たのしむ生活

あんなコト・こんなコト 毎日のささやかな生活を綴ります。

タグ "家族" の付いた記事

『もう一つの厄年』の考え方。







昨日 わが家に母の葬儀をしてくださった

庵主様が檀家さんのお経の帰りに立ち寄ってくださった。






にほんブログ村テーマ 暮らしごと。へ
暮らしごと。





+++




いつも 庵主様はいいお話を聞かせてくださいます。


昨日は 御詠歌のことと もう一つ世間一般的に言われる

厄年の考え方の他にある もう一つの厄年のことについて

教えてくださいました。




普通 厄年というと

男性:25歳・42歳・61歳(51歳後厄という考え方も)

女性:19歳・33歳・37歳・61歳・・となるようなんですが


昨日庵主様が教えてくださったもう一つの厄年


切りのいい年齢 10歳、20歳、30歳とか

19歳・28歳・37歳・46歳など数字を足して『10』になる歳の時には

いつも以上に生活や体に気を付けなければならないそうです。





確かに わたしも19歳の時交通事故で半年入院生活を送っています。

加害者側が無保険だったため 治療費ももらえず

最初の病院にはそれを知ると2週間ほどの入院で退院してくださいと言われ

自分の健康保険で他のリハビリ専門の病院に入院しました。


37歳の時も 酷い胃潰瘍で転げまわるほどの苦しみに遭い

ピロリ菌除去。

尋常じゃない痛みでした。






+++





確かに迷信だって~っていう方もいるかもしれませんが

強運の方は厄年でも本人に災いが降りかからず

側にいる家族に災いを起こす場合があるとも聞きました。



オットも昨年は悪い年でした。

今年は後厄の51歳。


厄払いに行こう・・という私に「そうだね~」と言いますが

あまり積極的ではありません。



あまり 厄年に囚われるのも

良くない事かもしれませんが 昔から口伝えなども役立て

日々いい暮らしをしたいと思います。





















スポンサーサイト

■朝のルーティンワークと時間管理の改善。




*本日2回目の更新です。

 『焦がし正油かおる 鮭&とけるチーズの焼きむすび弁当♪』も

 好評公開中です。 読んでいただけると更新の励みになります







+++






少し前から オットの行動をじっくり観察した結果・・


ゆとりを持って あさの食事や身支度を出来ないかと

私なりに工夫したのが テレビからラジオに切り替える

朝時間でした。












+++







オットは 『予期せぬ出来事』に弱いです。


自分なりのルーティンワークを乱されると

軽いパニックになって 忘れ物や時間の管理ができなくなり

バタバタと出勤してしまうことが・・


そして 何かに集中すると・・例えば、朝ならTVとかに

見入ってしまうと 時間管理ができなくなることも。



そこで 見入ってしまうTVから ラジオに切り替えた結果

最近のオットは とても余裕のある朝時間を持てるようになりました。



忘れ物は しょっちゅうではありませんでしたが

急な予定変更(バス出勤からJRに変更するとか)だと

それだけでも 普段のルーティンワークが乱れ

忘れ物をすることに気が付いたので 

時計代わりにもなるラジオで 

「あッ、この番組が始まったから そろそろ髭を剃って・・」とか

「この番組を聴きながらコーヒーもう一杯飲めそうー」とか

その結果 最近は自分から時間になるとTVからラジオに切り替えるオット。



オット自身も その方が時間の管理がしやすいと実感したようです。



わたしも 以前は 「早く、、もぉ~~」と オットを急かすことが多く

朝からイライラすることが多かったんですが

いまは そんなことも減り

オットから 「ゴミ出し手伝うよ。」と声を掛けてもらえるほどになりました。



同じ特性でも 個々の性格や家庭環境で

これがベストって答えはないけど

わが家なりに夫婦ふたりで 暮らしの改善を進めています。





・ひとりごと・

特性」について ご意見質問をいただくことがあります。

家族に そのような「特性」を持たない方はネットだけでの情報で

「こうすれば・・」とか「こうなんじゃないですか?」など

意見をいただくことがあるんですが 私自身まだまだ未熟で

特性」を理解しやすく説明することが出来ない状態です。

出来れば「それは 大変だね~」とか「そんなことがあったんですかー」的な

かるーいコメントなら歓迎です。 

特性」って 一言では語れないんですよ・・ 説明も心のしんどさを増長させたりするし・・。





*オットの特性については 未診断のため(身近に専門医がいない)

 症状名を伏せて記事を書いています。

 ご了承ください。















■『僕の妻はエイリアン』 泉 流星/著






久しぶりに図書館に行ってきましたぁ。




調べ物をするためのを探しましたが

うってつけなが見当たらず

どうしようかなぁ・・と 考えていた時に

他の検索ワードで上がったがありました。




『僕の妻はエイリアン』 泉 流星



CIMG9683_convert_20161211083604.jpg


30代半ばでアスペルガー症候群と診断された奥様との

暮らしを綴られたです。


アスペルガー症候群という言葉が

今ほど世間で認知度がないころに・・





読む前は 悲痛なお話ばかりなのかと覚悟して

読み始めましたが

とっても客観的に それでいてアスペルガー症候群って

こんな感じなんですよ、と ほんとうに解りやすく

書かれています。




このは2005年出版のですが

今でこそ アスペルガーの家族がいます、とか

わたしもアスペルガーなんです、とか家族当事者が書かれた本は

数多く出版されていますが

この2005年ごろには たぶんそれらの本はほとんど無かったと思います。



もちろん アスペルガー症候群の方(成人)にも

それぞれ 育った環境や元々の性格・特性があるので

一概に 「これがアスペルガー症候群の人の特性です。」とは

言い切れませんが 

それでも 何らかの参考になる本だとは思います。




+++



最近は お年頃で目がぼやけるし

気力も続かないことが多いんですが

土曜の夜 まず1冊目読み切りました。



アスペルガー症候群(自閉スペクトラム)というのは

IQが高いのに 社会性やコミュニケーション力・イマジネーション力に

欠損がある特性を持った人を言います。

*詳しく書くとまだまだ色々ありますが割愛します。



幼少期に親や周囲が気が付けば 『療育』という形で

社会性等を身に着けていけるようにカバーしていく方法もありますが

成人になってから 結婚した配偶者が違和感を覚え

調べたり・一緒に医療機関で診断をされた場合は

共に暮らす(夫や妻)のこころの葛藤は様々です。



でも わたしは

この『僕の妻はエイリアン』の ご主人の心情に

とても共感しました。


P229の文面に涙が止まりませんでした。



配偶者の特性に疲れ果て

離婚する方もいます。

共に歩むと決める人もいます。


どちらの選択も間違いじゃないけど

わたしも 今の気持ちは このご主人に共感するものです。



だって この特性を持った人は

本当に努力の人だからです。


生きていくために 日々 努力を積み重ね

真剣に生きている人が本当に多いことを知りました。













レシピブログに参加中♪



にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。





ゴム手袋deお掃除。








きのう 久方ぶりにお赤飯を作りましたぁ。





結婚して2度目。


前日の夜に 「なんだかお赤飯がたべたーい」って

自分の意志のような。。そうじゃないような。。

不意に口からお赤飯って言葉が出て

チョット驚きました。





このつづきは あした。








*「読んだよ♪」の合図にクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ








+++






先日 北海道新聞に毎月ついてくる

冊子の過去版を読んでいたら

その中に お掃除のあれこれが書いてありました。



ほぉ~と 読み進んでいくと

ゴム手袋を使ったお掃除方法が・・


CIMG9439_convert_20161029062259.jpg



掃除機で取り切れないカーペットのホコリや髪の

ゴム手袋を使って取るというもの。


早速やってみました。



CIMG9440_convert_20161029062408.jpg


驚くほど ゴッソリΣ(゚д゚|||)



ゴム手袋をはめ カーペットをこするだけ。

それだけ。



以前 ホームセンターペットコーナーに

ラバー製でカーペットに残るペットを取る商品が

なかなかいい値段で売っていたんだけど

100均のゴム手袋で充分は取れました。





わたしは以前 濡らして固く絞った雑巾

カーペットなどをこすって掃除していました。


夏だと この方法の方が

髪のやホコリ以外に表面の汚れも取れ

サッパリしていいと思いますが


ゴム手袋もなかなかいいかも♪




ペットのやご自分・家族抜け毛でお困りの方

掃除機では取り切れないものも

これなら取れますよ。 お試しください。



*関連記事  ★←クリック







*「読んだよ♪」の合図にクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ