FC2ブログ

■介護の入り口・・包括支援センターの対応に戸惑う人は多い。






先日 従妹と話をしていた。


彼女の母はパーキンソンで長い間 闘病をしあの世へと旅立った。

まだ50代だった。



そして 一人暮らしだった父の弟である従妹の父も

倒れているところを たまたま訪問した保健師さんに発見され病院に搬送されたが

数時間後に旅立った。








にほんブログ村テーマ より良く今を生きるために。へ
より良く今を生きるために。

にほんブログ村テーマ 今日のココロへ
今日のココロ

にほんブログ村テーマ 早起きな生活へ
早起きな生活













そして 今回 嫁ぎ先のお姑さんが要介護5になった。

目が見えない状態になったのだ。


事態は深刻でお姑さんの住む町の役所に出向いたという。

・・が、やっぱりここでも包括の対応が悪く入所する施設等が見つかるまで

1年近くかかったという。



従妹自身 常識的でモンスター的要素の無い人だ。

順序だて話を進める能力も高い。


だが・・あまりの怠慢的お役所仕事に怒りが爆発したという。

(ちなみに彼女の夫は公務員だが・・)


「あんは 椅子に座っているだけでお給料がもらえると思っている人がいるから

公務員は楽して給料をもらってるって陰口を言われるのよ、そうじゃない人もいるのに!!」と

爆発していた。




何度も離れた自宅からお姑さんの住む町の役所に足を運んでも

全くと言っていいほど 納得のいく支援が得られづ途方に暮れたというのだ。





包括でも 家族や高齢者のために心血を注ぎバックアップしている組織や

働く人たちはもちろんいる。



でも、、それと同じくらい・・いや、もしかすると、、それ以上に適当な対応をしている

関係者が多いんじゃないかということを 今回 わたし自身経験を経て知った。


介護の入り口である包括の円滑な対応がなければ

家族は路頭に迷い気がおかしくなりそうになるのだ。

決して言い過ぎではない。





これだけ 高齢者が人口の割合的にも多くなり

長生きができる時代になったのに それを支援する包括の在り方が

こんなことでいいのだろうか・・。


いい訳ないのだ。

絶対に。



円滑な支援が得られれば 介護離職や親に手をかけ悲惨な事件になるようなことも

減るはずなのだ。


困っている家族が陥るのは 孤独なのだ。

誰でもいいから「大丈夫、一緒に頑張りましょう!!」と力強く云ってくれる

頼もしいプロフェッショナルな人々の存在が必要なのだ。



もしも このブログを読んでくださっている人の中で

この問題をもっと深刻な問題として取り上げてくれる人はいないだろうか。

私だけの小さな叫びでは どこにも届きそうもないのだ。



困っている人は いまも この空の下孤独と戦っています。






にほんブログ村テーマ こんな生き方があってもいいよね♪へ
こんな生き方があってもいいよね♪

にほんブログ村テーマ 40歳以上女性日記へ
40歳以上女性日記

にほんブログ村テーマ 暮らし・料理・ナチュラル生活・日記へ
暮らし・料理・ナチュラル生活・日記













スポンサーサイト

Comment

こんばんは。コメントありがとうございました。
あんこさんは、とてもお料理上手だし、丁寧ですよね。
ご主人様はほんとに幸せな方だと思います。
でもあんこさんのように、きちんとされているかたにかぎって、自分のストレスを知らず知らずにため込んでしまい、メンタルがよわってしまうことが多いようですね。
それにしても、いい加減な仕事をする人間は許せないですね。
こちらは、藁にもすがる思いであるということが理解できないというか、他人事なのでしょうか?悲しいですね。
でも、いい出会いがあり、短期間で随分といろんなことがすすみ少し安心しました。親のことって、ほんとに、しんどいですよね。
何とかしてあげたい、という気持ちはもちろんのこと、自分のなかにある、倫理観のようなものが自分を犠牲にしてしまい、苦しくなるのかもしれませんね。いろんなことで押しつぶされそうになる時が多々あることかと思いますが、一人で抱え込まず、上手に社会資源を使っていけることを祈っています。
  • 2019/01/13 00:44
  • ネルメル
  • URL
ネルメルさんへ。
こんにちは。

連休中はどのようにお過ごしでしたか?

我が家は家で まったりでした。

それにしても包括の対応の悪さを耳にすることが多いです。

確かに とても大変な仕事ですが とても感謝される大切な仕事でもあります。

もちろん家族の要望を全て処理するのは無理ですが 最低限度のサービスはやるべきことなのに・・。

いつも思うのですが 最近の日本はおかしい! 間違ったことや迷惑をかけたりした場合

「詫びる」ことがなくなった気がしませんか?

いつから日本はアメリカ化したのでしょうか?

常識外れのモンスターはともかく 大抵の良識ある人々は「すみません」の一言で

「しょうがないか・・」と譲る心の余裕を持ち合わせている方が殆どのはずです。

迷惑をかけても「詫びる」どころか開き直るその態度に 皆怒りを覚えているのに・・。

さみしい限りです。

この先も何があるか分からない状態です。住所も実家から私たちの住む町に転居の手続きをしようと思っています。

介護サービスも色々充実していますし 今の包括とは縁を切りたいので・・。

わたしは いい娘ではありません。でも、いまのままではいけないですし・・。
  • 2019/01/14 09:47
  • あんこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)