fc2ブログ

■入学や進学の内祝い。








そろそろ 入学(入園)・進学就職などのお祝いを

親戚や親しい方から頂く時期がやってくると思います。










★←「大問題を起こした孫はいらない!?。」の記事はコチラ♪






にほんブログ村テーマ 暮らしの選択。へ
暮らしの選択。

にほんブログ村テーマ 内祝いの口コミへ
内祝いの口コミ





+++






気の置けない友人知人の場合や親せきの場合などは

互いの経済的理由や「お互い気を遣い合うのは良そうね」などと

話をし それらのやり取りを無くす方もいます。



しかし そういったザックバランナ話の出来ない

知り合いから頂戴したお祝いに対し 内祝いって返すものなの?と

いう考えもありますよね。


地域や人それぞれの考え方で

返さないって方もいますが 多くの方は「内祝い」という形で

頂いた金額の半額くらいを相手にお返しする様ですが・・・






+++





ここで お返しする内祝いの内容に悩まれる方も多いはず。


今は ギフトカタログを送る方も多いし

我が家も結婚のお祝いを頂いたときには

普段 自分たちがお買い物が出来ないような高級なデパートの

ギフトカタログにしたり 旅行会社からっ出ているギフトカタログ

利用しました。




でも 中には 「期日前に出すのを忘れて ギフト会社が無作為に選んだものが送られてきた。」

経験のある方もいるのではないでしょうか?

実はわたしも・・そうでした。





+++





年齢や家族構成にもよりますが

いま わたしが貰って嬉しいのはタオルや洗剤などの

生活用品。


もちろん 拘りのある方はギフトカタログの方がいいわ~となると思いますが

アラフィフになり 若いころは実感しなかった タオルや洗剤の有難いこと。

わたしは なんの拘りもないので 何をお返しされても喜びますが

内祝いひとつお返しするのも 大変な労力。



今から 何がいいか悩んでいる方も多いのでは?





*先程も 書きましたが 旅行会社ギフトカタログ

思いのほか喜ばれました。





多少の参考まで・・。












★←「必見!わたしのお引越し術。」の記事はコチラ♪

★←「引っ越し直前に処分したいモノ。」の記事はコチラ♪








にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖

にほんブログ村テーマ 素敵な大人のシンプルライフへ
素敵な大人のシンプルライフ














にほんブログ村に参加しています♪








気が付いたときの『小断捨離。』






先日 断捨離の記事を書きましたが




 ★←「断捨離は『心の余裕のある時』にするのが一番」記事はコチラ♪

 





断捨離が苦手なわたしが普段やっていることを

すこし書いてみようと思っています。





*本日2回目の更新です。
 1回目の更新は 「お弁当」の記事になっています。
 1回目の記事も読んでいただけると 更新の励みになります。

 よろしくお願いいたします








にほんブログ村テーマ 使い切る。使い切った。捨てた。へ
使い切る。使い切った。捨てた。

にほんブログ村テーマ 断捨離&片づけの工夫へ
断捨離&片づけの工夫






+++





普段 ウォ―クイン・クローゼット代わりに使っている

4畳半の部屋があります。


しわになりやすい洋服や傷みやすい野菜

読み終わった新聞を置いておく部屋です。



そんな部屋に 少し大き目の箱をひとつ置いておき

洋服や本・雑貨など 断捨離しようかなぁ?と ちょっと迷っているものを

その箱に一時的に入れて置きます。



先日も その箱から出した洋服を

化繊と綿に仕分けし 有料ゴミと資源ゴミに出したんですが

いろいろな場所に 置くよりも片付けが はかどるし

わざわざやるのではなく 思い立った時・・心の余裕のある時に

その箱の中身を見直して リサイクル店に持ち込むもの

処分するもの・寄付などするもに仕分けます。





+++





先日も 洗濯物をたたみ タンスにしまう時に

ついでに 数点の衣類と靴下を段ボールとゴミ箱へ。


靴下のようなものは 小さいので直ぐに処分できますが

衣類は重ね着の下に着れるかな?と 迷ってしまうこともあるので

保留で段ボール箱行きです。




には まだまだ数か月ありますが

転勤就職などで 家を離れる予定のある方は

そろそろ 『小断捨離』の時季だと思いますよ。













にほんブログ村テーマ 50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。へ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。

にほんブログ村テーマ 物もコトも思考もスッキリ片付けたいへ
物もコトも思考もスッキリ片付けたい



















にほんブログ村に参加しています♪







・必見・わたしのお引越し術♪





本日2回目の更新です。

1回目の更新は お弁当記事です。

こちらの記事と合わせてお読みいただけると

更新の励みになります。 よろしくお願いいたします





+++






3月に入りましたね。



就職進学転勤などで新天地での暮らしのため

お引越しをする方も増える時季ですね。



そんなお引越しのためのアイデアをちょっとご紹介したいと思います。






*過去記事も読んでいただけると 更新の励みになります。

 よろしくお願いいたします







にほんブログ村テーマ 暮らしごと。へ
暮らしごと。

にほんブログ村テーマ 整理収納へ
整理収納






+++




一人暮らしのとき結婚後も入れると

計6回のお引越し経験者のわたし。


一人暮らしの時には

業者は頼まず 家族や友人の助けを借り

お引越ししていたんですが

結婚後は 荷物も2人分 家の広さも倍以上と

要領を考えて荷造りしなければならないことが・・。




+++




オットと結婚後2カ月目で

まず1回目のお引越しがあったんですが

その時 わたしが実行したのがこの方法でした。


用意したのは 色付き布テープ



CIMG9957_convert_20170301123019.jpg


部屋別に 段ボールの梱包テープを変える方法です。



赤のテープは キッチン。

黄色は寝室・・って感じで。



そして 業者の方にも どこの部屋に仕分けたらいいのか分かるように

部屋図面を数枚用意。

部屋を色分けして 部屋の見やすいところに貼っておけば

それを見て 業者の方もスムーズに部屋ごとに搬入してくれます。






+++





前回のお引越しのとき

N通の方が(頑固な職人気質な男性)

「この方法はいいなぁ。 効率がいい!!」と褒めてくれました。



お引越しで大変なのは

「あれ? ○○の入った箱どれだっけ?」と 山積みにされた箱の山を

自分で仕分けるコト。


そんな煩わしさを少しでも減らすためには

荷物の多い方や ファミリー世帯の方に

この方法はおススメです♪



















■時間配分と遅刻。





*今日2回目の更新です。

1回目の更新は お弁当の記事になっています。

コチラの記事と合わせてお読みいただけると

更新の励みになります。 よろしくお願いします







+++




オットの世界を理解しようとしてから

それまで不思議だった 

オットの時間配分の無さが

特性」からくる弊害のひとつと知ることになりました。













+++




いつも オットは早起きです。

決して 出勤ギリギリまで寝ていることはありません。

朝食もだいたい同じ時間に食べ

行動自体は とっても余裕があるんです。

それなのに・・

いつも わたしが「早くしないと間に合わないよ。」と声を掛けないと

いつまで経っても の~んびり。


気が付けば 出勤時間ギリギリに

玄関から転げるように出る始末。


こうなると 転ぶことも多いし

を確認せず 道路に出て引かれそうになることも・・


これは この症状の特性のひとつ。




+++




この、オットの特性を理解してから

わたしが試したことが・・

それは 出勤30分前になったらTVを消して

ラジオに切り替えるコト・・でした。






オットの特性に 「物事に集中する」っていうこともあるんですが

TVに集中してしまうと 出勤時間のことが 

どこかに飛んで行ってしまうようなんです。



そこに気が付いた私は

オットに まずは断って(これも大切です。)

「テレビ消して ラジオにするよー。」と声を掛けます。



オットにも

TVつけていると 気を取られて時間が分からなくなりやすいでしょ?」と

特性からくるオットの不得意を自覚してもらいます。



実はオット 

最近 わかったんですが

就職したころ数年は 出勤時間に間に合わなくて

遅刻をすることが度々あったそうです。



・・やっぱり。



どうやって かろうじて遅刻しないようになったかは

詳しくは聞きませんでしたが

「あのね、○○っていう症候群の人って 遅刻をする人も多いんだって。

父ちゃんも そうだったんだね。」と云うと 

「そうなんだぁ~」と感心して聞いていました。




オットとの生活の工夫は 

まだまだこの先も続きます。







*オットの特性については

未診断なので症状名は伏せて記事を書いています。

ご了承ください。