【冷え。】 新たな漢方薬。






12月はじめから 胃腸の調子が良くなかったのは


先日のブログにも書いたばかりです。





・・食べすぎなのか?


・・それとも 長引くこの不快感は怖い病気の初期症状? ブルッ。




そんなことを考え ドキドキしながら


毎日毎日 胃腸薬のお世話になっていましたぁ。




自分のカラダは かなり解っている方だと思います。




・・でも、、、やっぱりお医者様ではないので自己判断はキケン。


って ことでクリニックに行ってきましたぁ。




★暮らし上手ブログランキング★






             





行ったのは 前回も過活動膀胱の時にお世話になったDrのところ。



専門は循環器内科ですが


一般内科も広く診てくれるようなので


まず 大きな病院に行く前にDrに診てもらうことに。



そして 何より漢方薬に精通しているから


薬に敏感な私には最高にいいDrなんです。






気になっていた 長々続く胃部不快感の原因が何か


血液検査も希望する。




このDrは ちゃんと心音も確認するし


トントンと背部の音も聞いて ちゃんと診てくれる。


今回は アッカンベーの状態で体質の確認もしましたぁ。



で 出されたのが 漢方薬

CIMG7646_convert_20160206151042.jpg


冷えが原因で 逆流性食道炎になりやすいことや


いつもお腹がユルユルなど 冷えの症状を細かく聞いていただき


先生の見立てで出されたのが 『真武湯』。



・虚弱な体質

・新陳代謝が低下している

冷えがある

・腹痛や下痢を起こしやすい



こんな人に合っているようです。




+++




冷えに効果的な漢方薬はいろいろあるようですが


真武湯(シンブトウ)は カラダの芯に冷えを溜め込みやすい人に効果的で


からだの内側から 温める効果があるみたいですね。


CIMG7647_convert_20160206151144.jpg


「2、3日で 効果が表れますから。」って。



あと 先生が教えてくれた漢方薬のちょっといい話。


「体に(証ってことだと思います。) 合っている漢方薬


飲んだ時に甘く感じるんですよ。 だから体質が変わると 


それまで甘かったものが そう感じなくなるんですよ。」って教えてくれました。




へえ~そうなのか・・


これは 役に立てそうです。




+++




お恥ずかしい話なんですが


冷えが凄くて 左足の小指がシモヤケさん。。


夕べ 子供のようにホイッと足をだし


主人にオロナインH軟膏をぬりぬりしてもらいましたぁ。



まぁ、ささやかなボディ・コミュニケーションですわッ。





また 新たな漢方生活のはじまりです。


この漢方薬が体質に合っていてくれるといいなぁ。。






*いつも 温かいコメント&応援凸ありがとうございます。

 漢方薬や過活動膀胱のことが気になった方は

 引き続き カテゴリー:カラダのことをご覧くださいませ。


 
★きのうUPした『春が待ち遠しい・モノトーン雑貨』も好評公開中★




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村に参加しています</a>
スポンサーサイト

Comment

あんこさん、おはようございます♪

すぐれたDrと知り合うってすごく人生で大切なことだと思います。
私の場合は、整形外科の先生ですね。
私の職場は、クリニックなので
いろんな薬を出してもらうのですが
私も漢方薬を出してもらってます。
薬剤師さんが
「からだにあっていると漢方薬がおいしく感じるんですよ。」と教えてくれました。
あんこさんのDrがおしゃっている意味がよくわかります。

あんこさんの体調がよくなることを祈っていますね。

ご主人やさしい♪
長引く不調は不安になりますね。
私も便秘と下痢を良く繰り返すので大腸がんだったらどうしよう?なんて思いつつも
超快便な日には、こんなにすっきり出るのだから病巣はないわ!とか
単なる便秘、自律神経でも乱れてるのよ・・なんて
自分で納得したりして(笑)
でも一度はちゃんと検査した方がいいんだろうな~と思いつつもなかなかね。
病院ってハードル高いですよね・・・

漢方効いて体調良くなります様に~!
お大事に('_')
 あんこさま
漢方薬って、いい感じがしますね。
効果てきめんになられることお祈りいたします!

 私も、冷え症や、胃腸が弱いので毎食後お薬のお世話になっています。
早く卒業したいのですが、一生お世話にならないといけないのかな~って感じです。
ま、飲んでさえいれば調子良いので、気にしていませんが・・・。
 お互い、体は大切にしましょうね(#^.^#)
  • 2016/02/07 20:15
  • ともちゃん
  • URL
敦子さんへ。
こんにちは。

いつもコメントありがとうございます。

敦子さんも 漢方薬を飲むことが多いのかな?

女性には漢方薬って強い味方だと思うんですよね.


わたし アレルギーもあるんですが

これから更年期も始まるお年頃なので 漢方薬は話せなくなると思います。
  • 2016/02/08 12:17
  • あんこ
  • URL
yukiさんへ。
こんにちは。

夕べは 姫ちゃん ぐずらずに寝てくれたかな?

ところで yukiさんもお腹の調子が悪くなることが多いんですね。

わたしは 便秘にはほとんどならないんですが

自己免疫疾患云々で 時々原因不明の体調不良になるんですよ。


今回も「胃の不快感」が続いたけど もしや?膵臓とか?と

以前 大学病院で膵炎の疑いでシコタマ検査漬けの数日を過ごした経験があるので

主人にも「わたしに何かあったら・・ポチコの面倒みられる?」って

何度も言ったり ひとりでクリニックに行くのが怖くて

主人に付き添ってもらったり・・子供状態でした・・情けない。

yukiさんも子供がいると 若いときとは病院にいくのって

いろいろ考えるでしょ?
  • 2016/02/08 12:25
  • あんこ
  • URL
ともちゃんさんへ。
こんにちは。

はじめまして。。「たのしむ生活」へようこそ♪


ともちゃんさんも 冷え症なんですね。

冷えをかかえている方って 胃腸の調子の悪い方が多いですね。


私の場合 アレルギーでお薬や食物のアナフィラキシーショックを

何度も起こしたことがあり 自己免疫疾患も抱えているので

西洋薬に限らず 漢方薬でも服用後の体調の変化には

とても気を遣います。


お互いに いいお医者様と出会い いい治療ができると

生活全般が快適になりますよね。
  • 2016/02/08 12:31
  • あんこ
  • URL
逆流性食道炎
こんばんは。
私も逆流性食道炎で、漢方ではありませんが薬の世話になっています。
医者によると原因は「加齢のせです」。
加齢とともに筋肉が弱るからということで、いわば古くなった水道の蛇口はパッキンが劣化して水が漏れるようなものかな、と思っています。
パッキンなら交換できますが、体はだましだまし使ってゆくしかありませんね。
胸やけぐらいの症状で収まっていればいいのですが、私の場合は肩や背中が凝る、倦怠感がひどくて朝はゾンビ状態だったりと。
仕事をスローダウンするきっかけにもなりました。
それでも食道は比較的壁が厚いので逆流しても滅多に貫通穴が開いたりはしないそうですが、壁が薄い幽門(胃の出口)のほうに流れ出すと十二指腸潰瘍の発症につながりやすいそうです。
というわけで、今も胃酸抑制剤は欠かせません。
齢はとりたくないといっても、こればかりは。
ご参考になる方がいれば、と。
むくさんへ。
こんにちは。

コメントありがとうございます。

むくさんも逆流性食道炎なんですね。

辛いですよね・・ 夜中に「ゲブッ」って胃の中の内容物が上がってきて

何度 死にかけたか・・


私の場合も ほとんどのドクターに加齢とか体型とか色々言われましたが

20代のころには加齢でも ましてや体重も標準でしたから

イマイチ納得できる 説明をしてくれるドクターと出会えませんでした。


私の場合は 季節性の逆流性食道炎ですね。

それプラス 遺伝的な要素も・・。

寒くなる時季から それまでなんともなかった胃の具合が悪くなります。

東洋医学では カラダに水を溜め込みやすい人は 冷えを溜め込みやすい人という考えです。



いま かかりつけのドクターは 「季節的に寒くなると逆流性食道炎になるようです」と話すと

すぐに カラダから水分を輩出し体を温める今回の漢方薬を処方してくれました。


あと ピロリ菌を除去すると逆流性食道炎になる人もいるらしいですよ。

お互い 無理をしないことが一番ですね。


  • 2016/02/09 09:17
  • あんこ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)