fc2ブログ

携帯を介して・・




*夫の「特性」については

もくじ・・「オットの世界」で書いています。

興味のある方は そちらもご覧ください。




+++



夫の特性が分かってから(未診断ですが)

いろいろ試してみた。


何が夫に・・私に・・そして 私たち夫婦に合った暮らし方なのかが

分からなかったから。








にほんブログ村テーマ 40歳以上女性日記へ
40歳以上女性日記

にほんブログ村テーマ 夫婦、夫、妻へ
夫婦、夫、妻





+++




その中の1つに交換日記があった。


日記と云っても 毎日何かを書くのでなく

必要なことを書き夫に見てもらい 返事や感想を書いてもらうというものだ。



こうすれば 書き手も読み手も感情的にならずに

相談や困りごとを書けるし 夫のような特性を持っている人は

耳から入る情報は理解するのにも時間がかかったり(数日~数週間の場合も)

理解できなくてパニックになったり・癇癪を起したり・フリーズしてしまい

何も答えられなくなる。



でも・・わが家にはダメでした。



私の書いた文章を読んで終了。 それでお終い。

そんなことが何度もあった。 返事が返ってこない。



結局 以前の様に口で伝えることが多くなった。



携帯を介し連絡や相談をする夫婦もいるのよ。

カウンセラーの叔母がアドバイスしてくれた。

ノートに書いてもダメだったから期待はしていないけど

金曜日から始めた。





+++




わたしは 近々メンタルクリニックに行く。


口を利かなくなる前の夫婦の会話の中で

「お前 本当に精神疾患(もっと具体的な症状名を言いましたが)なの?」と言われたので

「その疾患かどうかは 分からないけど 疑っているなら一緒に

病院に行ってみる?」というと まさかの「うん。」という返事が返ってきた。


何時もの夫なら面倒がり「俺は仕事が忙しいんだ!!」と癇癪を起すところなのに

ちょっと驚いた。



しかし 今は家庭内別居ともいうべき状態。

本当に一緒に行くのかの確認メールを夫に送ってみた。

返信があった。

「行きます。」 驚いた。 行かないというと思っていた。


なので 私から再度「これから何か話があるときにはメールをください。」と

送ってみた。・・が、当然のことながら夫からの返信はなかった。



たぶん 交換日記と同じようにメールも一方通行になるだろうと思う。

でも 顔を合わせれば・・口を開けば・・癇癪を互いに起こし

私が辛くてこの場から消えてしまいたいと、叫ぶ・・そんな状態は

避けたい。



家庭内別居をする方のブログを見て回った。

「時間が経てば慣れる。」という人や 「苦しい。」という人

「試行錯誤中」という人も・・。



夫には前回の結婚時(夫は再婚) 家庭内不和になり始めたとき(結婚3年目)

浮気」という行動に出たことがある。

ひとりの人と長くと云うより 飲みに行った先で気が合って・・って流れが

多かったようだ。


バカ正直というか 特性のため話しても問題がないと思ったんだろうか

普通の男性なら これから結婚しようという女性にあれやこれやと

それらの話はあまりしないものだ。

だけど・・夫は、、


結婚前に 夫の弱みになることは殆ど聞いているし

聞き出している。



こんなに不和になる前 冗談混じりで

「前の奥さんのときと同じように浮気したら 

あなたの人生はその先ないものと思ってね」と 

にこやかに微笑んで言った私だった。








*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村に参加しています♪





*家庭内別居?5日目。






夫と口を利かなくなるばかりか

食事の支度もしなくなって(・・と言うよりはする気力がなくなった。)

5日が経ちました。



私自身も 食欲がわきません。





夫の顔もソファでダラしなく眠りこけている姿以外

顔を見ることも この5日間ありません。







にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。





+++





家庭内別居って どんなことをいうのだろう・・と

今までは他人事の様に想像していましたが

これも やっぱり家庭内別居に入るんでしょうね。


ひとつ屋根の下には住んでいるけど

寝食は別なんですから・・




+++



夫の特性未診断ですが・・)のことを考え

そして 性格も踏まえ私なりのやり方で

夫との生活の工夫はしてきましたが・・

カウンセラーの方(叔母も含めて)によっても

接し方のアドバイスが違ったりするので

何が 私たち夫婦に合った 『暮らしの在り方』なのかも

迷走するばかり・・。



先日 人生の先輩でもあるブロガーさんが

言葉は短かったけど 私の心にピッタリなアドバイスのコメント

くださいました。

本当にそうだと涙が止まりませんでした。



いつもコメントをくださるブロガーさんの皆さんからの

アドバイスも本当に沁みるばかりで 有難いです。




毎日 泣いてばかりです。 

本当のわたしは もっと明るくて こんなんじゃないのになぁ。




本当は 同じ配偶者家族を持つ方たちが集まる会に

参加してみたいんですが・・

いろいろあって それは無理だと諦めています。


大都市なら可能でしょうが・・個人情報が洩れる恐れが

一番強いから。



・・気が重いです。



明日から夫の仕事が休みです。













*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村に参加しています♪






別々。



*ずっと お弁当日記をUPしてきましたが

今のような状態になったので しばらく「お弁当日記」はお休みを

したいと思います。 ごめんなさい。




+++




日曜の夜から夫とは別々の部屋で寝ています。

食事もお弁当も一切作っていません。


こんなことを書くと「大人げない」と思われるかもしれませんが

こんなことをしたことは初めてのことです。



親にも 「お前のいいところはケンカしても

直ぐに仲直りのできるところだよ。」と言われるくらい

人と喧嘩しても何日も口を利かないことは殆どありません。


自分が悪かったときには

直ぐに謝ることもできますし、関係悪化を防ぐために

自分が悪くなくても「さっきはゴメンね。言い過ぎたね。」と

相手が心を開いてくれるキッカケづくりをして

仲直りし人間関係を築いてきたつもりです。



特に男性は 自分が悪くなくてもなかなか素直に謝れない人も

いますから・・(私の父もそうだったし・・昔気質で。)





はじめは 罪悪感がありました。

何度もいいますが こんなことをするのは初めてだから。

でも、だんだん薄れていくものみたいです。







にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。





+++





顔も合わせません。


夫が仕事に行くまでは居間には行かず

寝室にいます。

食事の支度以外は 今のところはしています。

お洗濯・掃除。



夫が帰る時間は ほぼ18時なので

それまでに 自分だけの夕食などを済ませ

寝支度を整え 夫が帰るときには

お布団の中です。



+++



きのうは 帰ってきた夫が

寝ている私の布団を少しだけはぐり

様子を見ていましたが 私は眠ったふりをしていました。


今までなら夫の帰るコールに「車に気を付けてね。お疲れ様」と

声を掛けていましたが 電話にも出ないので帰るコール

してこなくなりました。



家に帰っても 私は顔を合わすことも話もすることもないので

夫は娘(猫)にむかって独り言を言っています。




これって もう家庭内別居なのかなぁ。

夫と話が出来ないことは 確かに寂しいことだけど

話をするたびに 特性のため癇癪が起き

私のことを自分のに はめ込もうと否定が始まります。


久しぶりに胃の痛みを感じました。







*今現在 私自身メンタルクリニックに通っています。

時々 誹謗中傷などを書き込む方がいて

そんなコメントを目にするのは辛いことです。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが

そのことをご理解していただけると幸いです。















にほんブログ村に参加しています♪