ひとごとではない!『過活動膀胱』。



いらっしゃいませ♫


はじめて ご訪問された方は お時間に余裕があるようでしたら

過去記事もそーっと覗いていただけると うれしいです。



                                 あんこより。




+++





少し前まで 頻繁にCMを目にすることの多かった


『加活動膀胱』。


「あー知ってる」って方も多いかも。



実は ひとごとではないんです。









          





毎年 10月くらいになると


それまでなかった朝方3~5時くらいに


トイレに行きたくなって目が覚める。って症状が


私の中での「冬が始まる合図」でした。




いつものこと・・そう思っていた症状こそが


何を隠そう『過活動膀胱』だったんです。




+++



加活動膀胱ってなに?


・急に我慢ができないような尿意が起こる

・トイレが近い

・急にトイレに行きたくなる

・我慢できず尿漏れしてしまう

・夜中や明け方 突然の尿意で目が覚める


などの症状です。



数年前までは ひとくくりに「膀胱炎」で処理されてましたが


ここ数年「過活動膀胱」と分類されてます。






+++




今年は 9月のはじめ辺りから


日中のトイレ回数が増えました。


朝方の尿意も始まっています。


「そろそろ冬がはじまるんだわー。体、冷やさないようにしなきゃ」


そう思いはじめ いつものドラッグストアで


膀胱炎治療薬猪苓湯(チョレイトウ)』を 薬剤師さんと相談して


購入しました。




症状は すぐに改善。 


ほっと一安心しました。




ですが 1か月後の10月初め 


またまたトイレが近くなるという症状が続き


薬剤師さんに相談すると「本当は病院に行ったほうがいいよ」と言われましたが


いつもの猪苓湯ではなく『当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)』を


勧められました。



当帰芍薬散は冷え性改善にも使われる漢方薬。


もちろん 個々の体質によっても効く効かないがあるんですが


服用してみました。


5日分。



結果はOKでしたが それでも5日分でしたの


泌尿器科を受診することに・・。




+++



最悪な泌尿器科でした。


検査は尿検査のみ。 触診すらない。


「膀胱炎だわ」とお薬を処方されましたが


その薬を飲んでも飲んでも症状は悪化する一方。


悩んだ末に掛ったのが 内科医でした。




その内科医は主人のかかりつけ医。


聞くと漢方に精通されている先生でした。



まずは 尿検査。


そして 泌尿器科では実施されなかった腹部エコー検査も


きちんとやってくれました。


安心です。 これが本当の先生です。




泌尿器科から処方された薬と以前から飲んでいた漢方薬を提出すると


泌尿器科の薬は先生いわく「見当はずれ」の処方だったようです。

・・どうりで。効かないはずです!!



それで アレルギーやかなり多い病歴を持つ私には


漢方薬の方がいいでしょと言って 


希望の猪苓湯当帰芍薬散を処方してくれました。


CIMG7045_convert_20151109082420.jpg

大好きな作家:群ようこさんの著書『ぬるい生活』。

群さん自身の漢方生活のあれこれが書かれています。






調剤薬局の先生に漢方薬の飲み方など


いろいろ質問。


案外 渡されるがまま帰ってくる方が多いようですが


不安なことや体質のことなど あれこれ遠慮なく質問するべきです!



おかげで 猪苓湯は7日以上続けて服用しないように


当帰芍薬散は長期で服用OK


朝晩の1日2回の服用でも効果があると教えていただきました。






+++




いまは おかげさまで過活動膀胱の症状は改善されました。


そして また症状が出た時には 迷わず内科の先生の所に


行こうと思っています。




過活動膀胱かな?と思ったら


専門の泌尿器科もいいですが 内科


女性なら 本当は婦人科に掛ることをお勧めします。


婦人科は出産の有無にかかわらず 女性の体をオールマイティーに


診てくれる専門機関です。


風邪やインフルエンザだってかかって診てもらえますよ。




恥ずかしがらず 「膀胱炎かな?」と思ったら


早めに医療機関にご相談を。







*注意*

漢方薬は 個々の体質によっても処方が変わります。

自己判断せず 薬剤師や医師・漢方医に相談してから

服用してください。








にほんブログ村 トラコミュ 主婦の楽しい毎日へ
主婦の楽しい毎日




ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援凸ありがとうございます♪


スポンサーサイト

Comment

こんばんは。
症状が改善されて良かったですね。
かかる病院によってかなり違いがありますよね。
大きな病院でも、研修医のような先生だったり、かかってみないとなかなか分からないです。
私も更年期の症状がきつい時に婦人科で「当帰芍薬散」を処方されました。
2週間くらいで良くなってきました。
今は通院も面倒で行っていませんが・・・。
漢方薬も長い目でみれば、根本から治っていくものなんですよね。
お大事にしてください。
  • 2015/12/13 20:05
  • パセリ
  • URL
インフォームドコンセントをしない医者は?マークが付いちゃいますよね。
そこは駄目な医者だと分かった事は収穫X2。
口コミって意外と的を射てる場合が有りますよね。
医者との相性もあるので、医者選びは大変ですわ。
パセリさんへ。
こんにちは。

コメントありがとうございます。

40代を超えると 体調面でいろいろ出てきますよね。

過活動膀胱ですが 最初に掛ったクリニック

後から 同年代の方と話していて「最悪だった」ことを知りました。

その方は 夜中に血尿が出たので救急病院に掛ったらしいのですが

他の医療機関医かかるようにと 救急のDrからの指示で

そのクリニックに掛ったら「血尿くらいで!!」とさんざん言われ

尿検査のみだったそうです。

腎盂炎になっている患者にそれはないよね~って。

そのDrは60代前後北大出身。 

もう絶対にそこには 行かないし友人にも「やめたほうがいい」と

口コミしました。

今は おかげさまで快適な生活を送ってます。

口コミばかりが全てじゃないけど それでも悪徳医師もいるんですね。



  • 2015/12/14 10:24
  • あんこ
  • URL
Zubolaさんへ。
こんにちは。

コメントありがとうございます。

釧路に来て以来市内で掛かる医者のレベルがあまりに低すぎて

毎回 ガックリきます。

友人曰く「釧路にはいい医者がいない」・・確かにそうかも。

膀胱炎はこじらせると腎盂炎にもなりかねない病ですからね。

あとから 同じクリニックに掛った奥さんが「腎盂炎で血尿が出てたのに

何もしてくれなかったの」と教えてくれて それもあり内科医の所に掛ることを

決心しました。

正解でした。

医者の腕や見立ては もちろんキャリヤもあるけど

それだけではない部分も大いにありますね。

ちなみに 内科医は30代後半でした。
  • 2015/12/14 10:31
  • あんこ
  • URL
膀胱
あんこさーん。→(もう、なれなれしいm(_ _)m)
オハヨウゴザイマース。だだいま結婚22年たったヨレヨレ女でございまーす(._.)

偶然ですね、私も多分、過活動膀胱と思われます。もう、何年も前から異常中。

夜は2時間おきにトイレに行くし、30分おきの時もあれば、1時間おきが多いかな〜〜~_~;
お出かけの時も、3時間で、5回は行きマーーース。いつも寝不足ハンパないです(-。-;

お仕事の時は、膀胱、動いてませーん、朝一回行ったっきり夕方まで行かない感じです。もう、体がそうなってるのかな?

多分、仕事の時は、活動をお休みしていて、仕事が終わったり、お仕事がお休みだったりすると、膀胱スイッチがONになる感じでーす。


ONの時は速攻トイレに行かないと漏れマーーース。外出中は空いてるトイレを野生の勘で探し当て、頭の中はおトイレ優先デース⤴︎⤴︎
まずはトイレ。先にトイレ。車に乗る前も必ずトイレ。

でも過活動膀胱でないかもしれませんね。
脳みその問題⁉️

病院行ったことないデース。

みんなが行け!行け!行け‼️

と言いますが、いろんな薬が合わないので、そんな事を病院で一生懸命伝えるのもめんどくさいデース⤴︎

でも、内科や産婦人科でも膀胱見てもらえるんですね、すごく勉強になりましたm(_ _)m
有難うございますm(_ _)m
bokuwaさんへ。
こんにちは。

膀胱炎・・あなどるのはいけませんよ。

加齢や遺伝(わたしはその口です)でも なるみたいですが

ストレスや生活環境が変わることでも 頻尿になることがあるみたいです。

早く適切な治療しないと 今は若いから何とかなっていると思うけど

この先 腎盂腎炎などいなったら命にかかわりますよ。

早く病院に行ってくださいね。
  • 2015/12/15 10:33
  • あんこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)