たのしむ生活

あんなコト・こんなコト 毎日のささやかな生活を綴ります。

■オットの特性について、きれい事を言うつもりはないけど・・





*本日2回目の更新です。

 1回目の更新は 『さんまの甘露煮弁当。』です。

 こちらの記事と合わせて読んでいただけると

 更新の励みになります。 よろしくお願いします








+++







結婚前から 特異な特性症状名は知っていました。



なぜ? 

自分でも不思議です。



ただ まさか自分の伴侶がそうかもしれない・・と、なると

やっぱり 気持ちの葛藤はかなりありました。




カウンセラーの叔母は

「わたしは専門家じゃないけどね」と前置きをした上で

いろいろ話を聞いてくれました。

















+++







叔母:「○○さん(オットの名)が そうかもしれないと思った時

     どう思った? モヤモヤがスッキリした?」


あんこ:「ん~ 苦しかった。 それも、ビルから落とされるような感じじゃなく

      深くて真っ暗な 水の底にゆっくり、ゆっくり時間をかけて

落ちていくような息苦しさ。」



正しく オットの特性が確信に(私なりの見解で)分かったとき

あまりのショックで 目に見えない不安と恐怖で

息が出来ないような感覚になりました。



でも オットの 「俺も我慢している」って 絞り出すような言葉で

はぁっ、とさせられました。



私よりもオットの方が 長年自分の特性が分からず、

ましてや親や周りの方に理解されず

随分 窮屈で生きずらい思いをしてきたんだと気が付きました。



そう思ったら 色々な見方が変わりました。



確かに オットの言動で

腹が立つことも イライラすることも いっぱいあります。

それは 以前と変わりません。


でも 以前は そのイライラをトゲのある言葉や態度に出すことばかりでしたが

今は 一呼吸置いて 淡々と 「そういう言い方をするとケンカになりますよ。」と

感情をコントロールして伝えることができるようになりました。

もちろん 極々たまには ドスの効いた声で怒ることもあるけど・・(;^_^A



でも オットは何も私が嫌いでKYな言動をしているわけではないし

悪気はないんだから・・。



オットには 気は遣っていません。

最初の頃は オットの機嫌を損ねないように・・喧嘩にならないように・・と

私が明るく振舞いすぎて 疲れてしまったけど

それじゃ身が持たない・・と 気づき 

気は遣わないけど 配慮はするっていう方に切り替えました。


そしたら 私自身もとっても楽になりました。


どんな夫婦だって やっぱりお互いに配慮することがなくなると

ケンカになるし・・


「わたしが言っていることってきれい事なのかな?

腹を立てて感情的になる方が人間らしいのかな?」って自問自答することもあるけど

人は人 私は私って思い オットと進んでいくしか今は出来ないって思っています。



KYなオットだけど・・

へんてこなオットだけど・・

そのへんてこさを笑いにかえてあげられるのって

私だけだと思っているから・・^-^v。









*オットの特性については

 未診断ですので 症状名を伏せて記事を書いています。

 また 特性についての工夫や感じ方は私なりのモノで

 すべての方に当てはまるものではありません。

 ご理解ください。













スポンサーサイト