FC2ブログ

【我が家の夫】入居1年経って やっと大家の異常さに気が付く。ガクッ。





我が家の夫は 多くの方と怒りの沸点が少し・・いや、かなり違う。


多くの場合なら 嫌なことをされたら「なんで?」と怒る人が多いことでも

どうして怒っているのかが理解できず

その怒りを理解するのに要する時間は数週間~数か月~数年かかる。


場合によっては 全く理解できないこともある。





にほんブログ村テーマ 我が家の旦那様へ
我が家の旦那様

にほんブログ村テーマ 旦那のつぶやきへ
旦那のつぶやき




+++




例を挙げれば 知り合いの高齢者の方に安易に

食事に行く約束をしてしまう。

連れて行くのは私。約束だけするのは夫。


私が 「どうして私に相談もなく簡単に約束するの?

子供やお年寄りは それを楽しみに首を長く待つんだよ。

約束が守れなかったら可哀そうだとは思わないの?」というと


夫は「だって、喜んでくれたんだからいいじゃん。約束が守れないときは

しょうがないだろ。」と無責任なのだが でも夫は無責任だとは思ってはいない。


「行こう」と言ったときに相手が喜ぶことが一番重要で
約束を守ることは それ程重要なことではないのだという。



理解できない。




軽率な言動が多くて困るのだ。


世の中の仕組みを分かっていない。理解できていない。


だから 今回も我が家にゴミを捨てられたり花を何度も刃物で切られたり

家の前に危険物をバラまかれても 全然、気にしていないのだ。

怒っている私の方が異常だと思われている。



でも・・やっと最近、その異常な嫌がらせが脳に接続したのか

急に怒りが込み上げてきたようで 引っ越しを真剣に考え始めてくれた。

嫌がらせをする人間の異常さに気が付いたようだ。



気が付くまでの期間・・1年。



ここまで待たないと 私の怒りの方が可笑しいし異常だと言われてきた。



夫に心の中でいう

「あんたの方が異常だわ!!」




とにかく まるで世間一般的な事柄のわからない幼児に

一から世の中のあれこれを教える感じ。


疲れる。










にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 にほんブログ村へ

*いつもご訪問ありがとうございます。








スポンサーサイト

夫婦のじかん。






にほんブログ村テーマ ☆夫婦で過ごす素敵な時間☆へ
☆夫婦で過ごす素敵な時間☆

にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活






最近 夕食後に夫とふたり楽しむことがある。


いくら寒いといっても 暦の上では7月。

そろそろスーパーに行けば 色とりどりの果物が並ぶ。


・・そう、わたしたち夫婦の時間は夕食後のデザートなのだ。




結婚前から食物アレルギーのあった私。

でも・・それは1つか2つほどで今のように多くはなかった。

キウイ・リンゴ・サクランボ・イチジク・桃・プラム・・

アーモンドもカシューナッツも食べられなくなった。



ただし、缶詰に加工されているものは食べられるものもあるので

少し食べてみてノドが痒くならなければOKって感じ。


そんな私が食べられる果物の1つであるスイカが我が家の夕食後の

デザートだ。


CIMG2722_convert_20190702113937 (2)


比較的食べやすい大きさで皮が薄いマダーボールっていう品種の

スイカが我が家の定番。

夕食後 2分の1をカットして二人で黙々と食べる。


夫などは種も一緒に食べてしまうので

いつも私が1切食べている間に2切れ目が終わりうそうな勢いで

食べている。 子供みたいだ。



他にも夫だけの楽しみなのだが


この時期から出回るサクランボ。

スーパーには佐藤錦しか売っていないが それでいい。

安くて手が出しやすい。



CIMG2723_convert_20190702114047 (2)


わたしがサクランボが食べられて時には 佐藤錦じゃなく「南陽」っていう

品種が好きだった。

肉厚で甘みが強くて サクランボ狩りに行っても別料金を払わないと

採らせてもらえない高級品種だ。


アレルギーが出てアナフィラキシーになってもいいから

「南陽」が食べたい。

お腹いっぱい食べて救急病院に行ってもいいとさえ思う。



もともと果物好きな私がアレルギーで食べることが出来なくなった

果物のほとんどは好物ばかり・・。神様の意地悪。



私の目の前で サクランボを貪る夫につられ1個口にしてみたが・・

やっぱりノドが痒くなった。




にほんブログ村テーマ 日々の暮らしをシンプル&豊かにへ
日々の暮らしをシンプル&豊かに

にほんブログ村テーマ 丁寧な暮らしへ
丁寧な暮らし

にほんブログ村テーマ 主婦の友。へ
主婦の友。






にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 にほんブログ村へ

*いつもご訪問ありがとうございます。







お義父さんに会いに行く。





数年前にお義父さんが施設に入った。


それから ほどなくして夫と二人、お義父さんのところに面会に行った。

その時は車いすに乗り施設の中を移動しながら おしゃべりもできた。


が、その後ガンが見つかったり誤嚥性肺炎を何度も繰り返したりで

衰弱していった。


特に 誤嚥性は義母が施設の人や病院からも止められているのに

隠れてあんパンや大福などを食べさせていたので 何度も繰り返し入院となった。



がんの進行よりも 誤嚥性が原因で衰弱が進んだように思う。



私は勝手気ままな自分の父や義母が大嫌いだが

お義父さんのことは大好きだ。

いつも 自分のことより相手のことを思いやる優しさと辛抱強さと

ユーモアがあるお義父さんが大好きだ。



だから 数年前から夫には「お父さんに会いに行こう」と何度も

言っていたが、義母の言動が普通じゃないので夫は避けていた。



でも・・やっと昨日、お義父さんに会いに行けた。




にほんブログ村テーマ 義両親との付き合い方。へ
義両親との付き合い方。





最初 部屋に入っていくと お義父さんは眠っていた。


でも 夫と二人で「お父さん眠ってるね」って話していると

パッと目を覚ましたと思ったら すぐに顔が赤く高揚し目には涙が・・

白く冷たい手を握り「お父さん、会いに来たよ。」と何度も言うと

私まで泣けてきた。



義母の話では「ほとんど会話ができない。」と言っていたけれど

わたしが 「お父さん、ビックリさせてごめんね。」というと

小さく頷き ハッキリではないが言葉も出てきた。



夫はきっと感極まったのか 父の顔が見れずに天井を仰ぐ。

「とうちゃん、お父さんの手を握ってあげてよ。」というと

やっと手を握った。


お義父さんは 夫である息子の顔を見つめる。


涙が止まらないお義父さんの涙を何度も拭いた。



義母の話では「もう、長くない。」と言っていたが

私と夫は そう感じなかった。


顔色もよく艶もあり 私たちの言葉に ちゃんと反応し頷いたり

首を振ったりする父からは強い生命力を感じた。


帰り道 夫に「私は自分の父親とお義母さんは大嫌いだけど

お父さんは大好きだから これからも時々、会いに来よう」と伝えた。

夫も頷いてくれた。



お義父さんには いっぱい、、いっぱい話しかけた。

こうしてブログを書きながらでも涙が出てくる。

義母には会いたくないが お義父さんには近ければ毎日でも会いに行きたいのだ。

本当にいい人なのだ。





にほんブログ村テーマ すこしいいこと。うれしいきもち。へ
すこしいいこと。うれしいきもち。





お世話になったケアマネさんや包括の担当者の方が本当にいい人だったので

お義父さんが入る施設は 本当にいいところだ。

職員の方も皆さん 表面上だけじゃなく責任と思いやりを持って対応してくれているのが

伝わってくる。



嬉しい。



自分の実の親よりも義父の方が好きだという私はおかしいのかもしれない。

でも・・それほど、お義父さんはいい人なのだ。

夫が「実の親は 好きになれないのは普通じゃないのか?」っていうが

そうじゃない。



また 暑い夏が来る前に お義父さんに会いに行きたい。



夫と二人 そんな話をしながら帰路に着いたのでした。







にほんブログ村テーマ 50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。へ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。

にほんブログ村テーマ 親の介護と向き合えば。へ
親の介護と向き合えば。

にほんブログ村テーマ 愛着のあるモノ・コト・ヒト。へ
愛着のあるモノ・コト・ヒト。






にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 にほんブログ村へ

*いつもご訪問ありがとうございます。











フウフノカタチ。





昨日は 朝イチで役所に行ってきた。


父の介護更新等々の手続きでだ。



そんなことでも 数日前から「行かなきゃ」って考えていたので

緊張感が続き吐き気がするほど 参っていた。



行き帰りの時間を入れても1時間ちょっと・・

それほど長い時間ではないけれど 帰宅する前に父の所によって

洗濯ものの回収と父と少しの間だけ会話をした。



先日 妹家族が父のお見舞いに来たのだが

会えなかったこと・・「家にもよったら?」と妹に言ってみたが

それが叶わなかったことなどを父に話した。


父は驚いていた。


乳がんを患い あまりいいとは言えないステージの状態での妹に

無理強いはできないので 「そっか・・じゃ、帰るときは気を付けてね」と伝えた。



にほんブログ村テーマ 乳がん患者の家族へ
乳がん患者の家族




妹の夫である義弟は私のことが好きではない。

だから よくも悪くも関わり合いになることを避けているのだ。

妹も夫である義弟の意思には逆らわない。



ただ・・病を患い大変な思いをしている妹には会いたかった。

何も気の利いた言葉など見つからないけど・・会いたかった。

でも そこで私が強く何か言えば妹は苦しむ。 だから自分の気持ちに蓋をした。


この先・・いつ会えるのだろう・・元気な姿が見れる時が来るのだろうか?




そんなことを父に話していたら なんだか泣けてきて・・。



余計に精神的に参ってしまった。



そして

夜、夫の帰宅に合わせメールで「焼きそばと冷たいお蕎麦、どっちがいい?」と

メールを打ったものの・・そのまま眠ってしまった。



+++




CIMG2661_convert_20190605081834 (2)




夜中に夢見が悪く不安で居たたまれなくなり

・・でも 隣で眠る夫にしがみつくこともできず

夫の首のあたりをポリポリと軽く掻き始めた私。


すると夫が小さな声で「どうして背中が痒いのが分かったの?かあちゃん」って。


「ん?だって・・わたし、父ちゃんの奥さんだもん」と答えていた。




自分でも そういって驚いた。

誰かに言わされているような感覚だった。




朝起きると お布団の横にある母の仏壇に

夫が買ってきたケーキが供えてあった。









にほんブログ村テーマ *家族っていいな*へ
*家族っていいな*

にほんブログ村テーマ ☆夫婦で過ごす素敵な時間☆へ
☆夫婦で過ごす素敵な時間☆

にほんブログ村テーマ 愛着のあるモノ・コト・ヒト。へ
愛着のあるモノ・コト・ヒト。





夫、、HUG。





昨日の朝のことだった。


あさ目が覚めた時から動悸が治まらず

額には冷や汗というか脂汗が滲んでいた。


夫のお弁当を作るだけの気力はあった。






にほんブログ村テーマ 夫婦で小さな幸せをへ
夫婦で小さな幸せを

にほんブログ村テーマ メンタル病との付き合い方・克服日記へ
メンタル病との付き合い方・克服日記







お弁当を作り終わると 力が抜けた。


いつものように心療内科のお薬を飲む。

夫を駅まで送る時間だ。


でも 手がこわばり指先が冷たい。

さらに動悸が強くなる。




夫に 何か月振りだろう・・HUGをしてもらう。



誰もいる訳でもないのに 照れる夫。

泣きそうになる。


それでも動悸は治まる気配がない。


もう一度だけ夫にHUGをお願いしてみる。


よほど私が辛いのが夫にも分かったのか

最初のHUGより自然に背中をトントンしながら

「大丈夫、、大丈夫、、」と言ってくれた。



時々 フラッシュバックする思いに押しつぶされそうになる時がある。

不安で怖くて シャボンのように一瞬で消えてなくなる方法があるのなら

誰か教えてほしいとさえ思う。




+++



いつもの時間に帰った夫は食事の用意が出来ていることに

少し驚いたようだ。


簡単なものだけど夫の分だけの夕食。


わたしは いつの間にか床で眠ってしまったようで

遠くで夫の声が聞こえる。

「お布団敷いたから 母ちゃん寝な。」


夢の中のような・・



夫は仕事の合間にお布団を敷き 私を寝かせようとしたようだ。




夫に不満がないわけじゃない。

「ここをもう少し・・」ってことは勿論ある。


ただ この数カ月の間に 随分と夫には助けてもらった。


お布団なんて敷く人じゃなかったのに・・



婚活中の人のブログを読んでいると

「絶対に公務員と結婚する」と必死な女性や

「理想は優しくて真面目な人」なのに どうしても顔にばかり目が行きがちな人など

様々いる。



でも・・結婚って相手に求める条件ばかりじゃダメなんだよね。

求めるなら自分も釣り合うだけの人にならないと・・。

結婚してつくづく思う・・気が付くのが遅かったけど。わたしも・・




今夜は何を作ろう・・

夫の好きなものを・・と思う私です。






にほんブログ村テーマ ふたり暮らしのライフスタイルへ
ふたり暮らしのライフスタイル

にほんブログ村テーマ わたしの暮らし。へ
わたしの暮らし。






にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 にほんブログ村へ

*いつもご訪問ありがとうございます。 娘と春が来るのを日々待つ暮らしです




夫婦の絆と毒親。






我が家は ちょっと変わった夫婦です。


夫は再婚 私は晩婚の初婚。

20代や30代そこそこで結婚した夫婦ではないので

醸し出す雰囲気も初々しさなどありません。






にほんブログ村テーマ 我が家の旦那様へ
我が家の旦那様

にほんブログ村テーマ **夫婦のコト**へ
**夫婦のコト**






それに 夫は早い段階で「私自身」を「家族」のカテゴリに入れてしまったようで

夫婦としての営みなど 早い段階でない状態です。


でも・・若いころから「例え好きになった人が半身不随の人でも構わない」と

公言していた私ですので 辛いことはありません。


営みがないからといっても 仮面夫婦って訳でもないですし

夫はスキンシップが大好き。

テレビを観ながら 私の足をマッサージしたり

私の二の腕をプニュプニュと触ったり・・

それは まるで子供が母親にするような仕草です。


子供のなかには眠りにつくとき 母親などの体の一部に触っていることで

安心感を得て眠りにつく子も多いと思いますが 夫もそんな感じです。


父の介護問題が生活に加わってから

私の精神状態が今まで以上に不安定になっていることもあり

この連休中は 自らお布団の上げ下ろしをしてくれたり

私をドライブに連れて行ってくれたり・・同じ行動でも以前の夫よりも

私に対する気持ちの変化を感じます。 温かい変化です。




にほんブログ村テーマ 義両親との付き合い方。へ
義両親との付き合い方。




令和になり入籍をする人たちも多いとTVで見るたびに

「プレミアム感を求める人たちって 長続きするのかな?」って

ちょっと斜めから見てしまう私。



そんなことを言っている私たちの入籍記念日は5月5日。


義母の勧めでした。

「高島暦で大安って書いてあったから~」と強くプッシュされましたが

私は見逃しませんでした・・確かに大安でしたが

その日は「結婚などには向かない日」とハッキリ書いていました。



義理の弟夫婦にも10年以上「早く離婚しろ」と言い続けてきた義母。

夫曰く 「俺たちの結婚も早くダメになればいいと思っているんだ。

そして 俺が自分(義母)と一緒に暮らすことを願っている」と・・。

私がうつ病だからだと思われます。



可哀そうな人です。私の父も義母も・・

二人の共通点は地位や名誉や学歴にお金の有無。



子供は生まれてくるときに 空の上から神様と自分の親にしたい人を

指さして選んでくるそうです。

むかーし読んだ飯田○彦さんだったかな・・その方の本に書いてました。



今度生まれてくるときには こんな親は選ばない。

もう、ヘマはしたくない。

毒親そのものの親は選ばない。







にほんブログ村テーマ 50代を考え暮らすへ
50代を考え暮らす











にほんブログ村 にほんブログ村へ

*いつもご訪問ありがとうございます。 娘と春が来るのを日々待つ暮らしです














*ニンマリする顔が見たくて・・by妻。





金曜日の夜はいつも晩酌をする夫。

なるべく好きなものを用意してあげたい・・と。


で いつものスーパーに行くと目に飛び込んできたのが

夫の好物の数々・・








にほんブログ村テーマ 暮らしごと。へ
暮らしごと。

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACE

にほんブログ村テーマ すこしいいこと。うれしいきもち。へ
すこしいいこと。うれしいきもち。






CIMG2550_convert_20190407112120.jpg


夫の大好きなポテチやら缶コーヒーやらをドッサリ。




コーヒー缶なんて5本1パックで消費税込みで106円の超特価!!

これから 近間で山菜取りをするときにいいかも!♪って買いましたが

もっと買えばよかった。


だって 我が家がある場所はキタキツネが長閑に散歩しているわ、

エゾリスが目の前をダッシュしていくド田舎。

山菜は きっと近くにあるはず。




CIMG2551_convert_20190407112226.jpg


夫の一番の好物は「花豆」。

ビールに合ってて私も好き。



不思議なもので いっつも喧嘩ばかりしているけど

夫の好きなものを見ると「あッ、買っていってあげようー♪」って思う。


いつも 私の方にお尻を向けてオナラをする夫で腹立たしいけど

直ぐに忘れちゃう。



CIMG2553_convert_20190407112317.jpg


安いお菓子ばかりですが これで機嫌よく仕事を頑張ってくれたら

安物です。


今日もお天気はいいけど 風が冷たい休日。



夫婦二人風邪を引かないように気を引き締めて

がんばらないと。








にほんブログ村テーマ 家計の断捨離へ
家計の断捨離

にほんブログ村テーマ バカップル改めバカ夫婦☆へ
バカップル改めバカ夫婦☆











にほんブログ村 にほんブログ村へ

*いつもご訪問ありがとうございます。 娘と春が来るのを日々待つ暮らしです








『夫婦は一日にして成らず。』を日々感じています。






結婚して今年で7年。

まだまだ 夫婦というには覚束ないことだらけ・・。


ましてや わたしは夫に会って2回目で

「結婚してください。」と言われ 

「あのー私のどこがいいんですか? まだ会ったばかりなのに。」と言い

心の中で「乗り逃げされてたまるかッ!!」と ちょっとお下品なことを考えていた女。


だから 「早くお父さんに会わせてください。ご挨拶して ちゃんとお付き合いを

したいんです。」と言われても尚 のらりくらりとハグラカシ父には中々会わせようとしなかった。




そして 夫に突きつけた条件が

「結婚するまで 婚前交渉はなしでもいいですか?」だった。

40も超えたいい大人。 その辺は割り切って・・って人もいるかもしれないが

夫がどれほど 真剣か試したのだ。



夫からは「構いません。」という返事が返ってきた。


見込みがあるやつだな・・と思った。






にほんブログ村テーマ 結婚するには・・へ
結婚するには・・

にほんブログ村テーマ 夫婦で小さな幸せをへ
夫婦で小さな幸せを

にほんブログ村テーマ 再婚前提での恋愛へ
再婚前提での恋愛






そして 互いの両親にも会い

とんとんと・・ちゃんとしたプロポーズもないまま結婚していた。


そして 結婚後 1か月ほどで大ゲンカ。


夫婦の主導権は私が握ることに成功。

夫の首根っこに鎖を付け グイグイ手綱を引く嫁になった。



それから 本当にいろいろなことがあった。

いっぱい喧嘩したし 離婚も考えた。

人生初めての家出も経験した。


夫には ちょっと特性があって 話がすぐに理解できにくい部分がある。

世間の常識とかけ離れている部分が目立つ。


その最たる出来事が 35、6歳の時 職場の飲みの席で

上司が「今日は無礼講だ!」と言ったのを真に受けて 上司に説教をしたという。


恐ろしい・・。この私でもしない。


案の定 陸の孤島に左遷された。 びゅ~~~~~ん。






+++



だから 私とも話が合わず喧嘩になることが多かった。



でもね・・結婚して7年。

ここ数カ月の間に父の介護のことなど色々あり

私がパニックになっているときも 突き放さず見守ってくれた。




にほんブログ村テーマ 親の介護と向き合えば。へ
親の介護と向き合えば。

にほんブログ村テーマ メンタルケアへ
メンタルケア





以前なら「今日は調子が悪くて何も作れない。」と言っても

それが理解できず 「何でもいいから作って」って言われたものだが

最近は 「父ちゃん 今日ね、じじこ(父親)の病院だから わたし、ご飯作れないかも

しれない。」と事前に伝えておくと 帰るメールの時に

「何かお惣菜でも買って帰るかい?」と連絡をくれるようになったのだ。



以前は どんなにお願いしても「お惣菜は嫌だ。弁当も嫌だ。」と言っていたのに。


本当に助かる。


だから 私も素直な気持ちを夫に伝える・・「いつもありがとう。本当に助かるよ。」って。

言葉は本当に大切だと思う。


「言わなくても分かっているだろう。」なんて 思っていたら

そこから亀裂が入る。 修復にも時間がかかるし

夫は再婚で 以前の結婚で それは嫌というほどわかっている。





+++







7年・・振り返るといろんなことがあって 思い出せないほどの濃い7年だった。



夫が結婚前「俺は貯金もないし 出世もしないけどいい?」と聞いてきたことがある。

「大丈夫。健康で二人で暮らせればいいじゃん。」って答えた。


本当に笑ってしまうほど 貯金もなかったし出世もしないけど

でも それでいい。



知り合いの中には 「結婚記念日に旅行に行かないの?なんで???」と

どうでもいいことを聞いてくる人もいるが

幸せは 目に見えるものばかりではない。



もうすぐ 年号が令和に代わる。



この夫と あと何度 「ふきのとうの天ぷら食べたいねー」と言い合えるのだろう。



夫の母・・義母に「私は○○さんより先に死にたいです。あとに残されるのは

寂しすぎるから。」というと 相変わらず義母は「私は 先には死にたくないわ。

お父さんが死んでからが 私の楽しみだもの。」と聞かされて

夫婦って様々だなーって思った。




にほんブログ村テーマ 義両親との付き合い方。へ
義両親との付き合い方。





わたしが早くに死んだら夫には再婚するように言っている。

骨を拾ってくれる人を探すんだよって。



夫婦は一日にして成らず・・許せない出来事があっても

時間薬が和らげてくれるかもしれない。 


別れずに最後まで一緒にいた樹木希林さんと内田裕也さんが頭をよぎった。









にほんブログ村テーマ 我が家の旦那様へ
我が家の旦那様

にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活





















夫に贈った一冊の本。






新聞はほとんど読まない。


目を通すとすれば懸賞欄か下の欄に並ぶ本の紹介記事ぐらい。


ただ 活字がグチャグチャに目に飛び込むような精神状態では

ゆっくり本を読むような体調ではないので 携帯などに読みたい本リストを保存する。




1カ月ほど前にも気になる本のタイトルを見つけたのでリストに加えて置いた。

その本が・・






にほんブログ村テーマ アラフィフからの衣食住。へ
アラフィフからの衣食住。

にほんブログ村テーマ 徒然日記(つれづれにっき)(内容自由)へ
徒然日記(つれづれにっき)(内容自由)

にほんブログ村テーマ ココロの断捨離へ
ココロの断捨離

にほんブログ村テーマ 本が好き。へ
本が好き。












コチラ。


CIMG2299_convert_20181218070756 (2)

科学者 黒川伊保子著 『妻のトリセツ




若い方を中心に人気の西野カナさんの「トリセツ」の歌詞とは違い

もっと現実的で可愛らしい内容ではないのだ。


普段なら図書館で借りるのだが 今回は夫に贈るために購入した。

だって・・夫は私の扱いにかなり疲れている様子だからなのだ。



ただ・・内容は子供のいる夫婦を前提にしたエピソードが中心なので

対妻っていう内容には ちょっと程遠い。

結婚前の可愛らしく守ってあげたい女性から

何が地雷を踏むことになった発言なのか理解しがたくなった存在の妻のトリセツ


とにかく 少しでも夫に「その発言が引き金になっていますよ!!」って

分かってもらうための本なのだ。


例えば・・『妻をえこひいきすると、実家ストレスが解消する』っていうページがある。

これなどは子供がいても、いなくても共通の問題だろう。


いかに妻の地雷を踏まずに平和な暮らしを送るかに尽きるのだ。



最近は 夫が振ってくるヘンテコな価値観の同意に面倒臭くなって

「あぁ~そうだね~」と返すことが多くなり「それ、ちょっと違うんじゃない?」とは

云わなくなった私。


腰が痛い・・と云う私に 小学生並みのいたずら(カンチョウとかー)をしてくる夫に

キャーキャー言って付き合うのも限界になってきた妻・あんこなのでした。


アホ臭くても付き合うのって・・やっぱり結婚は修行だわ、、と実感するのです。





にほんブログ村テーマ 毎日をつくるものへ
毎日をつくるもの

にほんブログ村テーマ 明日のためにできるシンプルなことへ
明日のためにできるシンプルなこと

にほんブログ村テーマ 我が家の旦那様へ
我が家の旦那様

にほんブログ村テーマ 旦那のつぶやきへ
旦那のつぶやき

















【休日の愉しみ方】ピクニックと友人のハンドメイドのイチジクケーキと。。




最近は 無理をしない暮らしが板についてきた( ´艸`)。


以前なら 少し遠出をし日帰り温泉ピクニックへと出掛けていたけれど

ココは 緑も多い町。

近くでも充分 休日を満喫できる環境。

それに 自分に合ったペースで過ごせるのは何よりです。






にほんブログ村テーマ 毎日をつくるものへ
毎日をつくるもの

にほんブログ村テーマ 日記ブログへ
日記ブログ












CIMG2206_convert_20181014153849 (2)



ちょっと 車で走れば緑いっぱいの公園がいたるところにあります。


いつものバスケットにいろいろ詰めてプラプラ心地いい場所を探します。


CIMG2203_convert_20181014153332.jpg



今日の公園は 家族や仲間で焼肉を楽しむ方々や

スポーツをエンジョイする方 ベンチに腰掛け紅葉を愛でる方など様々です。



・・さ、今日の心地い場所が見つかりました。



CIMG2204_convert_20181014153458 (2)


オットとふたりで 遠方に住む年上のお姉さん的友人が送ってくれた

手づくりの『イチジクケーキ』でピクニック開始です。



CIMG2194_convert_20181014152733.jpg



にほんブログ村テーマ 手作りでかわいい生活、楽しい暮らし。へ
手作りでかわいい生活、楽しい暮らし。




今日の日のために 食べたい気持ちを押さえ

冷凍庫で数日保存。

やっと食べられる日が来ました。


CIMG2195_convert_20181014152858.jpg



ケーキにインスタントcoffeeですが 清々し空気の中食べるケーキ

最高に美味しくハッピーな気分に。


CIMG2199_convert_20181014153215.jpg



実際 この友人は私の憧れ。

奥様としても女性としても・・。


謙虚で穏やかで・・でも、ユーモアがあって良き母で賢い妻で。

それに美しく可愛らしい人。



だから こんな風に遠方にいる私の体調も気づかい

いつも温かい言葉や心を届けてくれる。

素直に、うれしい。



CIMG2198_convert_20181014153040 (2)

*何度も同じ赤とんぼが 私たちの所で羽を休めに来てくれました。




そんな友人のお陰で 素敵な時間をオットと過ごすことが出来て幸せです。

こんな日が来るとは・・。

いまが山でいえば どのあたりかは分かりません。

登っているのか下りなのか 頂上なのか・・。


でも 凄く好きな時と凄く嫌いな時があるオットとふたりで

とってもいい一日を過ごせたことに感謝です。






風景や街並み80ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
風景や街並み80ブログトーナメント






にほんブログ村テーマ * 50代を 素敵に生きる *へ
* 50代を 素敵に生きる *

にほんブログ村テーマ ふたり暮らしのライフスタイルへ
ふたり暮らしのライフスタイル

にほんブログ村テーマ 冷蔵庫・冷凍庫の活用と管理。へ
冷蔵庫・冷凍庫の活用と管理。









にほんブログ村に参加しています♪

*いつもご訪問ありがとうございます。 
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
季節の変わり目ですので体調を崩しませんように。感謝。。