『プレミアムフライディー』って知ってますか?





*本日2回目の更新です。

 1度目の更新は エビフライ弁当の記事になっています。

 こちらの記事と合わせてお読みいただけると

 更新の励みになります。









先日 ラジオを聴いていたら

来年の2月から 毎月最終金曜日

プレミアムフライディー』とすることが決まったらしい。



はぁ? それ何?って方は

引き続きお読みくださいー。。







+++






この『プレミアムフライディー』とは

お国経済連お偉いさんたちが

お節介に決めたもの。 だって事前に労働者の皆さんは聞いてないでしょ?



長時間労働の是正と消費拡大を狙っての取り組みらしい。




オットに「知ってた?」と聞くと

「知らないよ。」と返事が返ってきた。


そして オット曰く

「人員も減らされ 仕事中も居眠りをするヤツ

有休も満日使い さらに体調不良とやたら休むヤツと

一緒に働く俺みたいな人には迷惑なことだ・・。」 と一言。



確かに 有休はあるけど

毎年 全く使えず それでは労働何とかに抵触するからと

上司の出世のために 1~2日取らされる形ばかりの有休・・



確かにオットは仕事を山ほど抱え

いつも「頭が疲れる・・」とグッタリしている。



プレミアムフライディーとやらで

2時間仕事を切り上げるなら

その2時間で出来る仕事は どこで埋め合わせしたらいいのでしょうか?



仕事ばかりが増えて困るのは

現場で働く真面目なみなさん。



「臨職で時給いくらって働く人は 

お金が欲しくて働いているのに困るよねー」とわたしが言うと

オットも 「本当に 困ると思う。 可哀想だなぁ・・」と。



実際問題

全ての職種にプレミアムフライディーが当てはまらないと思いますが

どのくらいの労働者が歓迎する制度になるのかは大いに疑問です。











にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。

にほんブログ村テーマ まいにちゴハン。へ
まいにちゴハン。


お弁当 ブログランキングへ








スポンサーサイト

Comment

No title
こんなの導入するのは大手企業くらいじゃないですかね?
役人の考えることはわかんないですよねー。
そもそもショップで働く夫には無縁!(笑)
フライデーどころか土日も年末年始も関係ございませんが?って感じです。
有給ももちろん残ってますよー。使い切れません・・・
なのに・・冬のボーナスも夏よりさらに下がりました。
やってられませんよね~(笑)
No title
「プレミアムフライディー」とは違うかもですが、内閣府男女共同参画では、次回の第4次男女共同参加基本計画で、残業をなくす??減らす??案が入ってくるそうですよ。
まだまだ日本は、女性より男性社会。
男性の残業を減らし、家事や育児が男性でもできる環境を・・・。
みたいですが。
中小企業が大半の日本で、どのくらい浸透するのかは不明ですけどね。
  • 2016/12/20 16:05
  • まるちんまま
  • URL
yukiさんへ。
こんにちは。

本当にお役人の考えることは理解不能です。

yukiさんのご主人は 今の時期すごく忙しいんじゃないですか?

お正月休みは 世の中がお正月休みが明けたあとに 

ゆっくり取れるから 反対に渋滞とかないと思うけど・・

わが家は 上司の指令で年末、有休を使うみたいです。

どうせなら 平日の空いてる時がいいんですけどね~。
  • 2016/12/21 11:51
  • あんこ
  • URL
まるちんままさんへ。
こんにちは。

またコメントをいただきありがとうございます。

そっかー、、残業を削減もしくはカットする案が出ているんですね~。

わが家のオットの職場は基本、上司から言われなければ残業は一切なしです。

でも 以前は日中 仕事もしないでプラ~っとしてる職員に限って

4時半過ぎから 猛烈に仕事をし出すとかあったようで・・

そういう職員は残業代狙いだったようです。

オットの職場は一応、男性も育休を取れるようなんですが

とってる人を見たことがないそうです。

そもそも お国や会社から育休を促されることに違和感を感じる

古臭い考えの私なんですが これからの若い世代の方は

男性も育児に参加しないのはおかしい!!とか 

声高らかに言うようになっていくんでしょう、益々。

離婚理由は?と聞かれ「家事を分担してくれなかったから」とかいう

理由も増えるのかしらね~ おばさんの私には考えられないけどね。

男性も家事力つけなくちゃね~~。
  • 2016/12/21 12:03
  • あんこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)