fc2ブログ

*お弁当7月4日~7日分 公開♪






今週は月曜日からお弁当を作りだした。



ただ 記録忘れで火曜日(4日からの)になっています。







にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。






+++





・火曜日

CIMG0461_convert_20170704073338.jpg


『KFCナゲットで作る酢豚弁当。』





・水曜日

CIMG0465_convert_20170705061058.jpg


『玉子とツナのエビフライサンド弁当。』






・木曜日

CIMG0469_convert_20170706052906.jpg


『ごま衣の豚天お弁当。』





・金曜日

CIMG0474_convert_20170707060606.jpg


『イカの煮つけ弁当。』





+++





夕べは夫が飲み会だった。



なので わたしは20時過ぎにはおを飲んで

お布団へ。

以前から 半世紀も生きてきているのに

自分のお酒適量が分からないほど飲み

ひっくり返ったり(スーツを2着ダメにした)

たぶん 普段でもの往来を気にせず道路を渡る人なので

帰るまでは心配でしたが 結局それがアダとなり私は心身ともに

疲れることに・・



夫がケガをしようがにはねられようが

それは夫本人・・自分持ち。

わたしの心配など届くはずもないし。



なのに・・気持ちよく寝ていた23時近くに夫から

ろれつの回っていない声での帰るコール


・・辞めてくれ。 迷惑だわ。




この人は 本当に私の状況をどこまで分かっているのかな?



責めれば また癇癪を起こし 

わたし自身、動悸と不安感や過呼吸が怖いから

黙っていようと思っている。



あさから気分が悪い。




結婚5年目なのに まるで20年以上一緒にいるくらい

疲れた妻・あんこでした。












*コメント欄はお休みさせていただいています。

 













にほんブログ村に参加しています♪
いつも応援ありがとうございます。ペコ💛







別々。



*ずっと お弁当日記をUPしてきましたが

今のような状態になったので しばらく「お弁当日記」はお休みを

したいと思います。 ごめんなさい。




+++




日曜の夜から夫とは別々の部屋で寝ています。

食事もお弁当も一切作っていません。


こんなことを書くと「大人げない」と思われるかもしれませんが

こんなことをしたことは初めてのことです。



親にも 「お前のいいところはケンカしても

直ぐに仲直りのできるところだよ。」と言われるくらい

人と喧嘩しても何日も口を利かないことは殆どありません。


自分が悪かったときには

直ぐに謝ることもできますし、関係悪化を防ぐために

自分が悪くなくても「さっきはゴメンね。言い過ぎたね。」と

相手が心を開いてくれるキッカケづくりをして

仲直りし人間関係を築いてきたつもりです。



特に男性は 自分が悪くなくてもなかなか素直に謝れない人も

いますから・・(私の父もそうだったし・・昔気質で。)





はじめは 罪悪感がありました。

何度もいいますが こんなことをするのは初めてだから。

でも、だんだん薄れていくものみたいです。







にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。





+++





顔も合わせません。


夫が仕事に行くまでは居間には行かず

寝室にいます。

食事の支度以外は 今のところはしています。

お洗濯・掃除。



夫が帰る時間は ほぼ18時なので

それまでに 自分だけの夕食などを済ませ

寝支度を整え 夫が帰るときには

お布団の中です。



+++



きのうは 帰ってきた夫が

寝ている私の布団を少しだけはぐり

様子を見ていましたが 私は眠ったふりをしていました。


今までなら夫の帰るコールに「車に気を付けてね。お疲れ様」と

声を掛けていましたが 電話にも出ないので帰るコール

してこなくなりました。



家に帰っても 私は顔を合わすことも話もすることもないので

夫は娘(猫)にむかって独り言を言っています。




これって もう家庭内別居なのかなぁ。

夫と話が出来ないことは 確かに寂しいことだけど

話をするたびに 特性のため癇癪が起き

私のことを自分のに はめ込もうと否定が始まります。


久しぶりに胃の痛みを感じました。







*今現在 私自身メンタルクリニックに通っています。

時々 誹謗中傷などを書き込む方がいて

そんなコメントを目にするのは辛いことです。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが

そのことをご理解していただけると幸いです。















にほんブログ村に参加しています♪