『もう一つの厄年』の考え方。







昨日 わが家に母の葬儀をしてくださった

庵主様が檀家さんのお経の帰りに立ち寄ってくださった。






にほんブログ村テーマ 暮らしごと。へ
暮らしごと。





+++




いつも 庵主様はいいお話を聞かせてくださいます。


昨日は 御詠歌のことと もう一つ世間一般的に言われる

厄年の考え方の他にある もう一つの厄年のことについて

教えてくださいました。




普通 厄年というと

男性:25歳・42歳・61歳(51歳後厄という考え方も)

女性:19歳・33歳・37歳・61歳・・となるようなんですが


昨日庵主様が教えてくださったもう一つの厄年


切りのいい年齢 10歳、20歳、30歳とか

19歳・28歳・37歳・46歳など数字を足して『10』になる歳の時には

いつも以上に生活や体に気を付けなければならないそうです。





確かに わたしも19歳の時交通事故で半年入院生活を送っています。

加害者側が無保険だったため 治療費ももらえず

最初の病院にはそれを知ると2週間ほどの入院で退院してくださいと言われ

自分の健康保険で他のリハビリ専門の病院に入院しました。


37歳の時も 酷い胃潰瘍で転げまわるほどの苦しみに遭い

ピロリ菌除去。

尋常じゃない痛みでした。






+++





確かに迷信だって~っていう方もいるかもしれませんが

強運の方は厄年でも本人に災いが降りかからず

側にいる家族に災いを起こす場合があるとも聞きました。



オットも昨年は悪い年でした。

今年は後厄の51歳。


厄払いに行こう・・という私に「そうだね~」と言いますが

あまり積極的ではありません。



あまり 厄年に囚われるのも

良くない事かもしれませんが 昔から口伝えなども役立て

日々いい暮らしをしたいと思います。





















スポンサーサイト

厄年と贈り物。






*本日2回目の更新です。

 1回目の更新は 『帆立のかき揚げ丼弁当。』です。

 こちらの記事と合わせてお読みいただけると

 更新の励みになります。 よろしくお願いします












+++






年明け後 しばらくして親友の娘さんに贈り物をした。





年末 人でごった返す中

数軒のジュエリーショップを回り 見つけたアクセサリーです。










ブログランキング・にほんブログ村へ





+++





親友の娘さんは 今年前厄の19歳。



そして 自分の選んだ進路に胸をふくらませ

親元を離れての一人暮らし。



厄除けとお守り・・って思いを込めて

アクセサリーを贈りました。




+++




厄年には 「長いもの」を贈るといいと聞きますし

私自身も叔母から 時計をプレゼントされたことを思い出します。



男性なら ネクタイや時計ベルトなど

女性なら ネックレス時計・スカーフなどが一般的らしいのですが

好みもあるし あまり値の張るものを贈ると

気い遣いの友人が困ってしまいそうなので

ほどほどのモノを・・





+++






そこで 私が選んだのが 『ブレスレット』。


時計がいいのだから ブレスレットもいいかも・・って。



確かにネックレスも嬉しいと思いますが

それよりも ブレスレットの方が もう少し大人びた印象。

手首にキラリと光るアクセサリーって素敵だし

ほっそりとした手首を更に華奢に見せてくれそうです。



私が選んだのは ボールチェーンとハートのデザインが二連になった

シルバーのもの。



ハートってキライかな?って思ったけど

10代だからってことでチョイス。



親友から 早速電話が・・

「早速 気に入ってしてるよー。ありがとー」って。


チョット待ってと、娘さんに電話を変わると

照れ臭そうに「ありがとうございます。」って。


オバサンの私は 「もっといいものは 自分で働いて買ったり

彼氏に買ってもらいなさいよー💛」と。




+++




こんな時 子供がいないのは不幸とは思わないけど

寂しいなぁーって思います。


育てる苦労を考えたら のんきなことばかり言ってられないけど。

親戚おばさんにでもなったような気分を

友人のおかげで味わうことが出来ました。








ブログランキング・にほんブログ村へ