fc2ブログ

【義家族・姑】積極的に誤解は解きませんが・・じんわり、、攻めます。







いつも ご訪問ありがとうございます。



先日 放送されていた

『家、ついて行ってもいいですか?』


深夜帯にやっていた時から好きで観ているんですが

先日の放送も泣きっぱなしでした。




ヒューマンTV。



皆 一生懸命生きてますよね。





CIMG5788_convert_20211009060902.jpg






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



関連過去記事

姑は認知症ではなく・・
■好物は《同情》と《注目》
←クリック

■【義家族・姑】わたし、動きます。 2
←クリック



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




大切な時間 家族ブログ・テーマ
大切な時間

義両親との付き合い方。 ライフスタイルブログ・テーマ
義両親との付き合い方。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ








+++





昨夜

夫の従妹と電話で話しました。



夫の母方の従妹です。



本当は 同居の叔母と話す予定でしたが

ご夫婦で外出中ということで

従妹と話すことに。





結論から言いますと

姑がつく嘘のネガティブキャンペーンの阻止。




積極的に姑の嘘を

1つ1つ挙げ連ね 「嘘ばかり言っています」ということを

いうつもりはありませんが



「あれ? おばさん(姑)から聞いている話と違うよね?」的な感じで

じんわり、姑が嘘を言えない状況に追い詰めていく作戦。





姑は自分の愛玩子である夫の弟のことは

親戚に一切 悪く言ったことがないようですが

人のいいお義父さんや夫のことは

親戚中に 「そこまで言う?」って程 ぼろ糞に

でっち上げ話で「ひどい人」のレッテルを貼っています。






お義父さんも夫も 性格が似ていて

悪者にされたまま・・

長年 誤解を解くことを諦めてしまっていたので

ここで 私が動きます。







姑は

自分のついている嘘がバレるのが怖くて

私たち夫婦が他の親戚と関わる・・お付き合いすることがないように

離しにかかっています。





8月 お義父さんのことで会った際に私に

「○○や○○(両方自分の姉妹)に電話とかしないでね~」と云われました。



なので

その場では「はい」と言っておきましたが


2か月経ち

姑が油断したころを狙い 作戦決行。



私 動きました。





夫の従妹にも

「いつも 何かと父母のことを気にかけていただいて

ありがとうございます。」と まずお礼を言ってから

会話の中に私たちが夫の実家に何かあれば

頻繁に行っていることも織り交ぜながら

相手の印象の操作を図りました。




すぐに 効果はないとは思いますが

少しづつ お義父さんや夫の誤解を解き

鬼嫁だと思われている私自身も

「義家族だけど 喧嘩もすることなくお付き合いしてますよ~」を

アピール。





ジタバタせず

少しずつ 周りの印象を変えるのは時間はかかりますが

「あいつは 嘘ばっかり言っている!!」と

声を大にしても 姑を非難したところで

誰も信じてくれないどころか

「やっぱり 聞いていた通りだ。頭がおかしい」と逆効果になると

判断しました。





そして 夫の従妹が

介護施設で働いていることを知っていたので

何かあった時は 介護の事を色々相談してもいいですか?と

これからも親戚づきあいをお願いしたい旨

伝えました。





ちなみに・・



この従妹の母親は姑の妹。



夫と結婚が決まり親戚にご挨拶周りに伺った際

この姑の妹からは

「ヒロシ(仮名で夫)は 今でも、前の嫁さんのことが忘れられないで

いるんだよ~~」と 意地の悪いことを言われました。



姑からも同じことを云われていたので

私は「嗚呼~姉妹で結託してイジメにかかってるわ~」と

心密かに思っていましたし 飽きれてました。




もう 自伝を書いてくださいって依頼があれば

分厚い本が書けるくらいの「いびりネタ」は尽きません。



ハハハハハハハ)))))))))






夜更かし倶楽部 主婦日記ブログ・テーマ
夜更かし倶楽部

大切な時間 家族ブログ・テーマ
大切な時間

義両親との付き合い方。 ライフスタイルブログ・テーマ
義両親との付き合い方。

親の介護と向き合えば。 ライフスタイルブログ・テーマ
親の介護と向き合えば。



PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




『日々、日めくり。』 - にほんブログ村


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村














夜に介護施設から電話は怖いよ・・






昨夜・・

お風呂上りに髪を乾かしていると


夫が私の携帯を持ってやってきた・・




通話状態になっておらず

携帯が嫌な音を立てて鳴ったまま・・

夫も ビクビクして動揺している・・



わたしも怖くて・・





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ




人気ブログランキングの
お料理ランキングに参加しています。








+++







「はい。」と出ると

着信表示の通り父がお世話になっている

介護施設からだった。


夜8時過ぎ。







結果から言うと
大したことでは無かった。










父が「歯磨き粉がないから 次、来るときに持ってきて欲しい」と

施設のスタッフの方からの言伝でした。




はぁー。。。。。_| ̄|○




+++




日中でも 父の介護施設からの着信があるたびに

大袈裟じゃなく 心臓の脈打つ感じが

肌を透けて見えるんじゃないかと思うほどの動悸。



私も心臓が弱い。







+++





昨夜のスタッフの方は

いつもニコヤカで感じのいい方だから

父も甘えてしまったのかもしれませんが、

他のスタッフ・・意地悪な看護師(女性)や

ケアマネなら嫌味のような言い方をされる・・・・・・・Σ(´Д`lll)エエ!!




夜間の電話は本当に心臓に悪い・・











↓いろいろな方が 実親・義親の介護について書かれています。
親の介護と向き合えば。 ライフスタイルブログ・テーマ
親の介護と向き合えば。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ





災い転じて・・






父が退院した・・と、云うよりは強制的に・・って云った方がいいだろうか。


このインフルエンザが蔓延している危険なシャバに放り出されたのだ。

いえ、、私たちはモンスター的なことなどしていません。


ただ 老健に入れる約束を反故にされた被害者で

その被害者が何時までも病院にいられては都合が悪かったのでしょう。


常識的な医療関係者や老人施設の関係者は皆 口を揃えて

「こんなインフルエンザが流行っている時期に退院させるなんて 酷すぎますね。

何度もお願いしてもいましたか?」と聞かれたので

「はい。何度もいましたが 逆に(こっちも一生懸命で大変なんです。元気な人には出ていってもらわないと

困るんです。)って言われました。でも 父は」全身に疾患を抱えていますし高齢です。

元気だと言われたので 元気じゃなくて容態が安定しているだけですと言ったんですが・・」と。


アホに何を言っても通じないのだ。






にほんブログ村テーマ 親の介護と向き合えば。へ
親の介護と向き合えば。

にほんブログ村テーマ 小さな幸せへ
小さな幸せ

にほんブログ村テーマ 親の介護へ
親の介護

にほんブログ村テーマ 40歳以上女性日記へ
40歳以上女性日記















そして調子が悪いと訴える父のことを相談するも ちゃんとした対応もせず

「そんなに云うなら他の病院に行ってください。」とすごい剣幕。看護部長が逆切れ~。。


まるで レーザー照射したとされる韓国が自分の非を認めたくないばかりに

強気に出ているのと似ているなぁ~って感じに思えた。


じゃ・・と 「その前に入院していた病院に行くので紹介状を書いてください。」と云うと

電話だが 相手が(看護部長)が「ヤバい!」と怯んだのが判った。


老健に入れるという確約があったから転院を認め意見書を書いてくれた大きな病院の

担当医師の所に行くと告げたからだ。
 



ビビってる・・ウヒっ。



で 今日 主治医の所に行ってみた・・

心電図・血液検査・X線検査・尿検査をやった結果・・


脳梗塞のリスクが上がっていますよ、○○さん。来てみて良かったですよ。

今 残ってる薬は勿体ないけど 処分してくださいね。 腎臓に負担にならない

お薬を選んで出しておきますから」と いつもながら手際がいい。


そして 循環器内科だが泌尿器科や脳外・糖尿病など

全ての科の医師に相談して 高齢の父が全部の科を廻らなくてもいいように

一括で薬の手配もしてくれるし 必要であれば連携もバッチリなのだ。



そして 「様子が心配だから来月も来れるかな?」と配慮も欠かさない。


「はい。判りました。ケアマネさんと相談してこれるように調整してもらいます。」と告げた。



訳の分からないクソ看護部長のお陰で「災い転じて福となす」っていう感じだ。




父には「父さん イヤな思いはしたけど こうやって大好きな先生(絶大な信頼を置いている)に

会えて診てもらったから 病気も大事になる前にわかって良かったね。」と言って帰ってきた。




この先もいろいろなことがあるに決まっている。

でも 良い出会いもあると切に願っている私です。







にほんブログ村テーマ 生きる上で大切なことへ
生きる上で大切なこと

にほんブログ村テーマ 50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。へ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。

にほんブログ村テーマ 明日のためにできるシンプルなことへ
明日のためにできるシンプルなこと

にほんブログ村テーマ 主婦の友。へ
主婦の友。