FC2ブログ

富士山より高い『彼のプライド。』・・素直じゃないと損をする。





台風上陸前夜 夫の携帯が鳴った。


直ぐ近くにいた私が相手の名前を確認すると夫の職場の

プライドくんからだった。







にほんブログ村テーマ 主婦の独り言へ
主婦の独り言

にほんブログ村テーマ ステキに暮らす♪へ
ステキに暮らす♪









*いつもご訪問ありがとうございます。
 気になるカテゴリーがございましたら コチラに記事と合わせて
 お読みいただけると更新の励みになります。 よろしくお願いたします。







+++




「無視すれば?」のわたしの言葉に夫も一瞬「・・そうしようかな?」となったようだが

まずは出てみることに。


向こうの声は聞こえないが どうも夫とのやり取りを聞いていると

プライドくん「明日はJR終日運休みたいだ。」と言っている様子。

夫が「夜まで運休ですか・・」と言ったことで推測される。


まずは 黙っている私。



で、プライドくん何の用事で夫に電話をかけてきたのか?

JR終日運休プライドくんはマイカーがない=我が家の車に同乗したい?って

事のようだったようですが 地震の時の数々の非常識ぶりに

いつもならマイカー通勤の人が声を掛けてくれるんですが

数人いるマイカー通勤の人誰一人 プライドくんには声をかけなかったようだ。






にほんブログ村テーマ 人間関係を良くする方法!へ
人間関係を良くする方法!





+++



それも そうだろう・・


地震でスーパーというスーパーに行列ができ

食料品が買えるか買えないかのさなかに

仕事を抜け出し あろうことか職場の車を使い食料や子供のオムツ調達に

出掛け 帰りは同僚の車にそれらのモノを 何食わぬ顔をして積み込み

帰宅する面の皮の厚さ・・30代ソコソコにしては 凄い度胸だぜ。プライドくん。



そんなこんなで きっと職場内でその非常識ぶりが広まったのだろう。




にほんブログ村テーマ 人間関係を大切にして生きるへ
人間関係を大切にして生きる




+++



結局 いつもならお人好しなくらいお人好しな夫でも

「馬鹿もんッ!!」と腹に据えかねたのか

プライドくんには「何ならウチの車に乗っていきませんか?」とは最後まで

言わなかった。  うん、それでいい!!



たぶんプライド君は夫に「明日は(出勤方法)どうするんですか?」と聞いたみたいだが

夫は「明日は 妻と相談して出勤します。」とキッパリ。



だからなのかプライドくんは何も言えなくなったようで

「自分はレンタカーを借りて明日出勤します。」と最後は言ったそうな。



電話を切った後、夫が「レンタカーを借りるならなんで ざわざわ俺の所に電話してくるのよ?」と。

なので私が「○○さんなら 車に乗っていきますか?って言ってくれるって踏んだんじゃない?

自分から乗せてくださいとは言えないけど 乗せますよ、って云われれば、じゃ~って感じなんでしょ?」って。


富士山より高い彼のプライド。 そんなに高いプライドって必要か?


そこには 眉間にしわが寄りそうなくらい見え見えな計算高さも見えて

「素直じゃないと損をするんだぜ」とオバサンは心の中で思うのでした。



普段から 自分の非常識さは棚に上げ 

同僚のミスなどには とにかく厳しいプライドくん。

職場には色々な人がいるけど どんな人が同僚だって「輪」を乱すような

言動は見ていて気分のいいものではない。


自分一人で仕事をしている訳ではないのだから。







前回の地震の時 職場に向かう車の中で

冗談交じりに この私に嫌味たっぷりにいろいろ言われた。


そして ニッコリと笑いながら「私の大切な旦那様、イジメないでね~♪」と

釘を刺す、刺す、深ーく。





プライドくん 君を殺すのに刃物など要らぬのだよ・・

上司のずーーーーーーーっと上の上のてっぺんにメール1つ送るだけで

君の人生は決まっちゃうんだからね。 ビビりながら仕事をするがいいさ。

自分がした浅はかな行動で・・。



職場が変わっても 一生プライド君の非常識ぶりは

人伝いに広がり続ける・・何十年経ってもね。 

我が家の夫は そんなケチな野郎をチクるようなことはしないけど

出世したい人は足の引っ張り合いだから そんな評判を聞きたがるんだよね。






にほんブログ村テーマ 毎日をつくるものへ
毎日をつくるもの


にほんブログ村テーマ こころを育てる生き方へ
こころを育てる生き方












にほんブログ村に参加しています♪

*いつもご訪問ありがとうございます。 
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
季節の変わり目ですので体調を崩しませんようよ。感謝。。







スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)