fc2ブログ

ちいさな模様替え・Artificial flowersのブーケを作りましたぁ♪






「重なるときは 重なるね。」と励ましのコメントを寄せていただきました。

自分の人生と親の人生が重なる

一番しんどくて 踏ん張らなければならない今・・



後悔のないように

周りの方に 相談しながら父の介護を進めていかなければならない

正念場。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ




人気ブログランキングの
お料理ランキングに参加しています。






+++




お恥ずかしい話ですが

夜 食事の支度をし

食べた後の片付けも出来ずに 眠ってしまい

気が付けば 夫が掛けてくれた毛布に床暖暖房の温かさで

目が覚めることがあります。



せめて玄関掃除だけでも・・と

たたきと下駄箱の上などをお掃除し

ちいさな模様替えをしました。




CIMG4835_convert_20201113171303 (2)



春から飾っていた造花ブーケの入れ替え。



手持ちの造花を束ねて・・




CIMG4836_convert_20201113171427 (2)



こんな小さな変化でも 心の在り方が変われば・・





+++





今できることを少しずつ。



それが今の「近道」だと信じて・・








わたしの『家仕事』。 その他生活ブログ・テーマ
わたしの『家仕事』。

今日から始める『小さな暮らし方』の準備 ライフスタイルブログ・テーマ
今日から始める『小さな暮らし方』の準備

主婦の友。 ライフスタイルブログ・テーマ
主婦の友。

5分掃除・片付け。 ライフスタイルブログ・テーマ
5分掃除・片付け。

40代からのお片付け。 ライフスタイルブログ・テーマ
40代からのお片付け。

ほっ。ふぅ〜。ココロをゆる〜り♪ ライフスタイルブログ・テーマ
ほっ。ふぅ〜。ココロをゆる〜り♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ




『日々、日めくり。』 - にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村へ











■こんな簡単なコトでストレスが軽くなるなら・・





*本日3回目の更新です。

2回目の更新はお弁当の記事になっています。




+++





6年前結婚した当時から『完璧な主婦』を目指していた訳じゃない。



確かに20代や30代で 結婚していれば

違った暮らしの送り方も苦労もストレスもあったと思う。

別に40代で結婚した人全てが 結婚生活でストレスを溜めているいる訳でもない。


ただ 男勝りに働いてきた私が 突然の結婚で専業主婦という180度違った

『職業』になってしまったことから 戸惑ったことと夫の「特性」が重なり

ココロがくたびれてしまったのかもしれない。



*夫は特性があるので 同時に2つ以上のことをするのが苦手。
 
時間の遣り繰りが苦手なところと 拘りが強い。








にほんブログ村テーマ あなたは相手のどこに惹かれたの?へ
あなたは相手のどこに惹かれたの?

にほんブログ村テーマ 日々の暮らしへ
日々の暮らし




★←「私、嫁辞める宣言をしてから わたしが変わったこと、夫が変わったこと。」の記事はコチラ♪

★←「Seria・わが家のトイレがこれでスッキリしました。」の記事はコチラ♪














+++





人はみな同じではない。

顔やスタイル・育った環境や・・

だから 何が正解なんて1つもないのが正解。



いま わたしは自分のことを一番に考える・大切にする暮らしを

作っていこうとしている。 まだ練習途中。


こう書くと 「じゃ、一生懸命働いている旦那さんが可哀想じゃない!!」と

感想を持つ方もいるかもしれない。


でも 人生は一度きり。


わたしが たのしく・いつも笑顔でいることこそが

家庭が円満であるための秘訣なのだと思いだした。

今までは 夫中心で何もかも考えていた。


でも それは間違いではなかったとしても

夫が 望んだことばかりではなかった・・私の押しつけもあったと思う。






+++




いま 朝食は基本 夫が適当に好きなモノを食べたり食べなかったりの

毎日です。


結婚前から インスタントラーメンやジャンクフードが好きだったことは

知っていたけど 菓子パンが私の想像以上に大好きだったなんて

知らなかった。



結婚6年近く経ち 初めてわかったことです。




何だか 笑っちゃう。


一生懸命 毎朝お弁当と朝食を作っていたことが・・。



だから いま私は朝食を作るっていうストレスから

解放された。

自分でも気が付けていないストレスは きっとまだまだあるはず。


そのうち お弁当も作らなくなるかもしれない。

そのうち 働きに出るようになるかもしれない。

そのうち ボーイフレンドをつくり飲み歩く様になるかもしれない。


人生は いつまでなのかなんて期限は分からない。


だから ストレスを溜めずに でも自分の居場所である家庭も

居心地いい場所として作っていきたい。



だから 1年前の別居や離婚を真剣に考えたころよりも

今の方が 夫と程よい距離感で生活できている気がする。











にほんブログ村テーマ 50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。へ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。

にほんブログ村テーマ 私らしい 暮らしと生き方へ
私らしい 暮らしと生き方

にほんブログ村テーマ 50代から始める『小さな暮らし方』の準備へ
50代から始める『小さな暮らし方』の準備
















にほんブログ村に参加しています♪



・・・固まり、絶句す。








人が固まり絶句した顔を見たことってありますか?



わたし 多分、人生で初めて その光景を目の当たりにしました。









にほんブログ村テーマ 私らしい 暮らしと生き方へ
私らしい 暮らしと生き方

にほんブログ村テーマ 心癒し場へ
心癒し場















+++






いつものメンタルクリニック。


本来なら診察・処方の他にカウンセリングもありましたが

先日 平常心ではいられない信じらえない言葉を

カウンセラーから言われ 信頼していた分 その落ち込みや

不信感は日増しに増すばかり・・





↓その時の記事はコチラです。


★←「カウンセラーも人の子?その発言が患者との関係をダメにする。」の記事はコチラ♪





いろいろ考えた結果 院長先生に

事実をお話しし しばらくカウンセリングをお休みさせてほしいと伝えることに。



診察が予定より随分遅れ やっと呼ばれ いつものように

「どうですか?」の一言から始まったのですが

「あの先生・・・実は先日のカウンセリングが終わり・・」と

そのまま事実を 盛ることもなく そのままお話したら


院長先生・・あまりの衝撃に固まって、絶句。

しばらく言葉が出てこず「本当ですか?」と繰り返すばかり。

「嘘ではありません。 わたしも信頼し何でもお話を聞いていただいていたので

とても残念です。」と云うと、先生も「それが本当なら・・禁句だよね。人と比較するなんて・・」と

「はい。わたしも、そう思います。ほんとうに残念です。」を何度か繰り返した。



いつもは冷静で 穏やかな先生が 固まり、絶句して「信じられない。」を

連発していた姿・・「信じられない」の意味は たぶん「私を信じられない」という

意味ではなくて 「そんな人だとは 思えない。ほんとうならショックだ」の意味だと思います。



でも わたしは嘘は言っていない。



たぶん先生も性善説を信じている方なんだと思う。




イヤなことだけど こんな風に「本当ですか?」と言われるくらいなら

毎回 カウンセリングの時に話した内容を隠し録音しないと自分の身が守られない・・

そんな風に思ってしまう。



先生も 自分が採用したカウンセラーを信じたいなら

内緒で相談室に隠しカメラか何かをつけて ちゃんとカウンセリングした方が

いいとまで思った。



この先 わたしは もう二度とカウンセリングを受けるつもりはない。

ストレスが溜まって 体力が持たなくなる。


カウンセラーの年齢は70代。



以前は 電話相談の仕事をしていたという。(自分から話していた。)

70も過ぎて それなりのキャリアは持っているけど

特性や愛着障害についての知識は 浅すぎて話にならない。


プロなら年齢に関係なく 知識は身に着けて欲しい。

だって あなたの仕事はカウンセラーなんだから。









にほんブログ村テーマ 私、カサンドラ症候群かもしれない・・へ
私、カサンドラ症候群かもしれない・・

にほんブログ村テーマ 50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。へ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。














にほんブログ村に参加しています♪


*小松菜と生ハムのおむすび弁当と親ごころ・・と。







日のお弁当もおむすびがメイン。



あとは 冷凍庫の残り物などを使った簡単なお弁当になりました。










にほんブログ村テーマ おむすび倶楽部へ
おむすび倶楽部

にほんブログ村テーマ Let's OBENTO♪へ
Let's OBENTO♪






★←「DAISO*シンプルシックな卓上時計がステキ。」の記事はコチラ♪

★←「断捨離のタイミングを逃さない!!。」の記事はコチラ♪







+++




CIMG1393_convert_20180320083544.jpg


小松菜の葉をオリーブオイルと塩で茹で

冷やしたものに生ハムを巻きおむすびを作りました。




CIMG1395_convert_20180320083846.jpg




おかずは 

・ブロッコリーと魚肉ソーセージ&ラディッシュのマヨサラダ。

・ダシ醤油に漬けこんだゆで玉子。

・ケチャップのせエビフライ(冷食)。

・赤魚の西京漬け。

・キャベツのピクルス。




CIMG1394_convert_20180320083713.jpg



こんな簡単なお弁当なのに 自分でもイライラするほど

手際が悪くて時間がかかった日のお弁当。




CIMG1396_convert_20180320084012.jpg



ときどき 「子供がいて お弁当作ってあげたら笑顔が見れるんだけどなぁ」と

最近 身近で起きたある出来事を思い感じた。



になると どんなに自分が心身的に辛い状況でも

子供の為に・・」と 力が湧くものなんだなぁーって。

特に 母親になった身近な人の話を聞いていて実感した。



しかしてあげられないかも・・」という気持ちが更に自分を動かすんだと思う。

・・陰で苦しんでしていたとしても、ね。







悩むことは 人生の中で何度もあることで

人から見れば ちっぽけな出来事や悩みでも

そこから抜け出す助走は人それぞれ違う気がする。

みんな 頑張っているんだ。









にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活

にほんブログ村テーマ 子供たちの健やかな成長を祈ってへ
子供たちの健やかな成長を祈って














ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村に参加しています♪



■断捨離のタイミングを逃さない!







いつも 一度には無理なので

少しづつ断捨離をしているわたし。



でも・・ 普段「断捨離したいけど・・いつやれば一番いいの?」と

タイミングを逃している方にお勧めなのが今の時季です。











にほんブログ村テーマ コンパクトライフへ
コンパクトライフ

にほんブログ村テーマ 50代から始める『小さな暮らし方』の準備へ
50代から始める『小さな暮らし方』の準備

にほんブログ村テーマ 断捨離&片づけの工夫へ
断捨離&片づけの工夫






★←「鶏もも肉のポン酢焼き弁当。」の記事はコチラ♪

★←「DAISO*シンプルシックな卓上時計がステキ。」の記事はコチラ♪









+++





「えッ?だって わが家は転勤もないし、引っ越することもないから・・」と

思われている方も 例えば・・



・お子さんが進学する(家から出る)、もしくは進級する。

・今まで 続けていた趣味のカルチャースクール通いを辞めて
 パートに出始める。

・親と同居をすることになった。

・子世代が結婚し家を出る。もしくは同居することになった。





この他にも 春は色々と暮らしの形態が変わる時季でもあります。


なので この時季を見逃さず断捨離を始めてみるのもいいかも。




我が家の場合 転勤がありますので

その時期が迫ってくると 「今年は転勤か!?」と

ここ2年ほどは 一生懸命断捨離をしてきました。

じゃないと 大きなものや細々したものを一度には整理出来ないので・・。




一度 断捨離のタイミングを掴めたら

「不燃ごみの10日前から断捨離を始める。」とか

「偶数月は 断捨離月!」と決めて 自分なりの無理のないルールを

いろいろ試してみるのもいいと思います。



わたしも 不燃ごみに間に合う様に 毎月断捨離をしています。

回数を重ねたり 無理のない計画を立てることで

断捨離に失敗して挫折することはなくなるはずだし

そうしていくうちに 自分の中のモノに対する価値観も私も随分変わった気がします。



断捨離するなら 人生の何か一大イベントなど

タイミングを見逃さないのが 大きな断捨離成功のカギになる気がします。













にほんブログ村テーマ 断捨離できないもの、残したいものへ
断捨離できないもの、残したいもの

にほんブログ村テーマ 転勤族の暮らしを楽しもう♪へ
転勤族の暮らしを楽しもう♪











にほんブログ村に参加しています♪



■『こだわり』を手放せば家事も心も楽になる。






*本日2回目の更新です。

 1回目はさんま缶を使った超簡単なお弁当日記になっています。

 コチラの記事と合わせてお読みいただけると

 毎日の更新の励みになります。 よろしくお願いいたします







にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。

にほんブログ村テーマ *簡単レシピ*美味しいおウチご飯へ
*簡単レシピ*美味しいおウチご飯





+++




以前にも何度か書いたことがありますが

わたしは 新聞に入ってくるスーパーの特売チラシを

ほとんど見ません。


見るのは ドラッグストアの10%OFF券ぐらいなモノ。


どうしても 特売のチラシを見てしまうと

つい買い物に行きたくなるし、要らないものまで買ってしまい

結局 なんの得もないと自分の性格の癖が分かったから。





+++



ただ 最近は体調のことも考え

以前は 一から作っていたお惣菜などを

簡潔に作るように意識し出しました。


例えば ポテトサラダ。


CIMG0507_convert_20170720144008.jpg


以前なら 夫のお弁当にポテトサラダを入れたいなぁ・・と

思ったら ジャガイモの皮をむき・・って感じでしたが

今回 試しに生まれて初めてマッシュポテトを買ってみました。


一袋100円のこの商品、確かに家計を預かる主婦にとっては

不経済とも思えるんですが・・

考えようによっては 無駄がなく

今までの こうあるべき!!と云う『こだわり』を手離せば

家事も心もラクになるんですよね。




+++



わたしは お料理をするのが好き。

でも・・心が疲れている時には そんな大好きなお料理が

心の負担になり 重くのしかかることも・・。


なので 『こだわり』を捨てて

少し楽な家事のやり方を自分流に探し暮らそうと

考え始めています。



そうすれば きっと新しい自分にも出会える気がします。



















にほんブログ村に参加しています♪
いつも応援ありがとうございます。ペコ💛








距離。






普通の夫婦では・・って言い方も変な気もするけど

通常の夫婦では そう意識して二人の『距離』を

開けたりはしないものなのだろうか?







にほんブログ村テーマ 夫婦、夫、妻へ
夫婦、夫、妻

にほんブログ村テーマ 40歳以上女性日記へ
40歳以上女性日記




+++




色々な夫婦がいるのだから

互いに束縛し合わず しかし無関心でない眼差しで

互いを見守る。




わが家の様に夫に特性がある疑いがある場合は

特に意識して『距離』を置き 

言動を尊重しなければならない気がする。


そうしなければ 常に癇癪を起こし怒鳴り

家の中が荒れてしまう・・。



夫の癇癪が起こると

わたしのカラダと心がついていけず

動悸と不安と緊張で お薬を飲んでも

それは治まらない。



しかし・・何が・・どんな・・私の言動が気に食わず

夫の癇癪が起きるのかが 分からず戸惑う・・。


だから おしゃべりが好きで

楽しい会話をしながらの食事が好きだった

私の口が重くなる。



なるべく 一言二言・・短い言葉での受け答えに

留めるしか今は分からない。




+++





それは まるで「距離」って云うより

『よそよそしさ』や『』と 言った方がしっくりするのかも。





人生初めての「家出」から1日で家に戻ると

夫は そのことに触れようともせず

「どこに泊まったの?」など 何も聞いてはこなかった。


聞いて欲しい訳ではないけれど

その夫から醸し出される空気がたまらなく嫌だった。


・・「」に思えた。





+++




特性を持った夫とうまく付き合っていくには

妻である私が他人から見て「冷たい」と思えるほどの

冷静さで夫と接する方がいいのかもしれないし

多くの体験者の方の話では 「喜怒哀楽」とは

距離を置く暮らしの方が 家庭生活は平穏なんだと

書いていた。



ごくごく小さな幸せを手に入れることも

人生では そう容易くない。


夫と私の距離はどのくらいが丁度いいのだろう・・。








「悲しい」16ブログトーナメント - その他ブログ村
「悲しい」16ブログトーナメント






にほんブログ村にほんブログ村に参加しています♪







夫の行動が好転したところも・・





今までは夫に毎日作るお弁当日記を中心に

生活のつぶやきも織り交ぜながらブログを更新してきました。



*お弁当日記に興味のある方は

お好きなページからご覧ください。










+++




ここ数日 夫の特性について書いてきましたが

ブログをご覧になった方の中には

「ただの夫へ対する不平や不満・悪口じゃない」と思った方も

いるはずです。


有難いことに その類のコメントは来ていませんが

以前は確かに誹謗中傷や辛口のコメントがあったことも

確かです。



これは 私に限らずパートナーや家族の特性をブログにUPしている方なら

経験している方が殆ど・・

中には炎上してブログ閉鎖という事態になる方も・・



そこで今日は夫が特性を克服して

いい方向に好転した出来事のエピソードも書いてみようと

思います。




+++



以前(結婚前・結婚数年)は 夫は服装に無頓着でした。



特性を持った方の中には

そんな方も多くいるようで 


・いつも同じものを着ている(想像力がないなどから)。

・ちぐはぐな服装をおかしい思わない。

・一度気に入ると同じものを買いたがる(こだわりが強いから)。

・毛玉やほつれ・破れていても平気。



まだまだありますが 想像力やこだわりが強いので

そのようになりやすいと思われます。




+++



私とお付き合いが始まったときも

会う時はいつも同じ服装でしたので

「この人 よっぽどお金がないんだなぁ~」と思い

似合いそうな洋服をプレゼントしたところ

会うたびに同じ洋服(上下とも)を着てきて

嬉し反面「ポツカ~ン」となってしまったことがあります。



ですが 結婚後、徐々に洋服の無頓着さを解決すべく

買い物に出掛け 「コレ、凄く似合ってる」「かっこいい!!」

「若々しく見える♪」など繰り返し言っていくたびに

徐々にオシャレ興味を持つように・・



死ぬほど嫌いで拒否してた試着も 最近は自分からするように

なりました。



結婚当初の夫を知る(面識のある)友人知人

会うたびに垢抜け若々しくオシャレになる夫を見て

「スゴく変わってビックリした。」と率直な感想を言ってくれます。




+++



夫の特性挙げ足を取るように毛嫌いし

私なりの努力をしなかった訳ではありません。


いまでも 洋服選びに(特に季節代わりのとき)戸惑うことも

多少ありますが 鏡を見 「これ合わないなぁ~」と

独り言を言うことや 私に「この組み合わせ変じゃない?」と

聞いてくることも日常的になりました。



あまたもえくぼ・・で、そう見えるのかもしれませんが

10~30代の頃の夫の写真を見るとカワイイ系です。

特に10代の頃はジャニーズにいてもおかしくない顔立ち。


夫に「もっと早く カッコいいことに気づいていたら

人生変わっていたかもしれないのに・・勿体ないね」と

笑います。











*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村に参加しています♪








『藁にもすがる思い』。






少し前 夫とある世間話になりました。



どんな仕事でもそうですが

守秘義務があるので

(特に夫は性格なのか特性のためか仕事柄なのかそれを“絶対的に守る”)

夫は 詳しくは言わなかったんですが

「俺が 最近話した人がな、親を亡くし仕事もうまくいかなくなって

死ねことを考えるくらい追い込まれたんだって。

でね、その人が「オレ、ある宗教団体に入ったんだ」っていうんだ・・

でも 俺にはその気持ちが分からなくってさ。」







にほんブログ村テーマ 私の暮らしへ
私の暮らし

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。





+++




たぶん 夫には分からないのが当然だろうと思って聞いていた。

それは 特性だけじゃなく新興宗教でイヤな思いをしたことがあったからだ。


言葉に出して「父ちゃんに宗教大っ嫌いだもんね。」というと

「うん。」と。


宗教全般というか 新興宗教と言われる宗教を嫌う人も多いのは

確かだ。

夫だけが変わっている訳ではない。


ただ その時わたし夫にこう言いました。


『私 その人の気持ちわかるなぁ。

昔は分からなかったけど 何かにすがりたいって思うことって

人間生きていれば思うことは何度かあると思うから・・

わたしも 少し前に 初めて「にもすがる思い」って分かったもの。』って。


夫は 運転をしていたし

わたしも 夫の顔を見ることはなかったから

夫がどんな表情をして 私の話を聞いたかは分からない。


『わたしはね、宗教に頼ろうとは思わなかったけど

死んだ母さんやばあちゃん、伯父さんに どうか助けてくださいって何度も

お願いしたよ。だから、それが宗教になる人もいるんじゃない?』って。




たぶん 若いころなら 「にもすがる思い」なんて分からなかっただろう・・。

でも 病気や人生にぶつかったときに人は

にもすがる思い」を経験するんだと思う。




夫の特性や それに伴う生活の歪みが

そう思い考えることになったんだと思う。







+++




最近 眠る少し前に 手持ちのを読み返している。


1つは

CIMG0418_convert_20170609120116.jpg

外山 滋比呂さん著書の

リンゴ人生もキズがあるほど甘くなる』



もう1冊は

CIMG0419_convert_20170609120201.jpg

渡辺 和子さん著書の

『置かれた場所で咲きなさい』





最初にご紹介した 外山さんのには

無キズは傷に及ばないことが いくらでもある

そう書いている。


キズのついたリンゴは 何とかそれをかばおうとして

無キズのリンゴより甘くなるお話を書いている。



+++



人生は 平坦じゃない。

いいことも悪いことも・理不尽なことも喜びも・・

渡辺 和子さんのにあるように 

つらい日も笑える日につながっているんだと信じたい。










*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村に参加しています♪