fc2ブログ

スマホを使いこなす80歳姑・調べていることに恐怖すら感じる。





いつも ご訪問くださりありがとうございます。




最新記事
【姑×新興宗教】義姉に付けられた『もう一つの戒名』。
←クリック


関わり合うと病気になる!?←クリック

お義母さん、止めてください!!もう我慢の限界だった。←クリック

『そんなの気持ちが悪い。』もう姑の言葉に怒りも湧かなかった。←クリック

姑の暴走・・無断で新興宗教に入れられた・・←クリック

■義母の虚言癖と対応。(姑の本性が怖い)←クリック 遺族年金に対する執着が怖い

■義母の虚言癖と対応・2。←クリック





もう我慢が出来ず

きのう 美容室に行ってきました。

スッキリしました。


ただ 流れる汗の量は殆ど変わらず・・。。。_| ̄|○



50代の過ごし方 - ブログ村ハッシュタグ
#50代の過ごし方



+++



私たちが夫婦がスマホにしたのは昨年の今頃。



それよりも遥か前・・

いまから6~7年前にスマホにした姑。



いくら 悪だくみ 悪知恵に長けているとは云え

高齢者と思っていた姑が

夫と私の想像を超える知識でスマホを使いこなしている
と分ったのは

数年前のこと。




benjamin-lizardo-m8heo50UKCo-unsplash_convert_20230731164216.jpg




姑の非常識な言動に嫌気がさした義弟家族が

持ち家のマンションを売り払い

行方知れずになって数年後


住所が判明した



その直後

姑はスマホグーグルマップを開き

義弟の住所を入力 

どんなマンションに住み

周りに幼稚園保育園小学校があるか

調べ上げたことを 私に自慢気に教えてくれました。



ググるって)))))

怖)))))))))(。Д゚; 三 ;゚Д゚)




それも ビックリしたのに

先日 義父の葬儀の際

夫の職場の話になった。


またもや姑から驚きの言葉が)))))



それは

本当に自分の息子である夫が

その勤務地で転勤せず働いているのか

部署名を入力し確認したとのコト)))))))



ヤバいでしょ、、、姑。
80歳ですよ!!!
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3





yoshua-giri-65bBd4HlzGk-unsplash_convert_20230825165523.jpg





そして 

もちろん 我が家の住所も入力し

どんなに家に住み

周りには どんな施設があるのか

調べていたこと。恐怖)))))





自分がつきな人間は

他の人も皆 同じようにをつくと思っているようで

鼻っから相手のことを信じていない様子。




私のブログを読んでいる方の中には

「いくら性格が悪いって言っても高齢の親でしょ~」って思っている方も

いるかもしれませんが



そんな気持ちや考えは

今すぐ忘れて欲しいのです。



ただ単に元気なだけでなく

いまなお 進化し続けている姑には気が許せない。



ブログ村ハッシュタグ

#高齢者スマホ

#義母 会う頻度 減らしたい

#義両親との付き合いかた

#妻・嫁・母・女のストレス

#快適な暮らし

#精神的に辛い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ










*○○フライの夕食。






夫が外泊中の夕食



珍しく「漬物が食べたい」というので

野菜室にあった胡瓜とキャベツ・生姜で浅漬け。


食卓テーブルに置いておいたら

夕食前に半分くらいに減っていました・・夫がツマミ食い。




CIMG3070_convert_20191023063319.jpg




この日は 夫と二人、スーパーへ買い物。



私の父などは母と一緒にスーパーに行くことが殆どなかったので

結婚当初は夫が一緒にスーパーに付いてくることに違和感がありましたが

いまは慣れました。



結婚当初 私が「・・半額商品ないかなぁー」って物色していると

両手いっぱいに お菓子の袋を抱えた夫がニコニコと小走りで駆けてくる姿に

顔が引きつったものです。


40代のオッサンです。(;^_^A アセアセ・・・。



スーパーに行く前には 幼稚園保育園児に言い聞かせるように

「あれ買って、これ買ってって言わないこと!!」とお約束。


幼いころ母に甘えられなかった夫。


すんごく遅い「子供返り」の様でした。




CIMG3069_convert_20191023063207 (2)


珍しく安く買えたホッケ


型は小さめでしたが 少しでも大きいのをチョイスして・・

夫に「ホッケはフライ?煮つけ?」と聞くと 「フライ~~~」とリクエストが。



この日の夕食は浅漬けとホッケのフライの夕食になりました。







家計の断捨離 その他生活ブログ・テーマ
家計の断捨離

にほんブログ村テーマ キッチンライフへ
キッチンライフ

にほんブログ村テーマ アラフィフからの衣食住。へ
アラフィフからの衣食住。

にほんブログ村テーマ 冷蔵庫・冷凍庫の活用と管理。へ
冷蔵庫・冷凍庫の活用と管理。

にほんブログ村テーマ 家計の断捨離へ
家計の断捨離

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。





にほんブログ村 料理ブログへ







にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 にほんブログ村へ







*海老ピラフと手羽先の素揚げ弁当♪







・・また 寝坊した。



少し前から アイマスクと耳栓をし出してから

とにかくグッスリ眠れる。


それに アイマスクをすると目の辺りがホンわか温かくなり

目の疲れも癒えるきがする。


セリアの黒のマジックテープ式のアイマスクおススメですよ。

不眠症の方や早朝覚醒の方 機会があったらお試しくださいね。










★←「健康・この時季冷蔵庫に入れている意外なモノは?」の記事はコチラ♪

★←「整理・断捨離 薬箱の中」の記事はコチラ♪




にほんブログ村テーマ 色んな*お弁当メニューへ
色んな*お弁当メニュー

にほんブログ村テーマ simple+natural=happy life*:) へ
simple+natural=happy life*:)









+++





さて そんあ寝坊した朝のわたしが作った今日のお弁当は・・



CIMG1288_convert_20180220072936.jpg



『海老ピラフと手羽先の素揚げ弁当。』




・海老ピラフ(アスパラ入り)。

・鶏手羽先の素揚げ(塩コショウ 骨ぬき)。

・長ネギ入り玉子焼き。

・ポテトサラダ(ミックスベジタブル)・マッシュポテト使用。

・赤ウインナー。

・きゅうりの古漬け。





+++




先日 TVで「わたしお母さんだから」って歌の歌詞が話題になっていたけど

今日も 寝坊もしたけど弁当作りたくない病を発症していたけど

「あたし奥さんだから・・」って感じで 必死にお弁当を作りました。




CIMG1289_convert_20180220073254.jpg



それも 食べやすいように(夫はとにかく不器用)

手羽先の細い部分を切り 本体の中の2本の骨を抜き

手こずらないように・・


・・そう、わたし奥さんだから夫の為に朝5時半になったら

起きてお弁当作るの・・ってやつですよ。



ちょっと 話はそれるけど

昔 親元から(たぶん母の判断)私だけ

母方の祖父母の家に預けられた時

幼稚園の時の担任の先生が結婚して近くに住んでいると聞いて

会いに行ったことがある。



体が弱く(小児喘息)入退院を繰り返し 

殆ど 幼稚園委はいけなかった私でしたが

先生には 良くしてもらいました。


スゴク綺麗な先生で女優の夏目雅子さんのような人でした。

髪をきれいにカールして いつもスカートをはいていた人でした。


その先生から 遊びに行った帰りに

一冊の本を貰いました。


タイトルは おかあさんの手」。


同タイトルの本はありますが この本は今は廃盤になってしまったようで

探しても見つかりません。



内容は 女の子が自分のお母さんの手を見て

「お母さんの手はガサガサで嫌い」っていう内容。

でも お母さんの手がガサガサなのは 家族の為に一生懸命

お掃除や食事の支度をしていて自分の手をケアする時間もないから

なんだけどね。



「わたし お母さんだから」って歌の歌詞を見た時

この本のことを思い出しました。


この本は 多分1960年代~1970年代にかけて出版された児童書

わたしも 読んだことある!!って方がいたら 情報欲しいです。

きっと 先生は親元から離れて暮らす私に何か言いたかったのかもかもしれません。



CIMG1290_convert_20180220073430.jpg



わたしは 親元から預けられたことを恨んではいません。


血のつながりに関係なく 大勢の人の愛情をいっぱい貰い

いい経験をしたと思っています。

お料理が好きになったのも 今は亡き祖母のお陰だしね。












にほんブログ村テーマ 我が家の旦那様へ
我が家の旦那様

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村に参加しています♪








*私の最期。







まだまだ若いでしょーって言われそうな年齢なのかもしれませんが

母が60代で急逝していますので

そう遠くない未来に 自分と亡くなった母を投影してみることがあります。




CIMG0881_convert_20171027090046.jpg




にほんブログ村テーマ シニア世代の素敵な暮らしへ
シニア世代の素敵な暮らし

にほんブログ村テーマ 私の暮らしへ
私の暮らし










★←「入院セットと心の準備。」の記事はコチラ♪


以前書いて多くの方に読んでいただいた記事になっています。
よろしければ コチラの記事も読んでいただけると
毎日の更新の励みになります。 どうぞ、よろしくお願いいたします











+++





小さなころから体が弱く 幼稚園で男の子に混ざり

負けん気を発揮していたかと思うと 数日後には

緊急でかかりつけ医の下での入院生活。


幼稚園の頃の集団写真撮影にも参加できなかったことも数知れず。



大人になっても難病指定の病気になったり

数えきれないほどの検査や治療を繰り返してきて

自分でも「よく今まで生きてこれまでやってきたなぁ」って思うほど。



そんな私にとっては 「」は幼いころから身近にある出来事で

特別なことではありませんでした。



そんな私が何の因果か結婚

常々 夫と話すことは 「わたしに何かあったら・・」っていうコト。



夫は 冗談のように聞いて笑っていますが

実際にわたしは真剣です。



いろいろな意味で夫の特性を考えるとき

夫を残し私が先に旅立てば・・とか。


夫の頭の中に残っていてくれたらいいんですが

以前 夫に「もし私がんだら 親友の○○さんだけにしか知らせなくていい。

他の家族には全て終わってから知らせて。」と言ったことがあります。



「おかしな人」と括られるかもしれません。




でも 自分はひっそりと旅立ちたいと思います。

それが私自身の最期の迎え方と向き合い方だから。



何度もを覚悟し 身内や他人との関わり合いの中で

わたしが行きついた答え。




今度 生まれかわれるとしたら・・

男性でも女性でもなく お坊さんになりたいと思う私です。











にほんブログ村テーマ アラフィフの暮らし。へ
アラフィフの暮らし。

にほんブログ村テーマ 私らしい 暮らしと生き方へ
私らしい 暮らしと生き方













にほんブログ村に参加しています♪