*・・一応焼肉弁当&特性に対する「飴とムチ」と。







何だか の真ん中に休みがあると調子が崩れる。


いつも 末の金曜日まで体力を温存させて

末を乗り切る準備をしています。


だから 今日は 時間が経っても食欲がちっとも湧かず

朝食でなく牛乳を飲んでお終い。








にほんブログ村テーマ おむすび倶楽部へ
おむすび倶楽部

にほんブログ村テーマ Let's OBENTO♪へ
Let's OBENTO♪





★←「カウンセラーも人の子?その発言が患者との関係をダメにする。」の記事はコチラ♪

★←「・・固まり、絶句す。」の記事はコチラ♪







+++




さて そんな今日のお弁当がコチラ。



CIMG1398_convert_20180322085833.jpg


『・・一応焼肉弁当。』




・ごはん(ベーコンエッグのせ・カツ節昆布の佃煮)。

焼肉(イエローパプリカ・椎茸・キクラゲ入り)。

・ラディッシュと玉ねぎのピクルス。

・赤ウインナー。

・スナップエンドウのマヨサラダ。




+++




CIMG1399_convert_20180322090048.jpg



何だか 最近ますます お弁当の詰め方がグチャグチャ。

自分で画像を見直すと「はぁ~」とため息。

しょうがないか・・今のわたしにプレッシャーをかけるのは私自身。

それを 自覚しながら生活しなくちゃ。




+++




ところで きのうは私の体調もあまりよくなくて

家で過ごした休日に。


いつも 日曜日の午後がそうなんだけど

気持ちが落ちていると (脳)の疲れが押し寄せてきて

4~5時間爆睡してしまう。 薬のせいではない。



昨日も 夫に「夜はしゃぶしゃぶでいいよね?」と伝えていたんですが

夫が私を起こしたのが夜の9時10分前。


もう 食事の時間ではない。



「かあちゃん、ごはん食べないの?」と云う夫に 腹が立った。

私が眠り起きないのなら 自分で冷蔵庫から何か出し食べることだってできる。

・・なのに それが出来ない夫。 しょうがない、特性だから。


「あのね、あたしが眠っていても ごはんの時間になったら起こせばよかったのに」と

感情を押さえて、押さえて話をした。

「もう こんな時間にご飯なんて食べられないでしょ?」と。


夫は 困った様子で「母ちゃんが寝ていたから起こせなくて・・」と言っていた。

夫の云いたいことは充分理解している。 

死んだように爆睡している私を起こしていいのか 起こしたら可哀想かな・・」と

考えたんだろう。



その後 「さぁ、寝ようか、かあちゃん」と言った夫の後を追い

一緒にお布団に入った。


そして 夫がリラックスしている状態で

「さっき かあちゃん、どうして起こさなかったの?って言ったでしょ?どうして

起さなかったの?」と 聞いてみる。


すると夫は 私が理解していたように「起こすのが可哀想だと思ったから・・」と

云った。  確かに夫なりに考えた優しさなんだと思います。

だから わたしは「そういう場合は 起こしても私は起こらないんだから

これからは 起こしてね。」と伝えた。

夫も分かったと言って 子供の様に安心したのか嬉しかったのか

冷たい足を私の足にスリスリしてきた。



子供のころ 親・・特に母親に甘えられず いつも我慢をしてきた夫。


以前のわたしは結婚したのに 「妻」としてみてもらえないことが

最近まで辛く・苦しかった。



夫から求められるのは 「母親」「姉・妹」「友人」の役割ばかりだったから。



でも いまは それでもいいか・・と思えるようになった。



私たち夫婦には それがベストな状態なのだと 少しずつ心の整理が

付き始めました。


我が家と同じように 家族に「特性」や「愛着障害」がある家族がいると

生活の工夫も十人十色

ネットや本の情報だけでは 片付かない問題は山ほどある。

でも 諦めず 「根気・のんき・元気」で自分たちらしい暮らしを送りたい。












にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活

にほんブログ村テーマ 私、カサンドラ症候群かもしれない・・へ
私、カサンドラ症候群かもしれない・・













ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村に参加しています♪











スポンサーサイト

*今年最後のお弁当♪







一年はほんとうに早い。


小学校時代は 「早く夏休みにならないかなぁ~冬休みにならないかなぁ~」と

考えてばかりいたけれど いつのころからか

あっという間に一年が過ぎてしまう様になった。



一年を振り返ると

一昨年の秋からこの年末まで あまりいい年ではなかった。

それは自分自身を含めた家族にとってもだ。



だからタイトルも一新した『日々、日めくり。』と。


今日の一日はもう二度と戻らないし戻れない。

前に進むことしかできない。


ただ 時々じぶんの歩みを止め

コレで良かったのかな・・と 後ろを振り返り

軌道修正は何度だって出来るチャンスはある。



確かにいろいろとあり悩んだ年だったけれど

哀し涙と同じくらい 嬉しくて有難くて・・そんな涙もいっぱい流した。

そんな一年だった。



こんなことを書きながらも また涙が出てしまうんですよね。










にほんブログ村テーマ simple+natural=happy life*:) へ
simple+natural=happy life*:)

にほんブログ村テーマ キッチンライフへ
キッチンライフ






+++





CIMG1154_convert_20171228073902.jpg


今年最後のお弁当は 

アジフライと肉団子と野菜のオイスター炒め弁当。』




・ごはん(佃煮昆布・焼きのり)。

アジフライ(冷食)。

・肉団子と野菜のオイスター炒め(ニンジン・タケノコ・ブロッコリー・ちくわ・キクラゲ入り)。

・玉子焼き。





+++




ほぼ冷凍庫整理のようなお弁当内容です(;^_^A アセアセ・・・。

今日もなかなか起きられなくて・・と言い訳を言いつつ。

簡単に。




CIMG1155_convert_20171228074021.jpg





+++


ところで

わが家の娘なんですが

私がいつもの時間に起きてこないと

それこそ起きるまで お布団の周りを「みゃーみゃー」何度もしつこく鳴きながら

ウロつきます。


CIMG1132_convert_20171228075804.jpg

*ヒマでアクビしか出ないわ。

CIMG1133_convert_20171228075922.jpg

*嫌ッ、変な顔取ったでしょ、今。




もちろんネコ語で人間の言葉ではありませんが

「アンタいつまで寝てるのよ。早く起きないとお弁当間に合わないじゃない!!」と

言っているんだと思います(-_-;)。




そんな感じで 今日もグッタリな私です。









にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。

にほんブログ村テーマ アラフィフの暮らし。へ
アラフィフの暮らし。













ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村に参加しています♪







【健康・からだ】検査結果。








・・ダメだ。



きょうこそは お買い物に出掛けなくちゃ。

冷蔵庫には 何かしらあるにはあるのだけれど

メインになる魚や肉がない。


コレでは 夕食もお弁当も作れない。



・・ダメだ。 買い物に行かなくちゃ。




・・だけどメンタルが上がらないのよね。

家から出るための一歩がすごくハードル高いのだ。









にほんブログ村テーマ 片付けて プチストレスをなくしていくへ
片付けて プチストレスをなくしていく

にほんブログ村テーマ 生活に役立つ健康情報へ
生活に役立つ健康情報





暮らしのヒント3ブログトーナメント - その他ブログ村
暮らしのヒント3ブログトーナメント




+++





先日 無料で受けられる(とある医療機関の友の会に入っています)

大腸がん検診を受けました。


・・と、云っても 皆さんご存知の採便して調べるキッドでのもの。



CIMG1043_convert_20171122125615.jpg

*採便前の袋です。



そして 数日前 検査結果が郵送されてきました。

家系的にも 個人的にも大腸疾患のある(あった)ものですから

無料で受けられることは金銭的にも自分の体調管理や

早期発見にも役立てて本当に助かります。



で、心配だった検査結果ですが



全てにおいて陰性でした。


CIMG1070_convert_20171130080548.jpg





+++





本当は夫の勤め先の

家族検診が無料(婦人科など検査は一部オプションで有料)で受けられますが

体重だの腹囲だの「新弟子検査ですか?」と 言われそうなので

恥ずかしくて行っていません。


また ちょっと調子の悪い時にはかかりつけ医がありますので

心配なことは先生に相談できる環境にあります。




もう 人生の折り返しをかなり過ぎたお年頃。

一緒に住む家族にも心配を掛けないようにしなくちゃ、と

思うことが多くなった私です。












にほんブログ村テーマ 私の生活へ
私の生活

にほんブログ村テーマ アラフィフの暮らし。へ
アラフィフの暮らし。













にほんブログ村に参加しています♪

*家庭内別居?5日目。






夫と口を利かなくなるばかりか

食事の支度もしなくなって(・・と言うよりはする気力がなくなった。)

5日が経ちました。



私自身も 食欲がわきません。





夫の顔もソファでダラしなく眠りこけている姿以外

顔を見ることも この5日間ありません。







にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。





+++





家庭内別居って どんなことをいうのだろう・・と

今までは他人事の様に想像していましたが

これも やっぱり家庭内別居に入るんでしょうね。


ひとつ屋根の下には住んでいるけど

寝食は別なんですから・・




+++



夫の特性未診断ですが・・)のことを考え

そして 性格も踏まえ私なりのやり方で

夫との生活の工夫はしてきましたが・・

カウンセラーの方(叔母も含めて)によっても

接し方のアドバイスが違ったりするので

何が 私たち夫婦に合った 『暮らしの在り方』なのかも

迷走するばかり・・。



先日 人生の先輩でもあるブロガーさんが

言葉は短かったけど 私の心にピッタリなアドバイスのコメント

くださいました。

本当にそうだと涙が止まりませんでした。



いつもコメントをくださるブロガーさんの皆さんからの

アドバイスも本当に沁みるばかりで 有難いです。




毎日 泣いてばかりです。 

本当のわたしは もっと明るくて こんなんじゃないのになぁ。




本当は 同じ配偶者家族を持つ方たちが集まる会に

参加してみたいんですが・・

いろいろあって それは無理だと諦めています。


大都市なら可能でしょうが・・個人情報が洩れる恐れが

一番強いから。



・・気が重いです。



明日から夫の仕事が休みです。













*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村に参加しています♪






順番を間違えたのかもしれない。







結婚前から 特性の症状名だけは知っていた。



しかし 内容は全く分からず・・



ただ 夫と知り合いお付き合いが始まった中で

?と思ったり 違和感を感じることはあった。







にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。






+++





夫は基本的には「優しい人」です。



でも 一見穏やかにも見えますが

それは 生きてきた中で身に着けた彼なりの「変装」の

様に思います。




+++




わたしが 夫の特性に気が付き

色々な本やネットで調べ始めたのは昨年の秋。


夫には 特性の癖だけ数えれば30近くあった。



最初 それがボンヤリとした「不思議な人」から

特性があるのかも」に変わったときは

あまりにショックで 目の前が暗くなった。

深く暗い水底にゆっくり沈んでいくような

息苦しさで・・



何とかしなきゃ・・と思った。



でも その特性が分かる少し前に

夫はあるトラブルに巻き込まれ

その処理を本当は自分でしなければならないのを

「仕事が忙しい」と いつもの夫の悪い特性が出て

私に処理を丸投げした。


トラブルと夫の特性が濃厚と分かった時期が重なり

私は自分の器量を超えて頑張りすぎた・・の、かも、しれない。




+++




本当は トラブルは初めから夫に「自分で解決」するようにいい

私は 自分の精神状態を立て直すこと・・「メンタルクリニック」に行き

元気と前向きさを取り戻してから

夫のトラブルのフォローや特性について勉強すればよかったんだと

今は思う。




順番を間違えてしまった。 



トラブル抜きにしても

夫の特性を理解しともに暮らすことはたやすいことじゃない。

「自分の家族になった人」を 何とか助けたい・・と

わたしの長所でもあり短所でもある この性格がアダになったと

いま この状況で分かった。




+++




ブログに 自分の私生活を・・

特に こんなみっともないことを書くなんて・・と

そんな気持ちもある。


でも 書かなければ気が付かないこともあった。


冷静にそして 自分を客観的に見つめる力を養うためには

「みっともなさ」や「情けなさ」を文字にする作業が必要だったと思う。






わたしが まだ20代のころ

世間荒波に押しつぶされそうになった時

に逆らって進むのは大変で に流される方が簡単だと

思ったこともあったけど

流されることも 決して簡単でも楽なことでないと

いい年になってから気が付いた。










*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村に参加しています♪