『土地との相性』ってあるのかしら?



*本日2回目の更新です。

 1回目の更新は お弁当日記になっています。

 こちらの記事と合わせてお読みいただけると

 更新の励みになります。 よろしくお願いします






+++







先日 入院する友人のお見舞いに出かけた。



彼女とは40年来の友人関係だ。

互いの家庭の事情から思春期に熱を上げた憧れの先輩など

もしかすると 親兄弟以上に互いの青春時代の事を知っているかも

しれない。



そんな 彼女と「土地」との相性の話になったことを書いてみようと

思います。




にほんブログ村テーマ 今日のココロへ
今日のココロ



+++





わたしが この街に越してきて今年で5年。

友人も結婚し この土地に越してきて約25年・・。



4年前 数十年ぶりに再会した友人は

以前の友人とは似ても似つかいなような性格になっていた。



人付き合いがよく 誰とでもすぐに友人になれた以前の彼女は

もう、どこにもいなくなっていた。

『人嫌い』になってしまっていた。




+++




わたしね、この街に越してきたから

どうも 病気はするし体調もすぐれないし メンタルな面でも

落ち込みが激しくて トラブルも多いんだよね・・。と話すわたしに彼女が


「私も・・」とつぶやいた。


彼女も この街に来てからやることなすこと上手くいかず

そんな日々を繰り返すうちに 今は「誰とも会いたくない」と思ってしまうまでに

なってしまったらしい。


土地との相性ってある。」と 聞いたことはあったけど

実際に 彼女も私もそして わたしの妹も・・

気が付けば 結構この街と相性が合わず不調になった人が

周りにはいた。



湿気が多い町は体調を崩しやすいし メンタルな面でも影響しやすいと

聞いたことがあるが 本当なんだろうか?


もちろん 湿気に限らず

人それぞれ「合う町」「合わない町」ってあるのかもしれない。



カウンセラーの叔母にも 「そんなことってあるの?」と聞くと

「よく聞く話だね。 病弱な人が住まいを変えた途端に元気になったとか、

他の町に転勤になったら 性格が明るくなったとか・・あるみたいよ。」と言われた。


叔母に

「わたし 友達がすぐにできる性格なのに この街に来てから

友達一人も出来てないし、何をやっても裏目に出るんだよね・・。」というと

土地との相性は確かにあるのだといった。



オットは 

「そんなこと言ったら 転勤族はそのたびに 合わないこともあるだろう」と言ったけど

ここまで何もかもツイてないと そう言いたくなる気持ちも分かって欲しい。



現に この街に来て10年来の知人2人と縁を切った。



結婚後 わたし自身は何も変わっていないと思うのだけど

相手の妬みや、やっかみが激しくて(リサイクルやフリマで洋服を買っているだけで

お金を貯めるのが趣味なの?」とか散々言われたから・・。)

確かにオットは真面目だけが取り柄の人で 出世はしないが生活に困るような

思いはしていない。 

親友にも「わたし結婚して変わった?」と聞いたが

「あんこは 昔とちっとも変っていないよ。」と言ってくれた。


でも 結婚したとたんに その知人は私に対する妬みが激しくなった。

しんどかった。



今度 転勤があったら どんな街に行くか分からない。

行けと言われれば「はい」と二つ返事でお引越しだ。


今度こそ 習い事や地域に溶け込んで

友人を作りたいと思う私です。





















スポンサーサイト

Comment

こんばんは~☆
土地との相性…考えたこともありませんでした💦
ずーっと名古屋なので余計かな…
そー言うことあるんですねー
でも、今の家には長いこと住んでますが、あまり相性が良くない気がするんですよね(><)
なんとなくですが、悪い事がたくさん起こったなーとか時々思います…でも、厄年とかも経験したのでそのせいかな。
あんこさん厄年ってなんか影響ありました?
こぶたさんへ。
コメントありがとうございます。

生まれて ずっと名古屋なんだね。

例えば 同じ町でも生活拠点を変えるだけで

違ったりするらしいです。

厄年はあった・・19歳のとき交通事故被害で半年入院。

33歳の時は・・ちょっと母との相性が悪くて・・これ以上は書けないな・・ヘビーだから。

とにかく いろいろあったと思う。

夫も前厄で前妻さんと別居・本厄で離婚・後厄で仕事で僻地に飛ばされる・・って(;^_^A

わたしもですが 33歳の時は母の妹のカウンセラーをやっている叔母が

厄除けにって腕時計を買ってくれたんだよね。

厄年のときは 年上の人に「長いもの」を買ってもらうといいみたいよ。

それが良かったのかな・・33の厄年のときは死なずに済んだ。

今年 親友の娘さんが厄年だったんですが ブレスレッドをプレゼントしましたよ。

  • 2017/03/14 05:04
  • あんこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)