fc2ブログ

*紅鮭とちくわ天のお弁当・・と、在るものの断捨離。







天気がパッとしない。

ついでに わたしの心もパッとしない。

本当に パッとしないことだらけで イヤになる。


先日も義母から あるプレッシャーをかけられた。

・・が、義母には「わたしには こうこうこれらの事情があってそれは出来ません。」と

キッパリと断った。



お弁当の後の記事につづく・・









にほんブログ村テーマ 主婦の友。へ
主婦の友。

にほんブログ村テーマ ふたり暮らしのライフスタイルへ
ふたり暮らしのライフスタイル

にほんブログ村テーマ 私らしい 暮らしと生き方へ
私らしい 暮らしと生き方

















+++





今日のお弁当も 本当に適当。



CIMG1652_convert_20180530105000.jpg

『紅鮭とちくわ天のお弁当。』






CIMG1653_convert_20180530105140.jpg
*夫のお弁当。



・ごはん(焼きのり)。

・あおさ&紅ショウガ入りちくわ天。

・紅鮭。

・ミックスベジタブル入りポテサラ。

・野菜とチーズタップリ・オムレツ(赤パプリカ・しめじ)。

・ホウレンソウの塩昆布和え(白ごま・カツ節)。





+++




健康やダイエットを考え お弁当にはなるべく野菜を入れたい。

多分 お弁当を作っている方なた男女問わず 思いは同じだと思う。

そこで お弁当のちょっとしたワンポイントを・・。



今日 お弁当に入れたホウレンソウと塩昆布の和え物ですが

どうしても ホウレンソウなどを入れたいとなると

別にお醤油を入れなくてはならないと 以前のわたしは思っていました。

・・が、塩昆布やゴハンのお供のビン詰めのエノキタケなど

元々 味の濃いものと野菜のお浸しを和えることによって

醤油を入れずに工夫できることもあるようです。

それによって また他の栄養を取れる利点もあったりしていいこと尽くめです。


ちょっと視点を変えて 工夫する面白さも見つけると

お弁当づくりも 楽しくなるかもしれませんよね。




CIMG1654_convert_20180530105321.jpg






+++





冒頭のお話の続きですが・・



わたしは 感が強い。

感と云ってもいろいろあるけれど 幼少期から正夢を見るのは

日常的、母が他界したばかりの時も 母そのものを感じるある出来事を

わたしだけ感じ取っていたし その後も1周忌までは 「あ、母さん側にいる。」と

分かることも何度もありました。


また 時には人を見ただけで テレビ画像を観ているかのごとく

その方の近い将来などが視えるときもあります。

視たくて観ている訳ではないんですが 視えてしまうのが厄介ですし

それが 当たっていることも多く 「あんこさんって分かるの?」と何度言われたか。



1年ほど前までも 何かわたしが体調を崩したり 良くないトラブルに

巻き込まれそうになる前には 母と亡くなった愛猫が一緒に夢に出てくることも

毎日のようにあったくらい。


自分から視てもらったわけではありませんが
 
あることがあった時 周りの方が心配して「視える」という方々に

お祓いをしてもらったこともありますが どの方も揃って云ったのは

「あなた修行すれば 人を視ることが出来る人ですよ。 今も実際そういうことが

あるでしょ?」というものでした。

ただ 最後に視てもらった人からは 「あなたは体が弱いから 視れる力はあるけど

それをやると自分の体がもたないから やめなさいよ。」とも言われていた。

わたしは その方に自分が幼少期から体が弱いなどとは一言も言っていなかったんだけど。



義母は我が強い。

人の気持ちを汲むなどと云うことは ほとんどない人です。


自分がいいと思ったことは 人にもいいと思ってしまう人なのです。



確かに 義母の気持ちも理解できないわけではありません。

家族が災難から逃れ 健康に健やかに生活できるようにと

願ってのことだと思います。

でも そう願うなら 自分だけで「信仰」すればいいこと。



信仰」は悪いことでは ないと思っています。

悪いのは 「信仰」を語った遣り口だと思っています。

信じている人には「罪」はないと思っていますし

現に私の知り合いにも いろいろな「信仰」をしている方がいますが

「○○に入会しているから嫌い」と 思ったことは一度もありません。

信仰とは別に その人本人の人柄をみてお付き合いをしているだけです。




でも とかく感じるのは 「信仰」している人の中には

常識を「いちだつ」する行為を平然とする方がいて驚くこともあります。

義母も わたしと夫が結婚後 すぐさま私に対し「(私の実家)お父さんも入会させたいから

生年月日教えて頂戴」と言われ 驚きました。

もちろん 父の承諾もなく勝手に生年月日を教え入会させることは出来ないので

丁重に義母には「父の許可なく教える訳にはいきません。」と お断りしましたが。



実家の父も母もわたしも 新のつく「宗教」は嫌いですし

夫も嫌いです。


ただ 夫曰く、「何を言っても人の云うことを聞く人じゃないので

云っても無駄だから」ともこと。

わたしから見るに タダ夫は義母に逆らえない 

「タダのヘタレ」だけにしかみえないですけど、ね。



信仰するのは自由ですが 周りの人を巻き込むのは辞めた方がいいというのが

わたしの考えです。

義母に対しては 「サークルにでも入っている。」と考えるようにしています。

その方が気が楽ですから・・


でも それだけ熱心にやっている信仰でありながら

悩み事があっても 集まりの中で悩みを吐露する時間には参加しないそうです。 

他の方の様に胸の閊えを吐露しないって なんの為の「信仰」なんでしょうね。




*実際に わたしも自分や夫のこともあり 悩んだ時には

 「藁にもすがりたい。」という 気持ちに人生で初めてなりました。

 わたしは「信仰」には 走りませんでしたが

 世の中には そんな時たまたま身近にあった「信仰」にすがる方がいるのも確かですし

 それを批判するものではないということだけは ご理解していただきたいことです。

 









にほんブログ村テーマ Let's OBENTO♪へ
Let's OBENTO♪

にほんブログ村テーマ 台所しごとへ
台所しごと

にほんブログ村テーマ 夫婦弁当へ
夫婦弁当

















*にほんブログ村のランキングに参加しています。
 いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます








義母・色気は健在❤






以前は お正月以外(お正月は道路状況が悪いという理由で)

年に数回 夫の実家に帰省していたわが家。


夫は再婚で 以前の結婚のときも子供はいず

晩婚もいいところの私と結婚したので

夫は 「あんこちゃんの体に何かあるいいけないから

子供はいらない。」といい わが家は夫婦ふたりと

私が連れてきた可愛い娘のような猫の2人+1匹の家族になった。


・・が 結婚してしばらくは

いくら晩婚と言っても 不妊治療をすれば

子供が産めない年齢ではなかったので

義母からは 「孫の顔が見たい。」発言を何度か囁かれた。







にほんブログ村テーマ 毒になる親へ
毒になる親





+++



そんな義母だからなのか

70をとうに超えていますが

お色気は未だ健在。




驚いたのは 結婚が決まり(その当時、義母は70歳)。

私の父と夫の両親の5人で 温泉に一泊した時のこと

義母の方から私の父に「一緒に写真を撮りましょう~」と

ベッタリと体を密着させ腕を絡ませ すました顔で写真を数枚撮ったのだ。


私の父も年齢より若く見え

若かりし頃は 男前と云われたと 面食いであった母が自慢していた。

そんな父に義母が すり寄ってきたのだ。



わたしも驚いたが

父はその場では何も云わなかったが

結婚から数年後 義母のちょっと常識を欠く行動に

違和感と嫌悪感を感じたようなことを 夫のいないところで

わたしに呟いた。





+++



確かに その写真撮影の時も義母は 私に

「お父さんが(義父)がやきもち焼きだから

あんまり写真を撮ると機嫌が悪くなるのよね~」と言っていた。


当たり前だ、。


・・なら、義父の前でそんな行動をとらなきゃいいのと

イヤな気持ちになったのを覚えている。




+++



それから数年・・

ここ最近 健康維持とやらでボーリングサークル

入会した義母。


サークルには男性もいる。


そんな中 義父も夫もいるところで

私に尋ねてきた「ねぇ~あんこちゃん、、ボーリングサークル

きている男の人で素敵な時計をしてきている人がいるんだけど

なんて褒めたらいいと思う~~」と・・


一瞬 あんぐりとなったのは言うまでもない。


義父息子の前で聞いてくる話じゃないし、

その男性の時計を褒めて、その後どういう展開を期待しているのだ?と

呆れた。


・・が、尋ねられたので

「素敵な時計ですねって云えばいいんじゃないですか?」と答えた。




確かに

幾つになっても「素敵だわ~」と思う人がいることは

悪いことじゃない。 イキイキと元気も張り合いも湧いてくるが

義父を外に連れ出すこともせず 寝たきり状態にしてしまい

毎日 自分だけアレやコレやと外出し 終いには外でお色気を振りまいてんのか!?と

思ったら 呆れてしまった。



義母は 若いころから男性には積極的だったと

夫からも聞いていたし その行動を見ていれば

小娘じゃない私にだってわかる。



いま 義父は施設に入所している。

母のたっての希望が実現したのだ。

義母が 毎日パラダイスのような日々を送っているのだろう・・と思うと

夫もわたしも 口には出さないが

「願ったり叶ったりな生活なんだろうな」と思っている。



義母は 自分で自分のことを美人だと充分自覚している。

しかし・・以前入っていたサークルでも 女性とケンカが絶えなかったらしいので 

猫を被っていても直ぐに化けの皮ははがれるだろう・・。



私は義母とは 所詮、他人だからいいけど

夫は 本当に嫌な思いをしているだろうと思うと

可哀想だ。





施設に入所した義父には会いに行きたいと言っている夫だが

義母には 会いに行かないとキッパリ言ったのは言うまでもない。
















いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます♪