fc2ブログ

【生きづらさの原因】HSPだったんだ・・わたし。






頭がパンパンになるような量の質問項目に一つずつ〇や✖△などをつけていく診断。

一度には出来なくて 数日に分け書き込んだ。


疲れた。



でも・・引っ越してきてから転院した心療内科は私に合わず

他の心療内科に予約を入れていたが 父の介護などもあり

すっかり頭の中から どこかに置き忘れた状態になっていた。






にほんブログ村テーマ トラウマへ
トラウマ

にほんブログ村テーマ メンタル病との付き合い方・克服日記へ
メンタル病との付き合い方・克服日記

にほんブログ村テーマ HSP敏感な人へ
HSP敏感な人

にほんブログ村テーマ 今日の読書日記へ
今日の読書日記






最初の予約(と、云っても症状によって先生に診てもらえるかどうかは

後日連絡が来るシステム)をとろうとしてから5カ月が経過していた。


たまたま初診の方のキャンセルがあり 診てもらえることになったのだが・・





事前に持参した診断テストの結果が出ていた。


わたし・・ただの鬱ではなかったようだ。

HSPだった。


初めて知った言葉だった。


簡単に言うと「敏感すぎて生きずらい人」なのだそうだ。




CIMG2430_convert_20190226072808 (2)





私が何も言わないのに 先生が わたしの内面の、というか

殆ど人には見せない本来の私の性格を言い当てていった。


周囲の人は わたしが本来人見知りで慎重で人の言動をジックリ観察し

そのことに敏感に反応し 神経をすり減らしているとは思っていないのだが

わたしは 幼少期から子供らしい振舞をしている一方で 周囲の大人の話や顔色を

誰よりも見ていた子供だった。


大人は皆、「あんこは良く気の利く子だね」といつも言われていた。


人が口に出さずとも その人の内なる声や感情が手に取るようにわかってしまうのだ。

時には 映像が見えてしまったりもする。





それに・・夫には愛着障害があると思っていたが

その実、わたしも愛着障害だった。


驚きはしなかった。



最初に愛着障害の本(岡田敬司著)を手に取ったのは 夫のためと云うより

子どものころ母親から愛されなかった自分の心に「愛着」という言葉は

引っかかったからなのだ。





夫は実母から精神的虐待を受けていたし

わたしは精神的・肉体的虐待を受けていた。

わたしが幼稚園の時のことだが 母親から足の甲に煙草の火を押し付けられたことがあった。

逃げられないよう足を手で力いっぱい押さえつけられて。



そんな生活が毎日続いた。


父は仕事で不在で家には殆どいなかったのだ。



最近になって 父にそんな幼少期のツライ話を聞かせた。

毎日、毎日、、

父は わたしがそんな思いをしてきたことを 薄々気づいていたはずなのに

見て見ぬふりをしていた。 母親と同罪だ。



うつむき 涙も出ないのに泣いているふりばかりする父に向って

「私の目をみなさいよ。目を見ろ。どれほど辛かったのか分かるか!」って云った。

父は怯えていた。 まともにわたしの目を見ることが出来なかった。




HSPは自分のコトより相手のことを優先して考えたり

尽くしてしまう傾向が強い。


自分の感情を犠牲にしてしまうのだ。



私の両親が わたしを自分たち都合よく遣ってきたのも その性格、というか

特性を見抜いていたからだと思う。

嫌でも嫌と云えない・・辛さを。




私の場合 母親からされた虐待も大きなトラウマになってしまっている。


でもね、虐待を受けた・・と人に云うと まるで腫れものにでも触るようなというか

被害者なのに 好奇な目で見られ人は離れていく。


例えが適切かどうか 分からないがレイプをされた被害が

被害者であるにもかかわらず どこか後ろめたい思いをするのと似ている気がする。



私の場合トラウマも強い。



だから、

投薬や気休め程度のカウンセリングでは完治しないようだ。

もっと専門的な治療が必要なようだ。



ただ 希望を持っている。

この新しい先生に出合えて分かった本来の自分を見つけた。

今の無理をして苦しい思いをしている自分を引き離す時期が来たのだ。


人生の半分以上を生きてきてしまったけれど

まだ 時間はあるはずなのだ。



聞けば 人口の5人に1人はHSPらしい。

ただ 気が付いていないだけのようだ。

HSPの他にHSSやHSPとHSSを両方持った人もいるとのコト。


興味のある方は本やネットで調べてみるといいと思う。



生きずらさが 生きやすさに変れるように。






にほんブログ村テーマ 私らしい 暮らしと生き方へ
私らしい 暮らしと生き方

にほんブログ村テーマ 家族の問題・困りごと、解決へのヒントへ
家族の問題・困りごと、解決へのヒント

にほんブログ村テーマ 生活(身近な出来事)へ
生活(身近な出来事)

にほんブログ村テーマ ココロの断捨離へ
ココロの断捨離











にほんブログ村に参加しています。








Comment

そんな
あんこさん、辛かったですね。
どんどん吐き出しちゃってください。
今回の先生は専門性が高い先生のようで
そういう先生が見てくださるだけで
違うなと感じます。
一歩前進して良かったですね。

HSP、もしかしたらうちの娘、
そうかもしれないです。
ちょっと調べてみようと思います。
私もその傾向があるなと思います。
  • 2019/02/26 08:57
  • わんわんママ
  • URL
人生って、本当にいろいろなんですね。
「心」の問題は、形に見えない分、理解も得られにくいのでしょうね。
私事ですが、最近、不整脈がだんだんひどくなってきて、お医者さん曰く、原因はストレスだそうです。
心電図の症状によって、分かるそうです。
本人は感じていない場合が多いらしいのですが、医者にそう言われれば、確かに長年ずっと避けられない苦しんできたものがありました。
本人の頭がストレスと認識してなくても、心臓が訴えているんでしょうね。
心、体。そう簡単な作りでは、ないんでしょうからね。
『楽しむ生活』、やっぱりそれが楽に暮らせる第一歩、いいえ、すべてかもしれませんね。(^^)
あんこさん、大好きだよーーー!
ご縁があって、お友達になれて
ほんとによかった。

あんこさん、これからも宜しくね。
素敵な友達に出会えてよかった。

あんこさん、大好きだよーーーーー!
わんわんママさんへ。
こんにちは。

HSP・・わたしも今の先生に診てもらうまでは言葉さえ知りませんでした。

HSPをちゃんと診断できる先生は日本全国に数えるほどしかいないそうです。

だから 普通の心療内科に行くと発達障害などと診断されてしまう場合も多いようですよ。

パソコンでHSPの本で検索しても中々ヒットしませんが「敏感すぎる・HSP・過敏」とかで検索すると

かなりの数の本がわかるはずです。

娘さんはお幾つかは分かりませんが 早い段階でHSPだと分かれば

HSPの素晴らしい能力も生かせますからブログにUPしてよかったです。

わんわんママさんもコメントを残すことに 抵抗があったと思いますが

口に出さなければ情報は集まらないのが現実。

周りの理解も大切ですが 家族の理解が生きる力になります。絶対に。
  • 2019/02/28 15:49
  • あんこ
  • URL
こんにちは。

なごみの部屋さんは不整脈を持っているんですね。

不整脈でも遅いものと早いもの その両方が混合されれいるものがあるそうですが。

ストレスって何より体・・特に心臓に負担をかけやすいようですね。

わたしも 一見、健康体に見えるんですが心臓が悪くペースメーカーを入れている

叔母よりも脈拍がなく(40台です)疲労やストレスには参っています。

今回UPしたHSPは「心」の部分もありますが 生まれ持った「特性」の部分も多いようです。

胎児として脳が形成される段階で作られる特殊な能力とでもいうんでしょうか。

それに 成長段階で親から受けた過剰な期待や支配・虐待により更に連動するようです。

私もまだまだ勉強中ですから いい加減なことは言えませんが

マイナス思考になりやすいみたいです。本来は・・

でも 自分を守るために そうでない明るく社交的な自分を演じたりしてしまっているんです。

私の場合。

最近はHSPだのASだのローマ字表記のモノが多くって中年の私にはついていけません。苦笑
  • 2019/02/28 16:00
  • あんこ
  • URL
森須もりんさんへ。
こんにちは。

冒頭から もりんさんの熱いメッセージに泣き笑いの私です。

小学校2年生の時 母に向かって「どうして お母さんは私を抱きしめてくれないの?」といった自分の言葉を

今でも思い出すことがあります。

もしも今 8歳の自分が目の前にいたら力いっぱい抱きしめて「頑張らなくてもいいんだよ。」と

ただそれだけを言ってあげたい気持ちです。

母の妹は 母のことが可哀相だといいましたが 私はそうは思いません。

母は自分の行き過ぎた行動を止める自制心や母性の欠如があったのには間違いないのです。

妹には自制心が利いたにもかかわらず 私に対しては感情をぶつける一方でしたから。

私には子供はいませんが もしも子供がいたら どんなに可愛いことでしょう。

私が知りえる生きる上での素晴らしいことを 大切な我が子に精一杯伝えたいと思いますもん。


  • 2019/02/28 16:10
  • あんこ
  • URL
あんこさんのブログの記事を見てから書店を通りかかったら(ショッピングセンターの中の書店の中をショートカットしていたら)、それっぽいタイトルが目に留まって・・・

手にしたら、HSPのことが書いてありました。
ざっと読んだら 結構自分が当てはまる気がして 一人苦笑いの私です。
そして、この著者の本前も読んだかもしれない・・・って気づく。

私は病院で言われたりはしていませんし、違うかもしれません。
あと、いろんな程度もあるだろうし。

HSPのひとは結構いるみたいですね、本によると。

生きにくいながらも がんばっているひとのなんと多いことかと思った私です。


あんこさん、おいしいコーヒー飲んでくださいね☕




  • 2019/02/28 20:20
  • ウーロンパンダ
  • URL
ウーロンパンダさんへ。
こんにちは。

本当に驚きました・・5人に1人がHSPだなんて。

HSPって言っても それは一括りにはできないようですが

診断テストの中には 様々な項目があり「サイキック」や「性同一性障害」など

こんな質問にも答えるの?って項目もありました。

確かにHSPの人は 自分は何も気にしていませんよーって フリをしながら

その実は スゴク神経をすり減らしながら生きている人もいるんですよね。

HSPじゃない人だって多少は 生活環境の変化で思考が後ろ向きになることだってあるはずだし。

HSPだからって悲観する必要もないんだと思うし。

要は 「自分の実態が分かったこと」を受け止めるのみなんだと思います。

HSPの人はできるだけ プラス思考の人(HSPを受け止めてくれる人・理解のある人)」と

一緒にいることがいいようです。

要するに「今の言葉 ちょっと傷ついたかも・・」とか気軽に言える人かな。

なかなか世の中には そんな人多くはないけどHSP同士がコミュニケーションをとるのも

有効とか。

まぁ、生きるって色々覚悟や努力や困難があることなんだと悟るしかないのかも。

あとね、日記やブログに今日の出来事と自分の正直な思いを書くことって効果的らしい。

わたしブログやっててよかった。 知らず知らずに自分を楽にしようとしてたんだね。

青い森が送られてきたので 毎日珈琲とともにパクついてます^^。
  • 2019/03/02 09:32
  • あんこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)