fc2ブログ

仕舞い込むのは勿体ない・婚約指輪、普段使いし始めました。





いつも ご訪問くださりありがとうございます。



きのうは久しぶりにイオンへ。

5%OFF日にも 滅多に買い物へ行くことはありませんが

膝下丈のストッキングが欲しくて行ってきました。


その他にも いろいろお買い物をしてきたので

その記事は後日・・



冬物衣料 - ブログ村ハッシュタグ
#冬物衣料



+++



の価格が上昇している話を聞き

あまりアクセサリーを持っていない私ですが

手元に売れるモノはないか・・と探していた時のこと


久々に手に取った婚約指輪


わたしの宝飾ブランドは知識は低く

直ぐに思いつくのは

ティファニーとハリーウィンストンくらい。


他にもブランド名を云われれば

「へ~」ってなる位のレベルです。





そんな私が婚約指輪結婚指輪で選んだのが

R。




買うつもりもなくフラッと入った宝飾店で

お値段ではなく なんとなくイメージしていた

スクエアカットのデザインで選び

カタログを見せられて一目ぼれしたモノでした。




sabrianna-tDMxxlohNPE-unsplash_convert_20231031080434.jpg
*似たデザインなので画像お借りしています。





が、お値段が))))))))(@ ̄□ ̄@;)!!



たぶん・・夫は過去イチ高い買い物だったはずです。



結婚指輪はもちろん結婚以来していますが
(ブちぎれたときは外して抵抗したり ぶん投げたことも数回)

婚約指輪

普段使いには大ぶりで ずっとつけていませんでした。


が、私も50代。

指も体格も貫禄が出て

大ぶりの指輪でも しっくりくる感じになりました。( ´艸`)




004_convert_20140715154750.jpg
*結婚指輪婚約指輪と同じブランドR。







そこで

先日から結婚指輪を右手にして

婚約指輪を左手の薬指にし始めました。


だって、使わないともったいないでしょ?






いまの若い方は

とっても堅実な考え方だから

普段使わない婚約指輪は買わずに

その予算を他にまわすって聞いたりもしますし

わたしも 婚約指輪はもちろん

結婚指輪も欲しいとは思わなかったんですが



いざ、買ってもらえる・・となったら、ねー。。


宝飾品に興味はないと云っても

40代・・それなりに目も肥えてます・・


自然にいいものに目が行きました。( ´艸`)




着ている洋服USED

不釣り合いな指輪が右手にドーン、です。( ´艸`)



バランスわるッ、

きっと、イミテーションだと思われるよね。



笑っちゃう。

でも 私らしい。



受け継ぐお嫁さんもいませんが

だから 自分でしっかり

このキラキラを楽しまなきゃって思います。




ブログ村ハッシュタグ

#結婚指輪

#婚約指輪選び方

#夫婦の時間

#幸せな結婚生活

#大人アクセサリー

#ハンドケア

#美しく老いる

#美しい生き方美しい老い方美しい愛し方

#いい物を普段使いにする

#シンプルな暮らし

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ




『あたし嫁、辞める!!』と宣言してから私が変わったこと、夫が変わったこと。







私にとってブログは 人に見てもらう・・というより

普段人に云えないことや「こんなことあったなぁー」っていう健忘録。



だから 自分のことや夫のことなど書くんですが

「ひどい奥さんですね。」など 何度か書かれたことがあります。

でも・・表面上 上手くやっているように幸せいっぱいのブログを書いていて

「本当は現実とは真逆 離婚寸前だった。」なんてこともよく聞く話。



我が家も 振り返れば色々ありましたー。











にほんブログ村テーマ 恋愛・結婚へ
恋愛・結婚

にほんブログ村テーマ 愛しの家族へ
愛しの家族





★←2017年6月6日記事「結婚指輪外した理由。」の記事はコチラ♪

★←2017年6月24日記事「結婚指輪。」の記事はコチラ♪





+++





わたしが 嫁を辞める宣言をしたのは

昨年、2017年6月のコト。


「嫁、やめるからー」と声に出して宣言したわけではない。


ただ それまでピーンと張りつめていた糸がプツンと切れた。



そして 目に見える形で結婚指輪を外した。







にほんブログ村テーマ ココロの断捨離へ
ココロの断捨離

にほんブログ村テーマ 私、カサンドラ症候群かもしれない・・へ
私、カサンドラ症候群かもしれない・・





+++




夫には ある「特性」と「愛着障害」があるようだ。

「愛着障害」は 特別な人がなるものでなく

極々 普通の家庭と思っている家庭に生まれてもなりうる障がいのコト。


夫も 「特性」の本よりも 「愛着障害」の本を読んだ時の方が

「自分に当てはまる部分が多い」と言っていた。




そんな 生活を結婚を 続けてきて

わたしは 段々 自分に自信がなくなっていくのに気が付いた。

「一人よりも二人でいる方が寂しい。」とよく言うけれど

正しく そんな時もあった。



そして わたしはメンタルクリニックに通いだした。



周りの理解もあり 「まずは元気になることが先」と勧められたから。





+++




そして 人生で初めての家出も経験した(笑)。



いい経験になったと、今は思う。



そして 徐々に自分で自分を縛っていた「専業主婦なんだから・・」という

呪縛みたいなものから 距離を置いていけるようになってきた。




我慢してた友人や知人との電話(こちらから掛ける)。

・新品の洋服を買う。

・習い事は私には贅沢。

・家事は専業主婦なんだから完璧にするのが当たり前。

・義両親・・特に義母とも仲良く付き合う。





義両親のこと以外は専業主婦だから我慢しなきゃと

自分でも気が付かないうちに思い込んでしまっていたし

現に夫はお金に細かいと事もあるのだ。





これらのことを 徐々に辞めていった結果

メンタルクリニックに通いだして5月で1年になりますが

少しずつ 気持ちが軽くなり出しました。





にほんブログ村テーマ 専業主婦の日記へ
専業主婦の日記






そしたら それまで

夫の特性や愛着障害からくると思われる言動にイライラすることが

かなり減ってきました。


全くなくなった訳ではありません。


わたし自身の受け止め方が変わってきたんだと思います。





+++






以前は 夫が私に対し「妻」という役割でなく

「母親」「姉妹」「友人」の役割ばかり求めてくるので

それが とても哀しかったし寂しかった。



でも 結婚指輪を外し まずは自分を解放して

この1年・・今は 「母親」「姉妹」「友人」の役割を求められても

哀しくないし 気持ちが楽になりました。



母親役を求められることが多いので

以前なら 「あッ、忘れ物!!」と 転ばぬ先の杖状態で接していましたが

今は 「あッ、忘れ物!!」と 気が付いても何も言いません。

本人が困れば 子供ではないのですから経験値を積み重ね

忘れ物をしないようになるでしょう。


決して意地悪ではありません。 特性を持っているからこその対応の仕方を

私なりに身に付けました。




そしたら どうでしょう・・

あれほど お金に細かく 電話をかけることも新品の服を買うことも

難色を示していた夫が 携帯の機種変更(夫が言い出した)をしたついでに

「かけ放題」にしたら?と言ってくれました。



洋服も セールを利用しての買い物になりますが

新品の洋服を買うことを許してくれるようになりました。


まだまだ あります。



食事の後片付けや寝具の整え等 今までやってくれたことのない

家事を率先してやってくれることが多くなりました。



本当に嬉しい 変化です。




悲しくて泣いてばかりいたころもあったけど

今は 嬉しくて泣くことも増えてきました。




これは あくまでも我が家の場合ですので

全てのご家庭に当てはまるかどうかは 分かりません。

でも 案外 自分では気が付いていなくても

「自分の考えや価値観でなく夫の価値観や考えに縛られている」妻は

多いものです。




「自分もそうかも・・」と 思った時が変われるタイミング。

それを見逃さず 自分なりの行動を起こしてみてくださいね。



自分自身・夫婦・家族の幸せのために、ね。










にほんブログ村テーマ 50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。へ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。

にほんブログ村テーマ 私の暮らしへ
私の暮らし















にほんブログ村に参加しています♪

嵐は過ぎた?




*本日2回目の更新です。

 1回目は『鱈のチリソース弁当。』の記事になっています。
 
 コチラの記事と合わせてお読みいただけると

 更新の励みになります。 よろしくお願いいたしま






+++






この1か月半ほどは ブログにも書いていましたが

本当に辛い日々の連続でした。



理由が分からない状態での

夫の突然起きる癇癪に 本当に苦しみ・哀しみ・・

毎日、毎日、、泣いてばかりいました。







にほんブログ村テーマ 恋愛&結婚へ
恋愛&結婚

にほんブログ村テーマ 家族へ
家族





+++




じゃ、が過ぎたの?と聞かれれば

まだ判りません。


結婚指輪もしてないし 夫の無神経な言葉に傷ついた時には

以前はしなかった ムッとした態度もするようになっています。


大きく変わったのは わたしが無理に頑張らなくなったってことでしょうか。



以前は 喧嘩してわたしが悪くなくても

こちら側から折れることばかりで

夫は結婚以来1度しか謝ったことがありません。


なので わたしも、私が悪くない時には頑として

謝らないと決めた。




何度もブログには書いていますが

夫にはある特性と愛着障害と思われる

部分が混在しています。



どうしても配偶者、特にご主人が特性を持っている場合は

離婚別居を勧められることが多いし

わたしも 数多くのカウンセラーの方から

勧められました。


もちろん それも1つの選択肢だし生き方。


わたし個人の考えですが カウンセラーの方に言われて

一番つらいのは 「私が常に支援者&理解者であるべき。」という

アドバイスでした。


それを 忠実に実行した人は

たぶん離婚別居や最悪ご自分の命を絶たれることに

なるんだと思います。



だから 声を大きく伝えたい。

特性を持った配偶者だけじゃなく それを支える自分自身こそが

心の支援を受けるべきなのだということ。






ある 奥様特性を持った配偶者のご主人がこう言っていました。

特性を持っているからという理由だけで 離婚はしちゃいけない。

どんな相手と結婚しようとも 育った環境が違えばぶつかることがあるのが

結婚だから・・。 特性を理由に逃げたくない。」と。



わたしも そうだな・・って思った。





そして・・

わたしが思いつく努力はやるだけやり尽くしました。

何も努力しないで 「(状況が)変わらない」と不平不満は言いたくない。

やれるだけの工夫も努力もやってみた。


そんな私を見守ってくれている人もいた。

助けてもくれた。



親友が 「あんこは 今まで色々な困難を乗り越ええてこれたんだから

今度だって大丈夫だよ。」と言ってくれた。


努力と云うより 一生懸命って悪くないと思うし・・。




+++




先日 珍しく酔って泣き上戸になり

いろいろ口走る私に夫がそっと寄り添い

頭を何度も何度も撫でてくれた。


結婚して5年・・夫自ら、そうしてくれたのは初めてだった。




いま 少しづつ静かで穏やかな生活が

戻り始めているのかもしれない。


でも またいつかは来るだろう・・


そんな時に いまとは違った受け止め方ができる人に

成長できていたらいいなぁ~って思えます。













にほんブログ村に参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪

■トラウマと結婚指輪。







オットは トラウマにとっても弱いです。



もちろん 特異な特性を持った人でなくとも

手痛い目に遭うと それ以後

「また 同じ目に遭うんじゃないか・・」と不安になることもありますが

大抵の場合 それを徐々に克服していく自助能力が備わっているものです。



でも・・オットには・・













+++





オットは再婚組です。



そんなオットは 最初の結婚のとき

結婚指輪を全くしなかったそうです。

理由は 「男がするのは 恥ずかしい」というものでした。



そして・・結局 色々なことがあり離婚となりました。



離婚後 3年ほどして私と知り合い結婚したのですが

オットは 初めから結婚指輪をしていました。

私が 勧めた訳ではありません。 自発的にです。



・・私には分かりました。 オットの気持ちが。




+++




結婚前から オットの言動を不思議に思うことが多かったので

洞察力のあるわたしが感じたのは

「最初の結婚のとき 指輪をしていなかったから離婚になった」と

オットは思い込んでいるのではないか?っていうことでした。



先日 改めてオットに確かめると

やっぱり そうでした。

「指輪は 離婚しないためのお守り?」って私が聞くと

「うん。」と答えたオット。



なので わたしが

「大丈夫だよ。 前の人とうまくいかなかったのは指輪のせいじゃないよ。」と。


特異な特性を持ってしまうと こんな風に大きなことは勿論

小さなこともトラウマになってしまいやすいんです。


オットには 自分でも拭いきれないトラウマという心の傷

本当に多いんだと思うことがよくあります。