fc2ブログ

ソーシャルワーカーの言葉に・・





いつも ご訪問くださりありがとうございます。



目の病名を明かしたことで

体験談や励ましのコメントを頂き

心強く思いました。


ほんとうに 嬉しいです。

ありがとうございます。



ありがとうございます - ブログ村ハッシュタグ
#ありがとうございます



+++



祝日の前日

二軒目の病院のソーシャルワーカーさんに

先生との遣り取りなど説明し

私の率直な気持ちをお話ししました。


その中で

ちょっと違和感を感じたことが。




kobu-agency-7okkFhxrxNw-unsplash_convert_20231124000505.jpg




病気ケガをした場合

多くの方は出来るだけ

病気ケガの情報を集めよ云うとするものだと

私は思います。


それは専門書だったりネットの専門医のページだったり。



それがいいのか悪いのかは

別として。



+++



夫が癌になった時

やっぱり夫は多くのネット

病気に対する基情報や治療方法

名医など時間があれば調べていました。




ただ わたしは夫とは違う角度で

冷静でいなくてはならないと判断し

ほぼネットなどはみませんでした。


それよりも

夫の精神面でのサポートを優先させました。



結果 夫婦でパニックになることなく

良い判断、自分に合った医師と治療を選択できました。




topsphere-media-WxRd7byFxs4-unsplash_convert_20231124000530.jpg




今回 病院のソーシャルワーカーさんは

20代の男性でしたが

私が緑内障と白内障それに厄介な近視に対する

情報や検査方法に治療などネットで調べていると話すと


「私個人の意見ですがネットで情報を集めるのはお勧めできません」と

否定的でした。



ここに違和感を感じました。


病気ケガの基情報を知ることは

主治医や担当医の話を深く理解する上でも

とっても大切なこと。


自分の体のことだもの

もっとしっかり知りたい、先生任せにばかりはしておけない、と

思うのは極々、自然な感情だと思うのです。



それを 「個人的に」なんて

ソーシャルワーカーの立場をわきに置いての発言は

欲しくありません。



それでは 患者さんに寄り添うどころか

患者さんの不信感をかってしまい

いい関係を築けづらくなる気がします。




今回のソーシャルワーカーさんが

云うべきは

「先生にいろいろ聞きづらいことがあれば

私も同席しフォローのお手伝いをさせていただきます」というコト。



そんな気がします。



今回のソーシャルワーカーさんが

どうして 今の職業を選んだかはわかりません。


想像でしかできませんが

ご自身は大病や大ケガなどしたことがない

そんな不安な状況になったコトがないのかもって。



もしも自分自身が病気ケガをしたことがなくても

自分の大切な人や我が子が・・ってなったら

そんなことは言っていられない気がします。


ネットじゃなくても

身近にいる看護師や医師に熱心に聞くでしょうね。


私だって 夫だったから

夫は大人で自分で気が済むまで調べるだろうと思っていたから

冷静に冷静にって自分に言い聞かせられましたが

我が子だったり 家族同然の可愛いい動物だったら必死になります。




mario-beqollari-busWUL-TiQI-unsplash_convert_20231124000444.jpg





私の中では

今回のソーシャルワーカーさんは

経験の浅さと年齢と性格なのかな・・

まだ 患者さんに反論され痛い目に遭ったことがないのか

反論されても 相手が間違っているって反省しないのか。



まぁ、どっちでもいいか。

名刺をいただいたから

今度、何か相談することがあったら

その方以外の方でって伝えてみます。




ブログ村ハッシュタグ

#50代の暮らし

#暮らしの最適化

#健康的な生活

#50代夫婦

#眼科検診

#生きる意味

#残りの人生を楽しく

#自分のために楽しく生きる

#出来ることに目を向ける

#目に見えないもの

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



にほんブログ村 にほんブログ村へ
















Comment

あんこさん、こんばんはぁ~

あんこさんの思う気持ちを理解出来てるかどうかは
解りませんけど、ちょっと解ります・・

病院やクリニックとかに行って診察など受ける時なんかに
まだ元気で若い看護師さんより、
経験豊富な年齢の看護師さんが居てくれる方が安心?

そんな事、いつも思うんです。
病気になって辛い経験とかしてないし
色んな患者さんもまだ見ていない様な気が💦

こんな事でも、そぉ思うのに
ましてや、ソシャルワーカーさんなら尚更だと・・

寄り添う仕事ですからねぇ~
言葉一つの重みは感じてるはずですが
言われた側の気持ちを理解せず発言するのは・・

難しいとは思いますよ・・
だから、ソシャルワーカーなんですよねぇ~

簡単な仕事ではないですもんねぇ~

何でしょう、軽く思われてそうな感じ?

診察室の中で、先生から言われた言葉にショックを受けた時
「大丈夫、大丈夫・・」って背中さすってくれる時が。

その大丈夫ごと、優しさだって事は解ってるんですが
患者さんを沢山見て、言葉をかけてきた看護師さんは
凄く寄り添って言葉をかけてくれます。

大丈夫の言葉の重みとでも言いますか、
ちょっと言葉にし辛いですが、
そんな風に私も思ってしまう事がよくあります。

あんこさんの思いに寄り添って無かったらごめんなさい
でも、あまりスッキリしなかった事は解りますよぉ~

若い方のその仕事は難しいですよねぇ~
ポンデリン子さんへ。
こんばんは。

リン子さんも ご主人のコトでは医師の心無い言葉に

ぶち切れた経験とかあるから分かってくれるよね。

わたしは 年齢ももちろんあるけど、

夫が病気のせいで尿がダダ漏れになることが毎日のようにあり

スーツが大変なことになりました。

そのことを60代後半くらいの看護師に云うと

「そんなの気になりますか?」って返されたことがあって

腹が立って「あなたが仕事中に失禁したら普通にしてられますか?」って

言い返したら黙ってた。

だから 性格もあるのかもね。

びっくりな人に出会うことが多くなってストレス溜まります。



  • 2023/11/25 20:40
  • あんこ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)