たのしむ生活

あんなコト・こんなコト 毎日のささやかな生活を綴ります。

■曖昧は苦手です。





*本日2回目の更新です。

 1回目の更新は休日ゴハンの記事になっています。

 こちらの記事と合わせて読んでいただけると

 更新の励みになります。 よろしくお願いします。







+++






オットの特性を少しでも知ろうと

いろいろな本を読み漁ったわたし。



それは もちろんオットのためでもあるんですが

わたし自身もオットと言い合いをすることなく

快適に生活する方がメンタル的にいいから・・。










+++





ふだん私は どれだけ曖昧な言い方で暮らしてきたか

オットの特性を知ってから思い知らされることが多い。


「もう、ちょっと」  「あと、少し」  「だいたい」  「いつもみたいに」・・


オットのハンディだと これらの言葉を理解するのは

すごくストレスを感じるコトなのだと知りました。

オットからすると

「もうちょっとって、どれくらいの時間? 何分?」って感じで。



なので うっかりしない時以外は

具体的に 「あと10分で終わるよ。」とか

「このTVを見終わったらね。」とか

分かりやすい言い方で伝えます。



そうすることで

オットのイライラが目に見えて減りました。

わたしのストレスも・・。



これは 時間だけではありません。

ふだんのお弁当のごはんの量でも・・


面倒ですが オットに「ゴハンの量はこのくらい?」と

よそった分量を確認してもらい 私がオットの適量を覚えました。




わたしの快適とオットの快適

全く違うのだと知ることが基本でした。






*オットの特性は未診断のため

 症状名を伏せて記事を書いています。

 ご了承ください。




















スポンサーサイト