FC2ブログ

もっと、もっと、、、長生きしたい父。83歳。






本日3回目の更新。



なんだか今日はイライラっていうか緊張しています。




+++




今月の半ば

父がいる施設から連絡がありました。


「お父様が 足のホクロが気になるから皮膚科に行きたい・・」。




・・まただ。




死にたくない人。

それが父親。




今回も

ホクロが皮膚癌か何か悪いものだと

心配の様です。




そんな人は

実の子の私を何度も泥棒呼ばわりした実父。






+++




ご丁寧に

以前 行ったことのある皮膚科を自分から指定したそうです。



はぁ。。




夫には申し訳ないのですが

私一人では 皮膚科に連れて行けないので

一緒に付いて行ってもらうことをお願いしました。


多分 父は先日の車の売却のことで
私を問い詰めるに違いない。




とにかく 「金金金・・・金の人」




認知症ではありません。

元から そういう人なのです。



車のことは

夫が「俺が父さんに言って聞かせるから」と言ってくれました。





父と会わなければならないと思うだけで

呼吸が浅くなるのです。




すごいストレス。




イライラ・・緊張で落ち着きません。







親の介護と向き合えば。 ライフスタイルブログ・テーマ
親の介護と向き合えば。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


にほんブログ村 にほんブログ村へ










スポンサーサイト



【親の介護】親の家・火災保険の見直し。






約2週間ほど前から

頻尿と腹痛などなど・・

排尿トラブルに悩まされてきた。



私の場合

突発的な予定が入ると

毎日のルーティンが崩れるので

不安感で いたたまれない状態になる。




父の介護が始まってからは

自分の体調は二の次になることが多く

膀胱炎を繰り返すことが多くなった。





にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





人気ブログランキングの
お料理ランキングに参加しています。








+++




親の介護・・

と、

言っても



それは奥深い。



親が今までしていた 色々な手続きを
代りにやらなくてはならなくなる。


その中に 家の火災保険の更新なども。



+++



今現在、

私の実家は無人。



でも 火災保険は放火なども心配で
掛けています。



今回 更新手続きに当たり
保険代理店の方に色々相談に乗っていただきました。



まずは

Q・今現在 誰も住んでいない家に保険は必要か?

A・先ほども書きましたが 放火などのこともあるので
  火災保険には できれば加入した方がいい。


Q・人が住んでいない家は「空き家」になるのか?

A・家の中に家財道具が入っていれば「空き家」にはならない。


Q・それでは家財道具がない場合の家には火災保険は掛けられるのか?

A・家財道具がない場合は 「一般住宅」としての保険が掛けられないので
  「空き家」として分類される 保険を選ぶことが重要。
  

Q・「一般住宅」と「空き家」の保険料の違いは?

A・「空き家」に分類されると 保険料が多少割高になる。





大まかには こんな感じです。



+++



今回は 父名義の実家に
火災保険」と 新たに「地震保険」も付け

年払いではなく

保険料がお安くなるように
「長期一括払い」を選択しました。




ちなみに・・

空き家」に分類された場合

地震保険」をつけることはできません。




また

今回 代理店の方から教えていただいたのは

今年の秋から来年の初めにかけて
各社保険会社の火災保険料が
値上がりするということ。




タイミングもありますが

新型コロナの感染対策もしっかりやりながら

各種保険の手続きは 代理店の方などに相談して

自分たちに合うものに 見直してみることって大切ですね。


また 同じ保険内容でも
オンラインから申し込むと割引が受けられることもあります。


詳しくは 保険会社や代理店にお尋ねになってみてください。






親の介護と向き合えば。 ライフスタイルブログ・テーマ
親の介護と向き合えば。

暮らしごと。 ライフスタイルブログ・テーマ
暮らしごと。

アラフィフの暮らし。 ライフスタイルブログ・テーマ
アラフィフの暮らし。

ちょっと・・イイネ〜♪ 素敵だね〜♪ ライフスタイルブログ・テーマ
ちょっと・・イイネ〜♪ 素敵だね〜♪

ほっ。ふぅ〜。ココロをゆる〜り♪ ライフスタイルブログ・テーマ
ほっ。ふぅ〜。ココロをゆる〜り♪

にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


にほんブログ村 にほんブログ村へ




【父の介護】車の売却。






きっと

親の介護が始まった直後は

どんな方でも

目まぐるしく 介護関係の方との面談や

病院に入院していれば そちらの対応と

息つく暇がないほどだと思いますが・・・




+++



先日

実家のある町に住む

同級生で幼馴染のお母さんから

携帯に着信が・・



父の姿が見えないので

どうしているのか

心配をして電話をくれたとのこと。



ありがたい。



それで 

父の車の話になり

欲しい人がいるけど 売らないのか?って。




・・そうなんですよ、
片付けなければならないことが山ほどあるんだけど。



妹にも電話をし

「車の査定を業者にお願いしてみることにしたから」と
連絡を入れ・・



妹曰く・・

「ウチもH君(妹の旦那)と 父さんの車、早く処分しないと
ダメだよねーって話してたんだよね。。」だって。





いま、初めて聞いたわ。




そう思っているなら

「車どうするの?」ぐらい話があってもいいんじゃない?
(♯`∧´)



妹は 昔からそう・・

厄介なことに巻き込まれないように
決して 自分から話題を振らない。

だんまりを決め込む。


我が家の様々な事情を40年以上見ている
幼馴染のお母さんが 

色々心配してくれた。



他人なのに。




お母さん曰く・・

「お前ひとりで 色々やるのは大変だろう」って。



妹の性格も
妹の旦那さんの性格もお見通し。




お陰様で

父の希望金額には届かなかったけど

わたしが予想していた金額になった。



他人の温かさと

身内の他人行儀な態度の落差に・・・・



泣ける。





お母さんが 

業者の来る時間に合わせて来てくれて


「この家も 誰か買ってくれる人いないかなぁ」って

そんな心配までしてくれた。



幼馴染・・


私のコト
好いてくれていたんだよね・・・・


結婚のご縁はなかったけど。



お母さんと幼馴染と
わたしで泊りがけで

スキーとかスノボに
出掛けたり・・





幼馴染は
いまも 独身。


高身長 男前 プロレス好き。

釣り好き・自転車好き・・

バリバリ趣味も合う。会話も弾む。

友人も多い いい奴だったなぁ。


今は
年賀状のやり取りをする仲。



いろいろなご縁の中で

助けられている。






にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




にほんブログ村 にほんブログ村へ




【親の介護】洋服を取り換えていない・・・




本日2回目の更新になります。

1回目の更新は『マグロの目玉の煮つけ』
記事になります。


コチラの記事と合わせてお読みいただけると
更新の励みになります。


よろしくおねがいいたします。



+++





いま 

父の入所する施設に電話を入れました。



夕食が18時からなので

食堂室に来ていることを見越して。






にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





人気ブログランキングの
お料理ランキングに参加しています。






+++




父の所へ
洗濯物を取りに行っていますが


前回も また洋服の洗濯物が出ていませんでした。



取り換えていないのです。




そして

新型コロナで面会が出来なくなってから
パジャマも上だけ着替えてズボンは
日中のズボンのまま寝ているのです。



施設の職員の方々も
忙しいとは思うのですが


入所者の方の生活の変化に気が付いていないのか

それとも気が付いても 見て見ぬふりなのか・・・



家族が施設内に入れないことを良いことに
いい加減な対応をしているのではないかと

疑いたくなるのです。



特に父の施設は
前科のある問題施設ですから。






父には
これからも 何度も根気よく電話を通じて

着替えをすることや
寝具を小まめに取り換えてもらうように
伝えていきたいと思います。









わたしの暮らし。 ライフスタイルブログ・テーマ
わたしの暮らし。

親の介護と向き合えば。 ライフスタイルブログ・テーマ
親の介護と向き合えば。

妻・嫁・母・女のストレス 子育てブログ・テーマ
妻・嫁・母・女のストレス



にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




にほんブログ村 にほんブログ村へ









【親の介護】父への電話。





新型コロナの影響で

3月の頭から父の施設への面会が全面禁止になりました。




にほんブログ村 料理ブログへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



人気ブログランキングの
お料理ランキングに参加しています。





+++




週に1~2回 もしくは3回
私が施設に洗濯物の交換や
呼び出しなどで行くこと以外

基本的に施設へは行けません。



そんな中
最近、気になることがありました。



それは・・



週に2回の入浴時の着替え。



介護職員の方が
事前に下着などは次の入浴のため持って行ってくれますが

洋服などは自分で用意しなければなりません。


でも、、、


その洋服が一枚も洗濯に出ていないのです。


洋服を取り換えていない・・・





+++




夫と
「なんか変じゃない?」と話しました。


脳梗塞をしているので

血管性の認知症はもちろん

年齢的な認知症になっても

おかしくない年齢です。




そこで 
施設に電話を入れてみました。


電話口に父を出してもらい
短い会話。



元気そうです。



父に洋服を取り換えることや
私物で持ち込んでいるシーツなどを
小まめに取り換えるように伝えました。





+++




高齢者は生活に変化がなくなると

認知症のリスクが急に上がることがあると
主治医から言われています。


家族が面会に行けないことで
刺激が減ることによる
認知の早まり・・・・


それは避けたい。



なので



これからは
時々 父の様子や認知症を早めないためにも
電話をすることにしたいと思いました。






暮らしの選択。 インテリアブログ・テーマ
暮らしの選択。

主婦の友。 ライフスタイルブログ・テーマ
主婦の友。

親の介護と向き合えば。 ライフスタイルブログ・テーマ
親の介護と向き合えば。

ほっ。ふぅ〜。ココロをゆる〜り♪ ライフスタイルブログ・テーマ
ほっ。ふぅ〜。ココロをゆる〜り♪


にほんブログ村 料理ブログへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


にほんブログ村 にほんブログ村へ



にほんブログ村 にほんブログ村へ

*いつも温かい応援凸に感謝しています。
 更新の励みに待っています。









■病院の待合室でパニックになる親子。






前日、父の脳梗塞の経過観察で検査をし

翌日は 私ひとりで検査結果を聞きに出かけた。




その待合室での出来事です。




+++




病院は相変わらずの混雑ぶり。


前日 父を病院に連れて行ったときは
午前中の診療が終わった切れ間だったようで
人もあまり居ず 
少しホッとしましたが



翌日の病院は

ひと・ヒト・人で
改めて 父親を連れてこなくてよかったぁーと

ホッとしました。



そんなことを考えながら
脳外の診察室の前で腰掛

待っていると・・


違う科の診察室の前で待つ
40代後半と思われる息子さんと
70代半ばと思われるお母様が

看護師さんに
何やら大きな声を出し
詰め寄っているのです。




どうやら 元々、予約を入れていた診察とは別に
気になることがあるらしいのです。

・・この時期気になることとは
コロナウイルス!!!




看護師さんの言葉など掻き消すように
「味を感じないんです!!! 味覚がないんです!!!」と

看護師さんが順序だてて話を聞こうと制止しようとしても
親子でパニックになり

全く聞く耳を持ちません。





押し問答です。

聞くに堪えません。


もしも そのような症状があるのなら
どうして 病院に来る前に
事前に電話で事情を話し

どのようにすればいいのか相談しないのでしょうか?




70代と思しき母親がパニックになるのは
100歩譲って分かります。


でも・・息子さんまで
同じようにパニックになっていることが理解できませんでした。





年齢に関係なく
味覚を感じなくなる
味覚が鈍いと感じた場合

多くは「亜鉛不足」によるものだったり


加齢などに伴い嗅覚の鈍りが生じ
味覚が感じにくくなる場合もあるのですが・・・





とにかく
すごく 怖かったし
イライラしました。


同じ3人掛けの椅子に一人分開けて
シニア女性が座っていましたが

多分 その方も怖かったと思います。



シニアの女性も
わたしも 黙ったまま俯いて言葉を交わさず
座っていました。



パニックになった親子は
看護師さんから

「それじゃ、診察の時にそのことも先生に話してみてくださいね。」と
説明を受け やっと静かになりましたが



対応していた看護師さんもお気の毒でした。




ただ
そういう場合
病院側は いくら患者さんとはいえ

他の患者さんの迷惑になるので
一旦 他の場所へ
退去してもらうことが大切だと思います。

もしも 本当にコロナウイルスなら一大事です。




この大きな病院は
感染症の患者さんが出た場合の
対応病院になっているはずです。





そんなこともあり
本当に疲れた病院での出来事でした。







にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ


にほんブログ村 にほんブログ村へ






【親の介護】持たせたはずのないお金が・・娘たちの家族会議。





けさ

きのう父の施設から持ってきた
洗濯物を洗っていると



カラン、、カラン、、
カラン、、カラン、、

m9(゜д゜)っ




洗濯機から
何やら 金属が転がる音が・・(◎_◎;)。




妻・嫁・母・女のストレス 子育てブログ・テーマ
妻・嫁・母・女のストレス

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ



人気ブログランキングのお料理ランキングに参加しています。




+++




一度
洗濯機に手を入れましたが
分からず


断念。




洗濯機が完全に
停まった後


おもむろに確認すると・・・・・・


洗濯機の底に
小銭が。


((((;゚Д゚)))))))




父の洗濯物しか
洗っていない。



・・なんでお金!?




+++




父には
お金は一円も渡していない。


出てきたお金は
610円。




推理を働かせる・・


1000円を持っていたら
130円のジュースが3回買える!?



残高610円なり。

・・合う。




でも 父にはお金は渡していない。




妹に電話をする。



この時点で
最悪なこと(施設を出されるとか色々)ばかり
頭を駆け巡り
(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

私は不安で動悸が治まらず
呼吸も上がったまま 胸が苦しい)))))。



コトの経緯を妹に話し
私の推理も話す。



「人のお金を盗む人じゃないから
それは考えられないんだよね・・
あとは・・人から借りた・・と、しか考えられない」




妹も
「確かにそれしかないね」と


考えが合致。





もう 確認しないと
私の精神状態が平常でいられなくなり

父の施設に向かう。


お金を借りていたとしたら
何かの弾みで 揉め事にでもなったら
本当に困る。


施設を出されたら・・
どうしよう

キャ━━━d(○`□´○)b━━━!!




で、
結論は・・・・・・・・・




ペースメーカーの
手帳に1000円入っていたらしく
施設内にある自販機でジュースを買って飲んだ。

だった。
(。>(ェ)<。)エエェェェ





やめてくれ!!!!!!




って 

自販機は職員がいる詰所から
見えるところにある。

で、
おまけに父は
食事制限のある「糖尿病患者」!!!!!




だれも
父がジュースを買っているところを見てなかったって云うの!?

それっておかしい!!


問題だ、。




私は 安堵と
父に対する腹立たしさと
治まらない動悸で

頭が混乱していた。





とにかく
トラブルにはならずに


ホッとした。




思い出しても
動悸がする。




にほんブログ村テーマ 親の介護と向き合えば。へ
親の介護と向き合えば。

アラフィフの暮らし。 ライフスタイルブログ・テーマ
アラフィフの暮らし。

日々の出来事 ライフスタイルブログ・テーマ
日々の出来事




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ


にほんブログ村 にほんブログ村へ






【親の介護】異変。





大晦日に我が家に帰宅した私の父。


相変わらずのマイペースぶりに夫も苦笑い。


施設に洗濯物を取りに行くたびに「お風呂の時、背中をちゃんと洗ってくれなくて痒い」と

溢す父なので 夫に予め「帰宅したら背中だけ擦ってあげてくれる?」とお願いをした。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
* コチラに参加しています。




+++




その父を元日の午後に施設に送り届けて約一週間。


洗濯物を取りに行くと 朝食の後ベッドで寝ていた父。

私に気が付く。


「ご飯食べた後、寝てたの?」と聞くと

「俺、飯食ってない。」と。




「・・・」


寝ぼけているようには見えない。


「だって、もう9時だよ。ご飯の時間過ぎてるよ。食べたんでしょ?」

「俺、飯食ってない。」。



冗談ではない。



父は 「忘れているのではない。」、、、、

「覚えていない」のだ。

「思い出せない」のだ。




お正月に帰った時 食事をする父の手元に目が行く・・

両手が小刻みに震えている。


少し前に 外食した時にはそんなことはなかった。



再び、脳梗塞?



施設側が 家族や父の許可なく勝手に2カ月に1度あった病院の受診を

切ってしまった。  これ自体 大問題なのだ。




この先 何かあった時・・施設を出ることになったら

その時は 然るべきところに申し出ようと思っている。



今の段階では 大ごとに出来ない。


私も自宅には父は引き取れない。

我がままで「かまってちゃん」の父と一緒にいれば

また 気持ちの落ち込みがコントロールできなくなる。




*コメント欄はお休みさせてください。
 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
* コチラに参加しています。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

*いつも温かい応援凸に感謝しています。
 更新の励みに待っています。






【親の介護】介護施設へ入所を考えているご家族へ。






母方の祖父・・そして母、

ともに50代の割と早い段階で認知の症状が出始めた。



わたしは 幼いながら預けられていた祖父母の家で

毎夜徘徊する祖父を気丈に介護する祖母を見ていた。



母は妹が嫁いだことがキッカケで認知の症状が出始めた。

30分前に食べた食事のことを覚えていなく

「おねえちゃん、ゴハン食べなくてお腹すかないの?」と言われた時には

目の前が真っ白になり唇がわなわなと震えるほど怖かったのを覚えている。



妹に電話をし母の状態を話すも

「誰だって忘れることぐらいあるでしょ」と言われた。




違う。




「忘れること」と「覚えていないこと」は 全く違うのだ。





アラフィフの暮らし。 ライフスタイルブログ・テーマ
アラフィフの暮らし。

『整える』くらし。 住まいブログ・テーマ
『整える』くらし。




+++




いま 父が介護施設に入っている。



週に2回 父の施設におもむき

洗濯物の回収と体調の変化・施設とのやり取りをしている。



そんな中で これからご家族の介護施設などへの

入所をお考えの方に お役に立つことが出来たらと

今日の記事を書きます。




CIMG3288_convert_20191212092337.jpg



療養型の医療機関や介護施設では

必ず持ち物全てに名前を書いてくださいと言われます。



私も父の衣類や持ち物全てに名前を書きましたが

「嗚呼ー」って思ったことは・・


靴下。



黒い靴下を買いがちでしたが

黒い靴下にマジックで名前を書くのは 大変。


それに気が付いてからは

グレーやキレイな色の靴下を買うことが多くなりました。




靴下に名前を書く時は 
足底の部分に大きく書きます。




父は認知って程ではありませんが

年相応の物忘れが多くなりました。

脳梗塞も患っているので 血管性と言われる物忘れもあります。



でも 元々、自分の身なりに対し拘りのある人なので

洋服は60代くらいの方が着るようなものを選びます。


そんな刺激も大切。




多分 女性の入所者の方の持ち物にはあってもおかしくない

鏡が欲しいと言われたのも父らしいと言えば父らしい。





私の方が 先に認知になりそうだ。



祖父や母が認知になった年齢まで あと数年。

ブログの書き間違えが増え 確認しても気が付かない自分に哀しくなることがある。









50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。 ライフスタイルブログ・テーマ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。

親の介護と向き合えば。 ライフスタイルブログ・テーマ
親の介護と向き合えば。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
* コチラに参加しています。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

*いつも温かい応援凸ポチありがとうございます♪
毎日の更新の励みになっています。








【親の介護】・・溜息しか出ない。






週末は夫が父の施設に付き合ってくれる。



なので今日も父の所へ。




寝具の洗濯物があったので  かなりの重さ。

強制ではないが 冬物の寝具やタオルケット・枕カバーなど

早く帰って洗濯物を洗わないと乾かないのだ。




そんな父の元で また・・






50代を考え暮らす シニア日記ブログ・テーマ
50代を考え暮らす






+++



父の部屋は4人部屋。


今日は 二人がいないんだな・・って思っていると父が

「昨日は 本当に眠れなかった。 向かいの爺さんが夜中に

ワーワーうるさくて・・」と。


見るとベッドが整えられていて いつも寝たきりのお爺ちゃんがいない。



父の話は続く。


もう半月ほど 風邪が治らずイライラしているのだと思うが

父の話によると 斜め向かいのいっこく堂のじさま人形にそっくりの

じさまと一緒になって 介護士さんに「うるさくて眠れない」と言ったそうなのだ。



・・嗚呼。



父の気持ちもわかる。

分かるが、自分の意志で室料の安い多床室に入っているのに

なぜ 黙っていられないのか。



「あのね、父さん。 誰でもみんな我慢しているんだよ。

そんなに我慢できないなら 他所に行ってくださいって言われたら

どうするの? 私は面倒は見れないし 

他に入るところは無いんだよ。」と言いきかせました。


夫も「そうだよ、お父さん。眠れないって言っても 

昼間、寝てるしょ。一晩くらい眠れなくても

みんな我慢してるんだから お父さんも我慢しないと」と。




いつも 知らん顔の夫が私の援護に回った。




義両親との付き合い方。 ライフスタイルブログ・テーマ
義両親との付き合い方。






私は 親から見たら どんな娘だったか分からないが

学生時代も学校に呼び出されることもなく

成人しても 夜遊びもせず親に恥をかかせたことも

私のコトで 他所様に頭を下げるようなことも

後ろ指をさされるようなことなど一切したことはないし

どんなにお金がなくても親に金の無心などしたことなどない。

(妹は違うが・・)




でも・・


この1年 父のコトでは私、頭を下げっぱなしだ。



まだまだ元気だったころの父の口癖は 

「誰のおかげで 
生活できていると思うんだ!!」
だった。



いつも それを言われるたびに

けつの穴の小さなヤツ。って思っていた。



案の定 実家を手伝っていたが お給料も払わない父から

「お前の健康保険代をよこせ」と言われて

つくづく 頭がおかしい、どんだけ守銭奴なんだよ!!って思ったほど。



金に汚く 金を出さなくていいなら何発殴られても

我慢できるような奴だ。


心の底から 可哀そうな人だと思う。


軽蔑する。





今度 父が何かやらかしたら

言ってやろうと思う。




どれだけ私が肩身の狭い思いをして

腹の立つことも我慢し 頭を下げたくないヤツに頭を下げ

胸糞の悪い思いをしているのかを。






にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖

にほんブログ村テーマ 親の介護へ
親の介護




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
* コチラに参加しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


*いつも あたたかい応援凸ポチっ、ありがとうございます。
更新の励みになっています。