■涙のワケを聞かせて・・








*本日2回目の更新です。

 1回目の記事は 『鱈の塩ザンギ弁当。』です。

 コチラの記事と合わせて読んでいただけると

 更新の励みになります。 よろしくお願いします。








+++






人は を流します。




それは 悲しい時ばかりではありません。



オットには いま目の前のひとが一体なぜを流しているのか

理解することが不得意なところがあります。















+++





オットと婚約したばかりのころ

私は嬉しさから を流すことがよくありました。


でも そんな時オットが決まって言った言葉は

「泣かないで・・ 泣かれると、どうしていいのか分からないから・・」でした。

その時は よく聞く

女性のに弱い男性の決まり文句だと思っていたんですが・・




特異な特性を持った人は

相手の心を推し量ったり 想像したりすることが苦手です。


なので きっと婚約時代のオットも

なぜ私が泣いているのか 全く見当がつかず

自分が何か悪いことをして泣かせてしまったのではないか?と

動揺したようです。



もちろん 多くの方は

前後の話の内容などから なぜ泣いているのか推測が付くのですが・・



もちろん オットも

人が泣くのには いろいろ理由があることは知っています。


哀しいとき」 「嬉しいとき」 「感動したとき」 「悔しいとき」

「不安なとき」 「情けないとき」・・



でも 目の前の人が泣いている状況は

どのパターンに当てはまるのかが理解できないんです。




もちろん 私は全てのパターンではありませんが

「?」マークが頭の上にいっぱい付き

どうしていいのか分からなくなっているオットに説明します。


「このは 感動したからなんだよ。」

「泣いているのは とーたんが優しいこと云ってくれたからなんだよ。」と。

こうすると オット自身はホッとして緊張がほどけるようです。



面倒な時には そのままってこともありますが

もろい私の涙にオットも 少しづつ慣れてきた今日この頃です。







*オットの特性については

 未診断のため症状名を伏せて記事を書いています。

 ご了承ください。

















スポンサーサイト

Comment

No title
あんこさんのブログで カサンドラ症候群というものを知りました。
身近に話を聞いてくれて適切なアドバイスをくれる友人と叔母さまがいたのは、本当に良かったですね。

軽はずみなことは言えませんが、何か一言コメントしたかったのです。

寒い季節、風邪などひかぬよう ご自愛ください。
  • 2017/01/18 18:33
  • ウーロンパンダ
  • URL
ウーロンパンダさんへ。
こんにちは。

コメントありがとうございました。

「カサンドラ症候群」って私も全然知らなかったんですよ。

でも 結婚以来頻繁にある不眠や不安感や虚脱感・孤独感などが

カサンドラの影響だったのかも・・と。

個人を特定できにくいとは言え ブログで自分のメンタルなことや

夫の特性のことを語ることには勇気がいりましたが

ウーロンパンダさん以外の方にも 「初めて知りました。」と

カサンドラの存在を知ってもらいたのは嬉しいです。

もし身近にそんな女性(男性もいます)がいたら 

温かい言葉をプレゼントしてあげてくださいね。

でも 決して同情とかの言葉じゃなく・・ね。

ウーロンパンダさんの 「何か一言コメントしたかった」って言葉

嬉し方ですよ。ありがとうございました。

  • 2017/01/19 12:04
  • あんこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)