fc2ブログ

喪中の我が家が父に年賀状を出した理由。





本年もご訪問くださり感謝いたします。



お金だけが家族な独り暮らしと夫婦ふたり暮らしと・・←クリック






今年 いいことがあった方は

さらに来年も

今年 あまりいいことがなかった方は

龍の背に乗って上昇を目指し・・



くる年が実り多き1年になりますこと

お祈り申し上げます。





お礼参り・日本最古・龍池社 - ブログ村ハッシュタグ
#お礼参り・日本最古・龍池社



+++




クリスマスのころ

1枚の年賀状を買い

施設で暮らす私のへ出しました。



ほんとうなら

喪中の我が家・・年賀状は出せません。

お義父さんが亡くなったから。



ただ

に面会に行くと

必ずと云っていいほど

さんは元気か?大丈夫か?』と

自分より年下にもかかわらず

体に麻痺があるお義父さんを それでも頑張っているお義父さんのコトを

気にかけていた父。


夫もそのことは よくわかっていて・・




annie-spratt-QKo-op_gR9I-unsplash_convert_20231231084118.jpg





実際 私の父とお義父さん

2度しか面識がありません。



最初に会ったのは

入籍直前の私の引っ越しの時。


夫の住まいに私の荷物を搬入し

夫の両親と私と私の父の5人で温泉宿に泊まった時でした。




ただ その時

あの人が

「あんこちゃんのお父さんと写真を撮りたい」と云って

初対面の父の腕に自分の両腕を回し

体をピッタリつけ二人で(あの人の希望でビックリした)写真を撮った際

顔は笑っていましたが

父は男性に馴れ馴れしい女性が大っ嫌いので

そんなことがあった時から お義父さんに対し

(こんな伴侶では いろいろ苦労があっただろう・・)と察したようでした。



もちろん 父はあの人のことが大っ嫌いになりました。



用もないのに父に度々 電話してきたり

手紙をよこす あの人のことが疎ましかったようです。
(でも 娘可愛さに 愛想よくしていたようです)




annie-spratt-QKo-op_gR9I-unsplash_convert_20231231084118.jpg





そんな お義父さん

年上の自分よりも先に旅立ったと知ったら・・



もちろん 父にはお義父さんのコトははなしていません。

ショックを受けるし落ち込むだろうから。




なので 夫と相談し

施設で暮らす父に年賀状を出しました。




markus-spiske-ZodkrMnKYLk-unsplash_convert_20231226081101.jpg






勘のいい父の事ですから

もしかしたら お義父さんに何かあったかも・・と感じているかもしれません。



人は悪意より

優しさで作られている方が心地いい。


年の瀬に

やっぱり そう思うのです。





慌ただしい大晦日

普段 車の運転をしない方が

ハンドルと握っていることも多いはず


ココロに余裕をもって

災難に巻き込まれないように

いい年を迎えたいですね。





ブログ村ハッシュタグ

#遠くの親戚より近くの他人

#人間関係の断捨離

#心地いい人間関係

#自分を大切にする

#人生の岐路

#自分を大切にする生き方

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ





















*白身フライとジャガイモのきんぴら弁当♪





・・きた(T_T)

一人暮らしをする実家の掃除を

弾丸のごとく2日半やったツケが まるで数日遅れで襲ってくる

筋肉痛みたいにやってきた。



こころがソワソワと落ち着かず

薬を飲んでも治まらない・・ こんな時は夫にお願いして

年甲斐もなく「むぎゅッ」をリクエストする。


夫の特性にも 私にもいいオキシトシンも出るし

一石二鳥だ。




もう・・年だから夫も「むぎゅ」では

ムラムラ来ないのが・・哀しいというか・・かわいそうと云えば

可哀想だが・・。





こちらの記事も読んでいただけると更新の励みになります。
 よろしくお願いいたします。


★←実家の片付けはコチラ。





にほんブログ村テーマ 父・父親・おとんへ
親・おとん

にほんブログ村テーマ 親の家の片づけへ
親の家の片づけ







+++




前置きが長くなったが 今日のお弁当がコチラ。


CIMG0637_convert_20170815055802.jpg


『白身フライとジャガイモのきんぴら弁当。』



・ごはん(梅干し・昆布の佃煮)。

・レンコンと厚揚げの煮物(ニンジン入り)。

・ゆでたまご。

・白身フライ(冷食)。

・ジャガイモと赤パプリカのきんぴら。

・肉団子のベーコン巻き。

・長いもとレモンの和風ピクルス。





+++




CIMG0638_convert_20170815062311.jpg



きょうは きのうの反省を込めて

出来るだけ明るい色合いに。


ちなみに昨日のお弁当はコチラ↓。

★←暗いお弁当はコチラ。



にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ 毎日のお弁当へ
毎日のお弁当




さぁー夫が朝食を食べたら「むぎゅ」をお願いしてみよう・・。



















いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます♪








■私たち別居してませんよ、お義母さん。





*本日2回目の更新です。

 1回目の更新は 『鮭弁。』です。

 こちらの記事と合わせてお読みいただけると

 更新の励みになります。





+++




どうも 義母が私たち夫婦が別居していると思っているみたいだ。




なぜ そう思っているのか?





*義母からの意地悪の数々が書かれていますので

 イヤな方は この先は読まないでスルーしてください。





+++





オットは 再婚です。



前妻さんは 散々嫁いびりに遭い

義母とバトルを繰り広げた挙句

オットと別居し 離婚しました。



わたしも例外ではなく

入籍の朝 オットの実家のある街から婚姻届けを出したんですが

朝食のお箸をくださいと義母に言ったところ

はい、と渡された箸が オットと前妻さんが使っていた箸で

言わなきゃわからないのに わざわざ 「あら~ごめんごめん、そのお箸

○○(夫の名)と○○ちゃん(前妻さん)の使ってた夫婦箸だったわ~」と

先制パンチ。

入籍の朝に離婚した夫婦の夫婦箸を渡すなんて縁起でもない

意地悪をする母。



結婚式の日の夜 義父やオットが寝た後に

義母と2人で式の写真を見ていたところ

「さすが美容師さんだね~。 (私が)年取っていてもチャンと作るもんだね~。

でも あんこちゃん、今度(結婚)するときには もっとちゃんとした方がいいよ~」と

不敵な笑み。 どういう意味?




何度目かのオットの実家への里帰りの時。

「あんこちゃんは 自分の実家に帰ってもいいけど ○○(オットの名)は

あんまり行くんじゃない。 財産目当てだと思われたら困るから。」


私の義母に何か失礼なことを言ったのかと思い

義母に聞きましたが そのようなことはなく・・

ただの嫁いびりでした。 実家はビンボーですけど・・



書けば 渡る世間は鬼ばかりよりリアルで物凄い話が

一冊の本になるほどあります。



「イヤ~それでも 息子が何度も離婚することを良しとする親はいないでしょ~」と

云うのは世間一般的は見解。 至って常識的な考え。



でも 義母は違います。



オットの弟夫婦には まだ小さな子供(一人は乳飲み子)が二人いるのにも関わらず

義弟に電話や手紙で「早く離婚しなさい」と何度も言う始末。義母が私に話してくれました。


義妹(弟のお嫁さん)は外国人なので 

手紙を知り合いの日本人の方に読んでもらったところ

「離婚」をそそのかすことが書かれていて・・もちろん、バトル勃発です。



わたしも ずっと義母に何を言われても我慢し耐えてきました。

どんなことを言われても口も返さず・・


しかし 我慢も限界です。


オットの祖の葬儀以来約二年里帰りはしていません。



いつも オットは実家にあまり帰りたがりません。

私から 「お義父さんの顔を見に帰ろう。」と促します。

行くたびに 私に義母が意地悪をするから オットは帰りたくないんです。

でも バシッと義母に言えないオットは 帰らない選択をしました。

唯一の抵抗です。



そして わたしも義母から「いつも 色々送ってくれるけど 弟夫婦のところには

何を送っても何も返ってこないから あんこちゃんたちも気は遣わないで頂戴」と

言われたので 「それでは そうさせて頂きます。」と コレ幸いに

両親への誕生日×2 結婚記念日・母の日×2・お中元・お歳暮・春の山菜

秋のキノコ 里帰りの際の宿泊代という名のお小遣いを一切取りやめました。



スッキリしました。



ちなみに 私は自分のには一切何もしていません。




そして どうして別居していると義母が思ったかというと・・

いつもなら 私がウチ電に出るんですが

たまたま偶然 オットが義母からの電話に3~4度出たのと

義母から小包が送られてきたんですが 

いつもなら 私がすぐに電話をしお父さんにも分かるように

お礼のお手紙も書くんですが

一切無視しました。



・・そしたら 

先日届いた小包に入っていた手紙は

オット宛の文章で 「あんこちゃん」のあの字もありませんでした。



もちろん 小包の中身は

オットの好物ばかり・・。



手紙には 人のいいオットを泣き落としを使い

実家に帰省させようとする内容が・・。




オットは先日 結婚以来初めて私に云いました。

「母さんのことでは 本当にいつも我慢ばかりさせていて

申し訳ない」と。


意地悪をいう義母にハッキリやめて欲しいと云えなくて

悪かった・・と。




泣けてきました。




実家の父からは 結婚するとき

「もう お前の帰ってくる家はないからな」と言われ

父の姉 伯母からも 「あんこちゃんは 嫁いだら もう自分の実家のことよりも

旦那様の実家を中心に考えて生活するんだよ。」と言われ

私自身もそれが当たり前と思ってきました。



でも 全部や~~~めた。



義母からは 長男の嫁と云うことで

お墓のあれこれや実家の権利書など

何かあったときには頼むね、と言われましたが

そんなの知りません!

私を都合よく使うな!!




人に意地悪をするとどうなるか

骨身に染みるほど味わうといいと思っています。



・・わたし結婚してから かなり義母に鍛えられたわ。






でも きっと義母は長生きすると思う。


だって 言うじゃない、憎まれっ子世にはばかるって・・













にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。


お弁当blogランキングに参加しています♪