実家の片付けの鉄則。






夜中に目が覚めて 眠れなくなってしまった。

そんな私を気遣う様に娘がニャーと鳴いて

カラダをこすりつけてきた。


「お母さん、大丈夫?」って感じなのかな?

「お母さん、疲れたよ~・・・眠れないよ~~」と

真夜中の密談。



こんな時は 無理に寝ようとせず

ブログUP。







にほんブログ村テーマ 父・父親・おとんへ
父・父親・おとん

にほんブログ村テーマ 親の家の片づけへ
親の家の片づけ






+++




お盆に2日間 わたしの実家に帰省した。




★←実家に帰省した時の記事はコチラ♪




分別されずに 色々なものが只無造作に入れられた

段ボールやスーパーの袋を開け

重要なものは入っていないか 一つ一つ確認しながら

まずは 捨てるモノから片付けていった。





+++




本当は 収納のためのチェスト類も

居間にはあるのだけれど 出しっぱなしの

生活用品や薬の類は その中には入れない。

入れたい気持ちを グッと堪える。

理由は・・


片付けは 住んでいる人が困らないように
何がどこにあるか すぐにわかる。』が基本で鉄則。


片付ける側の価値観整理整頓しないこと。
が重要なのだ。



ましてや 父一人の暮らし・・事情や年齢もあり

物忘れも多くなってきている。


だから 本来なら出しっぱなしのモノは

収納できるところに戻したいのだけれど

父本人に「ここに入れたよ。」と一旦伝えたとしても

たぶん そのことは数日後には忘れてしまい

何処にあるのか分からなくなり困ってしまう事態が予測される。



現に 困らないほどあるマスク

買ってきて袋に入れっぱなしで放置し 

どこにあるか分からなくなったのか

買ってきたこと自体を忘れてしまったのか

また 違うところから袋に入ったマスクが出てきた。


そんなものだ。





+++




だから わたしは実家の片づけは

基本 ゴミだけを処分するに徹する。

これが 一番問題やいざこざが互いになくて感謝される。


他の人から見て 不用品に見えても

本人には「大切なもの」だってあるが

食べたスナック菓子の袋を「大切なもの」と云ってしまうほど

まだ そこまで父も老いてはいないので安心だ。




+++




人には 長年積み重ねてきた自分なりの

「習慣」がある。


だから 確かにそこは私の実家ではあるけれど

今は父だけが住む家になっていることを

頭の片隅に置いて片づけをしてきた・・つもり。



決して 私の価値観を父に押し付けない。



ただ 父には「ゴミはたまる前に片付けた方がいいよ。」とだけ

伝えた。

あとは いろいろ言っても出来ないものは出来ないのだし

高齢になって持病もあるのに 未だ誰にも頼らづ

仕事も頑張る父にそれ以上は云えない。




夫と 「毎週は無理だけど 少し帰省する回数を

増やさないとね。」と 話をした。

それが いま出来る私の役割だ。







心の叫び 10ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
心の叫び 10ブログトーナメント

コチラにも参加しています。












いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます♪








スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)