fc2ブログ

結婚相手で服装を変える・・と、いう考え方が理解できない。







わたしは 結婚するつもりがなかった。



でも・・きょうだいや甥・姪に迷惑がかかることだけは避けたいと

自分なりに近い将来の青写真は描いていた。


そんな時に 夫と巡り合った。 

母が急逝して一年と少し経ったころだった。










*いつもご訪問ありがとうございます。 
 過去記事もこちらの記事同様ご覧いただけると
 更新の励みになります。 よろしくお願いいたします






★←「年齢と共に見直す『人付き合い。』」の記事はコチラ♪







にほんブログ村テーマ 暮らしの選択。へ
暮らしの選択。

にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス






「悲しい」53ブログトーナメント - その他ブログ村
「悲しい」53ブログトーナメント






+++





晩婚ていう事もあったし そういう事は余り

自分には相応しくないと思っていたので

地味に家族だけで神前式を挙げただけで 式を済ませた。



そんな私に 思いもよらぬ人から

「ご主人に合わせて そんな服じゃなく もっと奥様らしい服装に

しなさい。」
と言った方がいた。


それまで 色々なことに悩んだ時

私の道筋を明るく照らしてくれた人でもあったので

驚いた。



結婚相手に合わせて服装を奥さまらしく変える?




私の夫は有名企業の重役でも社長でもない。



正式なプロポーズは 無かったけど

「俺は 出世もしないし貯金もないけどいい?」と聞いてきたぐらいの人だ。




+++




時々 見かける ご主人の出世と共に

同じく〝出世なさる奥様〟。


それに 習えというのか?



シンプルなシャツにデニムでは 奥様らしくないとでも?

わたしは 結婚後 夫の希望で専業主婦になった。

家事は 結婚前からしていたけど 専業主婦のそれは

綺麗で質のいいブラウスにスカートでは とてもじゃないけどこなせない。


お手伝いさんがいるなら別だけど・・。



人は見た目がなんちゃらって本が 随分前に売れたことは知っているが

水前寺清子の有名な歌にもあるじゃない

「ボロは着てても心は錦~」って。



要するに 見た目でその人の価値を判断する人は

本当の目を持っていない 開きめくらってことになるのだろう。


もちろん この人とも少しずつお付き合いの距離を置き始めているのは

云うまでもない。








にほんブログ村テーマ ココロの断捨離へ
ココロの断捨離

にほんブログ村テーマ 50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。へ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。















にほんブログ村に参加しています♪