fc2ブログ

【地震の備え】意外なモノが役に立ちました。(是非、お読みください。)






地震があってまず私が確認したことは ガス管の亀裂等・・

そして夫は断水になっていないかどうか、でした。




体験してみないと分からない「いざ、地震」の時の備えに役立てばと思い

今日のブログ内容をUPします。

少しでも みなさまのお役に立てる情報になりますように。








にほんブログ村テーマ もっと心地いい暮らしがしたい!へ
もっと心地いい暮らしがしたい!

にほんブログ村テーマ ふたり暮らし生活へ
ふたり暮らし生活














+++




地震があった時 すぐに停電になり辺りはみな真っ暗。

夜中の3時ですから当たり前です。


外に出るとご近所の40~50代の(声だけしか聞こえない)ご夫婦が

懐中電灯を照らしながら歩いていました。


「大丈夫ですか?」と声を掛けると 「はい、おかげさまで大丈夫です。」と

返事が返ってきて 奥様らしき方が「星がきれいですね」って。

わたしも 実は非常事態だったんですが その奥様と同様

同じことを思っていたので「本当ですね。満天の星空ですね。」って。


そして すぐ家に入ると夫にお願いして物置に分別していた「あるもの」を

持ってきて貰いました。


それは 資源ゴミに出そうと思っていた「ペットボトル」です。



CIMG2053_convert_20180908070017.jpg



分別してキャップはなかったんですが いつもなら2~3個溜まると

資源ゴミに出していたんですが 今回は偶然にも大きなに入れて

ゴミに出さずにペットボトルだけはありました。


なので 断水になりそうな状態でしたので すぐにペットボトル

お水を入れ お風呂にもお水を張りました。


湧水などは 消毒していないので日持ちはしませんが

水道水は消毒してありますので数日は気温が高くても腐ることなく日持ちします。


普段なら すぐに捨てていたペットボトルが役に立って良かったです。


断水の地区では 給水も配られますが 数量にも限りがありますので

バケツもいいですが 注ぎやすく断水してもに入れて給水所まで持ち運びのできやすい

ペットボトルは 数本確保しておくといいと思います。



意外と「見落としやすい」ところだと思いますので

万が一の時のために みなさまのお役に立てられると幸いです。








にほんブログ村テーマ 真面目なお金・節約・生活の知恵の話。へ
真面目なお金・節約・生活の知恵の話。

にほんブログ村テーマ アラフィフの暮らし。へ
アラフィフの暮らし。













にほんブログ村に参加しています♪

*いつも温かい応援ありがとうございます。凸ぽち、とに感謝しています。











Comment

こんばんは。あんこさんが北海道にお住まいとは、思っていませんでした。今は、どんな状況ですか?今日の内容は、教えてもらっておいて参考になりました。うちは台風21号で3時間ほど停電になりました。数日分の備蓄品があるので心配ない。という気持ちから通電するまで何もせずでした。近い将来に起こると言われている南海トラフ地震。もし・・・、すぐにお風呂に水を溜めることをしなければいけないと気付かされました。有難うです。では、また。
  • 2018/09/08 17:33
  • 山本
  • URL
北海道だったんですね
お住まい北海道だったんですね。
そちらは震度4だったんですね。
停電も思ったより早く復旧して良かったですね。
余震も続いていますし、ご自愛くださいね。
  • 2018/09/08 22:16
  • わんわんママ
  • URL
こんばんは
ペットボトル等が無い場合には
段ボールの箱などにゴミ袋等を入れそれをタンク代わりにする
大量に水を保管するのに役立ちましたよ

断捨離しているのに申し訳ございませんが
ガソリン不足が続くと歩いて行くしかないので台車が一番活躍しました

災害を体験すると断捨離が難しくなるかもしれませんね
  • 2018/09/08 22:56
  • gg
  • URL
こんばんは!
あんこさんも北海道でしたか(T0T)
ご無事で何よりです。
しかし、ほんと災害は実際にあってみないとなかなか備えも疎かになっしまうものですよね、
まさか、空のペットボトルが役に立つとは…。
最近たまってきてるから早く捨てたーいと思ってたけど、ちょっととっとかないとかなと考えを改めさせて頂きました!ありがたい!

あと引っ越したてで懐中電灯もラジオもなにもない始末。
落ち着いたら防災グッツも一式揃えないとかですね。
山本さんへ。
コメントとお見舞い有難うございます。

取り合えず私の住む地域は生活ができている状態ですが、まだまだ不便な地域等々ありますし

震源地に近い(私の所も近いと云えば近いんですが)ところは まだまだボランティアさんを

受け入れる体制も整っていないとのことです。

わたしも震度6台は2度経験していますが 今回地震の前日に台風21号が来ていたのが

被害の拡大になっているともいえると思います。

断捨離ももちろん大切ですが「いざ!」って云う時のために 自分は自分っていう価値観の方が

こんな時は大切になってくると思います。

山本さんは常備品を用意されているとのコト。頭が下がります。

役に立つかどうかわかりませんんが またブログに地震などの時に役立ったことをUPします。

宜しくお願いします。
  • 2018/09/09 07:28
  • あんこ
  • URL
わんわんママさんへ。
お見舞いコメントありがとうございます。

そうなんですよ北海道です。

普段なら地震の無いような地域も今回は揺れたので驚かれた道民の方は多いと思います。

わたしの所も震源地に近いと云えば近いんですが震度4で済んだのが不思議です。

北海道は雪の重みに耐えるように家を建てていることが多く「耐震」というよりは

「耐雪」って感じで震度6を2度私自身経験しましたが 倒壊する家は聞いたことがありません。

ですが今回は不幸にも台風21号の直後だったので 地盤が緩んでいて

震源地の方は大変な思いをされたんだと思います。


  • 2018/09/09 07:34
  • あんこ
  • URL
ggさんへ。
お見舞いコメントありがとうございます。

段ボールもわが家も数枚用意しています。

段ボールって万能ですよね。

あと以前 震度6を二度経験していますので おっしゃる通り台車(一輪車。。ネコとも言いますが)が

役に立つのはご近所の高齢者の方を見ていて知ってはいましたが 転勤族なので一輪車までは

準備できませんので いざとなったら自転車がありますので それを使いたいと思います。

断捨離もいいんですが 自分の基準で断捨離しつつ「災害の備え」も考えないと

何もかもスッキリで気分がいいわ・・では、済まされないとも言えますね。
  • 2018/09/09 07:40
  • あんこ
  • URL
チヨヨさんへ。
お見舞いコメントありがとうございます。

我が家も引っ越しをしたばかりでしたが 何度も震度6台の大きな地震を経験していますので

懐中電灯や携帯ラジオ(普段から使用しています)電池等は予備は備えていました。

でも まさか偶然とは云えペットボトルの空き容器が役に立つとは思いもしませんでした。

断捨離もしつつ「備え」は=命にもつながりますので 自分の身は自分で守り

余裕があるときには ご近所の方と助け合うのが一番だとも言えます。

今回もご近所の高齢の方が地震の翌日声を掛けてくださったのが有難かったです。

世知がない世の中ですが 普段から「ご挨拶」を交わしておくだけでも「いざ!」という時

助け合うのに「戸惑い」が無くていいと思いました。
  • 2018/09/09 07:47
  • あんこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)