たのしむ生活

あんなコト・こんなコト 毎日のささやかな生活を綴ります。

歩幅を合わせられない・・。



*本日2回目の更新です。

1回目の更新は「特性診断テスト」についての記事になっています。

コチラと合わせてお読みいただけると更新の励みになります。

よろしくお願いいたします。




+++





このブログにも何度か笑い話の様に書きましたが

一緒にお買い物に行きたがる夫の行動の一つのエピソードです。






にほんブログ村テーマ 私の暮らしへ
私の暮らし

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。



+++




いくら 夫が再婚 私が晩婚(初婚でしたが)でも

20代30代とまではいかないまでも

新婚新婚お買い物に行ったときは

手こそ繋がないまでも 歩幅を合わせ一緒に歩くのが

私の中での普通でした。



しかし・・




夫は悪気はないようなんですが

どんどん、、どんどん、、私を置いてズンズン、、ズンズン、、先に行ってしまう。

私を置いて・・


毎回 そんな感じでしたので

呆れた私が取った行動は 「物陰に隠れ いつになったら

私が後ろにいないことに気が付くか観察する。」ことでした。






+++





ずいぶん気が付かれずに 「えッ!?まだ 気が付かないの~?」と

哀しくなったのは数知れず・・。


本当に 気が付かないんです。


驚くくらい・・


物陰から探偵のように 観察していると

フとした瞬間に夫が 「アレッ!? あんこがいないッ!!!!!」と

パニックにも似た言動で慌てて探すってことが何度も・・



結婚して2年くらいは それが続きました。



今は よほど懲りたのか・・

それとも 探す手間に疲れたのか・・

歩幅を合わせるようになった夫。


わが家の夫と同じ特性を持ったご主人との生活で

困ったことの1つのエピソードが書かれていた

本を読みました。




「ウチと同じだわ」と苦笑した。



+++



特性を持った家族がいない人の中には

こんなエピソードを書くと「子供じみている」とか

「かわいいご夫婦ですね」とか思う方もいると思うんですが

特性を挙げれば限がないほど・・


修行なんて容易いモノじゃありません・・苦笑。




苦行ですよ。








*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村に参加しています♪



スポンサーサイト