fc2ブログ

■HSPじゃない方でも・・人間関係に疲れたら読みたい本。






今日も朝・・と、言っていいのか?

3時半に夫婦で起きました。 そう。。起床です。



年を取ると体内時計が狂うから やたら早起きになるんだってよ~と

私より10歳ほど年上の方が 私と同じくらいの年齢の時に言ってたなぁ。


そっかー年取ったんだ・・わたし・・体内時計も狂うわなぁ(/∀\*)。






にほんブログ村テーマ メンタル病との付き合い方・克服日記へ
メンタル病との付き合い方・克服日記

にほんブログ村テーマ HSP敏感な人へ
HSP敏感な人

にほんブログ村テーマ 私らしい 暮らしと生き方へ
私らしい 暮らしと生き方




+++




ところで 4月になって10日。


新入社員の人たちも頑張ってヘトヘトの毎日でしょうね。


「分からないことがあったら聞いてね」と親切に言ってくれる先輩がいても

「何がどう分からないのかさえ分からない(-_-;)」

聞いたことが緊張のし過ぎで耳にも頭にも入ってこない・・。


いま 目の前で 偉そうにしてる先輩社員のほとんどが

みな最初はそうでした。 安心してください。




そして すでに辞めてしまった新入社員の方もいるみたいですね。

んー残念。 原因は何だったのかなぁ?



そんな 頑張っている人も疲れて「会社辞めたーい」って思っている人も

すでに 辞めてしまった人にも、、

そして 全ての頑張っている皆さんに 手に取ってほしい

ご紹介です。



CIMG2567_convert_20190410094121 (2)

石原 加受子(いしはら かずこ)著 『ヘトヘトに疲れる嫌な気持ちがなくなる



以前から石原さんのは数冊持っていました。


ですが 先日、転院した心療内科で「HSP診断」をされ

HSPってなんだ?」って まず図書館で数冊のを借りてきて

読んでみました。


HSPとは直接的にタイトルには書かれていませんが

「敏感すぎる人」とタイトルについているは 大概HSPについても触れています。


どのも分かりやすく書かれてはいましたが 

わたしが個人的に「これいい本! さすが石原先生」って思ったのが

上記の本です。


あまりに内容が良かったので 図書館で借りた後

中古本を買いました。 (石原先生ゴメンナサイ)。


私自身は HSP診断を受ける前まではHSPについては全くの無知状態。

でも 「いつか 同じように困っている人がいたら 私はこんな感じ」と

話をすることで気持ちを紛らわすこともできそうで買いました。



内容は・・充実しすぎていて 興味がある方は図書館で借りるなり

本屋さんやネットで買うなりしてみてくださいね。




HSPって言われてからの私が 意識して極力しないように努めていることは

「愛想の大安売りはしない。」ことと「嫌いな人には近づかない。」ってこと

特に HSPじゃなくても「その言い方って非常に不愉快です。わかってます?」っていうような

無神経なことを言う人には 近づいて百害あって一利なし!! 断言しちゃうわ。


あとは 夫に対して過干渉にならないってことかなぁー。。

でもね、、、ここは まだまだ出来てない。




とにかく 私がとやかく言うより 興味がある方は

一度読んでみてほしいと思います。

壁にぶつかったら 何度も手に取って今の自分を勇気づけられる本です。







にほんブログ村テーマ 生活(身近な出来事)へ
生活(身近な出来事)

にほんブログ村テーマ ココロの断捨離へ
ココロの断捨離

にほんブログ村テーマ 本が好き。へ
本が好き。











にほんブログ村に参加しています♪







『夫婦カウンセリング』を受けると言った夫の真意。






夫の特性を知ったのは・・と、言っても

診断のため(この街には大人を診断できる医師がいない)

夫の奇妙な言動を書き連ね ネットで検索してみたら

「特性に行きついた」のだ。







にほんブログ村テーマ 主婦の独り言へ
主婦の独り言

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。






+++



しかし その後に精神科医でもある

岡田尊司先生の「愛着障害」と出会い

夫は 元々確かに軽度の特性はあったものの

そのほとんどは 親(母親)の教育(価値観)から

特性と区別のつかない症状が出るようになったのではないかと

思っています。


あくまでも 私の考えです。





+++




そんな夫は再婚者です。

以前の奥様は夫に「私は鬱病だから 食事の支度は出来ない」と

常々言っていたそうです。


しかし 夫からの聞き取りだけではハッキリしたことは

いえませんが

本当に鬱病の人は

「辛い」「生きているのが苦しい・死にたい」などの言葉を言っても

なお頑張り続け 行き場のない壁にぶつかる状態で苦しむのではないのかと・・。

本当に

うつ病の私に食事の支度をさせるつもり?」と云ったりするものなのでしょうか?

前妻さんのその言葉は 夫と前妻さんとの過去のメールのやり取りで

確認しました。



食事の支度も掃除も何も出来ないほど

鬱状態が酷いと本人が言っていたとは云うんですが

夫に「お飲んでいるの見たことある?」と聞くと

「ない。 精神科ってお出さないんじゃないの?」と

すっかり信じていたようです。


病院に行っていたというのも 本人談で確認はしていないと

云うのです。





+++





だからなのでしょうか

今現在の私の主治医に夫が会うと言ってくれました。

病状や鬱かどうかの確認をしたかったのでしょう・・。


主治医から 私の今現在の症状を聞き

夫なりに納得が出来たようです。


なので 私から主治医に

「本当は夫婦カウンセリングを受けたいと思っています。」と

今の正直な気持ちを伝えました。



私自身 夫の特性があるのかないをハッキリさせるより

私たち夫婦のこれから進むべき暮らしの道しるべを

ひとりでなく二人で模索
する方が

「ご主人あなたは特性を持っています。」と断言され

夫自身が自信を失くすより もっとより深く夫自身の幼少期からの

母親との親子関係や兄弟との関わり 職場での人間関係を見直し

最終的に私との暮らしの在り方も改善できるのでは?と

考えたからです。





+++




わたしも 最初は「夫の特性の診断を強く望んでいました。」


しかし カウンセラーの叔母から

診断を受けて何か変わると思う? あなたのご主人の性格だと

自信を失くし逆効果になる恐れもあるかもよ。」でした。


それは 他の女性カウンセラーの方からも同じ意見を頂きました。


診断=(束の間、やっぱり)とホッとするのは配偶者の私』と

今なら思えます。





勿論 人それぞれ同じ「特性」を持っていても

十人十色、本人の受けるダメージや前向きさには個人差があります。

しかし 本人の性格を十分に考慮したうえの

診断でも遅くないと思います。




お子さんの場合では 療育っていうんですか?

今の時代はそちらがメインのようですが

この先 5年・10年後には 「療育」でなく

「(特性は特性として)個性」として認める方が主流になっているかもしれません。





夫婦カウンセリング」を受けると言ってくれた

夫の心が変わらないことを祈るばかりです。


嬉しい第一歩になることを祈っています。







*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村にほんブログ村に参加しています♪