たのしむ生活

あんなコト・こんなコト 毎日のささやかな生活を綴ります。

『夫婦カウンセリング』を受けると言った夫の真意。






夫の特性を知ったのは・・と、言っても

診断のため(この街には大人を診断できる医師がいない)

夫の奇妙な言動を書き連ね ネットで検索してみたら

「特性に行きついた」のだ。







にほんブログ村テーマ 主婦の独り言へ
主婦の独り言

にほんブログ村テーマ ダンナ弁当。へ
ダンナ弁当。






+++



しかし その後に精神科医でもある

岡田尊司先生の「愛着障害」と出会い

夫は 元々確かに軽度の特性はあったものの

そのほとんどは 親(母親)の教育(価値観)から

特性と区別のつかない症状が出るようになったのではないかと

思っています。


あくまでも 私の考えです。





+++




そんな夫は再婚者です。

以前の奥様は夫に「私は鬱病だから 食事の支度は出来ない」と

常々言っていたそうです。


しかし 夫からの聞き取りだけではハッキリしたことは

いえませんが

本当に鬱病の人は

「辛い」「生きているのが苦しい・死にたい」などの言葉を言っても

なお頑張り続け 行き場のない壁にぶつかる状態で苦しむのではないのかと・・。

本当に

うつ病の私に食事の支度をさせるつもり?」と云ったりするものなのでしょうか?

前妻さんのその言葉は 夫と前妻さんとの過去のメールのやり取りで

確認しました。



食事の支度も掃除も何も出来ないほど

鬱状態が酷いと本人が言っていたとは云うんですが

夫に「お飲んでいるの見たことある?」と聞くと

「ない。 精神科ってお出さないんじゃないの?」と

すっかり信じていたようです。


病院に行っていたというのも 本人談で確認はしていないと

云うのです。





+++





だからなのでしょうか

今現在の私の主治医に夫が会うと言ってくれました。

病状や鬱かどうかの確認をしたかったのでしょう・・。


主治医から 私の今現在の症状を聞き

夫なりに納得が出来たようです。


なので 私から主治医に

「本当は夫婦カウンセリングを受けたいと思っています。」と

今の正直な気持ちを伝えました。



私自身 夫の特性があるのかないをハッキリさせるより

私たち夫婦のこれから進むべき暮らしの道しるべを

ひとりでなく二人で模索
する方が

「ご主人あなたは特性を持っています。」と断言され

夫自身が自信を失くすより もっとより深く夫自身の幼少期からの

母親との親子関係や兄弟との関わり 職場での人間関係を見直し

最終的に私との暮らしの在り方も改善できるのでは?と

考えたからです。





+++




わたしも 最初は「夫の特性の診断を強く望んでいました。」


しかし カウンセラーの叔母から

診断を受けて何か変わると思う? あなたのご主人の性格だと

自信を失くし逆効果になる恐れもあるかもよ。」でした。


それは 他の女性カウンセラーの方からも同じ意見を頂きました。


診断=(束の間、やっぱり)とホッとするのは配偶者の私』と

今なら思えます。





勿論 人それぞれ同じ「特性」を持っていても

十人十色、本人の受けるダメージや前向きさには個人差があります。

しかし 本人の性格を十分に考慮したうえの

診断でも遅くないと思います。




お子さんの場合では 療育っていうんですか?

今の時代はそちらがメインのようですが

この先 5年・10年後には 「療育」でなく

「(特性は特性として)個性」として認める方が主流になっているかもしれません。





夫婦カウンセリング」を受けると言ってくれた

夫の心が変わらないことを祈るばかりです。


嬉しい第一歩になることを祈っています。







*いま 私はメンタルクリニックに通院治療しています。

時々 記事に対する誹謗中傷を書き込む方がいます。

今の私の精神状態では そのコメントを聞き流す器量がありません。

温かいコメントが欲しい訳ではありませんが ご理解していただけると

幸いです。







にほんブログ村にほんブログ村に参加しています♪


スポンサーサイト