FC2ブログ

じぶんの時間をつくろう。・・と思った。






週に数回 父の入所する施設に行かなくてはならない。


初めの2週間は 「やれ寒くて眠れないから布団を持ってきてほしい」と父からの訴えで

早朝から介護士さんが「今すぐ電話してくれって何度も言われるんです。」と連絡が来たり

毎日排便がないと気が済まない父が「便秘薬を持ってきてくれ。」と言っていますと連絡が来たり

かと思えば お腹が下っているわけではないのだが 「日に3度排便があったから薬が欲しい」と

一日に何度も施設と家の往復で 腹立たしさと疲労で気がおかしくなりそうだった。





にほんブログ村テーマ 親の介護と向き合えば。へ
親の介護と向き合えば。

にほんブログ村テーマ 家族の介護・お世話へ
家族の介護・お世話

にほんブログ村テーマ 癒しno時間へ
癒しno時間

にほんブログ村テーマ ほっ。ふぅ~。ココロをゆる~り♪へ
ほっ。ふぅ~。ココロをゆる~り♪

















今回も 脳梗塞の影響だと思うのだが

下肢の痛みがありシップを出してもらっているのだが 今、主流の剥がれづらい薄手のシップは

「効き目がないから 白いシップじゃなきゃダメなんだ」と いくら説明しても聞く耳を持たない。


とにかく「死が怖く 気が小さい人」なので ものすごく薬に依存しているのだ。







+++






夫が最近 私の苦労がやっと理解できたようで

「お父さんを最初の救急搬送の後 すぐに家に帰せばよかったな」といった。

「そのまま孤独死してくれたらよかったな」って。


夫をひどい人などとは思わない。


はたから見ていても 父に振り回され夫婦の仲もギクシャクする日々の中では

そう考えても当然だと思うからだ。



父は長生きするだろう。



今日は 父の施設に行かなくてはならない日だ。

朝から些細なことで夫に 素っ気なくしてしまった。





だから 少しずつですが 毎日 じぶんの中で

「この家事が終わったら自分で挽いた珈琲を飲もう。ゆっくりしよう。」と

じぶんの時間を持つように心がけている。


もちろん 予定がいっぱい入ってしまい珈琲など飲む時間もないことがほとんどなのだが

淹れたての珈琲のいい香りがスーッと体に染みわたる時

何とも言えないホッとした時間がご褒美だ。



CIMG2379_convert_20190228064732.jpg



今日は じぶんの時間は何時だろう・・







にほんブログ村テーマ 珈琲、コーヒーへ
珈琲、コーヒー

にほんブログ村テーマ 暮らしの見直しへ
暮らしの見直し

にほんブログ村テーマ 今日から始める『小さな暮らし方』の準備へ
今日から始める『小さな暮らし方』の準備

にほんブログ村テーマ 暮らしごと。へ
暮らしごと。

にほんブログ村テーマ 毎日をつくるものへ
毎日をつくるもの








スポンサーサイト



【生きづらさの原因】HSPだったんだ・・わたし。






頭がパンパンになるような量の質問項目に一つずつ〇や✖△などをつけていく診断。

一度には出来なくて 数日に分け書き込んだ。


疲れた。



でも・・引っ越してきてから転院した心療内科は私に合わず

他の心療内科に予約を入れていたが 父の介護などもあり

すっかり頭の中から どこかに置き忘れた状態になっていた。






にほんブログ村テーマ トラウマへ
トラウマ

にほんブログ村テーマ メンタル病との付き合い方・克服日記へ
メンタル病との付き合い方・克服日記

にほんブログ村テーマ HSP敏感な人へ
HSP敏感な人

にほんブログ村テーマ 今日の読書日記へ
今日の読書日記






最初の予約(と、云っても症状によって先生に診てもらえるかどうかは

後日連絡が来るシステム)をとろうとしてから5カ月が経過していた。


たまたま初診の方のキャンセルがあり 診てもらえることになったのだが・・





事前に持参した診断テストの結果が出ていた。


わたし・・ただの鬱ではなかったようだ。

HSPだった。


初めて知った言葉だった。


簡単に言うと「敏感すぎて生きずらい人」なのだそうだ。




CIMG2430_convert_20190226072808 (2)





私が何も言わないのに 先生が わたしの内面の、というか

殆ど人には見せない本来の私の性格を言い当てていった。


周囲の人は わたしが本来人見知りで慎重で人の言動をジックリ観察し

そのことに敏感に反応し 神経をすり減らしているとは思っていないのだが

わたしは 幼少期から子供らしい振舞をしている一方で 周囲の大人の話や顔色を

誰よりも見ていた子供だった。


大人は皆、「あんこは良く気の利く子だね」といつも言われていた。


人が口に出さずとも その人の内なる声や感情が手に取るようにわかってしまうのだ。

時には 映像が見えてしまったりもする。





それに・・夫には愛着障害があると思っていたが

その実、わたしも愛着障害だった。


驚きはしなかった。



最初に愛着障害の本(岡田敬司著)を手に取ったのは 夫のためと云うより

子どものころ母親から愛されなかった自分の心に「愛着」という言葉は

引っかかったからなのだ。





夫は実母から精神的虐待を受けていたし

わたしは精神的・肉体的虐待を受けていた。

わたしが幼稚園の時のことだが 母親から足の甲に煙草の火を押し付けられたことがあった。

逃げられないよう足を手で力いっぱい押さえつけられて。



そんな生活が毎日続いた。


父は仕事で不在で家には殆どいなかったのだ。



最近になって 父にそんな幼少期のツライ話を聞かせた。

毎日、毎日、、

父は わたしがそんな思いをしてきたことを 薄々気づいていたはずなのに

見て見ぬふりをしていた。 母親と同罪だ。



うつむき 涙も出ないのに泣いているふりばかりする父に向って

「私の目をみなさいよ。目を見ろ。どれほど辛かったのか分かるか!」って云った。

父は怯えていた。 まともにわたしの目を見ることが出来なかった。




HSPは自分のコトより相手のことを優先して考えたり

尽くしてしまう傾向が強い。


自分の感情を犠牲にしてしまうのだ。



私の両親が わたしを自分たち都合よく遣ってきたのも その性格、というか

特性を見抜いていたからだと思う。

嫌でも嫌と云えない・・辛さを。




私の場合 母親からされた虐待も大きなトラウマになってしまっている。


でもね、虐待を受けた・・と人に云うと まるで腫れものにでも触るようなというか

被害者なのに 好奇な目で見られ人は離れていく。


例えが適切かどうか 分からないがレイプをされた被害が

被害者であるにもかかわらず どこか後ろめたい思いをするのと似ている気がする。



私の場合トラウマも強い。



だから、

投薬や気休め程度のカウンセリングでは完治しないようだ。

もっと専門的な治療が必要なようだ。



ただ 希望を持っている。

この新しい先生に出合えて分かった本来の自分を見つけた。

今の無理をして苦しい思いをしている自分を引き離す時期が来たのだ。


人生の半分以上を生きてきてしまったけれど

まだ 時間はあるはずなのだ。



聞けば 人口の5人に1人はHSPらしい。

ただ 気が付いていないだけのようだ。

HSPの他にHSSやHSPとHSSを両方持った人もいるとのコト。


興味のある方は本やネットで調べてみるといいと思う。



生きずらさが 生きやすさに変れるように。






にほんブログ村テーマ 私らしい 暮らしと生き方へ
私らしい 暮らしと生き方

にほんブログ村テーマ 家族の問題・困りごと、解決へのヒントへ
家族の問題・困りごと、解決へのヒント

にほんブログ村テーマ 生活(身近な出来事)へ
生活(身近な出来事)

にほんブログ村テーマ ココロの断捨離へ
ココロの断捨離











にほんブログ村に参加しています。








■非常識なケアマネ。



*このケアマネの話は一番最初に担当になったケアマネのことです。
 非常識も甚だしいし、管理者とも話をしましたが 冷静さにかけ大人の話ができないわ
 詫びることもないわ、で 感情を込めず事実だけを冷静に話す私の方が
 「少し感情を押さえてお話していただけませんか?心臓がドキドキして怖いです。」と
 促したほど。

 もちろん、速攻、ケアマネの交代じゃなく居宅の事業所ごと変更しました。



 
にほんブログ村テーマ 親の介護と向き合えば。へ
親の介護と向き合えば。




+++





父のケアマネジャーが決まった・・と、やっと安堵した。



これで少しは気持ちが楽になる・・と思った。

も、束の間。



やってきたケアマネはとんでもない非常識なやつだった。






にほんブログ村テーマ 40歳以上女性日記へ
40歳以上女性日記

にほんブログ村テーマ 今日のココロへ
今日のココロ

にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖

にほんブログ村テーマ 親の介護へ
親の介護

にほんブログ村テーマ 介護、ケアマネージャー、ホームヘルパーへ
介護、ケアマネージャー、ホームヘルパー













妹と途方に暮れた。


本当に巡り合わせの悪い時って 悪い人との出会いが続くね・・と妹がポツリ。



本当にそうなのだ。


「あたしさ 昨年秋ごろから運気が悪い方向に向かってるって四柱推命に書いてあった・・」と

ポロリ。

「そうなんだぁ。。」と妹。




あまりに変な人とばかり当たってしまうので ネットで四柱推命のページを何件か

ググってみたのだ。


そしたら、丁度、父が救急搬送された辺りから わたしの運気が下降線を辿っていた。

己の身を悔い呪った。



そこへ やっと決まったケアマネ登場!



今回の非常識ゴジラだ。




ショートステイを利用するプランニングを立ててもらう前に

イチもニもなく居宅の契約書に捺印を促された。


ショートステイに当たり 「個室は高いから多床室で」と父も希望するも

早速 翌日一緒に来たのは「個室しかない施設」の職員さんだった。



 「大部屋があるんですね?ニッコリ」

施設職員 「??? ・・いえ、うちは個室だけなんですよ。」と困惑顔の互いの視線が

しばし宙を舞う。 


??????????????





すかさずケアマネに 「あのー個室は高いので 途中で大部屋があるところが見つかったら

そちらに移ることは可能ですか?」と 尋ねる。



ゴジラは 相手に有無も言わさぬ威圧感や押しの強さがあるのだ。

鬼嫁の私でも怯むほどの威圧感だ。 まさしくゴジラなのだ。



ゴジラ「イヤイヤ 色々、移るのは(施設を)大変だから このままでいきましょう!!」と

ゴジラ顔。 要するに自分が面倒なだけなんだと思う。


それを聞いていた 施設の方がわたしの気持ちを察してくれたのか

ケアマネに

施設職員「・・あのー役所に○○の届を出したら 少しは利用料金って

安くなりませんか?」と 気を遣ってくれた。


そこで この非常識なゴジラが放った言葉が・・

「いいの! お金あるんだから!!」 



二回しか会っていないゴジラの発言だ。



イヤイヤ、、、待って!お金があるって何を根拠にその発言が???

父は賃貸や株式などの副収入は一切なく自営業のわずかな年金収入に

爪に火を灯すような生活で貯めたわずかな預貯金しかないのだ。




これって 一般人でもアウトですよね?


ましてや ケアマネが この発言って許されないと施設の職員の方も私に同調。






ショートステイで入るはずだった施設には事情を説明し

「今回は初めの希望とは違いましたので 

お世話になることをお断りさせていただきたいのですが・・

また 何かのご縁でお世話になることもあるかもしれませんので

その時にはよろしくお願いいたします。」と伝えショートステイの話は一旦打ち切りになった。




居宅の事業所には ゴジラのケアマネに話をした・・と、云うか

とにかく家族のことを根掘り葉掘り執拗に聞いてくる奴で

個人情報なんて糞喰らえって感じのヤツだった。


だから 居宅の管理者には「父の病歴などは次のケアマネさんに話はしても構いませんが

家族の個人情報は一切、話はしないようにしてください。」と念押しして

それでも 信用が成らなかったので「国民健康保険団体組合」に 事情を通報した。


杭を打ち込んだのだ。



居宅の管理者(責任者が大人の対応であれば 居宅は変えず担当のケアマネだけを

変更してもらうことも考えたが 不貞腐れた物言い態度に「この上司だったら

担当者を代えても真面にやってくれないかも・・」と信用できなくなったのだ。



ケアマネを交代してもらうことは 珍しいことではない。

すんなりいい人と(自分たち家族と相性が合う)巡り合うのはなかなか難しいのだ。


でも ショートステイでお世話になるはずだった施設の職員の方も話していたが

「ケアマネが云ってはいけない言葉」というのはあるのだ。

我慢することはないのだ。




でもね・・いま、父が入ったばかりの老健のケアマネも かなりの困ったサンだ。

自分の発言が相手を傷つけているっていることに気が付いていない節がある。

悪意がないのも又、それはそれで困ってしまうものなのだ。手に負えない50代の私と同じ

オバサンなのだ。



天然な発言で許されるのは10~20代前半の可愛い子だけなのだ。・・と教えたい。






にほんブログ村テーマ アラフィフからの衣食住。へ
アラフィフからの衣食住。

にほんブログ村テーマ 幸せについてへ
幸せについて

にほんブログ村テーマ 50代を考え暮らすへ
50代を考え暮らす

にほんブログ村テーマ 生きる上で大切なことへ
生きる上で大切なこと

にほんブログ村テーマ 50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。へ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。

にほんブログ村テーマ 明日のためにできるシンプルなことへ
明日のためにできるシンプルなこと

にほんブログ村テーマ 主婦の友。へ
主婦の友。












■親の介護をすることになり一番心がペッチャンコになったこと。





母は60代でこの世を去りました。


60代と云えば「まだ若いのにね・・」と言われる年齢です。


幼少期 母からは随分と辛いことをされましたが

子供孝行な人・・と、今は思って感謝しています。


それは・・






にほんブログ村テーマ アラフィフからの衣食住。へ
アラフィフからの衣食住。

にほんブログ村テーマ 幸せについてへ
幸せについて

にほんブログ村テーマ 50代を考え暮らすへ
50代を考え暮らす














「介護は大変なもの。」っていうコト。 母はその苦労だけは私に背負わせなかった。



小さなころ祖父母の家に預けられ 祖母が祖父の介護を寝ずにしていた姿を見ていて

解かっていました。



でも・・それは頭だけだったんだな・・って今は身に染みています。

本当に自分自身が介護をする立場にならなければ 心の葛藤や

体力の限界など深く理解できなかったんだと。





+++





わたしが父の介護に携わるようになり

一番 心がエグラレルような思いになる言葉があるんですが

それは・・

「親なんだから介護をしなくっちゃダメだ」や

「長女なんだから・・」って言葉です。


もちろん 世の中には長男や長女以外の方でも

ご自分の親御さんの介護をされている方は沢山おられると思いますが

親と同居経験や介護の経験のない方に限って

本当にいとも簡単に それらの言葉を口にするのです。


それも 40代以降の女性の方に多い気がします。







介護をする中で こんなことで?と

自分の心境の変化に驚いた出来事があります。

それは 父名義の郵便物・・とくに「介護関係の書類」をみるだけでも

脂汗が額から滲みだし流れ心臓が急激に動悸を打つのです。

怖いのです。





対処できないまま この数か月を過ごしています。

同じ気持ちの方と話がしたいと思ったりもしますが

中々 父の施設に出向いたり関係書類の手続きをしたりで

時間はあってないようなもの。



お仕事をされながら 親御さんの介護をされている方は

もっと大変な思いをしながらなんだろうな・・と想像すると

言葉もないほど。 頭が下がります。




わたしも この経験を通じ 今度、介護で辛い思いをされている方がいたら

気休めのよな言葉は掛けないようにしようって思いました。


わたし自身が かけられて心に残ったのは

同じく介護をしている方からの「先のことは考えるんじゃない。今のことだけ考えるんだよ。

何か起きたら その時 周りの人と考えるんだよ。」って言葉。




自分自身の鬱のこともあり どうしても先のこと先のことと

心配事をわざわざ搔き集めるようにして どうしていいのか不安を抱えがちですが

困ったことは その時になって考えればいい・・って いつも心の中で唱えています。


わたしの中では 心の支えです。







にほんブログ村テーマ 中年の今想う事語れる事へ
中年の今想う事語れる事

にほんブログ村テーマ 自律神経失調症・パニック障害・不安障害へ
自律神経失調症・パニック障害・不安障害

にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス

にほんブログ村テーマ ほっ。ふぅ~。ココロをゆる~り♪へ
ほっ。ふぅ~。ココロをゆる~り♪










にほんブログ村に参加しています。













■介護の経験がない人は・・介護の仕事に従事されていても・・







父の介護が始まり まず感じたのは

介護の仕事・・現場でなくケアマネだったり包括だったりで働く人の

「介護をされる人と介護をする家族」への気持の有りようが こんなものなのか?という

ギャップでした。






にほんブログ村テーマ 家族の問題・困りごと、解決へのヒントへ
家族の問題・困りごと、解決へのヒント

にほんブログ村テーマ 家族の介護・お世話へ
家族の介護・お世話

にほんブログ村テーマ 老後を生きるへ
老後を生きる














先日 父が入所する老健のケアマネ(50代半ば・女性)と

リハビリの先生が我が家にトイレや浴室など家の状態を見に来ました。

老健を退所した後の生活をどうしたらいいのか話も。


が、

驚きました。 老健のケアマネには

私の病気についてもお話しているにもかかわらず

「二泊三日とかで家に帰り 老健で3カ月過ごすことを繰り返せませんか?」と。


父は要介護3で現在 施設では車いすを使いトイレも介助してもらっている状態。

夜間にも5~6回のトイレに行く回数もあることを知っているはずなのに

家で二泊三日・・って・・


どんなに介護の仕事をしていても現場でなく事務的な仕事しかしていない人

実際に自分でも親と同居や介護の経験のない人って こうも簡単に「出来ないの?」的な

発言をするものなんだな・・って、身に染みて実感しました。





先日 肩や背中の痛みを訴えていた父。

主治医(循環器)に診てもらったところ 脳外の先生ではなくても

「脳梗塞のリスクが上がっていましたよ。」と背中の痛みだけで そのリスクを見極められ

「この先生で良かった・・」と感じました。




+++




いま 父のリハビリを担当してくれているのは わたしの息子と言ってもいいほどの

年齢の先生。


リハビリの仕事を選ばれたのは どういった経緯からなのかは分かりませんが

若い方なのに家族である私に対しても言葉を慎重に選びながら

決して「家で生活を・・」などということは言ったりしません。


どちらかと云えば 認知の検査をしたり 父本人の訴えもある下肢の痛みを看て

痛みに対してどれほどの反応があるかなどの検査をして 父のことを知ろうと

向き合っていただいています。


そんな姿勢を見ていると「家族に介護をしている家族がいたのかな?大変な姿を

身近でみてきたのかな?」と感じます。




+++



話は変わりますが・・




わたしのコトになりますが 先日、心療内科を転院しました。


以前のクリニックは5分ほどしか問診がなく薬を出して「ハイ終わり。」っていうところでした。

転勤前に通院していたクリニックの先生はとてもわたしに合っていたので

尚更 そのギャップが辛かったです。


でも 今回、転院した先の先生は 別な意味で興味深い方。


薬やカウンセリング程度ではあなたの鬱は完治は難しい・・と、まぁ・・そんな感じで。

幼少期からの母親との関わりの中で身に着けざる負えなかった「もう一人の自分」を

本来の私から剥ぎ取る作業が必要なようです。


自分でも驚きましたが 本来のわたしは「大和なでしこ」の要素があり

人に尽くすひと・・らしいのです。


先生の話を聞きながら心の中で「大和なでしこ? わたしが? 苦笑」って。


自分にも思い当たるところもあったし 夫の特性についても勉強する中で出会った

「愛着障害」っていうモノ。


わたし自身も「愛着障害」でした。


多分・・その愛着障害は 私が考える以上に根深いもの。

肉体的精神的両面でのトラウマがあるしね。



この話は また日を改めて。





お休みなのにいつもの時間に目が醒めてしまいました。






にほんブログ村テーマ より良く今を生きるために。へ
より良く今を生きるために。

にほんブログ村テーマ 50代を考え暮らすへ
50代を考え暮らす

にほんブログ村テーマ 私の暮らしへ
私の暮らし

にほんブログ村テーマ 中年の今想う事語れる事へ
中年の今想う事語れる事

にほんブログ村テーマ 明日のためにできるシンプルなことへ
明日のためにできるシンプルなこと












にほんブログ村に参加しています。













■介護施設と連絡帳。






随分と久しぶりの更新になりました。


この間も文句の多い私ですが「ギャー!」とか「ワァー!!」とか言いながら

父とバトルの日々でした。



でも・・






にほんブログ村テーマ 心癒し場へ
心癒し場

にほんブログ村テーマ 親の介護へ
親の介護

にほんブログ村テーマ 今日のココロへ
今日のココロ

にほんブログ村テーマ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖













まずは おかしな(非常識な発言な)ケアマネと決別して

他の居宅に変えたあとショートステイを経て 今日やっと老健に入所。


頑固で我がまま気ままな父の性格上 色々な心配事はありましたが

毎回、父の顔を見るたびに「何かやってもらったら❝ありがとう❞って言ってね。

やってもらって当たり前って思ったらダメだよ。」って口が酸っぱくなるほど

いい、多床室での生活が始まりました。




+++




父以外のメンバーは 隣のベッドのオジいちゃまが「バックトゥーザーフュ―チャーの博士」そっくり。

顔も髪型も。( ´艸`)

斜向かいのベッドのおじいちゃんが いっこく堂の人形のジ様に瓜二つ。

向いのジ様は 奥様がある有名文豪(もう天国に)のいとこ(ほんとかな?)とやらで

気位が高くルール無用の悪党って感じ。

だから・・よくある・・○○が無くなった!!と騒ぎになり 父も同室なので嫌な思いをしたようです。

結局は自分で行ったある場所に置いてあったらしいのですが・・人騒がせな人です(◎_◎;)。




+++




そんな中で 義理の母からお知恵を拝借したアルことが父の施設での生活の中で

役立っています。


それは 介護スタッフの方などとの連絡帳です。


わたしも ほぼ毎日父の施設には顔を出しているのですが

担当スタッフの方や それ以外のスタッフの方とタイミングよくお話ができることは

殆どありません。


ましてや 介護スタッフの皆さんは 常に忙しい中でお仕事をされています。

そこで 父のプライベートスペースに一冊のノートを置いておきました。



「何かありましたら 書いていただけると有難いです。」と表紙に書き込んで。


コレ、おススメです。




口で直接伝えづらいことなども書き込んだり スタッフの方から「○○なことがありました。」など

書いていただけるので助かっています。



介護スタッフの方も一人の人間です。

いくらお仕事とはいえ イヤな事は山ほどあるに違いありません。

そんな中で より良くコミュニケーションをとるためには「連絡帳」がいいのです。





+++





高齢になると わがままになる人もいれば 遠慮がちになり何も言えない人や

家族も「あ、そう云えば!!」と急用でなくとも本人からの申し出などを連絡帳に

書き込んでおくことで 見ていただけることもありますし 家族の困った!っていう出来事を

相談する前段階のクッションにもなります。


私のように うつ病で何か聞いても忘れっぽくなってしまうことがあるときも

メモ代わりにノートに書きこんでおくことで 見直すことも出来たりします。




義理の母には 父の介護施設入所のことは話していませんが

それとなく義理の父のことを話す中で義母からの知恵を拝借することが出来ました。


介護は 大変だとは頭では分かっていたつもりでしたが

本当に それは「つもり」でした。

当事者にならないと分からない・理解できない葛藤や苦悩は山ほどあり

義母の気持ちも私なりに理解できるようになりました。




にほんブログ村テーマ 生きる上で大切なことへ
生きる上で大切なこと

にほんブログ村テーマ 50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。へ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。

にほんブログ村テーマ 明日のためにできるシンプルなことへ
明日のためにできるシンプルなこと

にほんブログ村テーマ 主婦の友。へ
主婦の友。


にほんブログ村テーマ 小さな幸せへ
小さな幸せ

にほんブログ村テーマ 親の介護へ
親の介護

にほんブログ村テーマ 40歳以上女性日記へ
40歳以上女性日記