専業主婦って楽に見えますか?








20代のころ学生時代の友人が授かり婚(当時は出来ちゃった結婚と言われていた)を

した。


当時 確か22歳とか3歳とかの頃だったと思う。

友人のお母さんとも面識があり たまたま会ったときに

「恥ずかしくて(授かり婚で) 結婚式はしない。」と お母さんの方から苦しい胸の内を

私に話してきた。  泣いてました。

一人娘で まさしく蝶よ花よと家事の一切もやらせたことがなかった可愛く大切な娘。 

きっと 母親なりに娘の美しい花嫁姿を見たかったに違いない。


友人の中でも 大人しく授かり婚をするとは 想像もできなかった友人だったので

驚いたのは確かだ。



そして 最初に妊娠したのを打ち明けられたのは私だった。

それも こんな言葉で「あんこなら(授かり婚)理解してくれると思って~」だった。

はぁ? ちょっと待ってください!! 全然理解できません。

わたしは 自分の人生を自分なりに考えて暮らしていたので

お付き合いしている人はいましたが 客観的に「「この人と結婚しても

大丈夫だろうか?」と すごく結婚に慎重でした。






こんなことを言うと 誤解されるかもしれませんが

お米の研ぎ方もわからな~い。と言いながら 子どもの作り方は

いっちょ前に分かってるんだ~~へぇ~~~~って呆れました。



この友人のお母さんの気持ちを考えると説教の一つも

してやりたい気持ちでいっぱいになりましたが

あまりにアホ過ぎて 何も言いませんでした。









にほんブログ村テーマ 主婦や女性の生き方へ
主婦や女性の生き方

にほんブログ村テーマ 専業主婦の日記へ
専業主婦の日記
















+++





その友人が結婚して暫くしたころ 他の友人数人と

お祝いを持ってお宅に訪問した時のことだ、その言葉を言われたことは、、

「いいなぁーみんな自分の自由な時間があって~」と。


いやいや、、待って頂戴、あなた結婚前は「もう仕事するの嫌だ。早く結婚したい」って

散々言ってたよね? 忘れたの?だった。


友人だけど ムカついた。




親友と二人 「あれって どういう意味? 自分で仕事をするのがイヤだから

結婚したいって言ってたじゃん。 私たちはイヤな上司がいても 意地悪なお局様から

嫌がらせされても 必死に自分の生活を自分で守ってるんだよね? 

そんなに自分の時間が欲しいなら ちゃんと避妊して計画的に結婚をすれば

良かったんじゃない? 何寝ぼけたこと言ってるのさ。」だった。




そして 他に後れること数十年40歳を過ぎて結婚した私。

夫の希望で専業主婦になった。

それを知った その友人が言った言葉も無神経極まりないものだった。

「いいね~。働かなくって。専業主婦って楽でいいよね~。」だった。



はぁ? ・・もう言葉もなかった。





+++




持ち家が欲しいとか ご主人の度重なる転職などで

共働きになった友人。 


確かに 隣の芝生は青く見えるのだろう・・。


確かに わたしは楽をさせてもらっています。

家事も何もかも手抜きで 終いにはメンタルの歯車が狂いだして

クリニックにも通っています。

夫からすれば 重たい荷物だと思います。




でも 世の中にいる専業主婦の方の殆どは

楽はしていないと思うんですよ。

夫の収入だけで 子育てをしながら進学のお金を必死に節約して貯めている人も

いるだろうし、自分の親や義両親の介護をしている人だっています。

専業主婦だって 立派なワーキングママの一員です。



わたしが 通っているメンタルクリニックの先生も

私が「専業主婦なのに夫の重荷になっていて・・」と 最初のころ話すと

「そんなことは ありませんよ。 専業主婦だって立派な職業です。引け目を感じる

事は全くありませんよ。」と 話してくれた。




今の時代がそうだから 仕方がないかもしれませんが

専業主婦・ワーキングママとあまりに分け過ぎる気がする。

わたし達が 幼いころから共働きの家庭や専業主婦のお母さんのいる お家もあったけど

そんな ワーキングママVS専業主婦みたいな感じは、なかったもの。

働いているお家の子供を近所の専業主婦のお母さんが自分の子供と一緒に

預かったり面倒を見たりして 和気あいあいとしていた気がするんだよね。



でも 「そんな時代じゃないでしょ~」と言われればそれまでだけど・・。






ここに書いたことは 私個人のことで 世の中全般に「私の意見が正しい!!」と

言っている訳ではないことだけは ご理解ください。

一番大切なのは 専業主婦の方もお仕事をされている主婦の方も

自分の暮らしを大切に生きていきたいということだと思います。


お互いの立場を尊重することが基本だと思うのです。










にほんブログ村テーマ 暮らしの選択。へ
暮らしの選択。

にほんブログ村テーマ みんなのライフログへ
みんなのライフログ

にほんブログ村テーマ 妻・嫁・母・女のストレスへ
妻・嫁・母・女のストレス















にほんブログ村に参加しています。
いつも応援凸ポチッ、ありがとうございます♪








スポンサーサイト

Comment

とっても感動で読ませていただきました。
  • 2018/05/08 18:06
  • izumi
  • URL
No title
その友人は甘えがあるのでしょうね そして隣の芝生は・・なんです

人と比べることから、悲劇におちいるのでしょうね

比べて一つもいいことありません。人それぞれですし・・・。


今は2重のおめでたというようなこと聞きますけど

時代が変わったといえばそれまでですが・・


専業主婦を下に見る人間をぶっ飛ばしたいワッ!


  • 2018/05/08 23:12
  • プチ・クレソン
  • URL
  • Edit
そのお友達は自分の現状に常に不満を抱いてるか
もしくは「えー、そんなことないよ〜、◯◯ちゃんの方がいいじゃない〜」
を期待してるか?かなぁっとなんとなく思いました。
そういう人には【そうなの!いいでしょ?幸せよ】オーラを出すと
大体黙ると思うよ。

しかし、不満ばかり言ってると
本当につまらない人生になるのにね〜。
頑張ってる自分を褒めてやればいいのに、
残念なお友達だねぇ・・
おはようございます ♪
コメント初めましてかな ♪
涙あふれてきて
代弁していただいてありがとうございます!
ブログのあたしもありのままのあたしだけど
どうしても書けないこともあります。。。
あたし、あんこさんのように
文章も上手く書けない(*/ェ\*) ィヤン
いつも工夫して美味しそうなお弁当を
作られていて尊敬してます☆
家事の工夫もいっぱい!
冷え対策もいつもなるほど〜って
読ませていただいてました(*´ェ`*)
泣き虫で心が弱いあたしで
寂しがりやなのにひとりが好きで
面倒なあたしですが…
これからもブログ楽しみにしています♡
文章まとまりなくてごめんなさいー
  • 2018/05/09 08:52
  • momo*
  • URL
  • Edit
izumimさんへ。
こんにちは。 コメントありがとうございます。

私の家は商売をしていたので働いているお母さんの気持ちや大変さも

よくわかります。 母はもちろん 小学校に上がって2年生くらいから私も

食事や掃除機かけ・風呂掃除・石炭ストーブの始末や用意等々 やってきました。


でも 専業主婦の方の中には「家に居る=楽をさせてもらっている=申し訳ない。」と思ってしまっている方も

すごく多くいるんですよね。自分を責めちゃう。
  • 2018/05/09 12:51
  • あんこ
  • URL
プチ・クレソンさんへ。
こんにちは。コメントありがとうございます。

ほんとうに 誰が見ても友人の殆どがまさか、授かり婚なんてするなんて思ってなかったくらい

大人しくて「えーーーーーーーーーッ!!」って驚くくらいだったんですよ。

私は 幼少期から女性特有の妬みや嫉みがイヤで 女の子の親友は皆サバサバした人ばかりで

男友達も多かったので(友人付き合いしても楽)親友以外の友達は

私が派手に男の人と遊んでいるように見えていたようですね。

実際は 相手が私に有難いことに好意を持っていると感じた時点で

距離を置いて友人付き合いをしないようにするくらい一線を引いてましたけど。

それに 結婚願望が無かったし・・でも 周りからは「選んでいるから結婚できない。」と

散々言われましたよ。 そんな時は面倒なので「当たり前じゃん。博打やって借金したり

働かない男を選ぶ女がどこにいるのさ。犬猫だって相手選ぶわッ。」って強烈パンチ返してました。

人と自分を比べることは 誰でも多少はある気持ち。

でも それは自分で自分を苦しめること。愚かな行為です。

そして見栄を張るのも 更に惨めな行為だと思っています。

人と自分を比べないと 自信を持てないのかもしれませんね。

よく独身の頃 彼氏がいないというと小馬鹿にして見下す女子が数人いました。

アホ臭くて付き合わなくなりましたが・・。

専業主婦の方も 働いている方もみんな一生懸命ですよね。

それに 専業主婦・働いている人に限らず 飲み会に行ったり

友人同士で旅行に行く人はいますよね? 要は その人の価値観だと思いますよ。
  • 2018/05/09 13:18
  • あんこ
  • URL
yukiさんへ。
こんにちは。コメントありがとうございます。

彼女の実家は農家でした。ですが、ある程度の年齢になっても 忙しくてクタクタだろう

お母さんやおばあちゃんが 食事の支度をして娘には何もさせなかった・・・。

まさにyukiさんの言うように 自分がそうして何もせずとも食事が出てくるような家庭に育ったことが

有難いと思う気持ちが足りなかったんだと思います。

世間知らずって云うのかな。

今は 年に一度の年賀状だけの付き合いです。

本州に嫁いだ友人(彼女の方が その友人と付き合いが長い)が

里帰りするというので「みんなに連絡して たまに会う?」と聞いても

人のことを陰で妬むことしか言わない人が多いので「言わないで。」と止められます。

不満や愚痴は言っても悪いことではないと思っています。これは私の価値観ですけど。

それで 前向きになって頑張れる糧になるのならね。

人間いつも調子のいい時ばかりじゃないし 強い訳でもないと思うし・・

でも 人と比べるのは自分が惨めになることだと思う。

逆に 人をうらやむ人に「そうなの!いういでしょ?幸せよ。」ということは

私ならしない。 油に火を注ぐことにもなりかねないから。

ニッコリ笑って何も答えない。
  • 2018/05/09 13:30
  • あんこ
  • URL
momo*さんへ。
こんにちは。コメントありがとうございます。

どうしましたか? 辛いこと、悔しい言葉を思い出しちゃいましたか?

そうですね・・わたしも最初ブログをやり出したキッカケは

いきなり40代で結婚して 周りに友達もいなくて辛い気持ちを吐露したいっていうコトだったんですよ。

でも 実際は そんな事を書くとキツイことを書いてくる人もいるしね。辛いよね。

誰かの悪口書いてるんじゃなくて 自分の気持ちを素直に書きたいだけなのにね。

わたしも 同じだから分かりますよ。

わたしも 結婚してから、それまでの「男勝りで 前向きだった自分が小さく自信がなくなった」ことが

キッカケで 何でも後ろ向きに考える悪い癖がついてしまったの。

でも そんな時は周りに「辛い」って言ってもいいんですって。

辛い所から早く脱出して 元気になるのが何よりの御恩返しなんですって。

だから 辛い時は一緒に泣きましょう。泣いてスッキリしたら

また 出来るところからやりませんか?

わたし 最近知り合いからいい言葉を教えてもらったの。

momo*さんも 辛くなったら唱えてみてね、「根気、のんき、元気。」

わたしも 辛い時は口に出して唱えてますよ。
  • 2018/05/09 13:42
  • あんこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)