



化粧映えする顔立ちなら

きっと人生も変わったんだと思うけど

してもしなくても一緒だから・・。



そんなんだから ふだん使う化粧水や洗顔料にも

ほぼ拘りはありません。 

だから 男性用も使ったりします。


「これ、良さそう。」の直感だけが頼りです。

いまのところ直感に失敗はありません。



この洗顔料も実は男性用


CIMG0515_convert_20170722063843.jpg


松山油脂株式会社から出ているシリーズ。


この他にも 同じシリーズの化粧水もずっと愛用中。




+++



以前 化粧品に・・というか美容にこだわりをお持ちの

同年代か少し上の女性から「男性用を使っているんですか?」と

コメントを頂いた。 ご訪問していただいたので

その方のブログにも 訪問してみたのですが・・

私、、かなり酷評されてました(;^ω^)


確かに 美容に詳しくこだわりのある方には

女性が男性用を使うなんて尋常じゃないのかもしれない。



でも この松山油脂さんの男性用のシリーズは

低刺激敏感肌(アトピーもち)の私でも刺激をほとんど感じない

商品です。



CIMG0516_convert_20170722063935.jpg


それに 案外わたしの周りのメイクをしなかったり

美容用品をあれこれと使っていない女性の方が

お肌がきれいな印象が強くて・・



わたし 本当に美容音痴ですが

お肌って刺激を与えれば与えるほど良くないって聞いたことが

あるんですが・・もちろん手の刺激とかシャワーを当てるとか・・


いまのところ 自分の直感を信じて

使い心地がわたしにあった松山油脂さんの

この洗顔フォームをこれからも使っていこうと思っています。



ちなみに・・マンナン入りで日焼け止めなども

きれいにサッパリ落としてくれますよ。















にほんブログ村に参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪







*家庭内別居?5日目。






夫と口を利かなくなるばかりか

食事の支度もしなくなって(・・と言うよりはする気力がなくなった。)

5日が経ちました。



私自身も 食欲がわきません。





夫の顔もソファでダラしなく眠りこけている姿以外

顔を見ることも この5日間ありません。







にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。





+++





家庭内別居って どんなことをいうのだろう・・と

今までは他人事の様に想像していましたが

これも やっぱり家庭内別居に入るんでしょうね。


ひとつ屋根の下には住んでいるけど

寝食は別なんですから・・




+++



夫の特性未診断ですが・・)のことを考え

そして 性格も踏まえ私なりのやり方で

夫との生活の工夫はしてきましたが・・

カウンセラーの方(叔母も含めて)によっても

接し方のアドバイスが違ったりするので

何が 私たち夫婦に合った 『暮らしの在り方』なのかも

迷走するばかり・・。



先日 人生の先輩でもあるブロガーさんが

言葉は短かったけど 私の心にピッタリなアドバイスのコメント

くださいました。

本当にそうだと涙が止まりませんでした。



いつもコメントをくださるブロガーさんの皆さんからの

アドバイスも本当に沁みるばかりで 有難いです。




毎日 泣いてばかりです。 

本当のわたしは もっと明るくて こんなんじゃないのになぁ。




本当は 同じ配偶者家族を持つ方たちが集まる会に

参加してみたいんですが・・

いろいろあって それは無理だと諦めています。


大都市なら可能でしょうが・・個人情報が洩れる恐れが

一番強いから。



・・気が重いです。



明日から夫の仕事が休みです。













*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村に参加しています♪






■『愛着障害』という言葉をご存知ですか? 後編





愛着障害』。



世間で この言葉がどの程度認知されているかは分からない。



ましてや 子供や大人の発達障害の診断をできる医師の中でも

その 目に見える障がいの陰に 実は『親との愛情の問題』があることにまで

気づく医師は 更に少ないという。







にほんブログ村テーマ 家族へ
家族

にほんブログ村テーマ こぼれた感情へ
こぼれた感情






+++





わたしが オットと知り合い入籍するまでの数か月間の間に

オットの「不思議な言動」に気づき観察してきた。


それは 結婚しても続いた。


そして 数か月前、オットと特性が結びついた。




・・しかし どこかで「しっくりこない。」 「納得できない。」部分も

あった。

それが 何なのか分からずにモヤモヤしていたときに

この本と巡り合った。


CIMG0098_convert_20170406093912.jpg



目からウロコだった。

モヤモヤしていたモノから解き放たれた。





+++




オットと義母との関係性も 客観的に観察していたわたし・・。

イヤな嫁だと思うが 義母とオットとの関係性は

もう一人前の大人になったオットに大きな影響力を与える

『支配する母』と『支配され続ける子』の 関係性が手に取るようにわかった。



こんなエピソードがある。




義母には 腹違いの姉がいる。

姉の子供たちは 学業優秀で オット兄弟とも年が似たり寄ったりだったそうだ。

そして オットの弟も出来がよく両親、とくに教育熱心だった義母

その弟や従兄弟とオットを比較し「お前は馬鹿だ!」「頭が悪い!」といつも

言い続けられたそうだ。


でも だからと言ってオットが成績が悪かったわけでは決してない。

成績もよく親に対し反抗的な態度をとることもなかったそうだ。


オットは わたしにこう言った。



「俺も大学に行きたかった。 でも 弟の方が俺よりも頭が良かったし

俺の家は そんなに余裕のある家じゃなかったから 就職を選んだ。

それで 親が自慢できる会社に決まった途端に それまでバカだ、頭が悪いって

散々言われていたのに手の平を返すように 俺に対する態度が変わったんだ。」って。





+++





幼少期 親のとかく母親の愛情を充分に受けることができなかった子供は

大人になると 発達障害に似た(専門家でも見分けが難しい)特性が現れることを

この本で知った。


わたしが オットの特性を知っても尚且つ モヤモヤした思いに駆られたのは

そのためだったのかもしれない。



何故そう思ったのか?



オットとは 一つのお布団で一緒に寝ている。

多くの男性は 女性に対し自分の腕枕で眠るよう、女性を包み込むように

行動する男性が多いと思う(恋愛経験が少ない私の見解ですが・・)

しかし オットは私に腕枕をしてもらったり

腋の下に顔を埋めるように眠る癖がある。


夜 わたしが床で寛いでいると

必ずわたしの横に来て カラダを密着させ子が母に甘えるような

そんな行動をとる。



オット曰く 「そうすると安心する。」というのだ。




もし 自分の子や配偶者が特異な特性を持っていて

発達障害と思ったら そんな関連本と一緒にこの本も読んでほしい。


生まれつきの障害でなく 

後天的で親との関わりの中で身についた問題行動かもしれないから・・。








*オットの特性は未診断のため詳しい症状名は伏せて書いています。

また 一部の方ですがコメント欄に誹謗中傷などを匿名で書く方がいて

私自身も、今現在、心療内科を受診中ですので そのようなコメントを目にすると

更に不調に追い込まれます。

どうか ご理解した上でお読みください。


私やオットの様に苦しんでいる方の少しでも問題解決の

糸口になればいいと考えています。