fc2ブログ

究極の断捨離。







我が家は借家です。



夫の同期の方々は30代~40代にかけて家を建てた方が殆ど。

持ち家の無い人は たぶん、数える程度。


夫には一国の主に成ってもらいたいという私なりの夢がありましたが・・。






にほんブログ村テーマ わたしの『家仕事』。へ
わたしの『家仕事』。

にほんブログ村テーマ 捨・持・譲なわたしの暮らし。へ
捨・持・譲なわたしの暮らし。

にほんブログ村テーマ 捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪へ
捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪











父が救急搬送され とうとう施設に入ることになった。

ゆくゆくは特養などに入ることになるだろう。


そうなった時 今ある実家の処分と自営業だったため店舗の処分を

どのタイミングでするのか?ってことが私を悩ませるのだ。



他界した母もまた 私と同じように父に一国の主に成って欲しいという夢を持ち

家を建てた。

でも・・家を持つということは 究極の断捨離をすると云うこと。

洋服や家電を処分するのとは桁違いのお金や労力を費やすということ。

判断力や決断力が低下し夫も頼れない私には業者選びも大きなハードルだ。


出来るだろうか。







カウンセラーの叔母が云う。

「あなたは 何でも一人で出来たじゃない。自信を持ちなさい!!」って。

確かに独身時代の私なら こんな言葉を言われるのが快感だった。

でも・・今は残酷な響きが胸の奥にチクチクとした痛みだけを残す。



以前にも書いたが いま実家の中はゴミ屋敷状態。

手を付けるには勇気さえ必要だ。


わたしの決断は まだまだ時間がかかりそうな気配なのだ。






にほんブログ村テーマ 愛着のあるモノ・コト・ヒト。へ
愛着のあるモノ・コト・ヒト。

にほんブログ村テーマ 持たない暮らしへ
持たない暮らし

にほんブログ村テーマ モノを少なく、シンプルに暮らしたいへ
モノを少なく、シンプルに暮らしたい

にほんブログ村テーマ 今日から始める『小さな暮らし方』の準備へ
今日から始める『小さな暮らし方』の準備

にほんブログ村テーマ 私の暮らしへ
私の暮らし









にほんブログ村に参加しています。























Comment

良かったですね。
前のブログを拝見しました。
おとうさま、良かったですね。
これで一安心ですね。
先が見えないのが一番辛いですから。
やる事たくさんあると思いますが、
今はちょっと休憩しましょう。
母の時と重なってしまって、
本当に一つ前進したなと
私もホッとしちゃいました。
  • 2018/12/04 09:52
  • わんわんママ
  • URL
わんわんママさんへ。
コメントありがとうございます。

皆様に色々励まされ ここまで来れました。

本当にありがとうございます。

1つ問題をクリアできたことで私も安心しています。

介護の問題で何が一番いいのかなんてないと思いますが

父の意志を確認しながら 一つづつ進んでいけたらと思っています。

励ましの言葉、本当に感謝しています。ありがとうございます。
  • 2018/12/04 15:33
  • あんこ
  • URL
思い切りも大事
わたしには旦那も姉妹もおらず・・・・息子は遠方に住み
父がなくなり 母を引き取り 実家を片付けることになったとき 仕事をしながらの作業 超が付くほど大変でした。

母が整理好きで常に断捨離していたもののやはり
山ほどありました。
父親の洋服もどれだけ45ℓごみ袋で処分したことか、より分ける余裕はありませんでした。

実家をリフォームして貸すことにしたので
短期間での作業となり リフォーム業者に古家具の処分を頼みました。電気製品の処分が今考えるともったいなかったです。
期間を決めていると 作業も早くできそうです。

親戚が集まったときに 使えそうなものは持って帰ってもらったり、ご近所さんにももらってもらいました。

思い出品は 今もわが家にあります。

たいへんですが 頑張ってください。
  • 2018/12/04 19:28
  • いとこいさん
  • URL
コメントありがとうございます。

いとこいさんは お仕事をされながらのご実家の片付けだったんですね。

本当に大変な経験をされたんですね。

夫と私には子供がいませんし、互いのきょうだいにも頼ることは考えていません。

だから人様に迷惑をかけないよう身軽に暮らすことを心掛けていきたい。

今、鬱状態なので「思い切り」が大事だと分かっていても行動を起こすことが

とても難しく辛いです。以前なら計画を立て直ぐに行動できたんですが・・。
  • 2018/12/05 09:42
  • あんこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)