fc2ブログ

■「こんな時期なので・・」と農水省からのお願い。






お花が好きです。


はい、花屋に勤めてましたぁ。



希望はブライダルでしたが



常務(社長夫人)から
「あんこちゃ~ん 女性で大型の葬儀祭壇を作っている人っていないから
あんこちゃんには 葬儀祭壇を作る人になってほしいのー」と。



若かったので
イヤだった。



いまなら
「最後のお別れに 祭壇をキレイに・・」って気持ちになれたけど

当時はブライダルで
ひな壇やウエルカムボードの装飾
ブーケのオリジナルデザインを提案する仕事に力を入れてた。


実際
妹や従弟のお嫁さん・友人には 私がブーケを作った。




+++




だから・・
お花が好き。



先日
母の仏花のお花を買ったついでに

自分にも花を買った。



CIMG3726_convert_20200307045822 (2)


春らしいミモザ。



農林水産省からお願いコメントが出された。


「新型コロナウイルスが流行っているから 
部屋に花を飾って和んで欲しい。」

と。



はいはい、、
言われる前に 買いました。



確かに 花がある暮らしはいい。

花の近くを通っただけで
ふわーッと いい香りがする。



花屋さんにも
たくさんの花が入荷していて 誰かが買ってくれるのを待っていた。




+++




花粉症(実はわたしも菊系のアレルギー持ち)の女性には
お花は贈れませんが

でも 多くの女性は
彼氏やご主人からお花を貰うと嬉しいものです。


ホワイトデー
お花のお返しっていいですよ。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ


*いつも あたたかい応援凸ポチっ、ありがとうございます。
更新の励みになっています。








*ホワイトデーのおウチごはん^-^♪






いつもなら行かない夕方にスーパーに行ってみると

テナントで入っていたケーキ屋さんの前に大勢の男性が・・(*゚Q゚*)



それも 20代や30代の男性じゃないの。

50代以降の男性が大勢いるではありませんか!!


心の中で 「おおおおおッ、、、、、ホワイトデーもお返しだねー」と思っていると

同じくシニア女性の二人組が「ずいぶんケーキ屋さんに男の人が並んでいるなと

思ったら今日はホワイトデーなんだもんね~みんな、ちゃんとお返しするのね~」と

微笑ましく その光景を目を細め見ていました。



・・ちなみに夫はホワイトデーのホの字さえ微塵も感じてない様子で

空の弁当箱を「母ちゃん~~~~ありがと~~~」と渡してきました。


ハイハイ、、空の弁当箱ね、、、、ハイハイ、、、、。








にほんブログ村テーマ アラフィフからの衣食住。へ
アラフィフからの衣食住。

にほんブログ村テーマ 節約生活へ
節約生活

にほんブログ村テーマ 暮らし・料理・ナチュラル生活・日記へ
暮らし・料理・ナチュラル生活・日記





そんな 昨日の夕食は久しぶりに鱧を使ったお料理にしました。



CIMG2482_convert_20190315080021 (2)

『鱧のちらし寿司。』





冷凍できる鱧は先週末に買って冷凍してあったもの。

それに 冷蔵庫にあった菜の花や玉子・レモン・ミニトマトだけで作りました。



夫はウナギも大好き。

でもねー中国産のウナギでも一尾1500円くらいするから

高級すぎて買えない。



鱧なら倍の大きさで半分のお値段。

お安ーいのです。



トマトの酸味とレモンの程よい苦みが甘辛い味付けの鱧に絡んで

いい感じです。

菜の花も 歯触りが良くて美味しくできました。








にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし

にほんブログ村テーマ おうちごはんへ
おうちごはん

にほんブログ村テーマ 冷蔵庫・冷凍庫の活用と管理。へ
冷蔵庫・冷凍庫の活用と管理。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。
















ホワイトデーのお返しは25倍返し!?






夫の勤め先の部署には女性が数人います。


でも ほとんどの臨職さんや職員の女性は

バレンタインに チョコレートを配ることはありません。











にほんブログ村テーマ 日々の暮らしをシンプル&豊かにへ
日々の暮らしをシンプル&豊かに

にほんブログ村テーマ 冷蔵庫・冷凍庫の活用と管理。へ
冷蔵庫・冷凍庫の活用と管理。






★←「断捨離に失敗する簡単な原因。」の記事はコチラ♪

★←「冷蔵庫掃除・無理なくキレイに簡単に素早く!のポイントとやり方。」の記事はコチラ♪











+++





バレンタインのチョコレートを個々に差し上げる、差し上げないは

職場でも考え方が違いますから 私が以前勤めていた会社では

女性がみんなで 数百円ずつ お金を出し合って

男女みんなが お昼を食べる場所に「男性の皆さん いつもありがとうございます。」と

メッセージを書いて置いておいたものです。



なので 金額負担も女子同士の見栄の張り合い・競争もなく

穏やかなモノでしたし 男性たちも「おおおお、チョコレートだなぁー」と

普段は 甘いものを食べない方でも 仕事で疲れたときなどは

食べていたものです。



また 「残ったら勿体ないから 女の子たちも食べなさい。」と

反対に声を掛けられることもあり みなで和気あいあいと・・って感じでした。




+++






それに反して 夫の職場


今年は 職員の女性2人で男性1人に対し

20円ほどで売っている 小さなキラキラ銀紙に包まれた

チョコ1個のみ。 数じゃないけどさ~とか、云いながらびっくりはした。





夫に「まさか このチョコ1個で ゴッソリ男性陣から

お返しを貰おうなんて考えてないよね? 男性一人500円徴収とか・・」と。


女性職員は1人は20代 もう1人は40代。

二人とも独身者。



もし 男性陣1人に500円徴収だったら

常識外れの25倍返しっすよ。





私でさえ毎年 夫から何も貰ってないと云うのに・・




この続きは 夫の報告を待ってからまたUPしたいと思います。






★←「思わず目が合い、むふふ、と、なった図書館で借りた本。」の記事はコチラ♪








にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし

















にほんブログ村に参加しています♪