fc2ブログ

遅くない、いつからだって始められる・巡る生活。





いつも ご訪問くださりありがとうございます。




50代は、少しずつ変化を受け入れながら暮らす。←クリック

不安を取り除く医師の選択。←クリック

言葉が足りない夫の気持ち。←クリック





いつからでしょう・・

冷え性だと自覚しだしたのは。


いつだったか読んだ

『隠れ冷え性の発見方法』が書かれていて

自覚症状がなくても

ラーメンや温かい類を食べたとき

鼻水がツーっと流れ出した人は

隠れ冷え性だと書かれていて・・



きっと 「あーあるある」って思った方、案外おおいかも。





*いまも、そしてこれからも続く辛い冬(とき)が終わり
春の暖かい日差しが全てを解かす日が早くきますように。






  




先日 緑内障だと診断されたのですが

緑内障にも 冷えは大敵だと知りました。



冷えって万病のもとと云いますが

血の巡りを良くすることって基中の基なんですね。




CIMG9748_convert_20240122074606_20240122074830796.jpg
*の断捨離を何度しても絶対に手放さないたち。
真ん中のは堀江昭佳さんの血流がすべて解決する







春になったら

生活ではなく筋肉量を増やし

冷え性知らずの体を作るため

徒歩や自転車生活にしなければって

思っていましたが

普段の食生活や養生も引き続き取り入れながら暮らせたら。




CIMG9749_convert_20240122074526_20240122074833d2e.jpg





生活も少しづつ見直し中。


お肉はほどほどにお魚からタンパク質を摂る暮らしへ。

お野菜も生食ではなく

体を冷やさないように

茹でたり焼いたり蒸したり。




より健やかに暮らすためには

毎日の積み重ねって大切なんだよね。



今夜はヒジキのおかずを一品添えよう。





緑内障 - ブログ村ハッシュタグ
#緑内障

#漢方薬

#50代の食生活

#冷え性を改善する方法

#いつものこと

#健康的な食生活

#ストレスの少ない生活

#本が好き

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ










不安を取り除く医師の選択。





いつも ご訪問くださりありがとうございます。




大学病院の眼科に掛かりました。


11月に眼科へ行き

メガネの処方箋を貰おうと思ったら

その時の検査で 思わぬ告知・・緑内障と白内障

それに 極度の近視。



心の準備もないままでの

告知だったので 頭が真っ白で

何を先生に質問したらいいのか分からず

そのまま診察室を退席しました。







+++



とある女性作家さんのご主人が

最初の医療機関での診断が誤っていたため

3つ目の医療機関でやっと膵臓がんだと判明。


1つ目の医療機関で医師に

黄疸がひどいことを伝えるも

胃炎と診断され 適切な対応をしてもらえなかったどころか

「もしも癌ならステージ4に匹敵する」と取り合ってもらえず

2つ目の医療機関では肝炎などを疑われるも

結局分からず3つ目の医療機関で膵臓がんだと分る。



elen-sher-AF_aE9dYY48-unsplash_convert_20240119075737.jpg




自らも歌手で 女性グループのプロデュ―スもしている人も

最初の医療機関で診断に誤りがあり 次の医療機関で喉頭がんだと

判明。その時にはすでに・・



実際 私も総合病院に行き

「濁った色の下血があります」「生臭い液体が出て下痢もあります」と伝えるも

ふたりの医師から「痔だ」と診断されるも

「絶対に痔ではありません!!」と主張(この時若干20歳)

検査の結果・・難病指定の「潰瘍性大腸炎」だと判りました。


誤診ってよくあるコトなんだと思います。




  




最初の個人の眼科で緑内障だと云われたものの

自覚症状もなく にわかには信じがたく

中堅の総合病院の眼科へ。



そこでは

「視神経がいびつで 生まれつきの(奇形)だと思います。

緑内障だとは断言できないので 経過観察しましょう」と云われ・・



ふたりの医師の異なる診断

とても悩みました。



考えて考えて

いろいろ夫の手も煩わせることも覚悟で

夫には「大学病院で診てもらいたい」って伝え。




結果が出ました。




緑内障でした。




scott-graham-5fNmWej4tAA-unsplash_convert_20240119075720.jpg





生まれながらの視神経の奇形ではなく

緑内障の初期段階。

中心部分の見え方に問題がありました。




中堅の病院の眼科医の言うことを鵜呑みにせず良かった。

眼圧が高いのに「経過観察しましょう」って・・

そこで なんの治療もしないでいたら大変なことになっていました。





elen-sher-AF_aE9dYY48-unsplash_convert_20240119075737.jpg




医大の先生(女性でした)が

「初期だけど 眼圧も高いし治療を開始をするなら

早ければ早いほどいいですから」と云ってくれた。




「先生、この後もずっと先生に診てもらいたいんです」って伝えると

「私、春にいなくなるんです。他の病院に移るんですよ」って。



すごくガッカリして オロオロしてたんだと思います、私。


そしたら夫が先生に

「どこか 先生、いい病院を紹介してください」ってお願いしてくれて。




sergey-shmidt-koy6FlCCy5s-unsplash_convert_20240119075702.jpg






私は今は糖尿病ではないけれど

本格的に月経が終わったら 糖尿病のリスクも上がることと

母が糖尿病性の網膜症で眼底出血の治療をしていたことを伝えると


「それじゃ・・」と云って

大学病院から近く 大学とも連携し

手術などもしている先生を紹介してくれました。


緑内障手術や治療を積極的にされている先生です。




まずは 2か月分の点眼薬を処方されたので

その点眼薬がなくなる前に

紹介されたクリニックを受診します。



ご心配してくださりコメントを寄せてくださった皆さん

やっとスタートラインに立ちました。


ありがとうございます。



治療 がんばります。



ブログ村ハッシュタグ

#50代の暮らし

#暮らしの最適化

#健康的な生活

#50代夫婦

#眼科検診

#生きる意味

#残りの人生を楽しく

#自分のために楽しく生きる

#出来ることに目を向ける

#目に見えないもの

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ











眼科・二人の医師・・二つの診断結果に・・





いつも ご訪問くださりありがとうございます。



夫の付き添いで

眼科受診。



前回のクリニックの医師とは違い

いろいろ説明してくれた若い医師。


流れ作業ではなかったけど・・




+++



実は

前回のクリニックの医師からは

白内障」と「緑内障」だと言われ

視野検査前だったので

診断確定している「白内障」のみ

点眼薬が処方されました。




メガネを作りたくて

処方箋をもらうだけの心づもりでの受診だったので

急な「白内障」と「緑内障」の告知や

今の私の状態を説明するでもなく

緑内障は視野が狭くなって最後に失明するんだよ」と


ほんとうに他人事で

ただそれだけ言われ

詳しい説明一つなく

何も聞けず診察室から退室した。



今回 1から検査してもらった

眼圧、眼底、視力検査。


確かに眼圧の正常値は10~20mmHg(水銀柱)で

わたしは22mmHg。


視神経も生まれつきの奇形があるとの説明されるも

今まで何度も眼底、眼圧検査をしてきたけど

眼圧の異常や視神経の奇形について指摘されたことは

一度もない。



ここ数日

目の奥の痛みと頭痛が痛み止めを飲んでも

よくなず

追加 服用に加え ピップ内服液も2本服用。



吐き気というか

胸のムカムカも加わる。




david-travis-aVvZJC0ynBQ-unsplash_convert_20231114074055.jpg




近視が強いので目の負担は想像以上です。



でも 今回の医師は緑内障

経過観察していきましょうと云った。


白内障だと云われたものも 

年齢の範囲内で治療は必要ないと・・



でも 目の濁りは全くない訳ではなく

あるのだ。

放っておけば更に年相応の濁りが増すはず・・



濁りを食い止めるため

それ相応の治療が早期に必要だと思うのだけれど。





steven-wright-QNAKpUEFJkQ-unsplash_convert_20231114074039.jpg




いろいろ説明はされたけど

クリニックの医師と病院の医師二人の見解が

相反しているので困惑している。



キャリア的に言えば

クリニックの医師の方が若い医師より10歳ほど年が上です。



紹介状をもらい

大学病院に行った方がいいのか

夫と話をしてみましたが 結局、答えは出ず。



病院のソーシャルワーカーに相談してみようかと

思っています。



ブログ村ハッシュタグ

#眼科受診

#50代からの暮らし

#生きる意味

#残りの人生を楽しく

#自分のために楽しく生きる

#出来ることに目を向ける

#目に見えないもの

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ