FC2ブログ

【断捨離】いくら断捨離しても 家の中が片付かないワケ。






数年前から いつ転勤と言われてもいいように断捨離をつづけてきました。

もちろん 不要なモノや使う頻度の低いもの・無くても他のもので代用出来たり

想い出はあるけど使っていないものを重点的に、です。



でも なぜかお部屋の中がスッキリしない?なぜ・・?












にほんブログ村テーマ 断捨離できないもの、残したいものへ
断捨離できないもの、残したいもの

にほんブログ村テーマ 愛着のあるモノ・コト・ヒト。へ
愛着のあるモノ・コト・ヒト。

にほんブログ村テーマ 私らしい 暮らしと生き方へ
私らしい 暮らしと生き方
















+++





きっと 私と同じように断捨離をライフワークの1つとして

続けている方は多いと思います。


きっと お部屋にスペースが出来たり収納がしやすくなったりと

断捨離の効果があって うれしい気持ちになったことはわたし自身も間違いありません。

でも・・なんかお部屋が乱雑になることある時ってありませんか?



あんなに一生懸命断捨離したのに・・・と。



CIMG1642_convert_20180524161836.jpg



わたしも そこを夫に指摘されました。

痛くもアリ 的を得た指摘でした。


それはー





使い終わったものを直ぐに片付けない!!との

指摘でした。 ヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ!!


まさにその通り 返す言葉もありません。

私がよく言われるのは 飲んで使ったコップをテーブルやパソコンの横に

置きっぱなしにしたり 読んだ雑誌の類を元の位置に戻さないことが

ほとんどです。


それ以外の 例えば爪切りやハサミなどの類は

使ったらすぐに元に戻すのですが よく言われるのはコップ雑誌類。


どんなに断捨離しても これでは部屋は なんだか乱雑な雰囲気になります。






+++





ただ 私なりに気を付けていることもあります。



それは 夫が仕事から帰ったら寛ぐソファにだけは衣類などは

置きっぱなしにしない。というコト。


それだけは 気を付けていることです。



元々 お洗濯などは好きですが 

掃除は苦手なわたし。 四角い部屋を丸く掃除する、とは

他界した母がよく言っていた私への言葉。


身に染みています。


断捨離をつづけながら これからは整理整頓も出来るようになりたいと

新たな目標を持った私です。












にほんブログ村テーマ コンパクトライフへ
コンパクトライフ

にほんブログ村テーマ 50代から始める『小さな暮らし方』の準備へ
50代から始める『小さな暮らし方』の準備

にほんブログ村テーマ 私の暮らしへ
私の暮らし


















*にほんブログ村のランキングに参加しています。
 いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます


















スポンサーサイト

基準は『自分の物差し。』






わたしは 片付けが苦手です。



今まで 買ったり借りたり 何冊の片付けや収納・断捨離の本を

読んだことでしょう。


それらの時間が全て無駄だったとは言いません。

先日 大好きな作家の群ようこサンの本は

また 今までの断捨離本とは違った視点で書かれている

自分に近い本でしたので 共感できる部分も多く

「買ってよかったぁ。」と 思いましたが・・。







にほんブログ村テーマ 収納・片づけ♪へ
収納・片づけ♪






何気ない日常 10ブログトーナメント - ニュースブログ村
何気ない日常 10ブログトーナメント




★←「シンプルなCDホルダー」の記事はコチラ♪

読んでいただけると励みになります。 よろしくお願いいたします





+++





わが家は お引越しの多い転勤族


勤め先が用意している住宅もありますが

娘(猫)がいるので 入居は無理です。


なので お引越しの度に

自分たちの暮らしや生活に不自由のない程度の部屋を

見つけなければなりません。



・・と、云うことは

その都度 収納(押し入れやクローゼットなど)が変わるのです。

なので 便利そうな収納ケースも

好みの家具も グッと我慢の子です。


こうなると 誰かの片付けや収納の本を何冊読んでも

ほとんど意味のないモノになってしまいます。


もちろんヒントになる部分はありますが

それも やっぱり基準は自分の物差し。




+++




収入や家族構成・住んでいる土地柄によっても

生活や暮らしのあれこれは変わりますし

人には やっぱり譲れない「価値観」ってあるものです。


だから 最後の最後は自分で決めて動かないと

どうにもならないのが現状です。



わたしも 最近は自分なりの暮らしをイメージできるようになってきました。


でも まだまだ自己管理ができてます!!と胸を張れるほどのことは・・


自分の物差しで 無理なく少しづつ・・が、遠回りでも やっぱり失敗の少ない

片付けや収納・断捨離への近道な気がします。


これって 自分の実感なんですけどね。










にほんブログ村テーマ ちょうどいい暮らしへ
ちょうどいい暮らし

にほんブログ村テーマ 暮らしの見直しへ
暮らしの見直し





ブログランキング・にほんブログ村へ




*いつもご訪問&応援ポチ凸、ありがとうございます





*白身フライとジャガイモのきんぴら弁当♪





・・きた(T_T)

一人暮らしをする実家の掃除を

弾丸のごとく2日半やったツケが まるで数日遅れで襲ってくる

筋肉痛みたいにやってきた。



こころがソワソワと落ち着かず

薬を飲んでも治まらない・・ こんな時は夫にお願いして

年甲斐もなく「むぎゅッ」をリクエストする。


夫の特性にも 私にもいいオキシトシンも出るし

一石二鳥だ。




もう・・年だから夫も「むぎゅ」では

ムラムラ来ないのが・・哀しいというか・・かわいそうと云えば

可哀想だが・・。





こちらの記事も読んでいただけると更新の励みになります。
 よろしくお願いいたします。


★←実家の片付けはコチラ。





にほんブログ村テーマ 父・父親・おとんへ
親・おとん

にほんブログ村テーマ 親の家の片づけへ
親の家の片づけ







+++




前置きが長くなったが 今日のお弁当がコチラ。


CIMG0637_convert_20170815055802.jpg


『白身フライとジャガイモのきんぴら弁当。』



・ごはん(梅干し・昆布の佃煮)。

・レンコンと厚揚げの煮物(ニンジン入り)。

・ゆでたまご。

・白身フライ(冷食)。

・ジャガイモと赤パプリカのきんぴら。

・肉団子のベーコン巻き。

・長いもとレモンの和風ピクルス。





+++




CIMG0638_convert_20170815062311.jpg



きょうは きのうの反省を込めて

出来るだけ明るい色合いに。


ちなみに昨日のお弁当はコチラ↓。

★←暗いお弁当はコチラ。



にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ 毎日のお弁当へ
毎日のお弁当




さぁー夫が朝食を食べたら「むぎゅ」をお願いしてみよう・・。



















いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます♪








実家の片付けの鉄則。






夜中に目が覚めて 眠れなくなってしまった。

そんな私を気遣う様に娘がニャーと鳴いて

カラダをこすりつけてきた。


「お母さん、大丈夫?」って感じなのかな?

「お母さん、疲れたよ~・・・眠れないよ~~」と

真夜中の密談。



こんな時は 無理に寝ようとせず

ブログUP。







にほんブログ村テーマ 父・父親・おとんへ
父・父親・おとん

にほんブログ村テーマ 親の家の片づけへ
親の家の片づけ






+++




お盆に2日間 わたしの実家に帰省した。




★←実家に帰省した時の記事はコチラ♪




分別されずに 色々なものが只無造作に入れられた

段ボールやスーパーの袋を開け

重要なものは入っていないか 一つ一つ確認しながら

まずは 捨てるモノから片付けていった。





+++




本当は 収納のためのチェスト類も

居間にはあるのだけれど 出しっぱなしの

生活用品や薬の類は その中には入れない。

入れたい気持ちを グッと堪える。

理由は・・


片付けは 住んでいる人が困らないように
何がどこにあるか すぐにわかる。』が基本で鉄則。


片付ける側の価値観整理整頓しないこと。
が重要なのだ。



ましてや 父一人の暮らし・・事情や年齢もあり

物忘れも多くなってきている。


だから 本来なら出しっぱなしのモノは

収納できるところに戻したいのだけれど

父本人に「ここに入れたよ。」と一旦伝えたとしても

たぶん そのことは数日後には忘れてしまい

何処にあるのか分からなくなり困ってしまう事態が予測される。



現に 困らないほどあるマスク

買ってきて袋に入れっぱなしで放置し 

どこにあるか分からなくなったのか

買ってきたこと自体を忘れてしまったのか

また 違うところから袋に入ったマスクが出てきた。


そんなものだ。





+++




だから わたしは実家の片づけは

基本 ゴミだけを処分するに徹する。

これが 一番問題やいざこざが互いになくて感謝される。


他の人から見て 不用品に見えても

本人には「大切なもの」だってあるが

食べたスナック菓子の袋を「大切なもの」と云ってしまうほど

まだ そこまで父も老いてはいないので安心だ。




+++




人には 長年積み重ねてきた自分なりの

「習慣」がある。


だから 確かにそこは私の実家ではあるけれど

今は父だけが住む家になっていることを

頭の片隅に置いて片づけをしてきた・・つもり。



決して 私の価値観を父に押し付けない。



ただ 父には「ゴミはたまる前に片付けた方がいいよ。」とだけ

伝えた。

あとは いろいろ言っても出来ないものは出来ないのだし

高齢になって持病もあるのに 未だ誰にも頼らづ

仕事も頑張る父にそれ以上は云えない。




夫と 「毎週は無理だけど 少し帰省する回数を

増やさないとね。」と 話をした。

それが いま出来る私の役割だ。







心の叫び 10ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
心の叫び 10ブログトーナメント

コチラにも参加しています。












いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます♪