『もう一つの厄年』の考え方。







昨日 わが家に母の葬儀をしてくださった

庵主様が檀家さんのお経の帰りに立ち寄ってくださった。






にほんブログ村テーマ 暮らしごと。へ
暮らしごと。





+++




いつも 庵主様はいいお話を聞かせてくださいます。


昨日は 御詠歌のことと もう一つ世間一般的に言われる

厄年の考え方の他にある もう一つの厄年のことについて

教えてくださいました。




普通 厄年というと

男性:25歳・42歳・61歳(51歳後厄という考え方も)

女性:19歳・33歳・37歳・61歳・・となるようなんですが


昨日庵主様が教えてくださったもう一つの厄年


切りのいい年齢 10歳、20歳、30歳とか

19歳・28歳・37歳・46歳など数字を足して『10』になる歳の時には

いつも以上に生活や体に気を付けなければならないそうです。





確かに わたしも19歳の時交通事故で半年入院生活を送っています。

加害者側が無保険だったため 治療費ももらえず

最初の病院にはそれを知ると2週間ほどの入院で退院してくださいと言われ

自分の健康保険で他のリハビリ専門の病院に入院しました。


37歳の時も 酷い胃潰瘍で転げまわるほどの苦しみに遭い

ピロリ菌除去。

尋常じゃない痛みでした。






+++





確かに迷信だって~っていう方もいるかもしれませんが

強運の方は厄年でも本人に災いが降りかからず

側にいる家族に災いを起こす場合があるとも聞きました。



オットも昨年は悪い年でした。

今年は後厄の51歳。


厄払いに行こう・・という私に「そうだね~」と言いますが

あまり積極的ではありません。



あまり 厄年に囚われるのも

良くない事かもしれませんが 昔から口伝えなども役立て

日々いい暮らしをしたいと思います。





















スポンサーサイト