fc2ブログ

喪中の我が家が父に年賀状を出した理由。





本年もご訪問くださり感謝いたします。



お金だけが家族な独り暮らしと夫婦ふたり暮らしと・・←クリック






今年 いいことがあった方は

さらに来年も

今年 あまりいいことがなかった方は

龍の背に乗って上昇を目指し・・



くる年が実り多き1年になりますこと

お祈り申し上げます。





お礼参り・日本最古・龍池社 - ブログ村ハッシュタグ
#お礼参り・日本最古・龍池社



+++




クリスマスのころ

1枚の年賀状を買い

施設で暮らす私のへ出しました。



ほんとうなら

喪中の我が家・・年賀状は出せません。

お義父さんが亡くなったから。



ただ

に面会に行くと

必ずと云っていいほど

さんは元気か?大丈夫か?』と

自分より年下にもかかわらず

体に麻痺があるお義父さんを それでも頑張っているお義父さんのコトを

気にかけていた父。


夫もそのことは よくわかっていて・・




annie-spratt-QKo-op_gR9I-unsplash_convert_20231231084118.jpg





実際 私の父とお義父さん

2度しか面識がありません。



最初に会ったのは

入籍直前の私の引っ越しの時。


夫の住まいに私の荷物を搬入し

夫の両親と私と私の父の5人で温泉宿に泊まった時でした。




ただ その時

あの人が

「あんこちゃんのお父さんと写真を撮りたい」と云って

初対面の父の腕に自分の両腕を回し

体をピッタリつけ二人で(あの人の希望でビックリした)写真を撮った際

顔は笑っていましたが

父は男性に馴れ馴れしい女性が大っ嫌いので

そんなことがあった時から お義父さんに対し

(こんな伴侶では いろいろ苦労があっただろう・・)と察したようでした。



もちろん 父はあの人のことが大っ嫌いになりました。



用もないのに父に度々 電話してきたり

手紙をよこす あの人のことが疎ましかったようです。
(でも 娘可愛さに 愛想よくしていたようです)




annie-spratt-QKo-op_gR9I-unsplash_convert_20231231084118.jpg





そんな お義父さん

年上の自分よりも先に旅立ったと知ったら・・



もちろん 父にはお義父さんのコトははなしていません。

ショックを受けるし落ち込むだろうから。




なので 夫と相談し

施設で暮らす父に年賀状を出しました。




markus-spiske-ZodkrMnKYLk-unsplash_convert_20231226081101.jpg






勘のいい父の事ですから

もしかしたら お義父さんに何かあったかも・・と感じているかもしれません。



人は悪意より

優しさで作られている方が心地いい。


年の瀬に

やっぱり そう思うのです。





慌ただしい大晦日

普段 車の運転をしない方が

ハンドルと握っていることも多いはず


ココロに余裕をもって

災難に巻き込まれないように

いい年を迎えたいですね。





ブログ村ハッシュタグ

#遠くの親戚より近くの他人

#人間関係の断捨離

#心地いい人間関係

#自分を大切にする

#人生の岐路

#自分を大切にする生き方

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ





















親の介護・正夢でしょうね、きっと。





いつも ご訪問くださりありがとうございます。



50代主婦・夫には絶対ナイショのひとりランチ。←クリック

50代 気まぐれなカラダとの付き合い方。←クリック

年を重ねるごとにイベントを減らしてシンプルに暮らす。←クリック

50代の食卓・節約を意識しながら。←クリック


+++





珍しく父の夢を見ました。


施設に暮らし

かれこれ5か月半 面会に行っていない父の夢。



+++




夢の内容は忘れてしまっていましたが

確かに夢を観ていたことは頭の隅にありました。


少し前 施設から

「お父さまからケラチナミンが欲しいと言われましたので」と

連絡が入っていたので

それで 夢を見たのかと気にしていませんでしたが



二日後

再び施設から電話が・・



父が38度の熱があり

これからクリニックで検査をしようと思います、と。



お陰様で

金曜の検査では

肺のレントゲンも異常なし

インフルエンザもコロナも陰性でした。


ただ 週明け・・どうなっているかは

また 施設から連絡が来ることになっています。




hospice-g531eec84b_640_convert_20230525073900.jpg





昨年 同室の方が施設で初めて新型コロナを発症させたため

翌日には父も発症となり

毎日 高熱が続くも対処療法しかしてもらえず

私が施設の主治医に怒りを爆発させるまで

10日間も病院に搬送されず


結局 父は肺が潰れてしまいました。




そんなことがあって、の今回の発熱・・


肺が潰れた人にとって

風邪を引くことは命取りに繋がります。



以前なら 父に何かあるときは

夢枕に他界した母が立ち 教えてくれていましたが


夢に現れた母が

トランクに荷物をまとめ

そろそろ行かないと遅れる・・と夢を見せて以来

1年以上 母が夢枕に立つことはなくなりました。




昨年は母の十三回忌でしたが

何か関係があるのか・・



霊感が多少なりともある私。


正夢は そんな私にとって

珍しいものではありませんが

父が肺炎にならず乗り切ってくれることを願っています。





ブログ村ハッシュタグ

#親の介護と向き合えば

#50代の生き方

#暮らしの工夫

#家族のこと

#シンプルな暮らし

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ










50代娘の気持ち・父の面会に行かなくなって4か月経った今の心境。






いつも ご訪問くださりありがとうございます。



訳アリなお金の浄化・清め方。←クリック

予定外の出費で更に『小さな暮らし。』←クリック

ゆるい生活・庭の野菜で保存食。←クリック

外食もいいけど・・週末ゴハンの工夫。←クリック

50代のカラダ・真っ黒い便に驚いた・・←クリック





夏の暑さが遠ざかり

雨が多くなってきた今日この頃。




ひと雨ごとに夏から秋へ

季節の入れ替わり。




varshesh-joshi-HG5RcKEawLA-unsplash_convert_20230816044726.jpg




暑さ対策に

少し前まで活躍していたスポットクーラーは

除湿モードに切り替え運転中。


サーキュレーター代わりの扇風機

部屋中の空気の淀みを作らないように撹拌。

とっても心地いい。




ブログ村ハッシュタグ

#夏の終わり

#シンプルな暮らしのコツ

#暮らしを楽しむ・幸せを見つける・シンプルな暮らし




+++



8月。


義父が他界し

義実家に滞在中

私の父が暮らす施設から連絡がきました。



「電気シェーバーの替刃を買って欲しい」と云うモノ。



手入れしてあった同程度の電気シェーバーを施設に持参し

交換。


義父の葬儀出席のため

新型コロナ感染拡大地域に滞在していたことを理由に

面会は断りました。




でも きっと 

葬儀で新型コロナ感染拡大している地域に

滞在していなくても

ウソをつき 父の面会はしなかったと思います。



ウソも立派な自分を守るための理由。




月に2~3回

面会のため往復2時間(冬なら3時間)ほどかかる道のりを

往復していた日々。



半ば親なのだから仕方がないと諦め

自分に言い聞かせていた介護と云うモノ。




面会に行かなくなった始めのころは

親不孝だと、自分を責めたり

施設の職員さんの私に対する評価が気になったりもしました


1か月、2か月、3か月と


面会に行かないことが

私の普通の暮らしとなって馴染み始めると


自分を責める気持ちも薄れていっています。




もちろん 持たなくてもいい後ろめたさが

ゼロになったわけではありませんが・・




hospice-g531eec84b_640_convert_20230525073900.jpg




不思議なことに

私の意識が変わり

面会に頻繁に行っていた時よりも


父からの過度なほどの要求も
(あれが欲しいコレが欲しいから持ってきて欲しい)

なくなっています。




私の意識が変わることで

自然と父の意識も変わってきたのかもしれません。





確かにわたしは父の子どもに変わりありませんが

父にとっての便利な道具ではありません。



この先も 出来れば父との面会は避け続けたいと思います。

私自身のメンタルを守るためにも。。




ブログ村ハッシュタグ

#介護まみれ

#一人介護

#私の暮らし

#気づけなかった自分らしさ

#心のバランス

#日常のつぶやき

#穏やかに暮らしたい

#暮らしごと。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ
いつも応援凸ありがとうございます♪










■夫の成長に、眼を細める私。






最近

夫が私を労わってくれることが多くなりました。



どうしたんだぁ?




にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





人気ブログランキングの
お料理ランキングに参加しています。







+++





もう

中年に差し掛かる域で結婚した我が家。


それでも

新婚時代は 

わたしを喜ばせようと


いろいろなところに連れて行ってくれた夫ですが

少々、頑張っていたようです。




最近は

どこかに出掛けることも少なくなり

旅行にも行くことが無くなりましたが


先日・・


珍しく 朝から動悸が酷くなった私、

夫に


「父ちゃん。。ギューしてもらってもいい?」と

ハグをお願いしました。




以前なら

なかなか照れ臭がって やってくれなかったのに


先日は

何も言わず ギュー、と、、

力いっぱいのハグ。



お陰で 気持も動悸も落ち着きました。




+++




先日の父のの売却に当たっても

父が到底、納得できるような金額でなく

怒り狂いそうな金額だったのですが


・・現に、査定の話は父にしていたので

施設に他の用事で電話をした時に

父が真っ先に私に言ったのは



「ガタガタ、値段のことを云ったら、
は売らなくてもいいからなッ!!!」でした。



お金には 凄い執着の父親。


その話をすると

夫が・・



「父さんには 俺からちゃんと話すから大丈夫だからな」って。



いつもなら

わたしから頼まないと 

父の対応はしてくれませんでした。




本当に夫が頼もしく

内心、、、、


「男の子の子育てをする母の気持ちって こんなのか?」って感じです。




夫よ、

頼りにしてるよ。









日常のつぶやき その他日記ブログ・テーマ
日常のつぶやき

*家族っていいな* 家族ブログ・テーマ
*家族っていいな*

我が家の旦那様 家族ブログ・テーマ
我が家の旦那様

ふたり暮らしのライフスタイル ライフスタイルブログ・テーマ
ふたり暮らしのライフスタイル


にほんブログ村 料理ブログへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


にほんブログ村 にほんブログ村へ














自己中な老女。






父が入る施設に行くと話をする数人の方がいます。



その中に 身寄りがいない おばあちゃまが。


ただ その方が問題で・・









+++




話すキッカケになったのは 立ち話から。



もちろん 初めは身寄りがいない人だとは知りませんでした。

おばあちゃまの方から自分のことを話
し始めたのですが・・


仮に名前をアキさんとします。



アキさんは頭がよく 

たぶん施設介護士さんも口では敵わないほどだと思います。

私の父も我がままですが それは主に家族に対してのことが多く

施設職員の方に 我がままを言うことは殆どありません。


でも アキさんは違います。

兎に角 自分の我がままを どこまでも押し通そうとします。

自分中心でないと気が済まないのです。




だから 食堂室での食事も

「他の女性たちと一緒に食べるのが嫌だ!という理由で

個室の自分の部屋でお気に入りの優しい男性職員を側に置き

お喋りしながら食事をします。一人での食事は危ないので

介護士が付き添うことは 計算済みなのです。




ところが先日 父の所に洗濯物の回収に行った際

いつものように私の顔を見るや否や小走りにやってきたアキさん。


私が「これから病院があるから行かないといけないの。」といくら言っても

「いいから、いいから ちょっと話があるから来て!!」の一点張り。

何度 事情を説明しても わかってくれません。 
 




そのうち 自分の思い通りにならないと分かると

怒り出し「もう絶交だ!!」と 自分の個室の部屋に入っていきました。



・・が、今日 父の所に行くと父が「あの 婆さん部屋まで入ってきて

煩いんだ」と・・。


なので父には 「他の人は家族面会に来るけど あのお婆ちゃんは

身寄りが居ないんだって・・」と話しましたが参りました。



自分から「絶交だ!!」と言い放ったのですが

やっぱり寂しいのでしょう・・私の顔を見ると

少しずつ近寄ってきて話しかけてくるのです。






こんなことは言いたくありませんが

わがままが過ぎる人なので 
厄介なことには
巻き込まれたくないんです。


父が悪くなくても 父の方が「退所してください」と言われるような施設なのです。
 
理由は・・

父の入る施設は 身寄りのいない人や生活保護受給者には

手厚く 問題を起こしても退所を迫られることは絶対にありませんが

家族がいる人には 薄情な施設だと役所でも評判の悪い施設です。



いわゆる共〇系の施設なのです。



平等を謳いながら実は平等ではないのです。



これからは 食事の時間が近づいたころに父の施設には行こうと思います。

父に体調などゆっくり聞くことが難しくなりそうですが 

一度 アキさんに捕まると
1時間以上帰してもらえず 
過呼吸になりそうです。





他の方の家族面会に来る時間になると

廊下やエレベーターの所をウロウロし始めるアキさん。

父曰く・・「我がままだから 誰に(入所者)話しかけても皆から

相手にされないんだ。」と・・話半分に聞いてますが

確かに わがままが過ぎると周りは遠ざかっていきますね。







にほんブログ村 料理ブログへ




にほんブログ村テーマ 50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。へ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。

にほんブログ村テーマ 親の介護と向き合えば。へ
親の介護と向き合えば。

にほんブログ村テーマ 今日のココロへ
今日のココロ

にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖

にほんブログ村テーマ 親の介護へ
親の介護





にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 にほんブログ村へ



赤レンガとキバナコスモスのころ。






日帰りで お義父さんに会いに行った。


義母がカレンダーに「この日に来るよ」と伝えた日から

動かない体で顔だけでカレンダーを見ては

指折り数え待っていたようだ。


お義父さんは 本当に誠実な人だから私は大好きだ。





にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス

たかが日常されど日常 写真ブログ・テーマ
たかが日常されど日常

アラフィフの暮らし。 ライフスタイルブログ・テーマ
アラフィフの暮らし。






+++



お義父さんに会いに行く前に

夫が小さなころ過ごした団地に行こう・・と言い出した。


そういえば結婚前も結婚後も夫がかつて住んでいた団地の話題は出ますが

実際に行ったことがなかった。


・・まだ あるの?



昔は 町の中心街から離れていたと聞いていたが

今でも それは変わらず車がなければ買い物さえも不便な場所に

それはあった。



築50数年。


赤いレンガが印象的な平屋の4軒長屋の公営住宅。


その殆どは主のいない廃墟になっていたけれど

数軒は入居中で驚いた。




赤レンガにキバナコスモスの濃いオレンジが

暖かい日差しに照らされて優しく見える。



10年前にも一度 小学校の運動会を一人で見に来たんだ・・。



10年前といえば 夫が離婚するかしないかの頃だと思う。


この赤レンガの優しい佇まいは「夫の人生の原点」なのかもしれないと思った。



そして 昨日・・

健康診断で「精密検査」を勧められたので 自分を鼓舞する為に

赤レンガのかつての家を見たくなったのかもしれない。 そう思った。



記念に道端に咲くキバナコスモスの種を掌いっぱいに持ってきた。

今度住む新居の庭先に植えようと思った。

夫にも そう伝えると黙っていたが感慨深いものがあったのかもしれない。





+++




一旦 夫の実家に戻った。

義父は数カ月ぶりの帰宅だと思う。

時々 眠っては目を覚まし私と目が合う・・涙で顔がクチャクチャになる。


・・夢じゃない。と思うのだろう。


そのあと お墓参りに行った。



家族4人で出掛けた。




義父は車に乗ったままシートだけお墓の方に体を向け

手を合わせた。



施設の玄関先・・ウイルス性の感染症が流行っているとのことで

部屋まで入れず 別れることになった。


私が義父の顔を何度も触り手を摩ると

私の頭を義父がナデナデ・・ 泣きそうになった。


「お義父さん またね。また来るね。」と。



義母は「おとうさん、○○(夫の名前)の頭も撫でてあげなよ。」と

手を掴み夫の頭に添えたが・・ナデナデ・・なかったなー。


義父なりに私に気を遣ったのかもしれない。

義父はそういう人なのだ。



義父を見送り施設の玄関先で義母とも別れた。

夫は先に車に歩いて行った。


私もそれに付いて行こうとしたとき義母が私に抱き着いてきた。

義母は泣いていた。


でも・・義父のように私の心は動かなかった。


すごく冷静に「対応」した。


乗り込んだ車の中・・夫から「パイパイ(義母の陰のあだ名)って本当に信じられないんだよな」と。



・・確かにそう。




前妻に私、弟のお嫁さんに対する「凄まじく執拗な嫁いびり」を夫は見てきた。

だから もう遅いのだ。


義母が涙を流しても もう遅いのだ。手遅れなのだ。



義母が惨めに思えた。


私の父と似ている。




人を都合のいい時しか使わない「人となり。」が義母を今の状況にしたのだ。

身から出た錆なのだ。




義母が泣いても 何の感情も湧かなかった。

それは夫も同じ。 何度も信じては裏切られた夫の心境。


「お義父さんが喜んでくれたから それでいいよね。」と私。



また来ようね・・と告げると夫も「そうだね、母ちゃん」と そう言って車を走らせた。








妻・嫁・母・女のストレス 主婦日記ブログ・テーマ
妻・嫁・母・女のストレス

わたしの暮らし。 その他生活ブログ・テーマ
わたしの暮らし。



にほんブログ村 料理ブログへ







にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 にほんブログ村へ










お肉をガツン、の「ソース焼きそば」の夕食。





今日は父の施設に生活相談員の方との面談。

一応30~1時間の予定だけど・・行きたくない。


昨日の夜から動悸が始まって 今朝も何だか頭がボーっとしている。



自分自身がHSPだと診断されるまで 

色々なことに不安感を感じることが多すぎるのは何故だろう・・って思っていたし

嫌な人と会う時には 無意識に不安感を柔られるために

サングラスをかけることを習慣」にしていたけど

HSPにとっては サングラスも自分の薄い膜で覆われ

直ぐに誰かに自分のテリトリーに侵入されやすい人にとっては

効果があることが分かった。



そんなことは知らなかったけど 無意識にやっていたことばかりだ。


今日もサングラスをしていこう。

でも・・過呼吸が起こるタイミングって 父のことでストレスを感じたり

施設に行った直後が多いのだ。


今日も・・かなぁ。




早く父にはあの世から迎えが来てほしい。





これ以上 父の都合のいい時ばかり利用されるのは真っ平だ。











+++




今日は夫が日帰り出張で「おむすび」をリクエストされたので

昨夜の食卓の様子を。



CIMG2952_convert_20190906062705.jpg

*数年前に大量に採り塩蔵にしておいた「キノコ」と揚げと小松菜の味噌汁。



CIMG2951_convert_20190906062544 (2)

それにお肉をたっぷり入れたソース焼きそば




ピーマンと板カマの残りとお肉・キャベツを入れ

トッピングには 天かすとゴマと紅ショウガに青さを少々。


お肉を沢山入れたので 夫も満足したようです。


わたしも楽をした夕食でした。






家計の断捨離 その他生活ブログ・テーマ
家計の断捨離

まいにちゴハン。 料理ブログ・テーマ
まいにちゴハン。

冷蔵庫・冷凍庫の活用と管理。 ライフスタイルブログ・テーマ
冷蔵庫・冷凍庫の活用と管理。

今日から始める『小さな暮らし方』の準備 ライフスタイルブログ・テーマ
今日から始める『小さな暮らし方』の準備




にほんブログ村 料理ブログへ



にほんブログ村テーマ 料理、クッキングへ
料理、クッキング

にほんブログ村テーマ 50代を考え暮らすへ
50代を考え暮らす

にほんブログ村テーマ 早起きな生活へ
早起きな生活






にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 にほんブログ村へ