fc2ブログ

『藁にもすがる思い』。






少し前 夫とある世間話になりました。



どんな仕事でもそうですが

守秘義務があるので

(特に夫は性格なのか特性のためか仕事柄なのかそれを“絶対的に守る”)

夫は 詳しくは言わなかったんですが

「俺が 最近話した人がな、親を亡くし仕事もうまくいかなくなって

死ねことを考えるくらい追い込まれたんだって。

でね、その人が「オレ、ある宗教団体に入ったんだ」っていうんだ・・

でも 俺にはその気持ちが分からなくってさ。」







にほんブログ村テーマ 私の暮らしへ
私の暮らし

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。





+++




たぶん 夫には分からないのが当然だろうと思って聞いていた。

それは 特性だけじゃなく新興宗教でイヤな思いをしたことがあったからだ。


言葉に出して「父ちゃんに宗教大っ嫌いだもんね。」というと

「うん。」と。


宗教全般というか 新興宗教と言われる宗教を嫌う人も多いのは

確かだ。

夫だけが変わっている訳ではない。


ただ その時わたし夫にこう言いました。


『私 その人の気持ちわかるなぁ。

昔は分からなかったけど 何かにすがりたいって思うことって

人間生きていれば思うことは何度かあると思うから・・

わたしも 少し前に 初めて「にもすがる思い」って分かったもの。』って。


夫は 運転をしていたし

わたしも 夫の顔を見ることはなかったから

夫がどんな表情をして 私の話を聞いたかは分からない。


『わたしはね、宗教に頼ろうとは思わなかったけど

死んだ母さんやばあちゃん、伯父さんに どうか助けてくださいって何度も

お願いしたよ。だから、それが宗教になる人もいるんじゃない?』って。




たぶん 若いころなら 「にもすがる思い」なんて分からなかっただろう・・。

でも 病気や人生にぶつかったときに人は

にもすがる思い」を経験するんだと思う。




夫の特性や それに伴う生活の歪みが

そう思い考えることになったんだと思う。







+++




最近 眠る少し前に 手持ちのを読み返している。


1つは

CIMG0418_convert_20170609120116.jpg

外山 滋比呂さん著書の

リンゴ人生もキズがあるほど甘くなる』



もう1冊は

CIMG0419_convert_20170609120201.jpg

渡辺 和子さん著書の

『置かれた場所で咲きなさい』





最初にご紹介した 外山さんのには

無キズは傷に及ばないことが いくらでもある

そう書いている。


キズのついたリンゴは 何とかそれをかばおうとして

無キズのリンゴより甘くなるお話を書いている。



+++



人生は 平坦じゃない。

いいことも悪いことも・理不尽なことも喜びも・・

渡辺 和子さんのにあるように 

つらい日も笑える日につながっているんだと信じたい。










*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村に参加しています♪





『もう、お前とは離婚する!!』






過激なタイトルですが 大したことはありません。




よくある オットの「特性あるある」ですから・・






にほんブログ村テーマ こぼれた感情へ
こぼれた感情





+++





オットの特性は 面倒になったら、とにかく手っ取り早く

『逃げる』を選択しがちだ。


自分からも相手からも・・問題からも・・。


そのためか 1つの職場で長続きせず

転職を繰り返す人も多く そんな男性と結婚してしまい

苦労する奥様も多いと聞くことがある。


オットは 「仕事」=「初めて親(母親)から認められ(期待に応えらた)勤め先」なので

辞めるという選択肢は死んでも選ばないだろう・・辞めれば母親から見捨てられると

深層心理に摺り込まれているように感じる。(私の見解ですが)



*もちろん 転職を繰り返すからといって「特異な特性」があるとは
限らないけれど・・ ココは誤解のないように言いたい。



だから いつも『逃げる』選択ばかりしているので

それが トラウマになり同じ問題が起こったときも

以前のイヤな感情が更に大きなストレスとなり襲い掛かることを

繰り返す。


立ち向かうことが苦手なのも この特性の特徴だ。



今回は 自分の問題から逃げやすいところを指摘されたため

思考回路が停止し・・

で、 『もう、お前とは離婚だ!!』と、なったようです。







でも これは一時の感情・・特性あるある。

その場しのぎの発言で、爆発に過ぎない。



だから わたしは自信満々に反撃してやった。



「あなたは わたしと離婚しても もう私の様にあなたの特性を理解し

時に母親、時に姉や妹、時に友人ってなってくれる人は現れませんよ。二度と」って。


だって 親も兄弟も10年一緒にいた前妻さんですら

オットの特性に気が付いた人は誰一人いなかったのだから・・。

オット自身がそのことを一番よくわかっている。

わたしが 彼の人生で唯一、その特性に気が付き「あなたにはこんな特性がある」と

言った人間なのだ。





翌日 オットに 「離婚するなら荷物(私の)まとめるし

自分で自分自身の特性を理解しようと努力するなら、離婚はしないけど

どうするつもり?」と聞いてみると あっさり

離婚しない。 特性を理解する努力をする。」と 答えた。




+++



特性をもった人は 時に感情的に

「もう○○しない!!」や「一生○○しない!!」「絶対に○○は辞める」などと

言いがちだ。


きょうは 書かないけれど

他にも 特性あるあるな「もう○○しない」発言があった。





いま わたしは オットに「ある」を 越えてもらうべく手助けをしている。

このを乗り越えられたらきっと彼は忌々しい過去トラウマから

1つ卒業することができるし 自分に自信がつくはずなのだ。






ちなみに・・オットに離婚する!!と言われて 胸糞悪いので

これ見よがしに結婚指輪を外し 無言の抵抗をしています。

オット・・気が付いているんだろうか? 

















■ネズミ駆除・素人じゃないんだから~





お正月そうそうネズミの間をドタバタ・・



一応 自分たちでも駆除薬を買い置いてみたものの

そう簡単に引っかかることはなく・・



オットと相談した結果・・って、

こういう時オットはいいアイデアが思いつかず

ウロウロするばかりなんだけど・・


屋根裏の電気のコードなどをかじられて

漏電しては一大事と 管理会社に電話しました。


すぐに 害虫やネズミなどの専門業者さんが来てくれたんですが

家の周りも見てもらいましたが

家の基礎部分に入りそうなところは見当たらず・・


ただ 屋根のところの春になるとスズメが巣をつくるところがあり

軒下の部分から家の骨組み・・大事な木が腐り

すき間から出てきている部分があって

業者さんに 「あの部分から入らないですか?」と聞いてみた。

業者さんは あっさり「あ~あの部分からは入りませんよ~」と一言。


業者さんの云うことなんだから間違いないんだなぁ~と思ったら・・



また1週間ほどして そのスズメの巣穴当たりから天井にかけ

ゴソゴソと天井を走り回る足音・・




業者さんに
 
「やっぱり屋根のところが侵入経路だとしか考えられないんですが・・」と

伝えると・・耳を疑うような言葉が・・



[ネズミには羽が生えてませんからね~

そんな上には上がりませんよ~」だって



なので ちょっと強く押てみました!



「ネットでネズミの侵入経路って検索したら 

屋根の軒先からでも家の中に入ってくるって

書いてあったんですけど・・

それに下に木くずが落ちてます。」って。



専門業者なのに を伝い二階だろうと

どこだろうと少しのすき間から入るっているコト知らないなんて

本当に任せて大丈夫なんですか!?



ちなみに・・


怖いもの見たさ満々の方にお勧めサイトがあります。

ネズミ トイレ 入る」で検索してみてください。


くれぐれも自己責任でお願いします。



お化けよりも怖くて 夫婦でトイレに行けなくなりました(;^_^A



本当に自己責任ですよ。苦情は受け付けません。






にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。






戦慄!! 真夜中の・・








*この記事は1月3日 真夜中の1時過ぎに書いたものです。






お正月だから すごくヨタカになってます。




っていうのは 嘘で



さきほど ひと騒動あったところです。











にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。












+++





この借家に住み始めて今年の夏で5年。



こんなことは初めてです・・




ガサガサ・・ ゴソゴソ・・  ガサガサ・・  ゴソゴソ・・



何やら廊下から聞こえてくるので

娘()が 何かで遊んでいるのかと

声を掛けようとしたところ・・



を凝視する娘・・ 見えない何かの気配と音にシューチュー。。



・・そうです、これってネズミ、です。






オットに 「ねずみ、かも・・」と云うと 

親子3人んでを凝視。


・・やっぱりいます。  ガサゴソ・・ガサゴソ・・



、叩いてみる?」というオットに

「ダメ!! そんなことをしたら反対にネズミが悪さする!!!!」と静止。



わたしが小さなころ やっぱり臆病でお坊ちゃま父に

亡くなった母が言っていた言葉です。



父もその昔は ねずみが怖くて

母がバネ式のネズミ捕りを仕掛けていました。



怯えるオットを伴いスーパーで駆除剤を買い

音のした近くの床下と浴槽の天井裏に 駆除剤

怯える続けるオットに 置いてもらいました。




CIMG9754_convert_20170103131207.jpg



帰ってきた時には ガサゴソの音も聞こえなくなっていたので

娘の気配を感じ逃げたのかもしれませんが・・


「やっべッ、ここのウチ いんぞっ」と云ったかは 定かではないが・・




一安心したオット・・



夜中だというのに 「お腹が空いた・・」とパンを食べ始め

すぐに寝ました。




娘がいるので もうネズミは出ないと思いますが

油断大敵です。



これからも 様子を見ます。






ねえ!ちょっと聞いてよ2ブログトーナメント - ニュースブログ村
ねえ!ちょっと聞いてよ2ブログトーナメント











にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。