■お付き合いを断捨離した人は・・








わたしは ギリギリバブルの時代を知っています。



とは云え 一人暮らしだったことと

ブランド物の洋服やバッグ・アクセサリーには全く興味もなかったし

周りに合わせて買いそろえるだけの生活の余裕もない

貧乏暇なしの一人暮らしでした。









★←「年齢と共に見直す『人付き合い。』」の記事はコチラ♪

★←「今日のお弁当と精力剤と・・の記事はコチラ♪







にほんブログ村テーマ 50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。へ
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。

にほんブログ村テーマ 主婦の友。へ
主婦の友。






+++





だから 結婚してからも そんな若いころからの生活スタイルは変わらず

洋服は洗濯機で洗えるのが基本だし

高価なブランドのバッグも 持ってもいい年齢にはなりましたが

何一つ持っていません。



そんな中 結婚前からお付き合いのあった年上(5歳ぐらいかな)の

知人女性が わが家に遊びに来るたびに

結婚後のわが家の経済状況をやたら聞きたがる・・



ブログにも何度か書きましたが

今まで わたしは夫には新品の衣服を買っても

自分では リサイクルやフリマで見つけた洋服を着ていました。


そんな私を見て その知人女性は

「あんこちゃんって お金貯めるの趣味なの?」と驚きの発言。

そればかりか 結婚記念日直後に会ったときなどは

「結婚記念日(5月5日)は どこかに旅行に行ったんでしょ?」と。


驚きと呆れにも似た怒りを抑えつつ

「うんん、結婚記念日だったけどバイキングに行って

ごはんを食べて帰ってきたんだよ。」と云うと

「え~何で~~旅行とか行かないの?」と・・。


私の方が「えーーーーーーーーー??????何で結婚記念日だからって

旅行に行かなきゃならないの????」と あまりの発言に耳を疑いました。




+++




こういう人は 本当にお付き合いを続けるのは

ストレスが溜まる一方です。


なので お付き合いをバッサリ、スッパリ切らせていただきました。



他人と自分の経済状況を比較して どう思ったのかは分かりませんが

そんなことをして自分が惨めにならないのでしょうか?

私は 他所の家庭の経済状況なんて 何一つ気にならないし

比較したところで 何かいいことでもあるのでしょうか?



他人の貯蓄額や子供の成績・ご主人の収入に勤め先での役職・・

そんなもの 「糞喰らえ!!」って 思う毒吐きあんこでした。












にほんブログ村テーマ ココロの断捨離へ
ココロの断捨離

にほんブログ村テーマ 日々の暮らしへ
日々の暮らし












にほんブログ村に参加しています♪







スポンサーサイト

Comment

同感です。
それがどうした?と言いたいですね。

イラつくだけのお友達とはお付き合いの必要ないですね。

  • 2018/02/13 21:03
  • いとこいさん
  • URL
こんにちは、はじめまして。

そうですね、そういう人とはお付き合いしない方が自分のためですね。
とは言っても私もそうしたいのですがなかなかできません。根性なしです・・・
  • 2018/02/14 01:40
  • ぷにゅママン
  • URL
いとこいさんへ。
こんにちは。

いつもコメントありがとうございます。

わたしも 相当ガマンしてましたが 我慢にも限度も限界もありますし

他の人も(私と同じで被害に遭っている人)徐々に距離を取るようになっているみたいで

本人だけが気が付いていないようです。

可哀想な人だなーって 同情しちゃうくらいイタい人だと思います。

きっと お金以上に大切なものを見つけられないまま生きてきたんだと思います。
  • 2018/02/14 08:56
  • あんこ
  • URL
ぷにゅママンさんへ。
こんにちは。

はじめまして。コメントありがとうございます。^-^♪

私も数年我慢しましたが 会うたびにガマンの限界を超える言動に

堪忍袋の緒が切れました。

確かに 世の中には「なかなか切れない縁」もありますが

どこかで線を引かないといけない時もあるんだと最近思う様になりました。

20代のころは 人付き合いに今以上に悩んだことがありましたが

あるとき「嫌われても死なない。」と開き直ることができ

それまで いつも痛めていた胃痛がなくなりました。

開き直りが 私には必要だったようです。

ぷにゅママンさんも 今すぐに人付き合いの断捨離ができなくても

徐々に距離を置きながら ストレスを溜めないようにしてくださいね。


  • 2018/02/14 09:03
  • あんこ
  • URL
若い頃はいろんな事に夢中で自分本位になっていましたが、歳をとるごとに、また友人から付き合い方の品格を教わりました。
それは簡単な事で、自分の価値観を相手に知らせるが、価値観は押し付けるものではないと。相手を尊重する事だと。。。自分とは人生、生活の環境が違うので違って当たり前。
だから相手を尊重できない人や許容できない人と付き合うのはキツイですな。
経済的利害関係がないので私もあんこさんと同じ様な行為に出るかもね。。。その行為は自分の世界を狭くするものではないしね。いろんな意味で世界は広いですからね。。。決して仲良しクラブを作る事とは違うしね。
あっ、違う方向へ行ってしまったコメになっちゃったかな。。。ダハッ!
  • 2018/02/14 10:03
  • Zubola
  • URL
  • Edit
Zubolaさんへ。
こんにちは。

男女関係なく 人の見た目や住まい・仕事で優劣をつけたがる人は大勢います。

夫は お付き合いをしている時 ちゃんとしたプロポーズの言葉を云ってはくれませんでしたが

「自分は お金も無いし(貯蓄は前妻が持ってトンずらした(◎_◎;)スゴイわ)この先

出世もしないけど それでもいい?」と言ったことがあります。

その言葉が全てその人の人となりを表していると思いました。

幸せは人がみて判断するものじゃないし 決めつけるものでもありません。

たま~に 美味しいご飯を食べに行けて たま~に気持ちがいい温泉に入って

小躍りするくらい山菜やキノコが採れれば充分じゃないかと思うんですよね。^-^♪

その女性は きっと人と自分を比較しないと 自分の立ち位置を見失いそうなほど

不安定な状況に常にいるんだと思います。

灯台下暗し・・幸せって小さいから見つけずらいものなんだと思います。


  • 2018/02/14 10:55
  • あんこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)