たのしむ生活

あんなコト・こんなコト 毎日のささやかな生活を綴ります。

【不調との付き合い方】・できない自分を責めずに、できることを見つける暮らし。






年齢に関係なく人間生きていれば


元気が出ない日や不調が続く日もある。




他界したわたしの母などは


「病気は 気の持ちようで治る」と言って


40度近くがあっても 仕事(家業)を休ませてはくれなかった。



だから 子供時分もふっくら軟らかいお粥を作ってもらった記憶がない。




そんな 母の口癖は


「働かざる者食うべからず」だった。






*8月7日UP記事

 『手抜きとは言わせない!冷凍食品を使った休日ゴハン♪』も
 
 好評公開中です
 







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ








+++





そんな風に育てられたからなのか


調が悪くても 横になっていること≒怠けてるという意識が沸いてくる。



罪悪感で胸がいっぱいになってしまう。



・・これじゃダメだ。





そう思い 先日の不調の時


自分なりに考えてみた。



出来ないことを考え自分を責めるんじゃなく


できることを数え 『今までと違った自分らしい暮らしを考えてみる』だった。




+++




まずは それまでの価値観をリセットすることから始めた。





食事の支度やお掃除のペース


人とのお付き合いやお金の使い方。




そう、必要無駄も大切だって。




そして・・


不調の自分を一番責めているのは


他でもない『わたし自身』と気がつけば 少しは心が軽くなる。



不調になったら どんな方法で一時避難(暮らし)するかを


常に考えながら 上手に自分らしく暮らしていきたいと思います。











にほんブログ村 主婦日記ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
















スポンサーサイト