たのしむ生活

あんなコト・こんなコト 毎日のささやかな生活を綴ります。

『もう、お前とは離婚する!!』






過激なタイトルですが 大したことはありません。




よくある オットの「特性あるある」ですから・・






にほんブログ村テーマ こぼれた感情へ
こぼれた感情





+++





オットの特性は 面倒になったら、とにかく手っ取り早く

『逃げる』を選択しがちだ。


自分からも相手からも・・問題からも・・。


そのためか 1つの職場で長続きせず

転職を繰り返す人も多く そんな男性と結婚してしまい

苦労する奥様も多いと聞くことがある。


オットは 「仕事」=「初めて親(母親)から認められ(期待に応えらた)勤め先」なので

辞めるという選択肢は死んでも選ばないだろう・・辞めれば母親から見捨てられると

深層心理に摺り込まれているように感じる。(私の見解ですが)



*もちろん 転職を繰り返すからといって「特異な特性」があるとは
限らないけれど・・ ココは誤解のないように言いたい。



だから いつも『逃げる』選択ばかりしているので

それが トラウマになり同じ問題が起こったときも

以前のイヤな感情が更に大きなストレスとなり襲い掛かることを

繰り返す。


立ち向かうことが苦手なのも この特性の特徴だ。



今回は 自分の問題から逃げやすいところを指摘されたため

思考回路が停止し・・

で、 『もう、お前とは離婚だ!!』と、なったようです。







でも これは一時の感情・・特性あるある。

その場しのぎの発言で、爆発に過ぎない。



だから わたしは自信満々に反撃してやった。



「あなたは わたしと離婚しても もう私の様にあなたの特性を理解し

時に母親、時に姉や妹、時に友人ってなってくれる人は現れませんよ。二度と」って。


だって 親も兄弟も10年一緒にいた前妻さんですら

オットの特性に気が付いた人は誰一人いなかったのだから・・。

オット自身がそのことを一番よくわかっている。

わたしが 彼の人生で唯一、その特性に気が付き「あなたにはこんな特性がある」と

言った人間なのだ。





翌日 オットに 「離婚するなら荷物(私の)まとめるし

自分で自分自身の特性を理解しようと努力するなら、離婚はしないけど

どうするつもり?」と聞いてみると あっさり

離婚しない。 特性を理解する努力をする。」と 答えた。




+++



特性をもった人は 時に感情的に

「もう○○しない!!」や「一生○○しない!!」「絶対に○○は辞める」などと

言いがちだ。


きょうは 書かないけれど

他にも 特性あるあるな「もう○○しない」発言があった。





いま わたしは オットに「ある」を 越えてもらうべく手助けをしている。

このを乗り越えられたらきっと彼は忌々しい過去トラウマから

1つ卒業することができるし 自分に自信がつくはずなのだ。






ちなみに・・オットに離婚する!!と言われて 胸糞悪いので

これ見よがしに結婚指輪を外し 無言の抵抗をしています。

オット・・気が付いているんだろうか? 

















スポンサーサイト