真剣に節水を考える。








先日 サクッと新聞受けに入っていた上下水道の料金改正のお知らせチラシ。



確か数か月前に下水処理施設の老朽化に伴い

上下水道の料金の値上がり告知があったような・・

すっかり 普段の生活に追われ 忘れていました。





*本日2回目の更新です。
 1回目の更新は きのうの夕食と今日の夫婦弁当の記事になっています。

 コチラの記事と合わせてお読みいただけると更新の励みになります。
 よろしくお願いします。







にほんブログ村テーマ 楽しい節約☆心豊かな暮らしへ
楽しい節約☆心豊かな暮らし

にほんブログ村テーマ エコノミニマルな暮らしへ
エコノミニマルな暮らし
















+++





みなさんのお宅では どのような節水をされているのでしょうか?

参考になることや 画期的なアイデアがあれば是非 ご教授願いたい。



今のところ わが家では


お風呂の残り湯は洗濯や掃除に使う。(入浴剤を使うので植物には使えない。)

洗濯回数を減らす。

トイレの流す回数を減らす。

トイレ掃除の時もお風呂の水を使う。

・朝・昼の食器は夕方、夕食の支度をしながらまとめ洗い。

・食器などを洗う時は勢いよく水を出さない。

・食器はたらいに付けた状態ですすぐ。

歯磨きの時はコップに1杯だけにする(が、夫は何度言っても出しっぱなしで歯磨きをする)。

お風呂はなるべく夫婦ふたりで入る。





このくらいでしょうか・・





出来ることなら お風呂入浴剤を入れることも いっそのこと辞めて

植物に使いたいくらいですが 夫が賛成するかどうか・・

また トイレも使用後はお風呂のお水で流したいくらいです。



笑われてしまいそうですが 以前何度か土砂降りの雨の日に

「これはいい!!」と 汚れた雨水で洗ってみたこともありますが

あまりに虚しくて それは辞めましたが 実際やれるならの汚れは

雨の日にザックリでもいいので雨水で洗いたいくらい。



実家にいたときは 雨水をためる大きなタンクがあったので

よくそれを使っても洗ったし お花に水をあげたりもしました。

戸建てなら そんなことも可能なのに・・




もう節水がこれ以上無理なら その分違うところで出費をセーブして

上下水道料金に回すしかない。

でもね・・何から手を付けていいのやら。










にほんブログ村テーマ 節約生活へ
節約生活

にほんブログ村テーマ 50代から始める『小さな暮らし方』の準備へ
50代から始める『小さな暮らし方』の準備

にほんブログ村テーマ コンパクトライフへ
コンパクトライフ

















*にほんブログ村のランキングに参加しています。
 いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます









スポンサーサイト

■日本でもありますよ! ホテル掃除「あるある」。







先日 海外のホテルでの掃除の様子がTVに写しだされ衝撃を受けた方も

少なくないと思います。


1つのスポンジでトイレ掃除をしたあと 同じスポンジで

備え付けのコップなどを洗う光景・・(◎_◎;)




でも・・あれって 我が国日本でもあることだって知ってましたか?







★←「整理・断捨離 薬箱の中」の記事はコチラ♪







にほんブログ村テーマ 日本のお宿・ホテルへ
日本のお宿・ホテル

にほんブログ村テーマ 一般ニュースへ
一般ニュース






+++





海外のあの衝撃的なスポンジ1つでトイレから水回り

コップまで洗うことはさすがに ありませんが


日本でも お客様が使い終わったバスタオルなどで

バスタブを磨いた後 洗面所も同じタオルで拭き取り

最後に トイレの便座や下回りを拭くことは 掃除の段取りとして

結構ある話です。



もちろん トイレの中は専用のブラシを使ったり

コップも別なモノで洗い「除菌済み」の袋などで包まれていますが。



もちろん 全部のホテルがそうですとは言いませんが

繁忙期などは 掃除の時間だけでも大幅に時間を取られる作業。

効率的に・・っていう事なんだと思います。



また 温泉旅館などは特にそうですが

シーツなどは 目視して汚れていなければ

そのまま 一旦プレス室に持って行きプレスして再度使用します。



だ どう見てもラブラブなカップルが宿泊した後などは

シーツが汚れている場合があるので ホテルの方も

そういうお客様のあとの寝具類(カバー)はお洗濯に回すことが殆どだと思いますが・・



私はそういう事を 知っていたので

バスタブは 備え付けのボディソープで一旦洗ってから使いますし

食事中に敷かれていたお布団も かならずシーツ類はチェックします。

シミがついている場合や 触ってみて糊付けが「パリッ」としていないものは

再生シーツの場合が濃厚なので さりげなーく 取り換えていただきます。



案外 足元に前回使った方の よだれのシミがついている場合が多いですよ。




こんなこと暴露したら ホテル業界からクレーム来るかしら?


もちろん 先程も言いましたが全部のホテルではないと願いたいですが・・

でも 実際には多いのは確かです。









にほんブログ村テーマ 国内旅行へ
国内旅行

にほんブログ村テーマ 今日のおすすめホテル・宿へ
今日のおすすめホテル・宿












にほんブログ村に参加しています♪







■水道管が凍ってしまったら・・







TVでも いろいろ水道管の凍結について情報を公開しているようですが

軽いものなら 蛇口にお湯等を掛けずに

お手軽に凍結を解決する方法があります。








にほんブログ村テーマ 暮らしまわりのこと*へ
暮らしまわりのこと*

にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス







お家大好き19ブログトーナメント - 住まいブログ村
お家大好き19ブログトーナメント









+++




もちろん 配管自体が破裂した場合は 論外ですが

蛇口の辺りが凍っているようなら

ドライヤーで熱風を当てるのもいい方法です。


軽い凍結なら お湯をかけるよりもお手軽です。

ただし 感電しないように。


また トイレの水が流れなくて困っている方も多いと聞きます。

そんなときの為に お風呂にはお水を張っておくのがいいでしょう。


いざとなった時 役に立ちます。

また 意外と盲点で気が付かないのが

洗濯機の排水パイプ内の凍結


この時も 40~50度くらいのお湯を流して

パイプ内の凍結を解決するといいですよ。





みなさんの少しでもお役に立てればいいかな・・って思います。










*お弁当の記事は 後ほど更新したいと思います。
 よろしくお願いたします





にほんブログ村テーマ この怒り、ここで爆発させてください!!へ
この怒り、ここで爆発させてください!!

にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス


















にほんブログ村に参加しています♪









水道凍結するって・・対策とかないんですか?






わたしの住む街では

この時季 ストーブ(もしくはパネルヒーターやエアコン)は

夜間も点けたまま就寝します。


築年数に関係なくです。



なので ニュースで水道管が破裂したとか

水が出ないニュースを見ると とっても気の毒に感じています。








にほんブログ村テーマ 暮らしまわりのこと*へ
暮らしまわりのこと*

にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス







お家大好き19ブログトーナメント - 住まいブログ村
お家大好き19ブログトーナメント







+++







確かに 住んでいる地域により

家の断熱材の素材や厚みは違うと思いますが

関東や新潟などで水道が凍結して水が出ないとか

水道管が破裂したとか云うニュースを見るたびに

とっても不思議に思うことがあります。


「凍る前に 水落とししないのかな?」って。






+++





わたしの住む地方では


この時季、長期留守や夜間水道凍結しそうなときには

水道の元栓を閉めて水落しします。



CIMG1233_convert_20180130074750.jpg


家によっても 水道の元栓の数は違いますが

キッチンに1つ、トイレに1つ、洗濯機周りに1つ・・と言う風に

私の実家では3つありました。





+++




まずは お水を落とすときには

蛇口を全開(水を出しっぱなし)にし

元栓を左から右に(種類は色々)倒します。


その後 完全に水道管の中の水が落ちきるように


CIMG1234_convert_20180130073706.jpg


お風呂場やキッチンの水道についている

カラン等の ネジを緩め取り完全に水道管に残った水を抜く作業をします。


CIMG1235_convert_20180130073800.jpg


わたしは これでも心配なので

水道の蛇口に口を当て思いっきりフーっと息を吹き入れ

残った水を抜きます。



トイレも 便器の中の水が凍らないように

トイレ専用の不凍液を入れてからでないと家を留守に出来ません。



関東などでは この元栓ってないんですか?


CIMG1233_convert_20180130074750.jpg



我が家の 元栓は長さが短いですが

家によっては1メートルほどあるものもあり

用心深い方は 元栓の配管に専用の電熱線入りの凍結防止器具を巻き付けている方も

いらっしゃいます。




+++




一人暮らしをしていた時は 仕事に行く前に

必ず水道の水落をし、それでも水道が凍って何度も泣いたことも。


理由は 水道管の老朽化によるサビが原因。

水道管の内側にがつくと 水を落としたとき

サビのせいで 吸い込まれた他のがふたをしてしまうような

状態になるから 完全に水が落ちきらない。



水道がいったん凍結すると 簡単には解けないので

業者さんを頼むんですが わたしが一人暮らしのころの

業者さんの相場は 1万~1万5千円でした。



親切な業者さんは 値引きしてくれたり

大家さんや管理会社に水道管が劣化しているから凍ったと

そちらに請求書を送ってくれる方もいて随分助けられました。




住んでいる地方によって 生活仕様って随分変わりますよね。


まだまだ 寒い日が続きます。

風邪やインフルエンザもそうですが 水道の凍結にも用心したいですね。





*お弁当の記事は 後ほど更新したいと思います。
 よろしくお願いたします

















にほんブログ村テーマ この怒り、ここで爆発させてください!!へ
この怒り、ここで爆発させてください!!

にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス


















にほんブログ村に参加しています♪








■日めくり暦を買いました。







先日 ブログのタイトルを「たのしむ生活」から

「日々、日めくり」に変更したばかりのわたし。



昨年の今頃 夫の特性に気が付き

絶望とも虚脱とも言えない何とも言い表せない心情になりました。



そんな時 浮かんだ言葉が 

『日々、日めくり。』でした。









にほんブログ村テーマ 暮らしの選択。へ
暮らしの選択。

にほんブログ村テーマ 日々の暮らしへ
日々の暮らし







お家大好き8ブログトーナメント - 住まいブログ村
お家大好き8ブログトーナメント





★←「夫の仕事用のセーターを買いました。」の記事はコチラ♪


よろしければ コチラの記事も読んでいただけると
毎日の更新の励みになります。 どうぞ、よろしくお願いいたします










+++





すぐにブログタイトル変更を考えましたが

当時 所属していたカテゴリーにも

「日々」とつくタイトルを使われている方もいらしたので

ちょっと遠慮。


しばらく 「日々、日めくり。」は出番がない状態でした。

(もう変更できる機会はないかもしれない・・と諦めていました。)



しかし そんな生活の中で「今がその時・・」っていう出来事が

最近バタバタと起こり・・

タイトルを一新する時期が来た。、と。


このタイミングだったんだ。、と。




CIMG0972_convert_20171102212607.jpg



』。



以前からあったように思います。

たぶん人気のある日めくりなのでしょうね。


壁掛けにも卓上にもできるタイプと大きさが魅力です。


サイズは葉書より小さいサイズって云ったら分かりやすいかな。



中身は・・


CIMG0973_convert_20171102212758.jpg




の満ち欠けが毎日分かる内容。

日付が小さいので 昔ながらの日付けがメインの日めくりが好きな方には

物足りないかもしれませんね。




私が このを選んだのには理由があって

来年は 少しでも夜空を見上げてをめでる余裕を作りたい。ってことから。

そして の姿によって名前があることは知っていても

具体的には知らなかったので それを知ることも楽しそうだったから。



先日も 幼少期の祖父とのエピソードを書きましたが

やっと 毎日をぺリぺリとめくる楽しみと そんな年齢になったんだなぁーって

実感しています。






+++






この他に 来年で4年目になるダイソーの1枚モノのトイレ用のカレンダー

昨年から使い始めた 同じくダイソーの3カ綴りのカレンダー

居間用に買いました。


生活に合わせたの使い分け。

それも暮らしの中に合わせて楽しみたいと思う私です。












にほんブログ村テーマ アラフィフの暮らし。へ
アラフィフの暮らし。

にほんブログ村テーマ わたしのお気に入りへ
わたしのお気に入り





第170回 1年以上前に書いたブログブログトーナメント - 旅行ブログ村
第170回 1年以上前に書いたブログブログトーナメント











*いつもご訪問ありがとうございます。